スクリーンショット 2020-11-11 9.12.59

スポンサード リンク




ワールドカップまであと2年。――昨年までの日本代表はラージグループを形成しつつあった。ところがコロナ禍の2020年、ロードマップは進まなくなった。そして11月の日本代表に召集したメンバーは10月とほぼ同じ。固定化するには早すぎる。森保監督はいま、何を考えているのだろう。

■今回も招集されなかった有力選手たち
 だから、僕は森保監督はこれからもしばらくの間はさらに多くの選手を呼んで、さまざまな組み合わせを試すのだろうと思っていた。ところが、2020年10月と11月の強化試合ではほとんど同じ顔触れの選手が招集されたのだ。

 10月のメンバーが発表された時も話題になったが、乾貴士は今回も呼ばれていない。スペインの1部でコンスタントに出場機会を得ているのだから、乾はコンディション的には問題ないはずだ。とすれば、乾はどうやら森安監督の構想外となっていると考えるしかない。

 他にも、エイバルに移籍して乾のチームメートになった武藤嘉紀も少しずつゲームに絡めているし、かつては代表のエース扱いだった中島もようやくポルトで試合に出場するようになってきているが、やはり声はかからなかった。

 そもそも、さらに多くの選手を招集するつもりなら、森保監督は10月の活動を終えた後もヨーロッパに残るべきだった。日本に帰国しても2週間は自主待機となるのだ。それなら、11月の活動までの1か月をヨーロッパで過ごし、日本人選手を現地で視察しておくきだった。「森保監督はどうして帰国するのだろう?」と不思議だったのだが、少なくとも11月シリーズには同じ選手を招集するつもりだったというのが真相なのだろう。

 いずれにしても他にも「招集されてもおかしくない」選手がいるにも関わらず10月と11月の試合で同じメンバーを招集したのだから、そこには「メンバーを固定したい」という明確な意思があったとしか思えない。

 いったい、森保監督はなぜ2020年の秋の段階でメンバーを固定しようとしているのだろうか?

■予定を消化できなかった2020年
 理由の一つとして考えられるのは、2020年に予定していた代表の試合のほとんどが中止となってしまったため強化スケジュールが大幅に遅れているからということだ。

 本来なら、A代表は2020年にはワールドカップ2次予選を戦っていたはずだ。2次予選は対戦相手との実力差が大きすぎるが、それでも定期的に選手を集められるので少しずつ積み上げができていたはずだ。しかも、実力差のある相手なら、あるいは2次予選突破を決めた後の“消化試合”なら、新しい選手を思い切ってテストしたり、戦術的に新しいトライをすることもできていた。

 そうした機会がすべて失われてしまったので、10月と11月の4試合で遅れを一気に取り戻したいという気持ちがメンバーの固定化につながったのかもしれない。

 しかし、本大会まではまる2年もあるし、最終予選のスタートまでも1年くらいある今の時期にそれほどチーム作りを急ぐ必要はないようにも思える。

 森保監督がチーム作りを急ぐもう一つの理由は、2021年に入ってからのスケジュールが見通せないからだろう。

 2021年に入ると3月にアジア2次予選が再開されることになっている。そして、日程が順調に進めば、2021年秋に最終予選がスタートする。それなら、2次予選の間にメンバーを絞り込んでチーム作りを進めれば、最終予選までにチームはひとまず完成するはずだ。

 しかし、来年の予選が予定通りに開催できるのかどうかは断定できない。

 新型コロナウイルスの感染は冬場に再び拡大するとも言われている。2次予選での日本の対戦相手の一つであるモンゴルは徹底した水際対策を実施することによってこれまで感染者を1人も出してこなかったが、先週ついに初めての国内感染者が見つかったという。

 こうした状況を考えれば、2次予選が3月から予定通り再開できると考えるのは楽観的すぎるだろう。

■2021年に考えられる非常事態
 先月にはFIFAのジャンニ・インファンティノ会長がワールドカップ最終予選を集中開催方式で行う可能性について言及したという報道があった。まだ、可能性として述べただけだが、2次予選が予定通りに実施できないとすれば、それが現実化することもあるだろう。

 あるいは、2次予選がこのまま実施できなければ途中で打ち切られ、現在の勝点状況などを考えて日本の勝ち抜けが認定されるといった可能性もありうる(首位争いが接戦となっているグループでは、上位同士の対戦で勝ち抜けを決めるかもしれない)。

 とにかく、今後のスケジュールはまったく見通せない状況にあるのだ。2次予選が実施されたとしても、海外組は招集できずに国内組だけで戦うことになるかもしれない。様々なケースを想定しておかなければいけないのだ。

 2020年の10月と11月にアフリカ勢やメキシコといった強い相手との試合が組めたのは代表強化のためには大きなプラスになった。しかし、ヨーロッパで新型コロナウイルスの感染が再び拡大している情況を考えると、たとえば来年の3月にもう一度同じような強化試合が組めるとは言い切れない。

 今後、事態がどう進展するのかまったく読めない状況の中、どんなスケジュールになったとしても対処出来るように「今の時点でとりあえずチームの完成度を上げておこう」。これこそが森保監督の本当の意図なのではないだろうか。

 森保監督の(あるいはJFA技術委員会の)そうした決断が正しかったのかどうかは誰にも分からないが、いずれにしても11月の2試合も10月とほとんど同じ顔ぶれで戦うこととなったのだ。せっかく「ラージグループ」の形成を諦めてまで同じメンバーで合計4試合を戦うことを決意したのであれば、実際にチームの完成度を上げておくしかない。

 日本がワールドカップでのベストエイト(準々決勝進出)を目標とするなら、まさにメキシコは同格のライバルということになる。“格下”のパナマ戦では様々なトライをして、それを踏まえた上で2020年の集大成となるメキシコ戦では総力を挙げて勝利を狙ってもらいたい。

後藤健生
https://news.yahoo.co.jp/articles/9b5f193a35532be5ef3e01ba174e34b1689aebf3 

 

2020/11/11(水)
この状況下で呼びにくい選手もいたり、そもそもチームが出してくれなかったりで難しい面もあると思います。
ただ戦術をすり合わせる為にも試合だけでなく合宿を行って国内組に意図を伝えていく必要もあるでしょう。
とりあえず記者には森安じゃなくて森保としっかり書いて欲しいですw

2020/11/11(水) 
選手の固定は、戦術の多くの要素を固定する事。森保のワンパターン戦術には理由があるって事。切り札とかジョーカー的な選手使いこなせないのは、交代策の遅さやパターンを見ても分かる。見てる方は塩っぱい試合だし、監督が塩っぱいから

2020/11/11(水) 
他のアジア諸国は殆ど国内リーグの選手で代表ウィークは合宿や国内リーグ選抜と試合したりしてる。
10ヶ月以上もブランク空けばそれまでの事を忘れてしまうと戸田和幸さんはじめ元代表の人も言っている。
レギュラーメンバーで息を合わせておくことも必要

2020/11/11(水)
乾が構想外な理由か分からない。森保は乾の良さを分からないってこと?わかった上で必要ないと思ってるってこと?絶対にいた方がいいでしょ。周りへの良い影響も絶対にもたらしてくれるよ。

2020/11/11(水)
スペイン一部でバリバリレギュラーの乾を呼ばないってことは、よほど呼びたくないんだろうな。戦術的になのか何なのかは知らんが。

2020/11/11(水) 
武藤は調子が上がれば武蔵とチェンジで呼ばれるかもね。所属のリーグ、クラブのレベル考えたら。

2020/11/11(水)
森保監督が招集されない方が日本代表にとって良いことだと思いますが?

2020/11/11(水)
特に何も考えてないだろう

2020/11/11(水) 
森保を招集外で。

2020/11/11(水) 
中島はわからないけど乾はもう無理だろうな

2020/11/11(水) 
森保じゃ無理でしよ!

2020/11/11(水) 
森岡が見たいんだよ。ボランチで試してくれよ…

2020/11/11(水)
木下優樹菜のファンだったんだろうな











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ