スクリーンショット 2020-10-19 21.50.24

スポンサード リンク




 10月18日、オランダ・ユトレヒトで行われた日本代表の2試合を終えてチームに戻った久保建英が、ホームでバレンシア戦に出場した。ここまでラ・リーガで5試合54分しか出場機会の与えられなかった久保の起用法について、ウネイ・エメリ監督がいくつかのメディアに起用方針について説明するなど、久保について注目が集まった中での試合だ。

 バレンシアとの一戦は、同じバレンシア州をホームとする両チームのダービー戦に当たるだけでなく、バレンシアを古巣とする選手がビジャレアルに何人もいることから、激しい試合展開が予想された。エメリ監督が試合直前に、「久保にペナルティエリア内でのプレー」を求めたのも、そのためだ。

 その久保は、この試合でもベンチスタート。ただし、途中出場のタイミングは早かった。1-1で迎えた64分、右サイドでのライバルであるMFサムエル・チュクウェゼに代わって、ピッチに立った。勝ち越しを久保に託した采配だった。

 その久保が期待に応えた。69分、左サイドのモイ・ゴメスからパスを受けると、後ろにダニ・パレホがいることを確認。ボールを前に運ばず、ヒールで後ろに出したのだ。パレホはペナルティエリア外だったが、思い切り右足を振り切ると、次の瞬間にはボールがゴールネットを大きく揺らしていた。

 パレホは古巣相手の決勝点に複雑な表情を見せたが、チームメイトは歓喜を隠さなかった。

 ビジャレアルで初めて“アシスト”を見せた久保だが、試合終了間際にはもう一つの“初経験”があったた。

 相手のボールホルダーに対し、ディフェンスのために足を伸ばしたのが危険なプレーと判断され、イエローカード。これがこの日2枚目だったため、退場処分となってしまったのだ。久保やチームメイトは主審に抗議したものの、判定は変わることなくピッチを去ることとなった。

 幸いなことに久保の退場は90+2分のことで、残り時間がわずかだったため、バレンシアの反撃を許すことなく試合はこのまま終了。ビジャレアルはダービー戦を制し、勝ち点3を積み上げた。

 勝ち越しが欲しい時間帯に出場させ、それに応えて初アシストを決めながらも退場処分。その久保を、監督はどう評価したのだろうか。スペインメディアの各報道によると、エメリ監督はこうコメントしている。

「彼のプレーは本当に好ましかった。彼とは何度も話し合いを重ねたい、同じものを目指している中で努力している。久保は19歳で、その進歩は明らかだが、その中で苦労もあるだろう。これまでで最も長い時間、彼はプレーした。1-1の状況で出場し、2-1になった後は、ガヤを相手に守備的な仕事を継続した。普通ではないイエローカード2枚で退場した。しかし、あれはもう一つの経験となる。我々は、彼がプレーし続けられるように、どちらかのカードの取り下げを訴えるかどうか検討するつもりだ」

 久保の退場という判定を不服としており、リーグに対してその解除処分を求めるという。久保のプレーについては、好意的にとらえているようだ。

 多くのスペインメディアも、久保の退場を批判の対象とはしていない。むしろ、そのアシストとなったヒールパスに対して賛辞を贈るとともに、古巣相手に戦ったパレホのプレーを賞賛している。そのパレホは終了間際に負傷交代しており、エメリ監督は「内転筋に小さな伸びや筋肉の損傷があるかもしれない」と筋肉系の負傷であることを示唆した。

 ビジャレアルはこれで勝ち点を「11」に伸ばし、首位・レアル・ソシエダードと同じ勝ち点の2位に浮上している。次節の相手であるカディスは、今節、レアル・マドリードを破った手強い相手。久保は出場停止のまま出られないのか、あるいは、イエローカードが取り消されて出場が適うのか。動向に注目したい。

サッカー批評編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/f6ee6c72b4ab00c47e8bbc6bdfd83e23e89ca92c?page=1 

 

2020/10/19(月)
退場やアシストより、出場時間が10分から30分に伸びたことが重要だと思う。
今はまだ適応段階で少しずつエメリの求める仕事を覚えている最中なのだろう。

もう少しシーズンが進んでみないと評価は下せないけど、お隣のバレンシアのイガンインが本人の意思とは関係なく担ぎ上げられているのを見ると、エメリは久保を大事に育てようとしてくれていると思う。

2020/10/19(月)
2枚目のカードはそもそもが久保本人のボールを大きく蹴り出し過ぎたことによるタッチミスがきっかけで起きてるから、あそこをしっかり納めれてたら良かったんやけど。
背後から突っかけられると結構簡単にロストしたりタッチミスするからやっぱりフィジカルの成長がもうちょっと欲しいな

2020/10/19(月) 
転生で第2の人生を送っているのではないかというぐらい、19歳にして大人のメンタルを持つ久保のことだから、先発で出られないからどうこうと不満を持つより、監督から与えられたテーマに真摯に取り組んでいるのだろう。そして監督からも好意的に見られているはず。

2020/10/19(月)
今の境遇からスタメンを奪い取れたら、久保にとって間違いなくプラス。
レアルからのレンタルだから、という理由だけでスタートになったら得るものは少ないと思う。
相手はチェクウェゼではなくエメリ。そして、久保なら克服してくれると信じている。

2020/10/19(月)
いまのところエメリは
新チームで結果を残してるのだから
指揮官としての評価は高まるでしょ。

彼だってチームの成績で
彼自身の進退が決まるんだから
「期待されてる」という理由だけで
19歳の選手を重視することはできない。

このあたりをみんなわかってなくて
エメリを批判してたやつらがなんて
多いことか。

本当にみんなサッカーをわかってなくて草

いったい何年サッカーを見てきてるんだか

2020/10/19(月)
確かに二枚目イエローは疑問だが、ヒールでのアシストは華麗とは言いがたい、バランスを崩しながらも繋いだだけ、て感じだったのでまだまだ本調子でないかんじ。
まあでもこれをきっかけに上向いてほしいな。って、出場停止か。

2020/10/19(月) 
試合に出る為には仕方ないけどエメリの下では久保の長所は生かされないと思う。バレホが得点しなかったら見るべきものは何もなかった。

2020/10/19(月) 
> 相手のボールホルダーに対し、ディフェンスのために足を伸ばしたのが危険なプレーと判断され、イエローカード

ボールホルダーは久保君だった。相手がボールを奪いに来たので、寸前に久保君が触ってる。
サッカーの記事はいい加減ですね。英字を消し忘れのまま記事を出してるのもありましたよ。

2020/10/19(月) 
さすがにモレノの欠場でエメリの久保の起用法が変わった。
単調な攻撃にイマジネーションを加えるため右サイドで送りこまれた。
そしてレッドはもらったが久保は要求に応える結果を作り、チームは勝った。
さあ、これからが楽しみになって来た。

2020/10/19(月) 
久保のあのアイデアは確かに素晴らしい。

けど、まぁパレホのナイスゴールというのが1番ですね。。

2020/10/19(月) 
アシストねえ…トラップが上手く出来ず足元に入ってしまったから苦し紛れにヒールで流しただけで他に選択肢なかっただけだからね 。
しかしある意味日本よりも一部のマドリードメディアは持ち上げてくれるね 笑

2020/10/19(月) 
よく見ると後方へダブルタッチでボール送ってるんだよね。強めのパスを右足で受けて左足でボールを一旦止め、次に左足で右足の方に蹴り出し右足に当てると同時にボールを後ろに反らしてる。
この一連の動きを一瞬でやってるのでちょっと見パスが足にあたってそれたように見える。

2020/10/19(月) 
もしもアシストがパレホでシュートが久保だったら
誰もパレホのアシストは褒めないだろう
こぼれ球扱い
あれは久保のファインゴールになり有象無象のメディアによりメッシと比較されビジャレアルで活躍中になり日本代表のエースに
エメリは今期別に戦術失敗してないのでまだ久保を先発で使わず日本人記者から何故使わないエメリ批判が拡大
エメリは二度と日本人を取りたくないだろう

2020/10/19(月)
警告受けてのあのプレーだから
カードもらってもしょうがない。
しかし、マジョルカの時より
ディフェンスする機会減るかと思ってたけど
そんなことはなかったね。

2020/10/19(月) 
11時からDAZN観ようとしたらやっぱり先発じゃないのを知って、まあ12時くらいかなーーと思ったら寝てた。DAZNみよ

2020/10/19(月)
お隣の国が 久保と比較する・・ え~ッと
退場の多い バレンシアの人・・
どの記事にも 出てないのですが? 
意外ん・・

2020/10/19(月)
あのヒールキックはたまたまでしたね。
アシストになってよかった。

2020/10/19(月)
久保のファンだし応援しているけど、あれヒールパスじゃないね。

2020/10/19(月)
あれを絶妙アシストと捉えるのは、ちょっと評価が甘すぎるのでは?
2枚目もらったプレーがイエローなら、1枚目のプレーはレッドでしょ

2020/10/19(月)
エメリは上司にしたくなるなぁ











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ