スクリーンショット 2020-10-20 18.52.11

スポンサード リンク




 国際親善試合、日本代表対コートジボワール代表の試合が現地時間13日に行われ、日本代表が1-0で勝利した。昨年12月以来となる国際試合を、日本代表は1勝1分という結果で終えている。

 ワールドカップアジア2次予選は来年3月から再開される予定。11月のインターナショナルマッチデーを消化すると、大舞台の切符を掴むための戦いが再び始まる。

 今回のオランダ遠征はJリーグでプレーする選手たちが不参加となり、欧州でプレーする選手だけで構成された。依然として不安定な社会情勢が続くが、国内組と海外組が何の足枷もなく召集できると仮定したうえで、予選を戦うメンバーを予想していきたい。

 GKのポジション争いは、所属クラブでのパフォーマンスが大きく影響を及ぼすだろう。今回選ばれた3人のGKのうち、今シーズン公式戦でプレーしているのは川島永嗣のみ。その川島も、正GKの長期離脱と第2GKに新型コロナウイルスの陽性反応が出たことでチャンスが巡ってきた形で、第3節以降はベンチに座っている。

 カメルーン戦で先発した権田修一はポルティモネンセで出場機会がない。7月に右足の負傷から復帰したシュミット・ダニエルも所属するシント=トロイデンではプレー機会がなく、コートジボワール戦が復帰戦となった。

 これまで通り権田が起用される見込みは高いが、他の選手の所属クラブでのパフォーマンス次第で序列は大きく変わることもあるだろう。権田とシュミットが出場機会を得られない状況が続けば、大迫敬介や中村航輔といった経験者にもチャンスはあり、半年後に鹿島アントラーズの沖悠哉がメンバーに食い込む可能性すら否定できない状況だ。

 センターバックは吉田麻也と冨安健洋が圧巻のパフォーマンスをこの2試合でも見せている。酒井宏樹を加えた3バックも安定感があり、各クラブで培ってきた技術の高さがプレーに反映されていた。コートジボワール戦では殊勲の決勝ゴールで植田直通がアピールに成功したが、この牙城を崩すのは難しい。

 サイドバックはマルセイユコンビが君臨する。今回、長友佑都が不参加となったことで、不在の穴を感じさせた。安西幸輝は守備の不安を露呈し、本職ではない中山雄太は攻撃面で物足りなさを感じさせた。

 中盤は引き続き柴崎岳が中心となり、遠藤航と召集できなかった橋本拳人がポジションを争うことになるだろう。今回参加した中山雄太と板倉滉、Jリーグからは三竿健斗や守田英正、田中碧、井手口陽介らがそれに続くことになるだろうか。

 2列目の人選は激戦だ。中島翔哉はポルトでプレーできておらず、メンバーから外れた。PSVからブンデスリーガに移った堂安律もこの2試合は低調に終わり、代表での立場すら危うくなってきた。久保建英はコートジボワール戦で先発したが、決定的な仕事はできていない。

 対照的に右サイドで輝いたのは伊東純也。所属するヘンクでも不動の位置を築く韋駄天は、右サイドで幅と深さを作る貴重な役割を担っていた。南野拓実はこの2試合で得点に絡めなかったが、鎌田大地がポジションを奪うまでのパフォーマンスを見せたとは言い難い。開幕からの好調を維持できれば、左サイドでは原口元気がプレーすることになるだろう。

 1トップもこの2試合で大迫勇也の立場が揺らいだとはいえない。カメルーン戦のみの出場となった大迫は所属クラブとの役割の違いに苦しむものの、これまで積み重ねてきた確固たる信頼がある。

 鈴木武蔵は大迫とは異なり深さを作れる選手だが、コートジボワール戦では決定的な仕事ができなかった。ウエスカで健在ぶりを見せている岡崎慎司は、来年も日本代表のユニフォームを着ているだろう。

●2021年の予想メンバー

▽GK
権田修一

▽DF
酒井宏樹
吉田麻也
冨安健洋
長友佑都

▽MF
柴崎岳
遠藤航
伊東純也
南野拓実
原口元気

▽FW
大迫勇也

フットボールチャンネル編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/1115ebc57b020648e04d00317279860fab3ec44b 

 

2020/10/20(火)
伊東と堂安の差は歴然だった。ボランチは遠藤が一番だね。鎌田はやはり真ん中でのプレーが向いている。左サイドが全体的に弱いな。中島が本調子なら、、、かな?

2020/10/20(火)
中盤は柴崎中心で遠藤が二番手、ではなく、遠藤こそ当確で柴崎はそれほど良く見えなかったけどね。勿論クラブでコンディション上げて中盤に君臨してほしいけど、過度に今の柴崎に固執すべきではないと思う。

2020/10/20(火)
伊東のスタメンもいいけど、あのスピードは途中からの方が脅威かも!今回の代表戦は伊東、遠藤、吉田、冨安が素晴らしかった!GKは繋げられるシュミットを使っていくのがベストだと思う。

2020/10/20(火)
2021予想メンバーというより
2020現在のベストメンバー

これでは、チームとしても選手個人個人としても、成長が見込めないようで、読んでもつまらない。

せっかく2021予想メンバーとするなら
変化、成長を予想したメンバーをあげてくれたほうが、記事としてワクワクする。
そんな記事を期待。

2020/10/20(火)
左は乾だろ
何故か選ばないようだが。
大迫は移籍しない限り多分落ちていく。
南野1トップ、トップ下鎌田でしょう

左SBのバックアップが急務だね

2020/10/20(火)
中島翔哉は日本開催の親善試合ではドリブルで無双してたけど、今日のように対戦相手が強豪国でコンディション万全の時はどれくらい通用するか見てみたい

2020/10/20(火) 
今回の連戦で伊東は右サイドの一番手を獲得した。攻守両面で何度もスプリントしてチームの為に働いた

解説の戸田さんが褒めていたように、守備でも球際で身体を張って戦えるようになり、その仕事量も増えた。今の伊東だったらブンデス1部のクラブへ移籍しても戦える

原口も最初はブンデスのヘルタ・ベルリンに移籍し、守備面で戦えなかったから信頼を得られず、身体を一から作り直してハードワーク出来るタフな選手になった。J時代と今は体躯とチームへの献身が全然違う

宇佐美は原口以上にボールを持った時の技術と才能もあるが、ブンデスで求められるチームを助ける為の守備のハードワークに対応出来なかった。ドリブル技術やシュートの巧さだけ切り取れば、通用する能力があった

欧州でプレーすると、世界で戦える基準が分かる。自分がどのレベルか現在地も見える。
今回の遠征で吉田、冨安、酒井、遠藤の安定感は見事だった

2020/10/20(火)
伊東、富安の成長は顕著。鎌田にはワンチャンを決めて欲しかった。全体的に守備、攻撃ともヨーロッパ基準の試合で、内田元日本代表が言うように別基準のサッカー。やはり、クラブでの活躍が試合結果に直結する事が分かった試合。ヨーロッパ組のクラブでのレギュラー取りを願います。

2020/10/20(火)
伊東はいいんだけど、あのスピードを活かすなら後半途中からのジョーカー的な役割のほうが生きる気はする

2020/10/20(火) 
鎌田と三好を先発させないと、ゴールが遠い。

大半の日本人サッカー記者は、獲物奪いが本質であるサッカーを分かってない。

攻撃選手は、守備義務の上で、とにかく攻めて奪った者勝ちだから。

2020/10/20(火) 
右ウイングとして、堂安と伊藤を比べれば伊藤が大きく上回り勝負はついた感じがする。展開がワイドになりチャンスが確実に増えるが、クロスの精度、ゴール前での枚数、FWのスキルが条件になる。伊藤と久保を比較してみると、決定機を作る能力や、数的不利な状況を打開する能力、中に入った時の視野の広さやアイディア、クオリティで久保は伊藤を遥かに凌ぐので、右ウイングは久保がスタメンで終盤に伊藤がベストと思える。ワントップの選択肢が大迫オンリーでは厳しい。南野、鎌田は併用するのが良い。となれば左に南野、トップ下に鎌田の方がしっくりくる。ボランチ固定は遠藤、もう1人を柴崎、橋本、山口、ここに、堂安をポジション替えでポスト柴崎として育てるのことが出来ないかと思う。最終ラインは安定感があるので、ボランチにアクティブで強靭な司令塔が欲しい。そこで、堂安をボランチに、という思いがある。

2020/10/20(火)
それでも長友は安泰なのか? 中山の方が攻撃面が物足りなくても、3バックになる時に酒井が最終ラインに入って中山がボランチに入るとかシステムのオプションになり得ると思うけど。

2020/10/20(火)
一人一人比べるだけではなくて、「組み合わせ」としてどうなのかも、
問題になってきそうだな。特に攻撃陣は。

それぞれ、いいものを持っている選手がそろっているけれども、
組み合わせ次第では、ヘボいアタッカーになりそうだし。

勿論、後ろの選手とのコンビもあるだろうし、相手との相性もあるが。

2020/10/20(火)
中山のボランチが悪いという意見が多いですが、適正云々ともかくとして、相方の柴崎があそこまで不安定なら厳しいですよ。ましてや若い選手と組ますわけですから。安定感の必要なボランチがあれでは・・・・やはりこのポジションはしっかり試合出てコンディションの良い選手を使わないと試合が作れない

2020/10/20(火)
堂安は正直終わったかな

全然アピールできないし、もはやなんで呼ばれたのかわからないレベル


次回以降は呼ばれない確率高い

2020/10/20(火) 
原口の出来はそこまでよくなかった。この左MFはJでも楽しみな若手が複数いるからポジション争いに期待。来年は長友の後継も出てきてほしいね

2020/10/20(火)
伊東選手は走りがいいですね。ディフェンスもよかったです。ただのフィニッシュ手前に工夫がないのかな。オフサイドにもかかりやすいし。裏抜けしようとするからかかっちゃうんだよね。相手と対峙してからしかけることをベースにしないとカウンターくらうのが怖いですね。

2020/10/20(火)
左サイドは、安部が怪我から復調すれば、ぜひ試したい。がんがん仕掛けて守備もできるタイプ。原口は、守れるしポリバレントなので欠かせないな。

2020/10/20(火) 
概ね今のメンバーで選ぶならこうなりそうだなと思った。
左SBが長友以外使えないってのが情けないな。
思い切って原口を左SBにしてみたらって思うけど、やらないだろうな。

2020/10/20(火) 
遠藤、冨安、吉田、酒井を中心とすればワールドクラスとも戦えることがわかった!個人的にはゼロトップを試して真ん中に久保をはらしてみてほしいかな!堂安はきびしいかな。

2020/10/20(火)
んー 初めて堂安が招集された時は、期待したけど今は伊東の方が期待出来る。
3バックを試すなら サイドは 長友と酒井みたいに足が早く且無尽蔵のスタミナを持った選手じゃないときついだろ。

2020/10/20(火)
せっかく守備の穴がなくなってきたのに、長友入れたら終わりやん
ロングボール全て長友狙われてセカンドボール拾われてサイドから簡単にクロスあげられて終わるぞ
長友起用は全く意味不明

2020/10/20(火) 
この遠征で明らかになったこと

・シュミットだと後ろから繋げる
・酒井、吉田、富安は安定感半端ない
・中山はボランチで起用してはいけない
・柴崎は絶対的な存在ではない
・伊東が右サイドの1stチョイス
・堂安はしばらく招集しなくていい
・南野はシュートできるポジション取りが上手い
・鈴木武蔵はポストプレー不安過ぎ

2020/10/20(火) 
プレースピードが遅い柴崎はもう外すべき
攻守ともに足を引っ張るだけの存在
伊東は周りの選手の使い方が悪い
せっかく幅をとってるんだから3人目の動きとして
斜めに走りこめるように使えば相当な武器になる
遠藤冨安吉田は終始安定していて良かった

2020/10/20(火) 
大迫選手の代わりが出てこない
両サイドバックも長友選手酒井選手以外不安! 
そこが改善されないとワールドカップベスト8には入れない!

2020/10/20(火)
久保を右で使ってないので何とも言えないがトップ下でもいいと思う左はダメだよまあ中島が復活してくれないと始まらないと痛感させられた

2020/10/20(火)
堂安君は若いがサイドとしては伸びしろが少ないと思うので、真剣に考えてほしい。新たなポジションで花開くかスポンサーの意向で選ばれるのか着目はしてます。
柴崎君もいいかげん引導を渡してほしい。キャリア的にステップアップ見られないし、年齢的にも伸びしろない。

2020/10/20(火)
左は安部を起用してほしい。
原口はディフェンス面が目立ちすぎて本来の縦への突破が皆無。
あと、柴崎はロスト多いしプレーが軽すぎる!

2020/10/20(火)
次のワールドカップでさらに上を目指すためにという視点で前回のワールドカップ時点でのレベルを超えそうなシステムを作っていくべき。
前回より力が明らかに落ちてきている柴崎や長友は代わりを育てるべきだし、攻撃陣は大迫中心システムから、南野や鎌田を中心とするシステムを考えて連携が合う選手を選んでいき攻撃力をあげていくほうがいい。相性がいいなら、まだ動ける細かなパスが得意な香川や乾、家長、小林悠も年齢を気にせず呼ぶのもいい。
久保ももう19才、同じ頃の香川や中田より動けないな。今のように試合経験がつめないままだと代表はこれからもっと難しいかも。

2020/10/20(火)
右伊藤なら左は中島裕翔が良い。ゴールに向かっていく選手がいないと良くて引分にしかならない(笑)
柴崎を鎌田に変える。
大迫を超えるFW出てこないと厳しい











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ