スクリーンショット 2020-11-01 13.51.40

スポンサード リンク




バルセロナ前監督のキケ・セティエン氏が、同クラブにおけるFWリオネル・メッシの存在感について振り返った。

昨季途中にバルセロナ監督に就任し、無冠で終えたシーズン終了後に解任となったセティエン氏。スペイン『エル・パイス』で、元スペイン代表監督ビセンテ・デル・ボスケ氏との対談に臨んだ同氏は、メッシが「扱いの難しい選手」であったことを明かしている。

「確かに、扱いが難しい選手は存在する。メッシがその内の一人であるのは確かだ。しかし、彼が史上最高の選手であることも考慮しなければならない。一体どうしたら、私に彼を変えられるというんだ! 彼を長年にわたって許容し続けて、変えてこなかったというならば……」

「メッシとはたくさん話をしたか? 選手という部分とは別に、もっと扱いが難しいことがある。それはマイケル・ジョーダンのドキュメンタリーで見られるように、多くのスポーツ選手に内在していることだ。期待していたようなこととは違うものを見る羽目になるんだよ」

「(メッシは)とてもおとなしいが、しかし彼が望んでいることを見させようとする。あまり口数は多くない。しかし見つめてくる、じっと見てくるんだ。(バルセロナを)退団してからはっきりしたのだが、私はいくつのタイミングで異なる決断を下していなければならなかった。だがね、何より上に置かれるべきはクラブそのものなんだ。クラブは会長、選手、監督の上にある。クラブ、そしてファンはそういう存在であり、そこに敬意を持ちながら最も適切な選択をしなければならない。メッシやほかの選手が、クラブよりも重要だと考えている人々が何百万といるとしてもね。彼とその周囲の選手は、14年にもわたってあらゆるタイトルを獲得してきたわけだから、それはそうなのだが……」

ポゼッションフットボールを信条とするセティエン氏とバルセロナは相性が良いと思われたが、決してそうではなかった。セティエン氏は「自分になれなかった」と振り返っている。

「私は、あそこで私ではなかった。そうできなかったのか、そうなれる術を知らなかったのか、ということだ。バルサのような次元のクラブと契約を結ぶとき、世界最高の選手たちがいながらも困難があることはすでに把握している。現実としてあったのは、私が自分になれなかった、すべきことをできなかったということだ。もっとドラスティックな決断も下せたのかもしれないか、あれだけの短期間にすべてを整理することはかなわなかったろう」

セティエン氏の率いたバルセロナは、昨季チャンピオンズリーグのバイエルン・ミュンヘン戦で2-8というクラブ史上最大得点差の大敗を喫した。あの悲劇については、こう述懐している。

「あの敗戦でバルサの歴史に刻まれるのは、とんでもなく辛いことだ。自分の責任のパーセンテージは受け入れる。いつの日か、そのことについて書き記したいね。だが解任となった後、2-8の前に私を解任する決断が下されていたことを知ったよ。私は、すべてを理解したんだ」

「今、指導する意欲はあるか? あまりないね。海とあの有名な牛たちに囲まれて、自宅で気分良く過ごしている。もう、悲しみは通り過ぎたよ」

セティエン氏はバルセロナ監督就任会見で、「この前まで自分の村で牛たちと一緒に歩いていたが、今日は世界一のビッグクラブにいるんだ」と、その喜びを語っていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8b9b4d5fc74e93e40debab97450300b6bebcf1dd 

 

2020/11/01(日)
ファーガソンが『選手が監督以上の権限を持つという事は、絶対にあってはならない。』
と、よく言ってたがまさにそれだな。

2020/11/01(日) 
メッシ信者はバルサでもアルゼンチンでも監督のせいにいつもするけど、メッシの扱い辛さは本人のせいでもある。

2020/11/01(日) 
禅問答のような回りくどい受け答えだけど言いたい事と苦悩は良く伝わってくるね。監督ってどの選手をどのように使うかって事が専権事項として与えられている訳だけど、ことバルサに関しては、絶対に変わらないパーツがアンタッチャブルな状態で良くも悪くも固定されてしまっているという事なんだろうな。

2020/11/01(日)
実際はこれよね。ペップですら最後の方は扱えなくなってた。ペップがバルサを離れた理由の1つともされてるよね。とにかくメッシの存在が不必要に大きくなりすぎた。

2020/11/01(日) 
どんな戦術を駆使して戦うのか選手に説明して理解して貰う
選手一人ひとりに役割を与えて自分の戦術を表現して成績を残す
監督は誰にでも出来る仕事ではない
増してやリーガの名門チームなら尚更でしょう

2020/11/01(日) 
キケ・セティエンがうまくいってなかったのはクーリングブレイクのときの雰囲気でバレバレだった。うまくいってるチームは監督の周りに輪ができて一言も聞き逃すまいと監督の話を聞き入っていたが、バルサのセティエン体制の時はやたらアシスタントコーチがうろちょろしていてセティエンがメッシに限らず選手と直接話をしているところはほとんど見たことがなかった。

2020/11/01(日) 
こういうのを見ると、プジョルってものすごいキャプテンだったんだと実感する。

2020/11/01(日) 
ついに本音を語る監督が出てきてくれたか。
バルサファン以外にとっては、メッシがずっとバルサにいてくれた方がいい。いや、バルサファンも実はメッシにいてほしいのだろう。選手としては素晴らしいもんな。チームを勝たせる存在ではないが

2020/11/01(日)
メッシもそうだけど、トップ選手はすべからく異常なまでの負けず嫌い。
負けず嫌いだから人の何十倍も努力するし、勝利に執着する。
そんな選手たちをどれだけ思い通りに扱えるか、
それが指揮官である監督の資質であり、必要条件なんですよね。

2020/11/01(日)
メッシは偉大な選手だけど、メッシを生かすための正解がメッシの中にしかなくて、メッシ自身にはそれを他人に理解させるためのコミュニケーション能力がないから、監督としてはどうすりゃいいかさっぱりわからん、ってことよね。

2020/11/01(日)
こういうのって、見えない圧力やしがらみも多いだろうから、簡単にメッシをベンチに座らすとか使わないってことが自分の意志だけでは難しいのだろう。

2020/11/01(日)
まあこれに関しては誰も悪くないよね。
扱いづらい理由も、メッシの圧倒的な個の力と実績からくるものでメッシを責めることはできない。

2020/11/01(日) 
使いたくなければ使わなければいい。
それだけのこと。
クーマンもそうすればいいだけ。
上層部がそれで文句を言うなら辞めればいい。

2020/11/01(日)
メッシ本人も自分がある意味浮いた存在になっていることを自覚してるんだろうな。だからこそ移籍を希望してたと。

2020/11/01(日)
何故メッシと組むのがアンスファティグリーズコウチ?前線小回りの上手いネイマールマネサラー等持ってこれないのか?メッシが去った後誰が点を取り看板になるの?

2020/11/01(日) 
メッシが見つめて来ると自分の意見を通せなかった。もしくは自分の意見を通した責任を取る覚悟がなかった。

つまり、結局は荷が重かったって話ですね。

2020/11/01(日)
メッシと共に歩んだ時間には感謝する
でも、時には必ず終わりが来る
それがまさしく今なのではないだろうか
監督だけではなく、クラブより偉いと勘違いしてるメッシは今やバルトメウ会長よりクラブの癌だ
というか、プジョルやシャビ、イニエスタが去ってから一選手であるはずのメッシとクラブの関係がおかしくなってる

2020/11/01(日) 
ビッグクラブの監督の器では無かったというだけだね

例えばルイス・エンリケ、彼はメッシをベンチに下げることも躊躇しなかったからね
それが出来ない監督だったというだけ

2020/11/01(日)
サッカーの才能は間違いないんだけど…。
最近は何というか、ネクラで狭量、チームスタッフやファンを思いやるところが足りない。
クリロナとは全然別。

2020/11/01(日)
この人2022年6月までの契約だったから違約金払わないといけないのにバルセロナのフロントは払ってないらしいな。

2020/11/01(日) 
シンプルにジダンの下でプレーするメッシを見てみたいが、多分この組み合わせは他の誰よりも起こり得ないからな

2020/11/01(日) 
守備しないお散歩陰キャプテン使わないといけないとか監督も困ったもんだな

2020/11/01(日)
社長より影響力のある平社員がいて組織が纏まるわけがない

2020/11/01(日)
クラブ以上の存在なはずのバルセロナにクラブ以上の選手が存在する皮肉

2020/11/01(日) 
バイエルン戦の大敗の責任はセティアンと共に選手達も享受して欲しいわ。

2020/11/01(日) 
ついに実際指導した監督からの批判が来たかと

2020/11/01(日)
バルベルデで良かったのにな。

2020/11/01(日)
メッシ本人もそれを自覚しているから退団しようとしたんだろう。

2020/11/01(日) 
バルサの王様だからな。
何かバルサのメッシももう見飽きてきたな。

2020/11/01(日)
ビッグクラブの監督に向き不向きの前に選手と信頼関係を築けていなかったのが、一番の問題なのでは?











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ