スクリーンショット 2020-10-25 13.40.50

スポンサード リンク




 放ったシュートは90分間を通してわずかに1本。しかも、名古屋グランパスゴールの枠を大きく外れてしまった。得点を奪えなければ、必然的に勝利を手にすることはできない。
 ピッチ外でさまざまな問題に直面しているベガルタ仙台が0-1で敗れ、連続未勝利試合をクラブワースト2位となる14(4分け10敗)に更新。最下位からの脱出に失敗した。

 敵地・パロマ瑞穂スタジアムに乗り込んだ24日の明治安田生命J1リーグ第24節。ベガルタを率いる木山隆之監督は浦和レッズに0-6の大敗を喫した18日の前節から、先発メンバーを5人も入れ替えて必勝を期した。交際していた女性への暴言や暴行が20日発売の写真週刊誌『フラッシュ』で報じられ、同日に契約を解除された道渕諒平(26)も先発リストから名前が消えた一人だった。

 道渕が主戦場としていた右サイドハーフで2試合ぶりに先発した34歳のチーム最年長、関口訓充の突破から最大のチャンスが生まれた。後半14分に自陣から仕掛けたカウンター。関口がペナルティーエリアの右から絶妙のクロスを送るも、ニアサイドへ飛び込んできたFW長沢駿がコンマ数秒遅れ、ボールはグランパスの守護神、ランゲラックにがっちりとキャッチされてしまった。

 しかし、この場面以外はチャンスの予感すら漂ってこない。キックオフ前の時点で5位につけるグランパスに対して、木山監督は先に失点をしない展開に比重を置いた上で、身長192cmの長沢、同185cmのアレクサンドレ・ゲデスの長身2トップにロングボールを集める戦法をとった。

「前半から攻め込まれる時間が多かったなかで、全員で耐えながら試合を拮抗させられたことはよかった。ただ、いい形でボールを取ることが少なかったし、何回か取れたときにも2トップへいいボールを入れることすらままならなかった。それだと、シュートまでもち込むのが難しかったのかな、と」

 シュート数がわずか1本に終わった理由を、木山監督は前節からの5日間で積み重ねた準備が、ピッチ上で具現化されなかったことに帰結させた。前半13分に長沢が放った唯一のシュートも、関口のスローインから右サイドを抜け出したゲデスが上げたクロスに頭を合わせたものだった。

 対照的に中2日のグランパスは14本ものシュートを放った。そのなかの一本、後半20分にボランチの稲垣祥が決めた千金の決勝点は関口、ボランチの椎橋慧也が左右からブロックに飛び込んでくる状況で、利き足とは逆の左足を迷わずに振り抜く思い切りのよさから生まれた。

 椎橋の足をかすめてコースを山なりに変えた一撃が、再三のビッグセーブでゴールマウスを死守してきた守護神、ヤクブ・スウォビィクの牙城に風穴を開けた。シュートを打たなければ何も起こらない。サッカーの原点を突きつけられた、ポーランド代表歴をもつ29歳は努めて前を向いた。

「勝ちたかったゲームなので非常に残念だ。ただ、この苦しい時期は近々終わると信じているので、次の試合へ向けて、強い意思をもっていい準備をしていきたい」

 ドメスティック・バイオレンス(DV)が報じられた道渕との契約解除に端を発する形で、ベガルタは混迷状態に直面した。翌21日には所属選手を誹謗中傷するコメントを個人のSNSに投稿するのをやめてほしいと訴える声明が出され、さらに22日には今年度決算で債務超過に陥る見込みの経営危機を救ってほしいと、9月下旬から呼びかけられていた「クラブ緊急基金」の中断が発表された。

 8月中旬に道渕のトラブルを把握していたベガルタは、女性との間ですでに示談が成立しているとして事案を公表せず、9月20日からはリーグ戦に復帰させてきた。しかし、度重なるDV行為だけではなく、傷害容疑で宮城県警察に逮捕されていたと報じられると、経営陣が知り得なかった事実がクラブ内の秩序や風紀を乱すという理由で、一転して契約解除に踏み切っていた。

 仙台市で生まれ育ち、アカデミー出身でもある看板選手の不祥事に対する、経営陣の首尾一貫しない対応が隠蔽行為にあたるのではといぶかしまれ、世間の風当たりが強まる状況を招いた。しかし、ピッチのなかにおける混乱は、実はシーズンが開幕した当初から懸念されたものだった。

 クラブ史上初のOB監督として、2014シーズンの開幕直後にヘッドコーチから昇格。限られた戦力をやり繰りしてベガルタをJ1の中位に踏みとどまらせ続け、2018シーズンの天皇杯全日本サッカー選手権大会では準優勝に導いた渡邉晋氏との契約更新が、昨シーズン限りで見送られている。より上位を目指してベガルタを成長させていく上での、事実上の解任と見られている。

 後任を託された木山監督は、48歳にして初めてJ1の指揮を執った。水戸ホーリーホックを皮切りにジェフ千葉、愛媛FC、モンテディオ山形とJ2で監督を務め、ホーリーホック以外ではJ1昇格プレーオフ進出へ導いたが、J1レベルでどのような手腕を発揮するのかは未知数だった。
 実際、ここまでの軌跡を振り返る限りは、期待に見合う結果を残しているとは言えない。2-1で逃げ切った8月8日のヴィッセル神戸戦を最後に14試合連続で白星から遠ざかっているどころか、ホームのユアテックスタジアム仙台では4分け6敗と、リーグで唯一未勝利が続いている。

 直近の4試合ではすべて無得点が続いているなかで、グランパス戦ではシュート数自体もわずか1本に終わった。苦境を打開する処方箋を問われた指揮官は、具体策を言及することができなかった。

「うーん……現状のなかで簡単に打開できる問題ではないのかもしれないですけれども、攻撃をする回数を増やすための前段階のプレーの質をひとつひとつ上げていくこともそうですし、より守備の強度を上げて、いい形でボールを取れる回数を増やすことも必要かもしれません」

 昨オフにはキャプテンを務めていたDF大岩一貴と、J1通算で65ゴールをあげているFW石原直樹が湘南ベルマーレに、昨シーズンのJ1で最多となる10アシストを記録したDF永戸勝也が鹿島アントラーズへそれぞれ移籍。J2に降格した2004シーズンを皮切りに、実に16年間も在籍してきたチームの精神的支柱、元北朝鮮代表MF梁勇基(現サガン鳥栖)との契約更新も見送られた。

 補強の目玉としてサガンから獲得した、元U-23スペイン代表のMFイサック・クエンカが右ひざ半月板を損傷していることが開幕前になって判明。戦列復帰が今月までずれ込むなど、チグハグな面も目立っている。FWジャーメイン良やDF蜂須賀孝治、DF吉野恭平らもけがで長期離脱を余儀なくされていて、FW西村拓真や夏場に加入したDFパラも10月に入って戦列を離れている。

 しかし、過密日程下での戦いはベガルタに限られた事態ではない。やり繰りや工夫が求められるなかで勝てない泥沼は、クラブとしての準備不足やチームの完成度の低さを、さらにはピッチ外で連続している騒動が選手たちの集中力にネガティブな影響を与えている証に思えてならない。

「このメンバーのなかでやれることをやるしかないので、しっかりと顔を上げて、チーム全員の鎖が切れないように、気持ちが切れないように、何とか心を整えてチャレンジしていきたい」

 木山監督は必死にファイティングポーズを取った。新型コロナウイルス禍に見舞われる前から、2期連続で赤字を計上している経営陣に厳しい視線が向けられている一方で、ファン・サポーターはベガルタおよび選手たちを懸命に応援している。28日から幕を開けるヴィッセル、サンフレッチェ広島、柏レイソル、サガンとのホーム4連戦で、寄せられる期待を結果に変える戦いが待っている。
(文責・藤江直人/スポーツライター)

https://news.yahoo.co.jp/articles/bb87393849b0a166c999605e53091152ef637b6b?page=1 

 

2020/10/25(日) 
チャレンジしていきたい?木山監督のチャレンジを試す場ではない。結果を出せないのなら、さっさと潔く身を引くべきだと思うがな。チームにこれだけ戦術が浸透していないのは誰の指揮のせい?開幕前なぞ、取材陣シャットアウトでの練習って何のためだったの?本当に練習してたの?もう来年のために切り替えた方が良いと思うが、ここでも仙台のフロントは頭が悪い。

2020/10/25(日) 
木山監督は続投でしょう。金をかけずにいかにしてJリーグに残るかが仙台経営陣の目標ですから、今シーズンは降格も無いし、解任する理由がないのです。
渡邉監督を解任した理由がJ1で上位に行けないからだったのに、就任したのはJ1で初めてタクトを振るう木山監督。
クラブの経営に口を出さない、保守的な監督にしたかったのがみえみえですよ。
チーム戦術やゲームプランにマッチした選手より取れる選手をとってくるだけのチームでは勝てませんよ。

2020/10/25(日) 
ボール支配率は悪いし、パスも繋がらない。
木山ではスコアレスドローでしか勝点取れない。
財政難で監督解任出来ないのなら、せめて自分から辞任して欲しい。

2020/10/25(日)  
メンバーが揃ってないみたいな言い方してるけど、
これでも昨期しっかり戦えてたメンバーにクエンカやら西村やら補強して仙台の歴史の中でも相当戦力整ってる年だと思うんだが。
この監督ほんと他人事みたいな発言ばかりで腹立つな

2020/10/25(日) 
>チーム全員の鎖が切れないように、気持ちが切れないように、何とか心を整えてチャレンジしていきたい

とっくに鎖も気持ちも切れてますよ、あなたが切ったといっても過言ではない
シーズン序盤は渡邉監督の遺産で食いつないでいたがあなたがベガルタをバラバラにした

2020/10/25(日) 
渡辺監督、リャンの解任から始まり何故そのようなことをするのか?と長年のサポなら皆感じたはずです。お金がないなら有名な選手を連れてこなくても良いじゃないですか。J1に仙台がいるだけで幸せでした。本当に今までありがとうございました。

2020/10/25(日)  
「やるしかない」...敗軍の将に典型的な「戦う前の言い訳」。

それ以前に、負け試合の総括が、(現状の打開は難しい)「かもしれない」でした。他人事みたいに。

練習したことが出せない、みたいな発言もありますが、
選手の状態や資質、顔ぶれ、モチベーションにそぐわないことを
無理にやらせても、そりゃ出来ないと思います。

やればやるほどダメになっていく.......。
こんなのが、まだ続くのでしょうか。

2020/10/25(日)  
1けた順位を目指すためにはナベさんではダメだと言って切っておいて、今のこの最下位という状況についてどう説明するのか?
そう言ってJ1で実績のない監督に任せたらこのザマだよ。試合後のコメントもどこか他人事で選手が悪いみたいなことばかりで、気分が悪い。
こんな監督なのにクラブ側は今後のことについて話し合う気配もないみたいだし、誰も責任取らずに済ませようってことですか?
こんなグダグダのクラブには本当に愛想が尽きます。
オフになったらみんな出ていくんじゃないの。

2020/10/25(日) 
選手が本当にどう思っているのか本音のところが聞きたいな!!
この前南野がインタビューでクロップと森保の共通点を聞かれてて、この監督のためになら頑張りたいって言ってた。
さて木山のために頑張りたいと本当に思っている選手はいるのかな??

2020/10/25(日)  
敗軍の将は兵を語らず。

ベガルタ仙台も楽天イーグルスも一緒。

昔、ベガルタ仙台になる前の監督が言っていた。
「プロスポーツを強くするならお金をかけたら強くなる。」
「それができないなら地元の選手あつめて長い間かけて地元に愛着を持つ選手をあつめて強くする」
この二つだけと言っていた。

ベガルタ仙台の場合、お金はない。今回の暴力ざたで愛着のある選手も入団しないだろう。
ベガルタ仙台は株主、フロント、監督全部一新するしかない。

特に納税者の立場から宮城県と仙台市はこれ以上こんなチームに税金を使うなといいたい。
特に仙台市は200億かけたスタジアムをただ同然で貸しておまけに補助金までだしてバカじゃないのといいたい。
行政まで甘やかしているからベガルタ仙台は強くならない。

2020/10/25(日)  
他サポですが、選手がサッカーに集中できる環境にあまりにもなっていないと思います。債務超過やDV、監督の問題、サポーター。これでは選手がかわいそうです。経営トップが選手に向けて何かしてるのかいろいろな記事を観ると疑問です。何事も経営トップ次第だと思います。

2020/10/25(日) 
現地観戦したグラサポです。
ここのコメントや他サイトでは、木山さんがボロクソに言われてるけれど、選手1人1人のクオリティーがそれ以上に低いように感じた。
前監督切ったのはもちろん、大岩や梁勇基などが抜けたり、チーム編成が大きな原因なんじゃないかな。
やっぱフロントがかなりマズいね。

2020/10/25(日) 
サポーターやファンみんながベガルタを心配しても、社長、たかだか仙台で成功したくらいで有識者気取りの天下り役員、選手のせいにする監督達には切実な声は届かない。
危機管理能力もなければ無責任な膿達を追い出さないと未来はなさそう。

2020/10/25(日)  
木山が標榜するサッカーを完遂するには
選手個々には並外れた技術とパワーが必要
対戦相手が容易く対処出来る戦術なので
相手がわかっていてもやられてしまうくらい
圧倒的な戦力差がないと成立しない
それを元々戦力面で難があるチームで
やろうとする時点で
成り立ちの部分から破綻している
それだけのこと

2020/10/25(日) 
他サポですけど
選手の問題以上に、大きな問題がある様に思うんですけど…

天下り役員だらけのフロントも癌でしょ?
私の応援するチームもよそ様の事言えないけど…

2020/10/25(日)  
パラは開幕からいたぞ。しっかり取材しるよ。それはさておき、仙台は来期以降、存続できるのだろうか?累積赤字、不祥事隠蔽、コロナの影響、ビジョンの見えない指揮と成績不振。このクラブに来期スポンサー契約してくれる企業はあるのかなぁ。大なたを振るうような改革をしないと!

2020/10/25(日) 
J1で仙台が勝てるチームは無いかもしれない。ならば、元々得意なフォーメーションや、戦術に戻すべきです。監督のイメージでは絶対に勝てないし、ファンの期待に応えられない。監督がアマで、選手がプロのチグハグさが最大の欠点です。

2020/10/25(日) 
来期クラブが存在してるかもわからないが、
早急にフロントの総入れ替え監督交代が必須。このままの体制では未来がない。

2020/10/25(日)  
道渕の契約解除って言うより、それ以前の戦術の問題なのでは?
勝ち点を狙うあまり消極的なプレーもおおいし。
だったら、若手選手を積極的に使って、若手の成長、移籍金狙いの経営戦略にシフトした方が、クラブ存続の為にも有効なのでは?

2020/10/25(日) 
道渕問題ではそこまでトドメにはなりましたが、それ以前から揺れてましたよ。
サポーターのフロント不信、ナベさん解任、木山就任からの低迷、フロント刷新しないくせにクラウドファンディング。震災が続けて起きて余震の道渕で崩れた感じ。
ベガルタはボロボロ、サポーターの心もボロボロですよ…。このコメント打ってて涙出てきた…。辛い…!











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ