スクリーンショット 2020-10-15 20.50.03

スポンサード リンク




 アディショナルタイムを含めて234分ぶりに生まれたゴールを介して、ジュビロ磐田に9試合ぶりとなる勝利をもたらしたのは、ガンバ大阪から加入して2戦目を迎えた40歳のレジェンドだった。

 4位につけているV・ファーレン長崎と、ホームのヤマハスタジアムで対峙した14日の明治安田生命J2リーグ第26節。後半2分に高卒ルーキーのFW三木直士が決めた、両チームともに無得点の均衡を破る値千金の決勝点から場面を巻き戻していくと、ボランチの遠藤保仁が担った右コーナーキックをへて、最終的には遠藤が右足アウトサイドで放った絶妙のスルーパスへと行き着く。

 マイボールでキックオフされた後半。ジュビロはいったんボールを下げて、最終ラインから2トップの一角、ルキアンを狙ったロングボールで攻撃をスタートさせた。相手ペナルティーエリアの右角付近でディフェンダーを背負いながら、懸命にボールをキープするブラジル人ストライカーをフォローしようと、後方へスルスルと近づいてきたのが「50番」を背負う遠藤だった。

 ルキアンから下げられたボールをトラップした次の瞬間、遠藤は軽やかに右足を振り抜く。ターゲットは自身の前方、長崎ゴールの右側にぽっかりと生じていたスペース。直前まで相手ゴール前の中央にいた三木が、鋭い動き出しから右斜め前のそのスペースへ走り込んできていた。

「他の選手とは違うタイミングや感覚をもっているすごい選手ですし、自分たちが動き出せばボールが出てくるような感じなので、信じて動き出すだけでした。それがあのプレーに繋がったと思います」

 ジュビロ磐田U-18から昇格して1年目で、長崎戦が4試合目のリーグ戦出場だった三木が、合流してわずか9日目の遠藤との間に生まれている、以心伝心のコンビネーションに声を弾ませた。

 アウトサイドで蹴られたがゆえに、遠藤のパスは長崎ゴールから逃げるような軌道を描きながら、三木が走り込んだ先で一致する。さらに三木は素早く身体を反転させて、中央にルキアン、ファーサイドにはMF大森晃太郎が詰めていたゴール前へ低く、速いクロスを供給した。

 これは長崎のセンターバック二見宏志が、何とかコーナーキックに逃れた。前半から数えて4本目のコーナーキック。スコアレスドローに終わった前節の松本山雅FCとのデビュー戦から、すべてのセットプレーでキッカーを任されてきた遠藤の胸中にも期するものがあった。

「何回かニアに引っかかっていたので、もっといいボールを蹴らなければいけないと思っていました」

 言葉通りに前半24分の2本目、同37分の3本目は、ともにニアサイドにいた相手選手にクリアされていた。果たして、アウトスイングから放たれた後半2分の4本目は、ニアサイドを越えて急降下。中央で大森とMF名倉巧が競り合った末に、ファーサイドにいた三木の前に転がってきた。

「ホームで(初ゴールを)取れたのは、自分にとってもファン・サポーターにとっても嬉しいことだと思います。ジュニアユースやユースの選手たちの見本となれるように、もっともっと活躍したい」

 無我夢中で利き足の左足で押し込んだプロ初ゴールに三木は、笑顔を弾けさせながら遠藤のもとへと駆け寄っている。山雅戦でともに途中出場していたルキアン、三木の2トップとピッチ上で共演した29分間で得た情報に、実戦のなかで微調整を施しながら遠藤もプレーしていた。

「100%わかっているわけじゃないので手探りの状況でしたし、パスのタイミングがずれることもありましたけど、それは仕方のないことだと思っていました。ただ、ルキアンにしても三木にしても、能力が高い選手だとわかっているので、もっともっとチャンスを作れるんじゃないかと思っています」

 フル出場した山雅戦から中3日で迎えた長崎戦でも、先発した遠藤は試合終了を告げるホイッスルをピッチの上で聞いた。

 頻繁にポジションを変えながら味方からボールを呼び込み、フリーの味方へ的確にパスを散らし続ける。守備陣と攻撃陣のリンク役を担い、ジュビロのボール支配率を一気に高めたいぶし銀のプレースタイルが、長崎戦ではさらに輝きを増していた。

 例えば前半10分。バイタルエリアに顔を出した遠藤は、攻め上がってきたガンバ時代の盟友、DF今野泰幸からのパスをワンタッチでルキアンに通す。身体を反転させたルキアンが放ったシュートはゴールバーの上を越えたが、遠藤はこぼれ球に備えてペナルティーエリア内へと侵入していた。

 このシーン以外にも、何度かプレーエリアが相手ゴール前まで広がっていた。これは新天地の仲間たちとの相互理解をさらに深め、リスクを冒せるようになった証でもある。さらには、スコアレスドローだった敵地での対戦で後塵を拝していたボール支配率でも、長崎を大きく上回った。

「相手にボールをもたれる展開が続いたので、自分たちの思い通りにプレーする時間が短かった」

 長崎のボランチとしてホーム、敵地でのジュビロ戦を経験している加藤大は、相手の変化をボール支配率に帰結させた。それは遠藤がガンバ時代から求めていた試合内容とも一致する。

「僕が来るまでのチームの状況があまりわからないので比較はできませんけど、ボール支配率は高くなっていると思いますし、チャンスもたくさん作れている。そこはポジティブに考えていますし、2試合連続の失点ゼロは素晴らしいと思うので、これを続けていけば順位を上げていけると思います」

 フェルナンド・フベロ前監督に代わり、今月1日に就任した前強化本部長の鈴木政一監督は、ボールを奪ってからのカウンター、ボールと相手を動かしながらのチャンスメーク、セットプレーとすべての局面からゴールを取れるサッカーを目指すと選手たちに伝えた。指揮を執って3戦目でセットプレーからのゴールを具現化させ、初勝利を導いた遠藤への評価を聞かれると思わず笑顔を浮かべた。

「時間も作れるし、ゲームの流れも読んだなかでコントロールできる。なおかつ突破のパスの精度、そしてセットプレーのキックの精度も素晴らしいと思っています」

 山雅戦で連敗を「3」で止め、長崎戦では連続勝ち星なし試合を「8」で止めた。残りは16試合。順位を2つ上げて12位としたものの、J1昇格圏内となる2位のアビスパ福岡との勝ち点差は18ポイントと変わらない。厳しい状況は続くが、可能性がゼロにならない限り遠藤は前を向き続ける。

「久しぶりの勝利なのでみんな嬉しいと思いますし、勝つことの難しさも知っていると思います。勝つためには苦しまなければいけないことも、ここ最近の試合で学んでいると思うので、みんなと喜びを分かち合えるように、もっとたくさんの試合に勝ちたいと思います」

 休む間もなく中3日でツエーゲン金沢、さらに中2日で東京ヴェルディと敵地での連戦が続く。コンディション調整だけで練習が消化される過密日程のなかでも、誰とでもすぐに呼吸を合わせられる柔軟さも武器とする遠藤は、新天地ジュビロをすでに自分の色に染めつつある。

(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://news.yahoo.co.jp/articles/778b9982d8d253d7eac6805bb3badd2197b4ca5f?page=1 

 

2020/10/15(木)
2試合連続フルでの出場。
存在感があって
得点に絡んでとても笑顔で喜んでいた。
「7」じゃないけど
ユニフォームが「水色」でも
活躍している姿が見れて嬉しいです。
今年はたくさん試合に出で
思いっきり楽しんでサッカーをしている
遠藤さんがみたいです。
次の試合が楽しみ♪

2020/10/15(木) 
視野が広く、リスタートの起点も素晴らしい…
遠藤選手こそ海外での勇姿を観てみたかったですね。

2020/10/15(木) 
遠藤が加入してから縦パスが入るようになった。サイドからのワンパターン攻撃が改善されたのは良い兆候かな。

2020/10/15(木)
オシムに、ピッチ上に遠藤がいれば監督は要らないと言わしめたのを思い出した。

2020/10/15(木) 
やっぱり凄いわ。ガンバでも十分スタメンで出れるレベル。宮本には、若手に道を作るんじゃなくて奪い取らせないと本当の意味での新陳代謝にはならないと言いたい。

2020/10/15(木)
宮本監督が無理矢理世代交代させようとしてるガンバやから出場機会を失っただけで、まだまだJ1でもやれてた。
ましてやカテゴリー落としたJ2なら中心選手になるのは当たり前やって。
しかし40歳で2試合連続はさすがやわ。

2020/10/15(木)
攻撃の組み立てが一度遠藤選手に預けてからという風に見えました。周りの選手も安心して預けられて次への動きができているって感じがしました。

あと昨日の試合の大森選手のフリーマンっぷりには驚きました。直接ゴールに結びつくプレーは少なかったけど、相手の選手たちはなかなか捉えきれない感じでした。

遠藤選手が入って期待感がもてるゲームが増えてきた気がします。もちろん来期残ってくれるとは思っていませんが、短い期間でも遠藤選手のプレーが将来の磐田の糧になってくれる事を期待しています。

2020/10/15(木) 
かなり効果ありだと思うな
今野も怪我だったの?
前節から、センターバックの真ん中に入って守備安定した

2020/10/15(木)
今季の昇格は正直厳しいので来季も磐田に残って昇格を実現してもらいたいです。今季は遠藤を加えた戦術をチームに馴染ませてシーズンを終える事ができればと思います。

2020/10/15(木)
俊輔が居なくなってセットプレーで得点できる気がしなくなったけど、ヤットが来てセットプレーで得点の匂いがして来たな。
チームとして今季どこまで行けるかわからないけど、既存の選手は危機感持ってヤットから学んで欲しい!

2020/10/15(木)
岡田監督が遠藤はフィールド全体を上から見ているようだって言ってたけど、ホントに視野が広くて全体を見ている。やっぱレジェンドだわ。

2020/10/15(木)
サッカーは選手寿命が短いとよく言われるけど、ポジションやプレースタイルによっては円熟して40歳は稀だとしても30後半でも輝ける人は沢山いる。遠藤はその最たる例だし、実はめちゃくちゃ動いてるんだよね。ホントにちょっと早く生まれ過ぎちゃったけど、海外でも仕切れる選手。

2020/10/15(木)
このまま磐田で引退しちゃうのかな?
少し寂しい気もするが。。。
やっぱり現役選手ならプレー時間に拘るの当たり前ですよね。

頑張れ!

2020/10/15(木)
遠藤贔屓な訳でもないしチーム事情は色々…でもサッカーファンとしては遠藤がボール蹴ってるうちは見たいですよ︎いずれにせよそう長くないかもしれない選手としての時間をベンチで費やすよりピッチで見たいです。

2020/10/15(木) 
2試合続けてのフル出場はすばらしいし、遠藤選手のプレーを観れて嬉しいですが、無理してケガだけはして欲しくないです。

2020/10/15(木) 
エスパルスサポだけどジュビロの試合観に行こうって思わせる魅力。

2020/10/15(木) 
残りほとんど全部買って、昇格。磐田を遠藤のチームにする。そのあと、完全移籍。来季のj1リーグで吹田で今野、大森とともにガンバを叩く。

遠藤の密かな野望。。

2020/10/15(木)
来年もいて欲しいものです、そうでなきゃ昇格はできない。
ただ、怠慢なフロント陣の入替えも期待したいものですが。

2020/10/15(木)
じゃあ今までのジュビロって・・・

遠藤選手が凄いのはもちろん、他の選手や過去在籍していた選手も必死で頑張ってたのは分かってるけど・・・

ファンとしては色々思うところ有りで複雑だな・・・

2020/10/15(木) 
自分のしたいサッカーが出来るなら、来期も残って昇格目指すのかな?
レンタルだけどそんな気持ちすらしますよね、

2020/10/15(木)
今季昇格が叶わなくても、ヤットが来季もジュビロに居てくれるなら来季昇格できると思う。

2020/10/15(木) 
黄金期前のドゥンガのように、今のジュビロにプロフェッショナルな姿勢を伝授してもらえたら。できれば来年もう1年お力を貸して頂けたら幸いです。

2020/10/15(木)
チームを遠藤色に染めて今シーズン終了後に居なくなり、また来シーズンは元通りのジュビロに逆戻り。
戻るだけならいいが更に落ちていく予感。

2020/10/15(木)
もう少し試合数をこなせばもっと強くなりそう。早めに対戦していた方が良いかもね。

2020/10/15(木) 
いくら遠藤でも、もう今年は手遅れだ。
来年に向けて勝てるジュビロ磐田を作って欲しい。

2020/10/15(木) 
サッカー選手って1つのチームで現役を終えることって少ないですよね。遠藤はガンバのイメージが強すぎてジュビロでプレーしている姿にまだ違和感を覚えます。

2020/10/15(木)
まだ2試合しかやってないからなんとも言えないが、ヤットが入ってから確実にチームが変わってる。ヤット不要論を出していた人は何を思う。

2020/10/15(木) 
ジュビロサポーターは、「遠藤がベンチ外のガンバの層って?!」と思ってるだろうな。

2020/10/15(木) 
山雅との試合でのバーに当たりまくるあの試合、枠内だとどっちのGKもファインセーブ見せてて見てて面白かった

2020/10/15(木) 
ガンバの顔だけど、日本サッカーの顔でもある1人。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ