スクリーンショット 2020-10-15 13.57.50

スポンサード リンク




本田圭佑がカンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国リーグ)で初ゴールを挙げた。本田は11日、スポルチ・レシフェ戦にキャプテンマークを腕に先発で出場。そのまま90分間をプレーした。それはブラジルに来て以来の本田のベストマッチと言ってもいいものだった。チームも2-1で勝利を挙げた

 この日、本田が活躍したのは、いくつかの条件が重なったからであると私は思う。

 まず、なによりも一番大きかったのは監督の交代だ。今年2月、パウロ・アウトゥオリがボタフォゴの監督に就任したと聞いた時、これは本田にとってグッドニュースだと思った。アウトゥオリは日本のサッカーを知っている。日本人のメンタリティも知っている。日本語も多少はわかるし、英語で意思の疎通もできる。そして何より本田を知っている。

 しかし、それはどうやら思い違いだったようだ。アウトゥオリは本田をエース扱いしなかった。アウトゥオリは34歳の本田を、その経験の豊かさからリスペクトはしていたが、期待はしていなかった。彼のフィジカルも信じておらず、だから消耗の少ないボランチとしてプレーさせ、それも90分使うことは少なかった。

 たぶん本田もアウトゥオリに期待していたことだろう。しかし、すっかり当てが外れてしまった。ポジションは自分本来のものよりかなり後方を指示され、フルタイムプレーもさせてもらえない。本田はアウトゥオリに怒りにも近い不信感を持っていたのではないだろうか。実際、2人の間にほとんど親しい会話はなかったと、本田に近いスタッフは言っている。確かに数カ月も同じチームにいながら、本田とアウトゥオリが並んでいる写真は一枚も出回らなかった。

 アウトゥオリは、他のブラジル人監督に比べると難しい性格をしている。ブラジルの監督は多くはオープンで、選手とのコミュニケーションもよくとるが、アウトゥオリはあまりそういうことはしない。おまけにとてもプライドが高く、そのために何度かチーム幹部らと問題を起こしてきた。

彼自身は、使われる立場の監督ではなく、使う側のチームマネージャーに方向転換をしたい考えだが、ボタフォゴに来る前にスポーツディレクターをしていたサントスでは、やはり経営陣やホルヘ・サンパオリ監督と問題を起こして辞めさせられている。ボタフォゴでは1年間監督を務めた後にテクニカルマネージャーに就任する契約だったが、それも待たずに彼自身から10月1日に辞任を申し出た。

 ボタフォゴは最下位に近い状態だったが、「それは自分の手腕というよりも、チーム自身がそのレベルにないからだ」とアウトゥオリは判断したのだ。一方、ボタフォゴも結果を出せないアウトゥオリをどうにかしたかったが、なにせ金がないので契約途中に自分たちから解任はできない。その矢先にアウトゥオリのほうから辞任を申し出てくれたのである。

 アウトゥオリの後任となったブルーノ・ラザロニ監督は、アウトゥオリが監督に就任するまではボタフォゴのユースの監督を務め、その後もチームに残っていた。ボタフォゴには新しい監督を雇う資金はないため、彼を監督に昇格させた。余談だが、彼の父のセバスティアン・ラザロニはかつて横浜F・マリノスを率いた経験がある。

 40歳の新米監督は、本田を大事に扱っている。これまでずっとチームにいるので、本田のこともよくわかっている。「彼ほどのプロはいない。練習には、いつも最初にやってきて最後に帰る」と、高く評価している。

 ラザロニが本田のポジションを、中盤の前より、いわゆる背番号8の位置にしたことも大きかったろう。本田は左右を自由に動くことができた。また、難しい戦術を駆使するアウトゥオリに比べ、戦術より選手の特徴を生かしたラザロニのサッカーは非常にシンプルだ。入り組んだ戦術を説明するには、言葉の理解度が必要だが、それも必要ない。監督交代により、本田のモチベーションが高くなったことは明らかだろう。

 本田にとっていいことはまだ続く。ラザロニが監督に就任したのと同じタイミングで、トゥーリオ・ルストーザがチームマネージャーに就任している。彼はかつてのボタフォゴの選手だが、2005年から2シーズン、大分トリニータでプレーした経験を持つ。日本を知る人間がまた近くにいることは心強いだろう。

スポルチ・レシフェ戦の本田はフィジカルの強さもみせ、いつも以上にスピードも速かった。ケガで数試合を欠場していたため、十分な休息が取れ、体調面も万全だったのではないかと思う。

 本田は27本のパスを出した。これはMFとしてはそう多くない数だが、うち24本は有効なパスであり、そのうちの5本のパスはゴールチャンスにつながっている。そして前半29分にゴールを決めたことは、なにより本田の力になったであろう。その後の動きはそれまで以上によくなった。よくボールをもらい、75分にはもう一度ゴールに近づいている。

 また、このスポルチ・レチフェ戦の前に、エジムンド(浦和レッズなどでプレーした元ブラジル代表)が本田のことを酷評した。彼はテレビの解説で「本田と(ソロモン・)カルーはボタフォゴに何ももたらしていない」と言い放ったのだ。本田はそのコメントを聞いて、ひそかにリベンジを誓っていたのかもしれない。

 しかし、すべてはこれからだ。カンピオナート・ブラジレイロはまだ先が長い。本田はスター選手としてリオに降り立ったものの、コロナ禍で試合の中断、アウトゥオリのもとでの低調と、これまで多くの困難に遭遇してきた。その本田がついに真価を発揮してくれるのか。ボタフォゴサポーターは期待している。

リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon
https://news.yahoo.co.jp/articles/e384643c9278e5ce8a7faed0598d6e4f942e3031?page=1 

 

2020/10/15(木)
なんやかんやで試合に出て点もしっかり獲るケイスケホンダは凄いよ!

2020/10/15(木) 
一列後ろを受け入れたからじゃね。ファンでも本田はボランチあってるってずっと言ってる人多かったし、本人がトップ下にこだわり続けてたけど。視野は広いしパスもいいし、単純に合ってるんだと思う。もちろん本人の努力あってこそだけど。

2020/10/15(木)
ブラジルは昔からサッカー大国だけにサッカーファンの目も越えてるし、ブーイングもガンガン飛ぶ。
そんな中で結果を出し生き残るのは容易じゃない。
まぁブラジルに限った話ではないが。

いずれにしても、こういったニュースは嬉しいね。
アンチも多いけど自分は本田応援してます。

2020/10/15(木) 
この記事の視点は
前提条件の部分で少し異なってると思う

本田はロシアW杯以後
カタールW杯を目指すのは難しいといった考えで
代表からは一歩引くようなスタンスを示した一方で
自国開催の五輪にOA枠として選出される道を模索していた

その観点でボランチというポジションが
その時点での五輪世代には手薄でOA枠を使う候補に上がっていた点や
本田自身も適性があると言われながらこれまで挑戦してなかった点で
本田にとってのテーマになっていたといった感じ

実際にブラジルに行く前のフィテッセでもボランチに挑戦をしていたわけで
アウトゥオリ監督が本田に対して間違った起用をしていたと見る
この記事の視点は違うのではないかと感じる

少し前は本田の挑戦を優先した上でチームに貢献する道を探ってたが
チームのための役割をより優先する変化があったのだと思う

2020/10/15(木)
本田がもっと活躍して、日本の若手選手は欧州だけでなくブラジルにもステップアップの場があることを認知して欲しいね

2020/10/15(木)
パスがうまいし視野も広いしキープも出来る。
CMが一番適していると思ってたなぁ。
ただ、代表とかだと決める!人が居なくなるなぁとは思ってた。

2020/10/15(木)
今のフィジカルが、ミランの時に有れば、、、、
甲状腺の病気になって激しく体力が低下してたからなミラン時代は

2020/10/15(木)
記事には大きな間違いがあるのを指摘したい。記者は取材を本当にちゃんとしてるのか疑問にです。
本田選手とアウトゥオリ監督の関係は良かった。

これは本田選手が始めたナウボイスで試合後に必ず記者を交えて試合を振り返るので本人が話してます。
監督は中3日で続く日程で毎試合前日に必ず本田選手に疲労があるか確認してたそうです。

前半で交代させられた試合も記事で監督の見解を知り、練習の時に監督とスタッフを呼んで戦術的にプレスをかけるかかけないか選手達が困惑していると話したそうです。
次の試合は先発出場してプレスのかけ方の意見も反映されて誤解も解けたそうです。

監督が変更して大きく変わったのはボランチでも守備的にポジションをとりバランスを考えていたのをインサイドハーフでコンビを組む選手と連係が深まったのが大きい。

エジムンドの事は本人は知らなかったようで試合後のナウボイスで記者から聞いたそうです。

2020/10/15(木)
いろいろ言われるけど、異国でしっかり結果残してるんだから凄いよ。

2020/10/15(木)
単にホンダがメディアにでなくなってサッカーに集中できるようにしたからでは?

俺の勝ち、なんで負けたか明日まで考えておいてください

2020/10/15(木)
記事の内容か濃くて、素晴らしい。
ちゃんと取材していてとても好感が持てる

2020/10/15(木)
なんやかんやでチームに1人いて欲しいタイプ。どっしり構えてキープできる。
今の代表にいない。

2020/10/15(木)
あれ?本田自身がボランチで五輪を目指してるからボランチで勝負してるんじゃなかった?
まあ1列前のほうが何だかんだ結果残すと思うけど。

2020/10/15(木) 
本田選手の活躍が楽しみ!

頑張って下さい!

2020/10/15(木) 
頑張ってほしい!にしてもこの写真、他無かったのかなー。

2020/10/15(木)
ブラジルの指導者は、日本人の勤勉さを評価する人が多い。

2020/10/15(木) 
画像よ、画像、
面白い写真を掲載したいのか?

2020/10/15(木) 
本田の写真は毎回、ドッキリで爆弾投げられた時のリアクションみたいになってるのは何でなんですか???

2020/10/15(木)
倒れないボランチ、囲まれても前を向ける。強いね。

2020/10/15(木) 
なんだかんだ活躍してるのはすごい。

2020/10/15(木)
本田は自分からボランチ希望してたと思うよ。

2020/10/15(木)
まず写真が凄い!

2020/10/15(木)
遠くから応援してます。

2020/10/15(木)
写真のチョイス絶対ふざけてるよね

2020/10/15(木) 
この画像を選んだ理由はなんだろう…

2020/10/15(木) 
年々、出目金に似てきたなと思う。因みに本田の後継者の久保は、大村益次郎に似ている。

2020/10/15(木) 
ほぼ取材なしの妄想で書いた記事。

2020/10/15(木)
>消耗の少ないボランチとして

いや、ボランチてかなり消耗するでしょ

2020/10/15(木)
バブルスくんみたいで草

2020/10/15(木)
スピードが無いから、
ヨーロッパの主要リーグでは、
全くやろうけど。

ブラジルの速くて上手い選手は国外で稼いでるし。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ