スクリーンショット 2020-11-21 21.20.13

スポンサード リンク




明治安田生命J1リーグ第28節の6試合が21日に各地で行われた。

■札幌 5-1 清水

2試合未勝利だった13位・北海道コンサドーレ札幌だったが、連勝中の17位・清水エスパルスとの一戦ではゴールショーを繰り広げた。5分にファン・ソッコがボックス手前左から決め切って清水に先制され、13分には激しく足を痛めた様子の荒野拓馬とアンデルソン・ロペスの交代を強いられるアクシデントが発生したが札幌だったが、そのA・ロペスが17分にPK、36分に強烈なボレーシュートで得点して逆転。

さらに40分にも左CKからキム・ミンテに得点が生まれて突き放す。後半に入っても札幌の勢いは止まらず、64分にジェイがボレーシュートを突き刺す。そして極めつけが73分、ボックス手前左からのFKでキッカーの福森晃斗が直接狙ったシュートが美しい軌道を描いてネットを揺らした。この結果、札幌は3試合ぶりの白星を手にしている。

■大分 1-0 川崎F

12位・大分トリニータのホームに乗り込んだ首位・川崎フロンターレにとって、勝てば自力優勝となる大一番。しかし、この試合では序盤から大分が主導権を握り、34分には谷口彰悟がボックス内で野村直輝を倒してしまい一発退場に。このプレーで与えられたPKを野村が自ら沈めて先制した大分は後半に入ると守備に人数を割いて守り勝ち。川崎Fは自力優勝を逃したが、翌22日にガンバ大阪が引き分け以下であれば優勝が確定する状況となっている。

■仙台 1-3 鹿島

ともに2試合負けがない最下位・ベガルタ仙台と6位・鹿島アントラーズによる一戦。今シーズン、ホームで勝利がなく是が非でもサポーターに白星を届けたい仙台は攻め込まれながらも前半をスコアレスでしのぐが、後半開始早々にエヴェラウドがクロスに合わせて鹿島が先制する。さらに57分にファン・アラーノ、62分に上田綺世の得点で鹿島に突き放された仙台は76分に長沢駿のヘディングシュートで1点を返すが、それ以上の反撃はできず。鹿島が勝ち点3を積み上げた。

■柏 1-2 鳥栖

新型コロナウイルスの陽性判定者が出ていたために活動休止していた10位・柏レイソルにとって、18日の全体練習再開以降初の公式戦。15位・サガン鳥栖をホームに迎えた一戦だったが、53分に右サイドからのクロスに合わせた林大地にネットを揺らされて先制を許す。さらに66分にも本田風智がクロスのこぼれ球を押し込んで鳥栖が加点すると、柏の反撃は87分のオルンガの1得点にとどまった。この結果、鳥栖が7試合無敗としている。

■C大阪 0-1 広島

直近3試合1分け2敗と不調の5位・セレッソ大阪が5試合2勝分け無敗と好調の8位・サンフレッチェ広島をホームに迎えた。試合が動いたのは24分、左サイドからのクロスのこぼれ球に反応したレアンドロ・ペレイラがボックス手前中央から豪快なシュートを決めて広島が先制。後半に入るとC大阪がボール支配を高め、62分にL・ペレイラが2枚目の警告で退場となりその傾向に拍車がかかったが、広島は最後まで得点を許さず。C大阪が4試合未勝利となった一方、広島は6試合無敗としている。

■名古屋 3-1 湘南

前節FC東京との上位対決を制した3位・名古屋グランパスが3連勝中と調子を上げている16位・湘南ベルマーレと対戦。スコアは序盤から動きを見せる。11分、ボックス手前中央やや距離のある位置で前を向いたマテウスが左足を一閃して名古屋が先制点を奪うと、17分に左CKから高く飛び上がった坂圭祐が同点弾を奪取。拮抗した展開が続くが、51分に阿部浩之が勝ち越し弾を奪い、その5分後にガブリエル・シャビエルが鮮烈なボレーで湘南を突き放す。このまま勝ち切った名古屋は勝ち点を「55」として2位に浮上。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得に一歩近づいた。

■第28節 結果
・11月21日(土)
札幌 5-1 清水
大分 1-0 川崎F
仙台 1-3 鹿島
柏 1-2 鳥栖
C大阪 0-1 広島
名古屋 3-1 湘南

・11月22日(日)
浦和 vs G大阪

https://news.yahoo.co.jp/articles/9e5af48ed1ee5ce442e5faf428fa386124ab0d4d 

 

2020/11/21(土)
セレッソが敗れたことで鹿島、セレッソ、名古屋の3位争いは名古屋が一歩抜け出したかな。
2位争いもガンバと名古屋に絞られた感があるが、まだガンバが一歩リード。
負けたチームから脱落していくハイレベルな争いは見ていて面白い。

2020/11/21(土) 
おっ!グランパス2位浮上か〜。
優勝の可能性は低いが、
チームの勢いが感じられる。
優勝はできなくとも、ACLに出れるよう、
引き続き勝利を目指して頑張ってください。

2020/11/21(土) 
川崎が「自力優勝逸」と書かれているが、誤解を招く言い方。
本来なら「本日の優勝逸」と書くべき。
「自力優勝逸」は下位のチームが、残りの試合を全て勝っても、一位のチームを抜けない時に使う。

2020/11/21(土)
名古屋の3ゴール全て素晴らしいかったけど
3点目の稲垣のインターセプトから
シャビエルのボレーは流石に叫んだわ

2020/11/21(土) 
来季は4チーム降格だからちゃんと戦力を上積みできないとACL組は苦戦しそう。

2020/11/21(土)
なんだ、本日の自力優勝がなくなったという意味か。よく考えればわかることとは言え紛らわしい書き方だな。

2020/11/21(土) 
名古屋が勝てる様になった。もぅ、ジェットコースターの様な事は無さそうだ。
マッシモありがとう。

2020/11/21(土)
川崎はここが試練。乗り越えないと6連敗もありうる。

ガンバは明日勝てば川崎を少し追い詰めることができる。一方負ければ2位争いをさらに混とんとさせることになってしまう。

2020/11/21(土) 
明日の浦和戦だけ日曜にしたのは日程くんの仕業?

ガンバサポ

2020/11/21(土)
明日のガンバ、ガンバらずに負けてくれ〜











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ