スクリーンショット 2020-10-21 22.14.29

スポンサード リンク




【Jリーグ・佐伯夕利子理事インタビュー|第3回】久保が所属するビジャレアルは「胡坐をかいていたら沈没してしまう」

 今シーズンのリーガ・エスパニョーラで、日本から最も熱い視線が注がれているクラブといえば、日本代表MF久保建英が期限付き移籍したビジャレアルだろう。バレンシア州に本拠地を置き、“イエローサブマリン”の愛称を持つこのクラブで長年スタッフとして働く佐伯夕利子氏が、今年3月からJリーグの常任理事に就任した。父親の仕事の都合により18歳でスペインに渡り、19歳から指導者の道に進んだ佐伯氏は、スペインで日本人として初めてS級相当のライセンスを取得して各年代の指導にあたり、日本人および女性で初めて同3部で監督を務めた経験を持つ。女子チームではアトレティコ・マドリードなどビッグクラブで指揮を執ったこともあり、2008年から現在のビジャレアルでフロントスタッフを歴任。海外での日本人指導者、女性指導者の第一人者である佐伯理事が見てきた「ビジャレアル」というクラブとは――。「Football ZONE web」の独占インタビューで、クラブへの想いを明かした。

 19歳で指導者になり、3部リーグで監督、アトレティコで女子チームを指導、そしてバレンシアでは強化も担当した。いろいろな経験を積んでやってきたのが、ビジャレアル。2008年にやってきてフロントに入り、今では12年が経った。

「もともとビジャレアルに声をかけてもらった時にはフットボール総務部という契約だった。指導者として生計を立てていけるのはプロの監督しかないので、フルで職員として働いて欲しいからフロントの契約書になる、と。ただ業務が終わったらピッチに下りて、指導したらいいと言われた。最初の2年間はU-19男子のスタッフ、そこからレディースの監督を6年。そのあとは女子5チームの強化育成責任者を兼任も含めて2年間やったので、レディースに8年ぐらい関わっていた」

 ビジャレアルでは12年間、クラブの移り変わりを見てきた。リーガでは一桁順位が常連の強豪だが、2部降格も経験。それでも昨季は5位の好位置でフィニッシュした。12年の間ではクラブのハード面が大きく変わり、練習場8面が10面に。第二スポーツセンターができて、4面加わった。スタジアムも増築して5000人席が増え、急速な成長を遂げた。それでも、ビジャレアルというクラブには変わらないものがある。

「ポリシーとか理念は昔から変わっていない。スポーツセンターに入ると、一番に見えるのが、黄色い小屋。そこにバレンシア州の国旗と、スペイン国旗とビジャレアルのクラブ旗が立ててある。実はこの小屋は昔、“クラブ”だった。ビジャレアルというクラブがこの建物一つで完結していた。1階にロッカールームがあって、お湯も出ない水でシャワーを浴びて、2階に二つ机がある。スタッフがそれぞれ作業し、用具室にはカラーコーンやビブスやらを収納してある。クラブがあの小屋一つで完結していた。クラブが大きくなってスタッフが入れ替わっても、私たちの起源はこれなんだというものを忘れないために、会長から絶対に取り壊さすなという命令がある。謙虚さを忘れないように、と。5万人の小さな田舎町なので、胡坐をかいていたら沈没してしまう。市民の支えであり続けることが、ビジャレアルというクラブの存在意義。そこのエッセンスを失ってしまったらサポートしてもらえるようなことがなくなる、というちょっと独特なクラブ」

久保建英が加入することで高まった注目度…それでも「ビジャレアルは一切変わらない」

 クラブ理念がしっかりしているビジャレアルに2020年夏、久保が加入した。19歳の青年に対し、日本からは取材依頼が殺到した。日本における注目度は高まり、ニュース欄では毎日のように「ビジャレアル」という単語を見かけるだろう。日本人にとってはぐっと距離が近くなったような気がするクラブだが、ビジャレアル側はどのように感じているのだろうか。

「久保くんがいるビジャレアルと、久保くんがいないビジャレアルで大きく変わったことは、日本における認知度と露出の量だと思う。ビジャレアルは一切変わらないし、変わることもない。なぜなら、ビジャレアルはこれまで“マーケティング補強”をしたことがない。他のクラブは日本人をマーケティング的な要素を含んで補強することがあると思うけど、ビジャレアルはどの選手に対してもしたことがない。だから久保くんを獲ったのは戦力として。でも、ふたを開けてみれば『なんだ、これは?』というぐらいの反響で追いつかない。でも、たとえそれが久保くんであれ、ビジャレアルにはスター選手が何人も在籍した過去がある。そのなかでも1人の選手がクラブを変えるようなことはなかった。クラブのフィロソフィーや目指すものが強固で、明確にされているから。クラブを超える人物は存在しないというのがコンセプト」

 もちろん“特別扱い”はしないし、1人の戦力として、久保建英という選手として見ているのがクラブの現状だという。そのなかで久保は、ここまで開幕5試合連続の途中出場にとどまっている。昨季スペイン1年目となったマジョルカでは、リーグ戦35試合4ゴール4アシストを記録。特に新型コロナウイルスによる中断明けは、圧倒的なパフォーマンスを見せた。今季はUEFAヨーロッパリーグ(EL)の戦いもあるなかで、どれほど印象的なプレーを見せるのか注目が集まっている。現在、久保を間近で見守る立場となっている佐伯理事は、19歳の日本人アタッカーをどのように見ているのだろうか。

「これまでスペインリーグは、日本人が活躍できないとされてきた。私も正直、なぜだかよく分からないけど……、言えることは『それぐらいだったら上手いやつ、いくらでもいるよ』ということかな、と。外国人枠を埋めるということは、その他の22人よりも飛び抜けて上手くないといけない。それぐらいだったら、同じぐらいだったらU-23にもいるというのがボーダーラインだったのかな。強い・速い・上手いだけでは、なかなかプロになれないというのは、スペインリーグにはさらにあるのかなと思いますね。

 あとは、選手が身を置くところも大きく変わる。例えばマジョルカにおける久保くんとビジャレアルにおける久保くんでは、全く違う。マジョルカでは助っ人だったけど、ビジャレアルではまだそうじゃない。外国人枠を埋めるだけの、彼ら以上のものを見せられるかというハードルが高い。スペインに来る日本人には、『超級クラス』を求められている。上手さで言うと、(リーガ内でも)ビジャレアルの選手は上手い。そのなかで久保くんが『超級クラスか』ということが求められている。でも、久保くんに関しては19歳になったばかり。人間としてもスーパーで、日本を支えていく選手だけど、よく考えれば19歳の青年。それを周りがリスペクトしないと。いらないプレッシャーをかけるのは違う気がしていて。こんな田舎町のビジャレアルに来たばかりだけど、フットボールに集中できる環境なのはいいことかなと思います」

 久保にとってはまた新たな挑戦。今、自身と向き合っている久保は、もがきながらもその環境すら楽しんでいることだろう。もちろん、ビジャレアルの久保建英という注目度はさらに高まった。海を渡った日本からは、状況を理解してどれだけフラットな目で見られるかが重要になってくる。そのなかでも、ビジャレアルというクラブはいつでも冷静に、「久保建英」という選手とともに成長しようとしていることは間違いないだろう。

Football ZONE web編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi
https://news.yahoo.co.jp/articles/104f85c227c67be3895d783df7c70f95ed5a61f6?page=1 

 

2020/10/21(水)
プロが見る観点は厳しいな。
外国人枠は国内選手よりも超級ってワードが意味が深い。
でもどんな天才もずっとベンチじゃ試合感が失われていくね。
メッシも例外ではなかった。

2020/10/21(水)
こんなにすごい人材がいるとは知りませんでした。

メディアもエミリの揚げ足取りみたいな記事ばっかじゃなくて、初めからこの方に話を聞けばよかったのに。

2020/10/21(水)
これは重要な記事だね。久保を出せ出せ言ってる人にこそ読んでほしい。クラブを超える個は存在しない。ビジャレアルは変わっていない。とてもいい記事を読んだ。優秀な日本人スタッフがこうやって海外で頑張ってるのを見ると嬉しくなりますね。

2020/10/21(水) 
凄い人がJリーグの人になったんだな。こんな人がいるとは驚いた。
彼女のいう通り、確かにリーガで通用する日本人は殆どいなかったからなあ。
日本で天才と言われた乾が何とか通用したくらいで、
他は長く続いていない。
凄いレベルだね。

2020/10/21(水)
代表戦を見ていて今の久保さんの環境も仕方ないことなのかもと思いました。
何よりこのような素晴らしい経歴の方がいらっしゃったこと、恥ずかしながら存じ上げませんでした

2020/10/21(水)
当たり前だよ。マジョルカで活躍した試合のレベルはスペイン下位クラスのクラブであって上位のクラブの助っ人のレベルは簡単じゃない。まして19歳で
ビジャレアルのスタメンはれるならレアルのベンチメンバーに将来性を買われて入ってるって。

2020/10/21(水)
「上手いけどどこにでもいる」
残念だけど佐伯さんの言う通り、そして自分も言ってきたとおり今の久保はこれだと思う。マジョルカではとりあえずボールを取られない、それだけで評価の対象だったけど、もうそんな甘い環境じゃない。戦術がんや判断力、判断スピードやその正確性、プレーの正確性もレベルが上がる。
今のところ長所であったドリブルも陰りが見られて、どの点から見てもレギュラークラスとは言えない。ましてや外国人助っ人のレベルではない。
このままだと半期でのさらなる移籍も現実味を帯びてきている。レアルの意向だけでなく、ビジャレアルとしても不要となりかねない。頑張ってほしいわ

2020/10/21(水)
でも熱烈歓迎して、いかにもスタメンで使うような感じで入ったのに今の扱いはどうかと思う。アピールする時間も少なすぎる。あれじゃ逆に調子狂うだろ。
他の使ってくれるスペインのクラブに行ってた方が確実に成長してたと思う。

2020/10/21(水) 
こういうフェイクでない本当の情報だけを流してほしいです。
スポーツ紙の売れればいいという煽り記事には飽き飽きしました。

2020/10/21(水)
熱烈歓迎しといてそれはないだろ?
結局マーケティングの為にとったと勘ぐられないように言ってる詭弁だ。
使わなきゃ試合感覚だって鈍る。

2020/10/21(水) 
なるほどね
久保建英の同期はまだu19に所属してるのか

2020/10/21(水) 
この方と森保、至急、交代して下さい。

2020/10/21(水) 
熱望して獲得して飼い殺しをする理由にはならない。
その理屈だとずっとベンチにいなければならない。
最初から戦力ではないと獲得時に伝えるべき。

2020/10/21(水)
熱烈歓迎熱烈歓迎うるせぇ信者ばっかだよな。現時点で戦力としてみてるのかシーズン中盤から徐々に穴埋めとして起用していくかによって扱い変わるの当たり前でしょ
実際マーケティング目当てでクソみたいな使われ方して故障するよりも全然いい
EL始まってもなおなかなか出場時間がってなってるならわかる、まじで早とちりしすぎ
久保よりも使いたい選手がいるから使ってるだけ。
久保に出場機会あげたいだろうけど他の選手にも同じような扱いをしないとファンからバッシング+マネジメント的にもダメなのは監督が1番わかってるだろ。
マジョルカの時とは全然違う戦略で、CL狙ってるようなチームでいくらどの戦術でもできます!って言ってるぽっと出の新人より経験積んでるベテランとか中堅、チームに在籍してる選手が使われるのは分かってたことでしょ

2020/10/21(水) 
これは面白い記事だね。こういうの常に読みたいよね











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ