スクリーンショット 2020-10-16 14.24.26

スポンサード リンク




2020年10月13日の深夜。オランダ・ユトレヒトで行われた日本対コートジボワール戦の親善試合は、最終盤、柴崎岳のフリーキックから交代で入ったばかりの植田直通がヘッドでたたき込んだゴールによって、1-0で日本代表が勝利を収めた。史上初めて欧州組だけで組まれた日本代表は、0-0で終わった9日のカメルーン戦に続き、アフリカの強豪を0点で抑えたことになる。
 
この試合をサッカージャーナリストの後藤健生、大住良之の2人はどう見たのか。試合直後、深夜2時45分から始まった「激論」の話題は、日本代表の過去・現在・未来に及び、終わろうとする気配もなかったーー。


―ボランチ、攻撃、守備と話してきましたが。森保監督の采配については?

大住「采配は当たったね。この間はゼロゼロだったし、昨日の時点では、代えるのは数人ですみたいなことを言っていたけどさ、今日開けてみたら7人が代わっていたわけじゃない。特に前のほうはがらりと変わった。

 要するに選手をできるだけたくさん使いたいという気持ちと、それと点を取って勝ちたいというのがあったんだと思うんだけど。そこであのメンバーを使って、しかもかなり我慢したよね。たとえば鎌田にしても、前半はほとんど良いプレーができなかったのだけど、後半は右からパスを受けて内側にかわして縦に入ってシュート。この選手は、こういう才能があるんだと見せた。

 鎌田にしてみれば、ああいったプレーは1試合に何回かやりたいのだろうけど、それが出せたというのは、やっぱり森保監督の我慢のおかげだと思う。だから、そういう面で彼のマネージメントの上手さが、今回もよく出てたんじゃないかな」

後藤「7人代えたって言うけど、中山は違うことをやらせたのだから、実質は8人代えているわけだよね。この間は勝てなかったから、また、最強メンバーで行くのかなというようなことは言っていたのだけれど、そうじゃないということもちゃんとしたしね。最後に植田が決めたのは、監督として持っているな、としか言えないけど。

 本当に合理的に進めたよね。最初は準備期間が少ない守備から入って、前にボールをつなぐところまでできた。最後のフィニッシュのところは準備期間が無かったけれども、という非常によくわかるチーム作りだよね」


■「バタバタなかったね」「守備が改善されてたね」
 
大住「それに、もうひとつ感心したのは後半になって、相手がボールを支配して攻め込む時間が増えた。その時にあまりバタバタしなかったよね。それは強い相手なのだから、むこうに持たれる時間もある、そのときは粘れよ、って言ってあったという事なんだけれど。

 しかも相手はシステムを変えて良くなったわけで、普通は監督がバタバタするんだよね、あそこで。それがバタバタしなかった。じゃあこうしよう、とかすぐやりがちなんだけど、どっしりしていたし」

後藤「その部分は前日会見でも、守備のやり方について、前からどんどん行くだけじゃなくて、行けない時はしっかりコンパクトに守ろうというようなことを言っていて、実際にそれができたわけだからね。今日がたまたまそうなったわけじゃなくて、きちっと準備して、この間よりも守備面を改善したわけですからね」


―個人の質の高さもありましたね。相手がシステムを変えた時に凌いだ時は。

後藤「あれだけ最後のセンターバックが強いと、多少のことがあってもやられないぞっていう気持ちがあるから、あわてないよね」


■「吉田と富安のコンビは完ぺきだね」「中澤、闘莉王のコンビを超えたね」
 
大住「それは今回の最大の収穫だよね。吉田と富安のコンビというのは去年のアジアカップからだよね。森保日本代表が始まった時は、富安はまだレギュラーじゃなかったはず。ずっと2人でやってはいるんだけど、2人とも一段とすごくなったな。特に吉田がイタリアに行ってプレーの幅を広げたという感じがするよね」

後藤「本当に1対1の個で勝っているだけでなくて、相手を誘い込んで守るとかね。完璧に読み切ってプレーしているものね」

大住「そうそう。あれ?って思った瞬間に、吉田が先に走っているものね」

後藤「それで富安が行って外されると、吉田がしっかりカバーしているとか、もう本当に完璧だよね、あの2人は」

大住「富安が完全にレギュラーになったのはアジアカップからで、その前は槙野とか三浦が吉田と組んでいたんだよね。富安も最初から出てはいたけど」


―これは中澤、闘莉王のコンビを超えたかもしれないですね?

後藤「超えたよ」

大住「超えたなんて言っちゃ、全然違うよ」

後藤「だってただ跳ね返すんじゃないもの、ちゃんとつなげるから」

大住「中澤、闘莉王は素晴らしい精神力の持ち主で、メンタリティーという面では今の二人より上かもしれないけど、毎週毎週ヨーロッパの怪物みたいな選手を相手に闘っていたわけではないから。やっぱりレベルは全然違うよね」


■「今回はあの2人を絶賛する大会だったね」
 
―歴代最高と言えますか?

後藤「世界でも有数なくらいすごいんじゃない?」

大住「それはちょっと……」

後藤「言いすぎかな?」

大住「言いすぎたと思う」

後藤「じゃあアジア最高ってところか」

大住「アジア最高も……どうかな。韓国もセンターバックは強いからな。けど、韓国の強さとかとは質が違うよね?」

後藤「そう。強さだけじゃないもん。本当に守備の読みとか予測とかさ、すごいレベルだよ。だってセリエAのセンターバックが2人並んでいるんだもん」

大住「とにかく今回はあの2人を絶賛する大会だったね」

後藤「あれが続いてほしいね」

大住「吉田も、これを続けることが大切、って言ってたよね」

後藤「歳が歳だから落ちると叩かれちゃう、とも言ってた」

大住「吉田も、アフリカのこういう相手に固く守れたのは初めての事だった、って言ってたね。手ごたえをすごく感じているみたい」


―2試合完封ですもんね。

■「今回はキーパーのファインプレーはなかったね」「いい選手が出るといいね」
 
後藤「それも余裕をもってゼロで抑えたもんね。なんとか逃げ切ったとか、そういうんじゃないもの」

大住「キーパーのファインセーブに次ぐファインセーブではなかったしね」

後藤「キーパーは誰が出てたんだっけ?って感じだよね。キーパーのファインプレーなんかなかったものね」

大住「シュートを外してくれたのもあったけど」


―権田も、シュミットも暇そうでしたね?

大住「シュミットはやっぱり足元が上手いね」

後藤「やっぱり最近は、日本はセンターバックは強くなったし、キーパーも若いのがどんどん出てきたし、ようやく後ろのほうが揃って来たかね、って感じ」

大住「権田はちょっと足元が怖い感じはするけどね」

後藤「今年のJリーグはね、若いキーパーがどんどん出てきた」

大住「そうだよね。今度、キーパーもさ、セリエAとかプレミアリーグとかでレギュラーでやるようなキーパーが出てくるといいね。鈴木彩艶(すずきざいおん)かな?」

大住良之,後藤健生
https://news.yahoo.co.jp/articles/37d6174a4447928c470c785d3ccb4f787dca154c?page=1










スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ