スクリーンショット 2020-11-12 12.39.54

スポンサード リンク




 新型コロナウイルスの影響による4カ月以上の中断から7月に再開したJ1は、10月31日に今季の大会成立が確定した。8月に鳥栖、直近では柏で新型コロナの集団感染が起きて一部混乱もあったが、前例のない過密日程を組んで、再開前に設定した全306試合の75%以上を消化する条件をクリア。これにより、順位決定と賞金の支給が行われることも決まった。

 これから各クラブでいよいよ本格化していくのが、選手との契約交渉。これまで以上に戦々恐々としているのは、元日本代表クラスや高額年俸のベテラン勢だ。どのクラブも軒並み新型コロナの影響で経営が圧迫されていて、大幅減俸や大量の戦力外通告に踏み切るチームが出ることが予想されている。

■見通しの立たない収入
 今季はコロナによる無観客試合の開催やその後の入場者数の制限によって、クラブ収入の大きな柱となる入場料収入が激減。Jリーグによると、今年度はJ1、J2、J3の全56クラブの約8割で赤字を見込み、このうち約4割が債務超過に陥る危機的な状況にある。優勝経験のある強豪クラブにおいて、今季の勝利給を半額前後に下げた対応を見てもその窮状が分かる。来季も以前のように、シーズン開幕直後からスタジアムを満員にした開催は考えにくく、入場料収入の見通しを立てることはままならない。さらに、コロナ禍で打撃を受けたスポンサーの撤退なども追い打ちを掛けている。こうした惨状にあって、選手、監督らの人件費を含む強化費の編成も難航しているが、「億単位」の削減はやむを得ないのが現状という。

 「あるクラブでは、ベテランをばっさり切ると聞いている」「元日本代表クラスの選手に50%減を提示しているようだ」「小規模クラブでは、戦力獲得よりも選手を放出することを優先している」。複数のクラブ関係者らからは、不穏な声が聞こえてきている。特にこの「50%減」が何を意味するか。レギュラークラスに対して出されたのであれば、「戦力外通告」に等しい扱いと言える。

 早々に債務超過の見込みを公表した仙台では兵藤慎剛らベテランの一掃、阿部勇樹、柏木陽介、槙野智章ら高年俸の元日本代表クラスを抱える浦和では若返りへさらに舵を取ることが噂され、C大阪ではU23(23歳以下)チームの整理を進めるとの見方だ。J2ではG大阪から磐田へ期限付き移籍した遠藤保仁の動向にも注目が集まるほか、新型コロナの影響で3億~4億円の減収が見込まれる東京Vは、現状のままでは元日本代表のストライカー、大久保嘉人を抱えきれないと取りざたされている。

 サッカー界では、クラブがベテランに対して単年契約、有望な若手、中堅には複数年契約を結ぶ傾向がある。この単年契約の選手は、これから厳しい交渉が待ち構えている。これまでは出場時間が限られていても、チームの「顔」として抱えることできていたベテランも例外ではないという。ある代理人は「クラブの『広告塔』になっているベテランも、これまでのようにその役割を求めて契約を更新するのは苦しい。シビアにいくクラブもあるはず」と見ている。

■厳しい現実
 新型コロナの影響はベテランだけにとどまらず、主力クラスも厳しい現実と向き合うことになりそうだ。「今季でいくら結果を残していたとしても、現状維持が最高に近い評価になるのではないか。引き留めたい選手であっても、ダウン提示もあり得ると思っている。『厳しい日程を戦って結果を残したのになんで?』となって、他クラブの評価を聞こうとする選手も出てくるだろうけど、今年に限らず来季以降を含めて、どのクラブも財政的に厳しい。現状より高い年俸で獲得してくれるクラブが、どのくらいあるか。現実に目を向ければ、今年の年俸アップは割り切って諦めて、出来高を加えてもらうとかするしかないだろう」と、別の代理人は見解を示す。誰もこの新型コロナの影響を予想することはできなかっただけに、今季前に複数年契約を選択していた選手は結果的に救われた形と言えるだろう。

 今季は川崎が無類の強さを誇って首位を独走して史上最速の優勝が目前に迫り、降格のない下位チームではどこか緊張感の欠いた試合も見られる終盤戦になっている。だが、来季のJ1は20チームでの戦いとなって試合数が増え、降格も復活。長丁場となる本来の厳しいリーグ戦に向けて、チーム側もある程度の戦力を確保しなくてはならない。これに関しては、新型コロナの影響で今年導入された5人の交代枠が来季も継続されるかが、一つのポイントになりそうだ。他クラブでは優にレギュラークラスとなれる選手がベンチ要員を占める川崎や横浜Mなどは、3人交代では出番に恵まれなかったはずの選手の出場が格段に増えた事実がある。来季以降、レギュラーとしての出場機会を求めて移籍を探るこうした選手たちを、どう引き留めるかにもクラブ側は頭を悩ませている。

 来季の観客動員の動向が読めない上に、過密日程や、柏の集団感染によるルヴァンカップ決勝の開催中止(代替開催日未定)とリーグ戦日程の再調整なども影響して、各クラブでは大幅に契約交渉が遅れているという。来季は例年に比べて早い2月上旬の開幕が見込まれるが、「ほとんどの選手は契約がまとまらずに年を越す可能性がある」と、あるクラブ関係者は言う。来年1月のキャンプイン後に契約更新や移籍のニュースが相次ぐ前例のない事態となりそうだ。

VictorySportsNews編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/fa3a254d407eaf4bf7615e7223d4fc0380915340?page=1 

 

2020/11/12(木)
稼働率の悪いベテランだけではなくこの矛先は外国人にも向けられるはず。
J1クラブは現有する高給外国人をあきらめコスパの良いJ2外国人に触手を伸ばし、一気に外国人の顔ぶれが変わってしまう可能性が高い。
賞金減額が来シーズンまで継続することが決定している状況で、年俸+試合給+勝利給が高いクラブが赤字を出さずにどこまで耐えられるか、我慢比べになる。

2020/11/12(木) 
>C大阪ではU23(23歳以下)チームの整理を進めるとの見方だ。

U23はコロナに関係なく今年で終了と決まっていたのだから、
C大阪だけでなく、G大阪もFC東京も整理するのは当然では。

2020/11/12(木)
受け入れず、やってられないと退団しても行くとこが無いとなると飲まざるを得なくなるんじゃないかなと。彼らも世間がどんな状況なのか理解してるだろうし。大久保や李忠成とかJ2所属で今年活躍できてない選手は不安だろうな。安くても契約延長してもらえれば御の字ではないかと

2020/11/12(木)
どこも給料やボーナスカット、さらにリストラ、内定取り消しなどが日本のみならず世界中で起きてるわけだから、観客動員もままならなずダメージを受けたスポンサーも撤退の恐れがあればそうせざるを得ないのは致し方ないし、選手も納得するのが大半だと思う。

仮にゴネて退団しても引き取り手がなくて選手生命さえ怪しくなる。減俸でも契約してもらえるだけマシ。

来年もどうなってるかわからないし選手のみならず多くの人が将来は不確かで不安でいる。ただこれで引退に追い込まれる選手が増えるとなるとかわいそうではある。

2020/11/12(木) 
一番怖いのは、コロナ禍が過ぎてもファンがスタジアムに戻って来ない事。
中期的展望に立ったコロナ禍後の対策を講じる必要性があると思う。
(当方、心配性なもんで…)

2020/11/12(木)
「減俸=戦力外」って随分極端な書き方してるんだけど、クラブからしたら「契約」する意志がある以上「戦力外」ってのは違うんじゃない?
U-23のチームが来シーズンからJ3に参戦しないのは決定事項でFC東京は今シーズンから参戦してないので、「C大阪のU-23の整理」ってのも言いたい事が良くわかんない。

2020/11/12(木) 
C大阪ではU23(23歳以下)チームの整理を進めるとの見方だ

U23チームのJ3参加が今年で廃止になるのは既定路線なんだけど、それでも書いてるってことは新型コロナの特別な影響があるってことなんかな。G大阪やFC東京との違いもあんのかね。

2020/11/12(木)
自分は横浜FCがホームにきた時カズが出なくて残念だったけどなあ。
地上波のニュースでカズが出場した映像だけ買われるあたりやっぱり影響力は大きいのでは、
彼ほどの年齢で現役だとつてのあるスポンサーや集客力も実力のうちじゃないかな
カズを懇意にしてくれてるスポンサーなんでしょ?
カズがいなくなった後も続けるよって言ってるならすごい男気だと思う

2020/11/12(木)
下位は人員整理しやすいだろうけど上位や昇格組は上がっても収入減からの年棒減となるとオフは顔ぶれが変わりそうだわ。今年は選手の動きが激しそう。

2020/11/12(木)
これは予想出来た結末!来期に向け大量リストラが見込まれる。集客も100%出来ず日程も環椎出来るかわからんしスポンサー減額問題も浮上するだろうし…前途は多難です。救済としてはACLになるべく資金力あるクラブに行って貰って誘ってもらうが吉やね。

2020/11/12(木) 
こればっかりはしょうがない。
選手も減額提示になってもそこでゴネる気もあまりないんじゃないの。

2020/11/12(木) 
元代表クラスの減俸はやむなしだと思う。32-333歳超えるベテランは特に現状スタメン、ベンチにも入らない選手もいるが彼らが本当に今のチームや他のチームから大幅減俸を提示されても受け入れられるのか、気になる。

例えばJ1にいるベテラン元代表5000万円貰ってたとして半額の2500万円も出せない。1000万円で加入してくれませんか?というオファーがJ2から来たとして、受け入れてくれるのか。

大久保嘉人を来季も抱えられないと書いてあったが、今の仕事量ならやむなしと言えるし、もっと仕事してないレアンドロは間違いなく今季で満了だろう。

逆にコスパの高い若手をヴェルディが来季も抱えらるのか?の方が気になるし、井上詩音あたりはJ1に獲られるかもしれない。

新潟あたりはレンタル選手が主軸でレンタル組がごっそり抜けて本間至恩、渡辺新太あたりが抜けたら来季は目も当てられないメンツになる。

2020/11/12(木)前 
今年に関してはしょうがないと言うしかない。
厳しいのは選手だけじゃないし、こんな事態誰も予測できない。

2020/11/12(木)
Jリーグはクラブの経営状況をある程度公開しているから、ごねる選手はあまり出ないんじゃないかな
 
2020/11/12(木) 
Jリーグだけじゃなく世界中のサッカー界が同じ様な状況になると思う。Jリーグに関係ないがバイエルンのアラバ、20億円以上の年俸要求している場合ではないよ!

2020/11/12(木)
三浦カズもそろそろ引退を考えた方がいいかも。もういい年齢だし、第二の人生を歩んだ方がいいかも。年齢を考えた方がいい。もう若くない。ベテラン選手も年齢を考えた方がいい。40歳過ぎたら若くない。

2020/11/12(木)
書いてあること自体は的外れではないかもしれないが、
そもそもそうなったとして「混乱」ではない。

2020/11/12(木)
何この東スポみたいな記事!?wwww

○○みたいな噂が…って、どんないい加減な話よ。

まあでもこれは、経営陣の能力が問われるのは間違いないね。

ただわざとなのか知らないのか分からんけど、しばらく債務超過云々は問われなくなったから、言われるほど厳しくはならないと思うよ。
少なくとも札幌はさほど影響は無いって言ってた。

もっとちゃんと取材して記事書きましょうね!

2020/11/12(木)
高年齢でコストのかかるだけでコスパの悪い奴が整理対象になるのはスポーツ会に限ったことでないだろうしね

2020/11/12(木)
J2だったら過去の名声の選手より、大卒ルーキーの方が価値が高くなり青田買いが加速するのだろう。
プロサッカー選手になろうというモチベーションの低下が懸念される。

2020/11/12(木) 
シュンとダイスケはカズさんの給料捻出のために切られるんじゃないか。
レアンドロ・ドミンゲスも込みで。

ていうか横浜FCは使わないベテランを抱え過ぎだ。

いやJ1の経験、イニエスタ、ケンゴとの対戦も叶えさせたから、ここでカズさんすらサヨナラのシナリオも十分ありか。
新型コロナ関係なしにね。

2020/11/12(木)
長文だけど、内容はめちゃくちゃ薄っぺらい記事だな…
誰でもわかる内容。
U-23へのJ3やめる件も、コロナ以前からの規定路線だし。
記者なの?何なの?
こんなのに金払って読む必要なし!

2020/11/12(木) 
こういう記事で真っ先に名前が挙がるなら、本来はカズだろ。まあ、小野寺グループがFCのメインスポンサーだから、本人が辞めると言わない限り切られることはないが。カズがいることで切られる若手が多いということも事実。
来年は、日本が厳しいなら中国や東南アジアに移籍ってのが増えるだろうな。
返信0
2020/11/12(木)
こういうニュースを見ると中村憲剛の引退って感慨深いと思います。
なんだか「俺はもういいから、若い選手にチャンス与えてね。」みたいな行動にも思える。
考えすぎですかね。。

2020/11/12(木)
この状況でカズを切らないようであれば
横浜FCはの本の恥になるな
観戦してるほとんどがもう
実力ではなく、スポンサーの客寄せパンダ扱いと気ずいてる以上
誰がカズの出場を望んでるのか、どうゆう眼差しで見てるのか分からないといけないと思う

2020/11/12(木)
J2のチームで、しかもレギュラー出ないベテランが高額年俸貰ってるのが信じられない。
プロ野球で言うところの2軍の試合にレギュラーで出れてないようなものですよね。
本来なら引退すべきでは?
三浦知良氏も素晴らしい実績のある選手であり、尊敬すべき存在であるとは思うが、現状、プロと呼ぶ実力はないと思う。
プロとして先発出場できない。今後、実力の伸びしろが考えられない選手は引退すべきだと思う。
返信0
2020/11/12(木) 
コロナ云々以前に日本にサッカープロクラブが多すぎると思う。

外国の真似してだろうけど、日本は外国と違いプロ野球と言う絶対的なメジャーなプロスポーツが既に存在している。

Jクラブはその隙間を利用して何とか運営しているけど、両者には全てにおいて圧倒的な差があり、埋まるようなレベルの差では無い。

いずれ野球の無い時期を狙った秋~春制に成るとは思うが、この際クラブ数を減らし、Jリーグの生き残りを考えるべき時期に来ていると思う。

2020/11/12(木)
そして高くて優秀な選手は全て楽天に。良くも悪くもチームの資金力の差が大きくなりそうだな

2020/11/12(木) 
申し訳ないが、Jリーグはチーム数が日本の面積考えると多すぎる印象がある。この機会に数チームを合併するなりして整理しないと全チーム順風満帆とはならないと思う。

2020/11/12(木)
浦和なんかは特にそうすべきだろうな。他と比べても遊び好きな選手が多そうだし。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ