1: 2020/11/18(水) 20:52:21.56 _USER9
前半の日本には、まるで遠藤がフリーで王様のように起点となる時間帯も生まれた

メキシコ代表のヘラルド・マルティーノ監督は、自ら日本戦前半の出来を酷評した。

「特に20~25分間は、私が就任してからの2年間で最悪の時間帯だった。でもサッカーでは、有利な状況を結果に反映させなければならない。日本に欠けていたのは前半の決定力だった」

一方で今回グラーツでの2試合を通して、日本代表は遠藤航と柴崎岳がボランチでコンビを組んでいる間は、良好な展開を継続することが出来ていた。パナマ戦では後半から遠藤が交代出場して劇的に流れを変えたし、メキシコ戦も柴崎がプレーをしていた57分間は、自らも「守備面で大きな課題はなかった。相手が前から圧力をかけてきても、MFで相手を攻略してビルドアップが出来ていたと思う」と振り返っている。

 遠藤とは縦関係を意識しながら「後ろが重くならないようにひとりが前に出て、FWのコースの切り方も指示出来ていた」(柴崎)という。もちろん前半日本が主導権を握れたのは、ボランチだけの功績ではない。トップ下に入った鎌田大地が圧倒的な存在感で前後左右に動いてボールを引き出し、守備から攻撃への流れを潤滑に繋ぎ続けた。ふたりのボランチと鎌田がライン間や相手の選手間でボールを受け正確なタッチで動かすことで、序盤から勢いよくプレッシングに来ていたメキシコも徐々に後傾していく。まるで遠藤がフリーで王様のように起点となる時間帯も生まれた。

 今まで日本のボランチにとって、欧州でプレーするのは高い壁だった。加茂周監督時代にボランチで新境地を切り拓いた名波浩も、セリエAのベネツィアでは1列前のポジションを指示された。稲本潤一もフルハム時代はトップ下としてハットトリックを記録したし、長谷部誠もボランチ以外にサイドバック、トップ下などを任されながら、現在はリベロに収まっている。最近では橋本拳人もロストフでは、攻撃的なMFで起用されているという。

 だが国内ではセンターバックとしてプレーしていた遠藤は、逆にドイツへ渡りボランチのポジションを与えられた。もともとDFとして経験を積み重ねてきたので、日本人選手に不足がちだった守備力が基準を満たし、本来備えていた展開力、縦パスの意識の高さなどが活かされ開花。今ではドイツでも「デュエル・マイスター」と呼ばれるほどに進化した。

後半、メキシコが流れを変えたのは、ベンチが選手たちを意図的に動かしたからだ

もし現在ボランチの最適解を見つけるのが目的なら、最初から結果は見えていた。柴崎と遠藤はハイレベルな相互補完の関係にあり、過去の日本代表を振り返っても最高水準に到達しようとしている。だが森保一監督は、グラーツで「同時に底上げを意識しながら」選手起用を試みた。とりわけ中山雄太は、所属のズウォーレでは「アンカーを中心にプレーしている」ので、メンバーを代えずにゲームを動かす重要なカードに化ける可能性がある。また橋本も指揮官の期待値の高さを物語るように2戦続けてピッチに立った。そういう意味では、メキシコに完敗した結果だけで評価を下すべきではないのかもしれない。

 ただし監督も選手も「現在の立ち位置を確認できる相手」と一致していたメキシコとの相違は、明らかに後半からの修正力だった。メキシコで研修した指導者によれば、ユース以下の試合でも開始5~10分以内になんらかの修正を施せない監督は失格の烙印を押されるそうだ。今回の日本戦でも、メキシコは後半から身体の強いアルバレスを入れて鎌田を監視させ、SBも内側からビルドアップのサポートに回し、両翼からの仕掛けを徹底。外から崩そうとしたことで、中央の速い攻撃も有効になり2点目に繋がった。後半メキシコが流れを変えたのは、もちろん選手たちの経験値やしたたかさもあるが、ベンチが選手たちに具体的なタスクを与えて意図的に動かしたからだ。

「今後はうまくいっている時間を、さらに長く継続できるように。予測と運動量を持って、相手のプレッシャーをかいくぐれるように」

 残念ながら森保監督が持ち帰る課題は、選手個々が語る内容と比べても具体性に欠ける。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e38c6ad0aa5d80bc62e202827de7b645f3a3161
no title


スポンサード リンク

2: 2020/11/18(水) 20:53:16.11
井の中の蛙

3: 2020/11/18(水) 20:53:20.75
遠藤は浦和にいって完全に終わったと思ったけどよく脱出できたよなぁ

4: 2020/11/18(水) 20:54:49.63
遠藤はそうだけど柴崎はボランチとしては物足りないような
柴崎って、守備の強さとかもないわりに、じつは司令塔タイプでもないよな

5: 2020/11/18(水) 21:02:30.17
柴崎はもういいだろ。

6: 2020/11/18(水) 21:03:11.64
柴崎はボランチなのに体当てられてボール奪われたり奪えなかったりするシーンが目立つんだよなあ

7: 2020/11/18(水) 21:05:35.10
遠藤は湘南→浦和→ドイツ2部スタート→ドイツ一部

で順調なステップアップしてるわ

9: 2020/11/18(水) 21:07:57.66
森保叩きに必死になってるやつwww

10: 2020/11/18(水) 21:11:09.71
最適解であることは間違いない
希求水準には達してないけれど

11: 2020/11/18(水) 21:11:27.14
柴崎はもういいよ
プレーも動きも消極的でミスばっかり
今ではひ弱でボールを奪われるシーンばっかり
完全に衰えた
動きが鈍くなってきたら完全に末期の中村俊輔

12: 2020/11/18(水) 21:28:29.66
柴崎は強度不足でウィークポイントだろ、周りは介護で疲弊する。
何しろスペイン二部の下位クラブでレギュラーなれない選手がアンタッチャブルなのがポイチ限界

13: 2020/11/18(水) 21:34:37.00
柴崎アンチが持ち上げてた橋本はサッパリだったな
アンチは選手見る目ないんだね

14: 2020/11/18(水) 21:40:39.45
柴崎はもうダメだろ 遠藤はまだ伸び代あるな

16: 2020/11/18(水) 21:54:10.45
柴崎はクラブで最近ボランチやってないからな
勘を取り戻すのに結構時間掛かってた感じ
遠藤は守備範囲狭いから柴崎みたいにスペース埋めてくれる相方が合ってるんだろう
若手だと板倉なんだろうが板倉は半分くらいしか見えてない感じだし若手でもうちょいマシな選手が出て来るまで柴崎に頑張って貰うしかない

18: 2020/11/18(水) 22:02:28.10
>>16
どういう脳してんだ?
アンチが出てないとかボランチで出てないと書くと信じちゃう脳?
どのくらい、どこで出てるかなんて自分で調べれる時代なのに

17: 2020/11/18(水) 21:54:53.39
遠藤航は浦和からドイツ行った時は細貝みたいにSBとかやらされて、便利屋で終わるんだろうと思ったら、こんだけ化けるとは思わなんだな
あの今野や阿部も代表ではパス捌けず中盤外されてたが、遠藤航がこんだけ捌けて、楔まできっちり出せるとはね

19: 2020/11/18(水) 22:06:35.41
化けたって言っても数試合上手くいっただけならどの選手もあるから様子見だな

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1605700341/







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ