スクリーンショット 2020-10-16 13.43.11

スポンサード リンク




2020年10月13日の深夜。オランダ・ユトレヒトで行われた日本対コートジボワール戦の親善試合は、最終盤、柴崎岳のフリーキックから交代で入ったばかりの植田直通がヘッドでたたき込んだゴールによって、1-0で日本代表が勝利を収めた。史上初めて欧州組だけで組まれた日本代表は、0-0で終わった9日のカメルーン戦に続き、アフリカの強豪を0点で抑えたことになる。
 
この試合をサッカージャーナリストの後藤健生、大住良之の2人はどう見たのか。試合直後、深夜2時45分から始まった「激論」の話題は、日本代表の過去・現在・未来に及び、終わろうとする気配もなかったーー。

GK
シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)1992.02.03

DF
室屋成(ハノーファー/ドイツ)1994.04.05
吉田麻也(サンプドリア/イタリア)1988.08.24
冨安健洋(ボローニャ/イタリア)1998.11.05
中山雄太(ズヴォレ/オランダ)1997.02.16

MF
遠藤航(シュトゥットガルト/ドイツ)1993.02.09
柴崎岳(レガネス/スペイン)1992.05.28
伊東純也(ヘンク/ベルギー)1993.03.09
久保建英(ビジャレアル/スペイン)2001.06.04
鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)1996.08.05

FW
鈴木武蔵(ベールスホット/ベルギー)1994.02.11

●途中出場
(61分)久保建英 →  南野拓実(リバプール/イングランド)1995.01.16
(73分)鈴木武蔵 →  原口元気(ハノーファー/ドイツ)1991.05.09
(85分)伊東純也 → 堂安律(アルミニア・ビーレフェルト/ドイツ)1998.06.16

(88分)室屋成 → 植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)1994.10.24



―まず、試合後の監督会見ですが、森保一日本代表監督は喜んでましたか?

後藤「もう狂喜乱舞。あっ、冗談ですよ」

大住「会見は冷静だったけど、試合直後の嬉しそうな顔は印象的だったよね」

後藤「笑みが隠しても漏れてしまうって感じだったね」
 

―テレビのインタビューではそうでもなかったですけどね。

大住「いやいや、あの前が結構はしゃいでいたよ。飛び上がっていた感じだよね」

後藤「そこは見てなかったな」

大住「飛び上がらんばかり」
 

―珍しいことですね。当然、勝ったから喜んだという事ですね?

大住「勝利を届けたいという本当に強い気持ちがあったからね。何はともあれ、大きいよね」

後藤「内容的にも前より良かったこともあるけど、それが勝ったという事実に繋がるのは、色んな意味で大きいよね。それに、森保さんというのは実は非常に勝利にこだわる人だしね」

大住「デッドマール・クラマー(※日本サッカーの父と呼ばれるサッカー指導者)の言葉に、勝利にかわりうるものはない、という言葉があるんだけど、まさに。

 勝ったからすべてが良いというわけではないんだけど、やはり勝つことで得るものというか、もたらされるものは多いよね」

後藤「負けて勉強になることももちろんあるのだろうけど、やっぱり勝ったほうが自信にもつながるし、良いという事は間違いない。今さら言うまでもなくね。しかも“あれっ、勝っちゃった”というのではなく、きちっと勝ったしね」


■「内容的にもいいゲームでしたね」
―そうですか。

後藤「内容的にも良いゲームでしたよね」

大住「アディショナルタイムに点が入りそうな気はしてた」

後藤「そうだね。僕がカメル―ン戦の時に、これは最後までゼロゼロだな、って途中で思ったと言ったけど、今日はいつか入るような気が、この前よりはしたよね」

大住「前線が即席メンバーみたいなものだから、なかなか合わないし。能力的にも、前の試合よりはちょっと落ちたかなっていう。それはしょうがないよね。だけど、それまでの組み立ての落ち着きというか、ボールを取ってすぐ失うとか、そういうことは本当に少なくなったから。

 だから試合がまあまあ安定したし、すぐに取られないからピンチもない、というような。もちろん決定的なピンチはあったけど、ボールを自陣で失って持ち込まれるといった形は非常に少なかったよね」


―後藤さんもそう思われましたか?

後藤「この間のカメルーン戦の課題と言ったのは、ボールを奪ってからそのあとが繋げなくて、またすぐに失ってしまう。その繰り返しだったのが、今日は、前線まで安定してつなげる回数が前よりずっと増えたね。

 最後のところは、クロスの精度とか、中への入り方とか、シュートが遅れたりとか、最後のフィニッシュの段階はしょうがないんだけど。その前の段階は、前よりスムーズに行ってたということですよね」


■「日本代表選手たちは本当に賢い」
―そこは、中3日での変化と言えますね。

大住「カメルーン戦で出た課題というのは、きちっと把握されていたし、その対策はトレーニングされたし、選手たちも意識して。その辺はいつも思うんだけど、日本代表選手たちは本当に賢いよね。ほんのちょっとしたこと、たとえば5分間の練習で3バックにしちゃったとか」

後藤「あれはすごいね」

大住「そういうことは本当にすごいよね」

後藤「昨日の、コートジボワール戦の前日会見で森保監督が言ってたね。3バックは5分間しか練習してなかった、って。今日の相手のコートジボワールの監督が、10日しかなくて練習が8回しかできなかった、ゴール前のところなんかできてなかったのだから点を取れなくてもしょうがない、みたいなことを言ってた。

 日本も同じような状況だったわけでしょ。フィニッシュのクロスあげてから、どうだこうだというところまでは、今回は手を付ける時間がなかったということだからね。だからやろうとしたことは、きちっとできていて、前の試合に出てない選手がいっぱい出て、3日間で修正するところは修正ができたという事だろうね」

大住良之,後藤健生
https://news.yahoo.co.jp/articles/36031c3c4d6e622cdab5a19b129151089b339a74?page=1 

 

2020/10/16(金)
室屋中山が守備面でやれそうなのは収穫ではないかと、攻撃は改善の余地があるし、特に中山はやや自重していたかと。結果不馴れな左でサポートも薄かった久保がインパクトなしでしたが、そもそも中山にサイド突破してマイナスのセンタリング期待する方が酷。

安西は良くなかったので、長友不在時は中山かもしれません。

2020/10/16(金)
遠藤が入ると気の利いたプレーをするので安心感が違う。それと、左SBが中山になったのが大きかったと思う。

2020/10/16(金)
遠藤はいいね。
目立たないけど、サッカー脳が優れてる。
守るのか、攻めるのかの状況判断が抜群だね。
ドイツで評価されてるのがわかるわ。

2020/10/16(金)
冨安はもっとできるね。吉田との距離を短時間で理解してたのが本物。吉田もやはり経験値が高い。
次世代のSBが不安だったけど、酒井も良かった、室屋も時間かかったけどアフリカ勢にスピード負けしてなかったし、中山なんてビックリ!効果的面だった。
課題は中盤の我が強いから諸刃の剣みたいな事になってたね。いい悩みでもあるけど、ヤットのような電波塔が欲しい

2020/10/16(金) 
3枚はクラブでやってるからね。しかし、やっぱ格上相手には結論からいうと今日の記事にあった、ベンフィカのGKの台頭が必須だな。それでも45分できるか?だろうな。今回やらなかったのを見れば分かるが、格上相手にはかなり難しいからね。格上のコートジボワールも後半変更だし、本格のベルギーもブラジルには4枚だったしな。格下にもめちゃくちゃカウンター食らうからね。

今後は後半相手が疲れた所で、3枚がWCの相手にできるかが鍵だよね。ちなみに森保がやらなかったのも、格上のポーランドが準備した3枚でコロンビアに大敗したからだよね。ポーランドやベルギーや英国はGKが世界的だから、それが必須なんだよね。

森保が嬉しいのは、とりあえず結果出したからかなり実験をし易くなったってことでしょ。格上のメキシコ相手に3枚ができるかだし、通用するかだな。やらない可能性もあるけどな。おそらく、アジアならバリバリだけどね。

2020/10/16(金) 
サッカーは。
体力が最重要である事、体力を維持する戦術が
更に重要である事、これを具現化出来るチームが強い、しかし、本質は走れば勝つ!かな?

2020/10/16(金) 
相変わらず、何目的のメンバー交代かよく分からん…

選手が賢くても監督があれじゃあね…

守備は良かったけど、オフェンスがワンパターン。
サイドに流してってのが多かったけど、身体能力の高い相手にそれでいいの?と思った。

鈴木と鎌田はあんまり存在感感じなかった。
相手の脅威にならないFWってどうなんだろう…

2020/10/16(金) 
いまの代表に中田、中村、小野、高原がいればかなり強いはずだ

2020/10/16(金)
サッカージャーナリストが分析するのは試合ではなく結果なんですよね。

2020/10/16(金) 
富安がすごい

2020/10/16(金)
なんだ?この太鼓持ち対談は?

2020/10/16(金) 
今の日本代表、あんまり詳しくないんだけど、GK誰?











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ