スクリーンショット 2020-10-13 17.22.42

スポンサード リンク




■遠藤保仁が加入後即デビュー

 10月5日にガンバ大阪からジュビロ磐田へ期限付き移籍した遠藤保仁が、10日の松本山雅FC戦で新天地デビューを飾った。

 日本歴代1位の国際Aマッチ出場を誇るMFの加入で、磐田は変わった。サイドからビルドアップにもかかわっていた大森晃太郎が、より自由度を持ってプレーできるようになっている。トップ下起用では中盤へ下りてくることの目立った山田大記が、より高い位置でプレーしていた。遠藤の加入でボールの落ち着きどころが増え、パスの出どころも増えた。課題としてきた攻撃の連動性は、高まりを見せている。

 改めて言うまでもないが、遠藤は優れたキッカーでもある。松本戦ではCKとFKを蹴り、直接FKがバーを叩く場面もあった。大森、山田、山本康裕、上原力也、伊藤洋輝とキッカーは揃っていたが、遠藤が入ることでリスタートの脅威度はさらにアップした。対戦相手はペナルティエリア付近の守備に、神経質にならざるを得ないだろう。ルキアンの馬力ある突破、小川航基のポストプレーからの反転、中野誠也のドリブルといった個性が生きてくる。

 試合は0対0のスコアレスドローに終わったが、遠藤はいきなりフル出場した。歴戦の勇士は、さすがの適応能力を見せつけた。


■より根本的な課題は「守備」

 もちろん、1試合だけでは判断できないことは多い。

 今シーズンのJ2は中2日か中3日での5連戦をひと区切りに、試合が消化されていく。遠藤のプレースタイルは効率的だが、40歳の肉体が異例の過密日程にどこまで耐えられるか。

 J2にもハイプレスを仕掛けてくるチームがある。ギラヴァンツ北九州と栃木SCは前線からの追い込みが激しく、首位を快走する徳島ヴォルティスもハイプレスとミドルゾーンからの守備を併用する。ボール保持率でズバ抜ける東京ヴェルディも、ボールを失った瞬間から守備をする。

 そうしたチームを相手にしても、ショートパスを中心としたビルドアップで対抗していくのか。鈴木政一監督の就任後は3バックの中央を任されている今野泰幸、左CBの伊藤らは、中長距離のパスを繰り出せる。彼らのロングフィードはハイプレス回避の手立てとなり得るなかで、遠藤を中心としたビルドアップとの適正バランスを見つけられるかどうかは、今後のポイントになってくる。

 より根本的な課題を言えば、今シーズンの磐田は攻撃ではなく守備に苦しんできた。

 加入1年目のアルゼンチン人CBフォルリンが、ケガなどの影響で1試合も出場できていないのは大きな誤算で、8月に横浜F・マリノスから山本義道を期限付き移籍で獲得したものの、守備が改善されたとは言い難い。25節までのクリーンシートは6試合にとどまる。首位の徳島の11試合、2位のアビスパ福岡の12試合に遠く及ばない。そして、経験を持つ選手が多いにもかかわらず、守備の安定感を欠いたことがJ1昇格争いで後れを取った最大の要因と言っていい。 

 遠藤にボールが集まるのは、対戦相手にも分かりやすい。背番号50を着けるベテランにプレッシャーをかけ、奪ったボールをショートカウンターにつなげる攻撃を、どのチームも攻撃の狙いに加えてくるのは明らかだ。

 その意味でも、守備の安定が問われていく。コロナ禍では国外から外国籍選手を連れてくるのは難しく、国内市場から人材を確保するのも難しい。シーズンのスタート時の編成が、いまさらながら悔やまれるのではないか。

戸塚啓
https://news.yahoo.co.jp/articles/731d7493cfb900246c1c1a23a5cb402e0980f269 

 

2020/10/13(火)
遠藤、まだ頑張ってたんだな。
彼のサッカー哲学は、きっと後に続く若手選手らの糧になるだろう。

2020/10/13(火)
ジュビロサポですが、問題は無能にも程があるフロント陣。
発動機からの出向者でなく、クラブOBなどマトモな人材を入れて頂きたい。

2020/10/13(火) 
相手も遠藤へのチェイシングは徹底してくるだろう。周りがフォローできるかどうか。

2020/10/13(火)
昇格の目も無さそうなチームのニュースを全国区で取り上げる必要があるほどヤットはスゴいのかね?!

2020/10/13(火)
遠藤保仁選手頑張ってますね
ガンバは好きなクラブ











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ