スクリーンショット 2020-11-20 8.52.08

スポンサード リンク

 最後の最後までもつれることが“定番”だったサッカー・J1は、新型コロナウイルスの影響を受けた今季、例年と異なる様相を帯びている。川崎が独走し、史上最速となる5試合を残しての優勝が決まる可能性がある。他にも新たな記録が続々と生まれそうだ。大詰めを迎える中、新たに達成されそうな七つの記録を展望してみた。

 新型コロナによる約4カ月の中断を挟み、川崎は7月4日の再開初戦から同一シーズン初の10連勝を飾った。その後は1敗1分けと小休止し、8月29日からは記録を更新する12連勝。34試合中28試合を終え、23勝3分け2敗で勝ち点は72。74得点、24失点と攻守に圧倒的な戦いぶりだ。同じく6試合を残す2位ガ大阪の勝ち点は55。川崎は21日のアウェーでの大分戦に勝てば2年ぶり3回目のJ1制覇を達成する。引き分けか負けでも、22日のガ大阪戦の結果次第で優勝が決まる。

 J1が年間1ステージ制となった2005年以降(2期制だった15、16年を除く)、最終節で優勝が決まったのは10回あり、最終節を前に優勝が決まったのは3回しかない。

 これまで最速の優勝決定は、3試合を残していた10年の名古屋だ。元ユーゴスラビア代表FWのドラガン・ストイコビッチ監督が率いて3季目。日本代表DF田中マルクス闘莉王、GK楢崎正剛、オーストラリア代表FWケネディらを擁し、圧倒的な個の力を示して初優勝した。勝ち点は72で、2位ガ大阪との勝ち点差10は当時の最大だった。

 12年の広島はFW佐藤寿人が初の得点王となる活躍で2位仙台を引き離し、最終節を残して優勝を決めた。18年の川崎はMF家長昭博、MF中村憲剛らを中心に2試合を残して連覇を達成。リーグ最少失点の堅守が光り、2位広島とは最終的に過去最大の勝ち点12差となった。

 05年以降の最多勝ち点は72(06年浦和、07年鹿島、10年名古屋、11年柏、17年川崎)、最多勝は10年名古屋と11年柏の23勝。今季の川崎は6試合を残していずれも最多に並んでおり、更新は時間の問題だ。負け数の最少は17年川崎の4敗で、こちらも過去最少になる可能性がある。

 チーム最多得点は06年川崎の84点で、この時はFWジュニーニョ20点、FW我那覇和樹18点、MF谷口博之13点、MF中村10点と、4人が2桁得点をマークした。今季は残り6試合であと10点。手が届く範囲にある。

 最少失点は08年に4位だった大分の24点で、こちらの更新は難しそう。得失点差は06年浦和と17年川崎の39で、現在50の川崎は過去最大となる見通しだ。

 既に成し遂げた同一シーズンの連勝記録に、最速優勝、最多勝ち点、2位との最大勝ち点差、最多勝、最少敗戦、最多得点、最大の得失点差が新たに加わる可能性が高い。

 J3では秋田が開幕から28戦無敗(20勝8分け)で18日に6試合を残して優勝を決めた。新型コロナの影響で過密日程となり、勢いに乗ったチームと軌道修正できずに苦しむチームに差が出ている中、記録ずくめのシーズンになりそうだ。【大谷津統一】

https://news.yahoo.co.jp/articles/eceaa699a45b725c835a9bde1c6e0035b29acf43 

 

2020/11/20(金)
2位との勝ち点差や最速優勝は2位以下の成績次第だから参考値といえばそうかな。
コロナは大きいけど、条件は他も同じなのでやはり今季の川崎は最強チームと言っていいと思う。

2020/11/20(金)
来シーズンはここまでの成績は難しいだろう。
一番のポイントは戦力維持と更なる若手の台頭。レンタルバックが予想される遠野のスピードと決定力、ソンリョンからポジションを奪える能力のあるポープ、大学ナンバーワンボランチと評され即戦力として期待される橘田、CB・両SBとして期待値の高い田邉、そして2シーズン出場機会が無かったが川崎のサッカーにどっぷり浸かった原田、他にも知念やカイオもいる。
ACL戦う上では守備陣の補強が必須となるが、来シーズンも非常に期待できる。

2020/11/20(金)
今年は過密日程という新しい環境にいち早く適応出来た川崎と他のチームの差が出た感じ。
来シーズンも20チームのリーグ戦で今シーズン程では無いにしても、試合数は増加するので、選手層の厚さや控えの実力の底上げは大事。

2020/11/20(金) 
ACLなければこれぐらいやるチームだと思います。来年は過密日程+ACLなのでここまでは勝てないけど、3位以内は堅いと思います

2020/11/20(金)
記録よりタイトル
そして悲願のアジア王者
しかし復帰していきなりゴールした悠には脱帽ですわ。



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ