スクリーンショット 2020-10-14 6.29.29

スポンサード リンク




2014年ブラジルW杯のリベンジ果たす

日本代表は13日、国際親善試合でコートジボワール代表と対戦した。

新型コロナウイルスの影響により、5日から始まったオランダ遠征が今年初の活動となっている森保ジャパン。9日に行われたカメルーン代表戦は0-0で引き分けており、続く13日の国際親善試合コートジボワール戦で2020年初勝利を目指した。

コートジボワール戦に向けた前日会見で、カメルーン戦のスタメンに何人かの変更があると語っていた森保一監督は、大幅に7名を変更。2列目で先発していた南野拓実、原口元気、堂安律の全員がベンチスタートとなり、鎌田大地、伊東純也、そして久保建英らが送り出された。また、1トップには鈴木武蔵が入り、中山雄太は左サイドバックに配置。引き続き4-2-3-1が採用され、久保は中盤左に置かれた。

また、9日の国際親善試合でベルギー代表と1-1で引き分けたコートジボワールは、その試合で得点したミランMFフランク・ケシエやアーセナルFWニコラ・ぺぺ、パルマFWジェルヴィーニョらを先発起用。さらに、2014年ブラジル・ワールドカップ初戦で日本代表を相手に2アシストを記録して勝ち点3奪取の立役者となったトッテナムDFセルジュ・オーリエも送り出され、豪華な顔触れとなった。

笛が鳴り試合がスタートすると2分に日本が最初のチャンスを迎える。鎌田のスルーパスを受けた鈴木がボックス右深い位置から中央に折り返し、飛び込んだ久保が左足でシュート。惜しくも枠を外れたが、良い入りを見せる。

日本は伊東や室屋成の積極的な攻め上がりを生かして右サイドで優位に進行。高い位置からプレスをかけて素早い攻撃につなげようとするコートジボワールだったが、ボランチでコンビを組む遠藤航と柴崎岳がディフェンスラインとうまく連係してシュートまで持ち込ませない。

次第に盛り返してきてボールを持つ時間を増やしていくコートジボワールだったが、日本も逆サイドへの展開やシンプルな裏へのボールを織り交ぜつつ牽制。互いになかなかシュートまで至らないが中盤で目まぐるしい攻防が繰り広げられる。

27分には左サイドで相手を背負いながらも粘った久保から鎌田にボールが渡り、さらに柴崎を経由してボックス右へ展開。伊東からのクロスをボックス左受けた鎌田のシュートはブロックされたが、上手く連係してチャンスを作り出した。

その後も比較的多くゴールを脅かす日本。幾度かセットプレーからゴール前にクロスが蹴り込まれるもののGKシュミット・ダニエルの活躍が必要な場面は訪れさせず。すると、コートジボワールは39分に早くも交代カードを切り、ジュマ・サイードに代えてクリスティアン・クアメを投入する。

直後にはコートジボワールが右CKを獲得したが、クロスはGKシュミット・ダニエルがしっかりとキャッチ。日本にとってポジティブな内容で、0-0のスコアのまま折り返す。

日本が前半と同じメンバーで迎えた後半、開始早々の右CKで久保がキッカーを務めてインスウィングのクロスにニアの冨安健洋がヘディングシュート。これは枠を捉えないが、後半も日本が先にシュートを放つ。直後にカウンターからジェルビーニョにボックス左まで持ち込まれるが、シュートはGKシュミット・ダニエルがブロックした。

50分にもボックス内中央のケシエにボールが渡り至近距離からシュートを浴びる。精度を欠き事なきを得たもののコートジボワールに立て続けに決定機を作られる。

それでも58分、伊東や柴崎が連係して右サイドを崩してボックス手前右の鎌田まで繋がる。鎌田は巧みなファーストタッチでボックス内まで侵攻。そのまま放った右足のシュートはGKシルヴァン・グボウオに阻まれ、跳ね返りを自ら押し込もうとしたがこれもブロックされた。

ゴールに迫りながらも決め切ることができない日本は61分、森保ジャパン発足以来最多の得点を記録する南野を久保に代えて投入する。左サイドに入った南野はすぐにボールを引き出してボックス手前中央にクロスを供給。伊東のダイレクトシュートは枠を外れたが、背番号10がいきなり攻撃を活性化させた。南野は70分にもボックス内中央で左足を振り抜くが、GKグボウオにセーブされてしまう。

一進一退の攻防が続く後半半ば、日本は鈴木に代えて原口を投入。原口は左サイドに入り、最前線は南野が務める。すると直後に原口がボックス内で浮いたボールに倒れ込みながらも合わせたが、相手守護神がここでも立ちはだかった。

その後、日本はコートジボワールの攻撃を跳ね返し続ける強固な守備を見せた一方で得点が奪えず。終盤には再三の突破を図った伊東に代えて堂安、室屋に代えて植田直通を投入する。

すると、後半ATに相手陣内右で得たFKのキッカーを担当した柴崎がファーに蹴り込み、植田がヘディングで待望の先制点を奪取。この1点が決勝点となり、森保ジャパンが今年初勝利を飾った。

■試合結果
日本代表 1-0 コートジボワール代表

■得点者
日本:植田直通(90+1分)
コートジボワール:なし

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e5e909185908d3c63a5061df05993fc6e7ba000 

 

2020/10/14(水)
福西崇史 サッカー解説者
勝った〜。勝つって大事。
コートジボワールも選手のコンディションがよく、緊張感のあるいい試合。たくさんの点を期待している方は物足りなかったかもしれないけど、守備への意識が高くて2試合0失点は評価できるんではないか。攻撃陣もあれだけ守備してくれれば、守備陣は助かるだろう。そのかわり攻撃の時に遅れたり、距離が遠くなって停滞してしまうのは仕方がない部分かも。これからの課題として、攻撃時に個人か少ない人数でもキープして時間を作ったり、パスワークやドリブルで打開していくなど、精度を上げて工夫していかないといけない。そうすると点が取れるチャンスはもっと増えるだろう。

2020/10/14(水)
冨安は間違いなく日本史上最高のセンターバックになるだろう。既に安定感が半端ない。遅くとも来季にはビッグクラブに移籍してほしい。

2020/10/14(水)
今の代表は守備が堅い。
問題は攻撃かな。
久しぶりの代表戦だし、仕方ない部分だとは思うがこの2戦は無失点はお見事。

2020/10/14(水) 
植田、ナイスヘッド!クリーンシートで終えられたのも大きい。攻撃の連携はまだまだだけど、俺は緊張感のある面白い試合だったと思う。鎌田の好調ぶりがよくわかった。

2020/10/14(水)
守備陣はさすがだけど攻撃が課題。伊東がクロスの時に中に誰もいない。南野の孤立。選手達は頑張ってたけど、崩しの戦術が本当にない。
これじゃW杯の時にオフェンスが通用しない。

2020/10/14(水)
やっぱり海外での環境で強豪とやってこそサッカー日本代表が本当の意味で強化される。もっとこういう試合大変だけど組んでほしいなあ!

2020/10/14(水)
最初の久保のシュートも枠に入れて欲しかったし、南野のシュートもキーパー正面。
点が入るチャンスはあったから、もっと最後の精度を高めて欲しいなあ。
コートジボワールも良い攻撃してたし、それを無失点で抑えた守備陣は良かったんじゃないか?

2020/10/14(水)
久保が本職でないとは言えどイマイチだったな
特に伊東が右サイド崩した時のポジショニング
右サイドからのクロスあげても鈴木武蔵しかいない
原口とかだったら確実に中に入ってクロスに飛び込んでるだろうし、久保はボール持ったら違いを見せれるけどオフザボールで違いを見せれなさすぎ

2020/10/14(水)
吉田ってやっぱりいい選手ですね。改めて感じました。しかし、その存在を薄めるくらいの冨安の凄さを実感しました。ひと昔では考えられない守備が安定した代表でした。
植田はナイスダイビング!

2020/10/14(水) 
今日は全体的にみんな及第点って感じの出来じゃなかったかな。
たぶん決定機の数はほぼ互角または日本の方が少し多いかなぐらいだと思うので、よくやったほうなのでは。

今日の柴崎は前より良くなってた。相方にボールを取り切れる遠藤がいると活きるのかな。

それにしてもCBの安定感のすごいこと。こんなに最終ラインを安心してみれるなんて、南アフリカの中澤、闘莉王以来だわ。

冨安は条件さえあえば今冬にもステップアップできると思う。

2020/10/14(水)
守備陣が本当に良かった。
遠藤航が長谷部の代わりとして務まることが証明された試合だったと思うけど遠藤が抜けたらかなりやばいとも言える。何はともあれ久しぶりに終始、目を離さないで緊張感持って観戦できた。

2020/10/14(水)
植田がファーにポジション取ることを柴崎が知っていたかは分からないが、柴崎が植田を狙って蹴っていたなら凄すぎるし、決めた植田もすごい…

2020/10/14(水)
CB中心に遠藤含め守備陣安定していたし、
前線は決定機の精度は残念だったが楽しませてもらった。
ただ、監督は0-0を打開する改善策を出せないものなのかな・・。

あと、今回のTBS解説のお二人が良かった。

2020/10/14(水)
まず麻也と同等レベルで守備できる冨安の存在が確立された事が非常に大きい。それから遠藤の対人強さかな。全線は南野筆頭にプレスの強さと早さが出てきてるから、守備面ではかなり安定感増してる。久保に関してはボールを持った時に何かしてくれる感はあるが、持っていない時の動き出しや飛び込む動きの質と量が足りな過ぎる。このままではいつまで経ってもジョーカー扱いになるかな。武蔵は頑張ってたけど、今のフィジカルじゃキツイなと思った

2020/10/14(水)
鎌田と久保が距離近いともっと良くなんのかなーとか思ってたけど、なによりも守備陣が素晴らしい!ピンチはあったけど頼もしすぎた
そして、植田ナイスヘッド!!
日本代表おめでとう!

2020/10/14(水) 
ディフェンスは硬かったな。久保は今壁にぶち当たってるな。なんとか乗り越えてほしい。オフザボールが上手くなれば、もっとゴール前に絡めるのになあ。

2020/10/14(水)
守備が安定して守りきれるのは日本の実力が上がった証拠ですね。
今日は森保監督の選手投入も当たり勝てましたが、
強豪相手に負けない試合が出来る日本に、早く調子を上げた久保、南野が躍動する試合が見てみたいものです。

2020/10/14(水)
コートジボワールは強かった。

さすがにビッグクラブに在籍している選手も多く、ベルギーとも
引き分けだ。
日本もw杯コートジボワール敗戦を練習試合とは言え、
払拭しておいた方が良いので勝って良かった。

植田は前にサイドバックでも良い動きをしていた、攻撃の才能を感じる。
それぞれみんな頑張っていた。そんなに完勝出来る相手ではない。

2020/10/14(水)
コートジボワールは強かったし
日本は集中していたし良い試合でした。
攻撃陣はもう少し連携が必要ですが、
柴崎ナイスボールからのナイスヘッドでした。

2020/10/14(水)
日本の守備陣は世界でもかなりたたかえるレベルになってきた気がする。
攻撃陣が不安だわ。突然変異でハーランドみたいやつが突如でてこないかな。

2020/10/14(水)
室屋にしろ、伊東にしろ、突破の後のクロスほぼほぼ合ってなかったよね。越えちゃうことがあった多かったけどそこは連携を高めたらなんとかなんのかな。そして、久保は右だよな。それこそ、上下運動が得意な室屋を走らせてそれをおとりにカットインしてとかバリエーションももてて久保もやりやすいだろうし。左だと中山だったからオーバーラップもないし、カットインも厳しいからなかなか厳しかったね。もうちょい選手の使い方をしっかりしてほしい。まぁそれを確かめるための親善試合なんだけど。

2020/10/14(水)
時間がない中で、これだけ守備が安定していてたのはすごいと思った。吉田、富安を中心に安心してみていられた。遠藤の守備も素晴らしかった。
攻撃は、これから連携を高めていけばいい。約一年ぶりの代表、寄せ集めのチームで、選手達はよく頑張っていた!お疲れ様でした!

2020/10/14(水)
ワンタッチプレーが出てくるといくら身体能力が高いアフリカ勢相手でも崩せる。
逆に止めて蹴るだけを繰り返してるとやっぱりアフリカ勢は身体能力高くて対人に強いからなかなかチャンスにならない。
次の親善試合ではもっと連携も高まってワンタッチの流動的な攻撃が見れることを期待してます。

2020/10/14(水)
ロースコアで楽しめなかった人も結構いると思うけど、個人的にはいい内容だったと思う。

何人か物足りないパフォーマンスの選手もいたが、選手の出来も良かったと思う。

両サイドSBの室屋と中山もよかった。
ディフェンスは近年の日本にはないくらいの安心感を持ってみることができた。

2020/10/14(水)
日本のは1回の決定機と3回のチャンス。でも3回とも決めるには難しいシュートだった。実質のワンチャンスをよく決めたよ。
コートジボワールは1回の決定機以外はほぼチャンスなし。

守備は安定していたし、コートジボワール相手によくやったと思うけど、もう少し決定機を作りたいね。
1試合に決定機が1回あるかないかでは、ワールドカップでは0-0か0-1の試合しかできないよ。

2020/10/14(水)
今回は二試合とも守備重視の堅い試合になったが、忘れてはいけないのは、いつもの日本ホームでの親善試合とは違い、ヨーロッパでアフリカ強豪との試合ということ。1勝1分という結果は上出来だと思う。特にセンターバックの二人とカメルーン戦の酒井選手は圧巻。攻撃陣は久しぶりの代表活動で相手の守備も良く連携が難しかったと思うが、得点チャンスはあったのであとは微調整でしょうか。
個人的には岡崎選手の代表復帰を楽しみにしていたが怪我で残念でした。次を期待することにします。

2020/10/14(水)
右の伊東がよく走って、ボールを奪っていた。守備が軽いと言われることもあるが、あれ程追えるのは岡崎くらいと思う。クロスは精度と言うより、久保があまり前につっこんでいかないから、そもそもターゲット不足。伊東を使うなら原口の方が前線に厚みができる。久保選手を代表で活かすには、真ん中か右サイドだね。守備はこんなに固かったっけと思うくらいの出来栄え。ベルギー相手に1-1のコートジボワールに対し、良いバランスを保っていた。キャプテン(吉田)の好調の影響かな。最後に植田選手、おめでとう。

2020/10/14(水)
麻也と富安のCBコンビの安定感は素晴らしい。特に富安はサイズ、スピード、フィード全てがハイレベル。遂に日本にもこんなCBが出てきたのか。
室屋と中山はフィジカルに優れるアフリカン相手に良く奮闘してた。中山はSBのほうが適任かも。
遠藤はクラブで試合に出続けて、危機察知と刈り取る力が一段と磨かれた感じ。
柴崎はいつもより前目の位置どりでしたね。やはり2.5列目でセントラルMF的な役割が合う。
その為にも相方は遠藤が現状ベストかな。
鎌田は収め方が上手いし、ゴールを狙う姿勢もある。もう少し周囲との連携が深まれば。
久保はやはり本当は右サイドに置いて中に切れ込むほうが合うのかな。出来れば岡崎のようなオフザボールの動きを磨いて欲しい。
その久保を左に追いやる伊東の縦へのスピードはやはり魅力。
武蔵は裏へ抜ける動きは頑張ってたけどFWとして良い意味でのエゴを出していい。
そして植田おめでとう!

2020/10/14(水)
CBコンビほんと凄いですね…
鎌田、南野、久保は期待に答えてくれなかったけど、基本的に連携が上手いプレーヤーだから、まだまだ期待したいです!
大迫の代わりの武蔵は技術的に足りない部分は見えたけど、一生懸命さが伝わってきました。これから更に頑張ってほしいなと思いました。

なんにせよ2020年初勝利!おめでとうございます&ありがとうございます!

2020/10/14(水)
冨安のクオリティを再認識できた。守備だけでなくフィードも本当に素晴らしい。鎌田の充実ぶりも光った。最後のプレーは柴崎復活のきっかけになって欲しい。植田、代表初ゴールおめでとう。

2020/10/14(水) 
攻撃陣で良かったのは鎌田かなあ…いくつか軽率なプレーもあったけどボールを受ける位置が良いから可能性を感じた。
伊東はボールの受け方は良かったけど、スペースがあってスピードに乗れないと一対一に勝てないね。

あと中盤、特にボランチはフリーで前向けるのにバックパスが多かった印象。特に柴崎なんかはもっと前向けたし、ズバッと真ん中に楔打てるシーンも多かったと思ったな











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ