スクリーンショット 2020-10-14 10.59.51

スポンサード リンク




 不完全燃焼の思いを胸中に募らせながら、急ぎ足でタッチラインへ向かった。両チームともに無得点で迎えた後半16分。日本代表の森保一監督が切った最初のカードで、待望の先発を果たしていた久保建英(ビジャレアル)は南野拓実(リバプール)との交代でピッチを後にした。

 オランダ・ユトレヒトのスタディオン・ハルヘンワールトで13日(日本時間14日未明)に終わった、コートジボワール代表との国際親善試合。スコアレスドローの気配が漂ってきた後半アディショナルタイムに決まった、DF植田直通(セルクル・ブルージュ)の劇的な代表初ゴールで2020年の初勝利をもぎ取った森保ジャパンのなかで、大きな期待を背負った久保は持ち味を出せなかった。

 同じ試合会場でカメルーン代表と2020年の初陣に臨み、スコアレスドローに終わってから4日。新型コロナウイルス禍が続くなか、ヨーロッパのクラブでプレーする選手だけを招集した陣容で実施されたオランダ遠征を締めくくる一戦で、森保監督は先発メンバー7人を入れ替えた。

 カメルーン戦の前半に採用された主戦システム[4-2-3-1]が継続されたなかで、ゴールキーパーにシュミット・ダニエル(シントトロイデン)、右サイドバックに室屋成(ハノーファー96)、ダブルボランチの一角には遠藤航(シュツットガルト)がそれぞれ入り、カメルーン戦でボランチを務めた左利きの中山雄太(ズヴォレ)が左サイドバックへと回った。

 さらに前線の4人は顔ぶれがすべて変わった。所属するヴェルダー・ブレーメンの事情でカメルーン戦後に大迫勇也が離脱した1トップを鈴木武蔵(ベールスホット)が担い、2列目は右から伊東純也(ヘンク)、鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)、そして久保が配置された。

 東京五輪世代を中心とした陣容で臨んだ昨年6月のコパ・アメリカでは2度先発している久保だが、ヨーロッパ組が集うフルメンバーで先発するのは出場6試合目で初めてとなった。

 開始早々の2分。日本にチャンスが訪れる。鎌田のパスに反応した鈴木が右サイドを抜け出し、ゴールライン際からマイナス方向へグラウンダーのパスを返す。ペナルティーエリアの中央から飛び込んできたのは久保。一気に高まった日本歴代で2位の若さとなる、19歳131日での代表初ゴールへの期待は、利き足の左足から放たれたシュートが大きく枠を外れた瞬間にため息へと変わった。

 前半33分には攻め上がってきた中山とのコンビネーションから左サイドを抜け出し、低く速いクロスをゴール前へ供給した。しかし、ニアサイドに飛び込んだ鈴木は触れず、ファーサイドに詰めた伊東も相手に先に触れられてしまった。同41分にも絶妙のトラップから前を向き、左サイドからクロスを送るも、横っ飛びした相手キーパーに弾き返されてしまった。
 チャンスこそ演出したものの、放ったシュートは前半2分の一本だけに終わった。コートジボワール戦の[4-2-3-1]システムならば、2列目のどのポジションでもプレーできる久保だが、最も得意とするのは右で、次いでトップ下、左に関しては実は最も不得手としている。

 右サイドだと中央へ切り込みながら、左足からのシュートや味方を生かすパスを駆使。さらには相手の裏を突いて縦へも抜け出すなど、多彩なプレーを繰り出すことができる。一転して左サイドとなるとどうしてもプレーの選択肢が限られてしまい、縦へ抜け出してからのクロスが中心になる。

 勝利の余韻が残る試合後に行われたオンライン会見で、森保監督は南野との交代で最初にベンチへ下げた久保についてこう言及した。後半からコートジボワールが[3-4-3]から[4-3-3]へシステムを変え、前半にも増して攻勢を強めてきたなかで切られた交代カードだった。

「いまもっている力を、プレーしている時間内で発揮してくれたと思う。これからまだまだ体力的にもつけていってもらいたいが、すべてを出し切って全力で戦ってくれた部分では満足している」

 指揮官の言葉通り、身体能力の高さで日本を凌駕するコートジボワール相手に奮闘した。例えば前半13分には左コーナーフラッグ付近でボールを奪い合った流れで、ゴールライン後方の看板に衝突。そのまま倒れ込み、競り合ったMFケシエ(ACミラン)が心配して駆け寄る場面もあった。

 ただ、森保監督が言及した「まだまだ体力的に――」は、ビジャレアルでまだ先発を果たしていない点とも関連している。プレー時間が短くなれば、必然的にゲームに必要な体力は失われていく。5試合を終えたリーグ戦で、すべて途中出場に終わっている軌跡を自力で変えていく必要がある。

 ビジャレアルでは右サイドにナイジェリア代表サムエル・チュクウェゼが、トップ下にはスペイン代表のジェラール・モレノがチーム内のライバルとして立ちはだかる。ウナイ・エメリ監督から左サイドでのレベルアップを求められているなかで、くしくも代表でも左サイドで先発を果たした。

 右サイドでチャンスを演出した伊東にしても、トップ下でフル出場した鎌田にしても、簡単に得意とするポジションでの先発を手にしたわけではない。惜しいシュートを放った鎌田はパスがほしいと思った場面で来なかったことが少なくなかったと、コートジボワール戦後にこんな言葉を残している。

「僕も代表でまだ6試合目だし、トップ下で出るのもなかなかなかったというか、今日が初めてぐらいだったので、周り(の味方選手)との関係もまだまだ浅いと思っています」

 だからこそ、たとえ不得手とするポジションでも、出場機会を得たときに結果を残す必要がある。シュートチャンスで言えば、右サイドを崩してクロスが放たれたときには、左サイドの選手は相手ゴール前へ詰めるタスクを負う。果たして前半6分と9分に伊東が、31分にはボランチの柴崎岳(レガネス)が右サイドからクロスを送ったが、久保が詰めるタイミングは遅かったと言わざるをえない。

 実績を積み重ねて指揮官の信頼を勝ち取り、自らの力でチーム内の序列を押し上げていく作業はビジャレアルでも、そして日本代表でも変わらない。誰よりも久保自身が、今回のオランダ遠征初日にオンラインで取材対応したときにこんな言葉を残していた。
「誰も立場を約束された選手はいないと思いますし、少なくとも自分はその一人ではないので」

 つまり、不完全燃焼の思いは得意とする右サイドでプレーできなかった61分間に対してではなく、先発というチャンスを生かせなかった自分自身へと向けられていた。日本代表は11月の国際Aマッチデーでもヨーロッパでの活動を予定している。限られた時間のなかでまずはビジャレアルで置かれた立場を自分の力で変えて、より成長した姿を森保監督にアピールすることから逆襲が始まる。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://news.yahoo.co.jp/articles/1aa0ded360719cf04d31845b689e5dca722374c7?page=1 

 

2020/10/14(水)
「なぜ久保は機能しなかったのか?」ではなく、「なぜ右サイドで起用しなかったのか?」がファンの失望感だった試合だと思うよ。

2020/10/14(水) 
右でも左でも輝くなんて
そんな都合の良い選手いないよ

使うならやはり右だなと思う

2020/10/14(水)
21歳で代表の絶対的レギュラーになっている冨安が凄すぎる。
日本サッカー界の至宝は久保ではなく冨安だと思います。

2020/10/14(水) 
久保にも限らないし、この試合に限らないが、森保監督になってから前線の渋滞と、攻撃の連動性がなく個人技頼りの仕掛けが多くなっている。
右でも左でも得意な選手は稀です、久保が右が得意なら右で先発させない監督がおかしいと思う、本田も中田も得意なポジション以外では能力を発揮出来ない野球も同じ。
監督がおかしい、交代すべき。

2020/10/14(水)
ゴールを決めていればすべての環境が一変したしたんだろうが、それもサッカー。
どうして圧倒的な力を見せる右サイドで起用しないのかね?
それこそ選手の特性にあった起用法だと思うけれど、とにかくこの監督では勝ち負けではなく期待感、おもしろみがない。

2020/10/14(水)
植田の最後の最後で決めた1点に安堵した森保。
当落選上にいるのは、むしろ森保。

選手層は厚くなって結構なことだが、
しょぼい監督の下ではこれが限界か。

2020/10/14(水)
柴崎もあんまり久保を見てなかったね。合わないと思う。カマタも、使う意識が低くて、合ってない。久保は所々で良いプレーしてたと思うけど、期待値が高すぎ。メッシと違うから、時間かけて育てて良いと思う。試合見る限り、柴崎あたりは、信用してないんだろうなと思った。ただ、柴崎のプレーも危なっかしくて、彼中心にチームを作ってるのもどうなのかね。カマタの位置で、久保を見たかった。

2020/10/14(水)
左サイドでの器用にも驚いたけど、本人が窮屈そうにプレイしているのかな?とも見えた。

持ち上げすぎというのもあるかもしれないけど、ある意味一番冷静に久保を扱っていたのは東京の長谷川監督なのかな?と思えてきた。

2020/10/14(水) 
この記事の書き方だと、いかにも久保が機能しない書き方だけど、久保以外もそうだし、機能した選手の方が少ないと思うけど?

久保は現時点ではあまり左サイドでは得意としてないのは分かってることだし、代表だと尚更周囲は普段一緒にやってない選手だし、連携は取りにくいし、まして昨日は大幅にスタメンを入れ替えるし。

伊東はよく走ってたしクロスもよく上げたけど、柴崎もそうだし、みんな昨日はクロスの精度低いよ。

そこを左サイドの久保が遅いとか、結果を出せって、おかしくないか?

結果を出せれば、それにこしたことないけど、他の選手もみんな一緒。久保だけじゃない。記事のタイトルも内容もおかしい。ただの個人的な感想な記事ですね。

つい釣られて読んだけど、こんな偏った記事は要らない。

2020/10/14(水) 
左サイド起用と連携力不足。
連携力不足はこれから改善していくものなのでそんなに心配はいらない。
左サイド起用は久保の本領が発揮されないから、トップ下や右サイドだともっと機能します。

2020/10/14(水) 
今の日本代表のウイークポイントは柴崎に尽きる。
得点シーンのフリーキックで隠れてしまっているが
柴崎が機能していないため、
最終ラインから前線へ放り込むパスを多用。
自陣に向かってくる相手選手への当たりもほとんどなし。
ボールがもらえる位置でしかプレーできていない。
最終ラインから柴崎にボールが渡り
そこからMFへボールを供給できていないから
必然的にプレーが単調になっていた。
柴崎を早く見切りつけないと日本は得点すらできない。

2020/10/14(水)
メッシですら代表ではバルサのように機能できているとは思えない。サッカーは11人でするものだから、機能するしないはチームの問題と思う。だから久保が機能しないのではなく、チームが機能していないのほうが正しいのでは?監督のマネージメント能力に疑問。

2020/10/14(水)
せめてセンターで試すべきだった。
結局鎌田をワントップにあげるならできたはず。
終始本来のポジションじゃないとこでやらせて他のポジションもできなきゃって言うなら他の選手もそうするべき。
南野は入ってすぐ左だったが数分したらセンターに戻していた。
それはその方が南野が生きると思ったから。
久保が左で死んでるのに生かせる場所に変えてあげないのは監督の采配の意味がわからん。

2020/10/14(水)
サイドの選手がボール持った時に中や逆側の選手が動かな過ぎてる。
岡崎とかめちゃくちゃ動くからね。

オフザボールの動きは久保も鎌田も改善が必要。

2020/10/14(水)
やっぱりあのシュートは決めとかないと。
久保君とか南野君をメディアはよいしょしまくるけど、
今回の2試合で良かったのは完全に他の選手やし、
シュートが枠にいかない、
攻撃時にゴール前に人がいないでは、
点は入らない。
攻撃陣に、チームを鼓舞して指揮をするリーダー的な選手がいないのも厳しい。

2020/10/14(水)
久保はやはり右か中央で輝くと思うし前半は守備に追われすぎた
良いクロスもあったけどあとは、柴崎から裏とかあったら面白かったのにな
と思ったけど
それよりもCFの武蔵がもう少し強い選手になってくれないと厳しい
あれじゃ世界相手には戦えない気がします。

2020/10/14(水)
まず久保の前に攻撃自体がずっとデザインされてないから機能していない。
そして久保は左サイドが不慣れというより、向いていないだけ。記事にもあるけど久保の良さは右サイドで内側を向いた時にプレーの選択肢を多く持てること。
代表は複数ポジションができるように練習させる場では無いと思う。その時のメンバーを適材適所で使って活かせてない時点で監督として三流です。
植田は初ゴールおめでとう。

2020/10/14(水)
やはり森保の采配は精彩を欠いただろう。
大半のメンバーもポジションも固定せず、いつまで試すのかな。
テストマッチはあまり残っていないよね。2022年のワールドカップまで。
悪いけど、同じ日本人ならまだ西野のほうが実力あり、チームのまとまりもあるように思う。協会は監督交代の考えがないか。せめてA代表監督は国際経験豊富な監督を選んでほしい。

2020/10/14(水)
かつてのCロナウドは軽快な右WGだった。しかし、当時のポルトガル代表のチーム事情から左WGを任されたヨーロッパ選手権では何も出来ずに悔し涙を流した。そこから精進を重ね、今のCロナウドがいる。久保選手が一流になれるかどうかの分かれ目が、まさに今だと思う。マスコミが必要以上に持ち上げ上げ過ぎる現状には頭痛がする。

2020/10/14(水) 
伊東右サイド時右からシュート持ってったのって結局序盤の久保の1本以外印象ない。
久保左サイド時左からはムサの1本かな。
しかし圧倒的に右サイドから攻めあがるケースが多かった。
でも伊東は最後の質が良くないからチャンスの少なかった久保と同じくらいの決定機しか演出できない。
もっと相手が格上だったらチャンスなんて片手で数えるほどしか来ない。伊東の質ではかなり厳しい。
ディフェンス、プレスや突破力があるのに勿体ない、マジでクロスの質だけでも高めれば伊東は強力な選手になる。
あと柴崎はアシストできたからヒーローだがあわや戦犯だった。
後ろ向きに落としたヘディングを狙われてカバーにトミが入ってなかったら1点取られてた。
LFK以外使い道無いピーク完全に過ぎてる。

2020/10/14(水)
窮屈そうだったのは確か。守備頑張ってたけど寄せの距離がもう一歩距遠い。もう少し危険な位置でボールもらえれば輝くはずなんだけど。期待してます!

2020/10/14(水) 
久保は技術力は高いが汎用性は高いわけでは無く、自由度を与えないと活きてこないタイプ。
その点では柴崎や中島とも重なっているため、同時併用すると彼らを活かすために水をくむ選手が不足してチームが機能しなくなっている。
本来であると誰か一人に限定して中央で自由度を与え、周りがサポートしていくようにしないとチームが立ちいかなくなる。

2020/10/14(水) 
なんか攻撃の迫力というか点を取れる臭いが新チームってしないんだよなぁ。右サイドからのクロス一本槍でバリエーションを感じないというか。新しい試合を見ていてもVTRを見ているかのように変わらない感じ。基本勝てば良いのだが、見ていて今ひとつワクワクしないんだよね

2020/10/14(水)
久保だけじゃない、途中交代の南野も輝けていない。
呼吸を合わせる時間も少なかったせいで、雑なプレイや
連携調整ミス多発。
ただでさえ時間の少ない中での試合なのに、なんで得意とするポジションでやらせないのだろう?
試してどうするの?戦術の幅が広がると思っているのかな?
クラブチームならそうかもしれないけど、年に数回しか集まらない
代表にはいらないでしょ?
ただでさえ代表としての試合は貴重なのに無駄が多い。
それでも個々の能力が高かったおかげで0点に抑えられたのはすごいと思うけれど、選手たちが得たものは少なかったんじゃないかな?

2020/10/14(水)
右サイドは久保より伊東の方が上だと判断されたから、左に回されたんだよね?
でも、左だったら久保より上手い人がいるから、ベストメンバーとなると久保が弾かれる。
とにかく、森保に伊東より久保と思わせて右で使ってもらうしかないね。

2人のタイプが違うから、一度右サイドで先発で使ってみて判断すればいいのにとは思うが。
今は期待値のみが爆上がりしちゃっている。

2020/10/14(水)
久保が機能してないんじゃなくて、攻撃に戦略が無いだけ。
昨日の試合に限った事ではないけど、全て個人のスキルに頼っているし、パスの精度が低すぎる。
このままではアジア予選すら危うくなるので、協会には使いやすさでは無く、実績と成長を睨んだ監督人事を期待してます。

2020/10/14(水)
監督を支持しない8割はメディアが監督の退任を仕向けたいだけとしか思えない。ある時は外国人監督、またある時は日本人監督。。足りない点は山ほどあるが無失点で戦えた点やカメルーン戦より質の高い良い試合だったと思う。且つ新しい選手やその組み合わせ、コードジボワールの方が実力もある中で勝利が出来たのでもっと評価されて良いと思う。久保から南野に変えた点は残念だった、鈴木から南野への変更が望ましかった。

2020/10/14(水) 
久保の起用ポディションにも問題があるしそもそもポイチになってから前線が
流動的に動けていたことなどほとんどない。

選手紹介で初のALL欧州組等の触れ込みをしていましたが、選手は海外で揉まれて
年々質が上がっていても日本人監督が海外のクラブを指揮することなんて
まったくない。
その事実自体が日本人監督が海外で通用しない最大の要因かと思います。

選手は欧州組としてあちらの経験が生きるなどと言われて監督は海外経験なしで
通用すると思うのか・・・

2020/10/14(水)
久保ありきの為のチームでは無いから、活躍出来ないのはシステムや、ポジションのせいにするのはちょっと違う気がする。
しかし、この強化試合の少ない中で、来年の五輪や今後のことを考えてやるならば、3バック2シャドウでやらなかったのか?
南野などとのプレー時間を取らなかったのか?
クラブとのプレー時間の制約があったのかもしれないけど、ただ試合して勝って良かったで終わってしまうのはもったいない。
もう少し今後に期待できるような代表戦をみせてもらいたい。

2020/10/14(水)
今までもそうだったが、ここからの修正能力が久保選手の持ち味のひとつだと思う。
右だ左だと言う議論より今はそれぞれのポジションで求められる事を愚直にやるだけで良いのではないかな?
期待が大きいだけに世論が先行しているけど、本来はトップ下で自由に周りを活かす選手。
現状のシステムでは叩かれて当然だと思う。

足らないところを分析して今後の修正能力を子供達に感じて欲しいです。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ