4c633334

スポンサード リンク




日本代表全員の現状を5段階評価>>

 森保一監督がヨーロッパ組を含めた実質的なA代表を率いるのは、昨年11月19日に行なわれたベネズエラとの国内親善試合以来、約11カ月ぶりだ。日本はそのベネズエラ戦で前半に4ゴールを叩き込まれ、1-4で完敗。以降、不甲斐ない采配をつづける指揮官に猛烈な逆風が吹くことになった。

 その後、A代表の活動は新型コロナウイルスの影響で長く休止したが、森保監督とスタッフたちにとっては、この休止期間をいかに有効活用するかが最大の任務だったはず。その意味で、10月に2試合が用意された今回のオランダ合宿は、森保ジャパンの強化プロセスにおける大事なリスタートと捉えられる。

 再開第1戦となった9日のカメルーン戦、そして13日のコートジボワール戦は、森保監督がいかにしてチームを再建するつもりなのかが、最大の焦点だ。

 カメルーン戦のスタメンは基本布陣の4-2-3-1。GKに権田修一、DFは右から酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋、安西幸輝、ダブルボランチは柴崎岳と中山雄太、2列目は右に堂安律、左に原口元気、トップ下に南野拓実、そして1トップにはカメルーン戦限定出場の大迫勇也が入った。

 いつもの顔ぶれと異なるのは、長友の代わりに左サイドバック(SB)に入った安西と、柴崎とコンビを組んだ中山のふたりだ。つまりそれ以外は約1年前のレギュラーをチョイスした。

 対するカメルーンは、試合3日前のPCR検査で2選手に陽性反応が出てしまい、濃厚接触者1選手を加えた計3選手が緊急離脱。メンバー18人での戦いとなった。また、19年9月から指揮を執るポルトガル人のトニ・コンセイソン監督は「怪我で呼べない選手がおり、人数が限られたなかでの試合となる。とくに若手に出場機会を与えたいと思っている」と試合前日に語り、テストの意味合いの強い試合になることを示唆。そのうえで、スタメンには現状のベストな11人を起用し、布陣は4-3-3を採用した。

試合は、序盤からカメルーンペース。GKを使いながら、左右の幅をとって速いテンポでボールを動かし、日本の前線からのプレスを回避した。しかし、ペースを握った最大の要因は、守備面で日本の心臓部でもあるダブルボランチをインサイドハーフのふたりが消していたからだ。

 そのため日本は、相手3トップの圧力を浴びる最終ラインから、前線へ可能性の低いロングパスやミドルパスを強いられた。その結果、ボールを相手に渡してしまい、再び攻撃を受ける悪循環に陥った。

 これは、過去の森保ジャパンの試合で何度か見られた、"日本封じ"の典型的パターンだ。昨年11月、格下のキルギスにベストメンバーの日本が苦しめられた時もそう。キルギスの布陣は3-5-1-1だったが狙いは同じボランチ封じで、日本の最終ラインは「ボールの出口」を見つけられず、チームとしてペースをつかめなかった。

 しかも今回の相手は、身体能力も含めた個の能力が高いカメルーンである。無理して出したパスが相手の伸ばした足に引っかかるシーン、あるいはデュエルに負けてボールを失うシーンなどが重なると、日本がペースをつかむのはさらに困難になった。

 そんな状況でとりわけ顕著だったのが、日本の左サイドの裏を突かれるシーンだ。攻撃的なポジションをとろうとする安西のポジショニングが、周囲との距離感を中途半端にし、それをカバーすべく左ウイングの原口、ボランチの柴崎、あるいは左CB冨安もそのエリアの火消し役としての対応に追われた。

 14分、攻守が入れ替わったあとにトコ・エカンビ(11番)が右サイドのスペースでパスを受けてクロス、エンガマル(10番)がヘディングシュートを放ったシーンは、その典型だ。幸いシュートはわずかにバーを越えたが、以降24分、28分と、日本が左サイドを破られるシーンはつづいた。

 逆に、日本がフィニッシュにつながるよい攻撃を見せたのは、前半で2度あった。ひとつは19分、前にスペースを見つけた中山が飛び出して右サイドの堂安からパスを受け、それをダイレクトで前方の南野に縦パスを入れたシーンだ。

日本サッカーは名FKキッカーが絶滅の危機>>

 もうひとつは22分に見せた右サイドの攻撃。堂安と大迫のパス交換から、最後は酒井がマイナスのクロスを入れて、ゴール前の南野がシュートするに至っている。いずれも、ダイレクトパスを使った森保ジャパンらしい連動性のある攻撃だった。

 しかし、それ以外に特筆すべき攻撃シーンはなかったのが現実だ。

 それを象徴するかのように、森保ジャパンのバロメーターでもある敵陣でのくさびの縦パスは3本のみ(そのうち1本は失敗)。ダブルボランチからの縦パスがゼロだったうえ、最大の武器でもある大迫のポストプレーが成功したのも1度だけだった(37分)。また、サイドからのクロスボールもわずか3本で、そのうち唯一成功したのが前述22分の、南野のシュートシーンである。

 またしても繰り返された同じタイプの機能不全。前半を見る限り、森保監督の采配からは、過去試合の検証から導き出されるべき改善策を見ることができなかった。

 ところが、後半開始から森保監督が動いた。安西をベンチに下げて伊東純也を投入すると、布陣を3-4-2-1へチェンジしたのである。

 過去A代表で森保監督が3バックを採用したのは、昨年6月のトリニダード・トバゴ戦とエルサルバドル戦の計2試合。試合途中のシステム変更については、そのエルサルバドル戦以来、今回が2度目だ。

 ただし、エルサルバドル戦では予め選手に試合途中のシステム変更を伝えていたのに対し、今回は「準備の段階で4バックも3バックも試したなか、試合の流れを見て(決めた)」(森保監督)と、布陣変更時のシチュエーションが異なっている。

 ちなみに、エルサルバドル戦では3バックから4バックへの変更だったため、今回のケースはその逆パターン。また、その試合で両ウイングバックを務めていたのは原口(左)と伊東(右)で同じだった。

 試合後、システム変更した戦術的理由を問われた森保監督は、次のように答えている。

「攻撃ではウイングバックがワイドなポジションをとり、4バックの相手に対して守備対応を難しくさせる部分(を意図した)。(つまり)我々がサイドの突破を考えながら、ワイドなポジションに選手がいることで1トップと2シャドーが中(に生まれるスペース)で起点となり、攻撃を仕掛けられる。

 守備では、前半に相手の右SB(2番/ファイ)と左SB(6番/オヨンゴ)がかなり高い位置をとり、我々の守備対応が難しくなっていたので、3バックにして(守備の)役割をはっきりさせた」

 これは昨年6月のトリニダード・トバゴ戦後にも語った、3バックの狙いとメリットを改めて説明した格好だ。しかし、これまで戦術が機能していない試合でもシステム変更をしなかった森保監督だけに、戦況を見極めてそれを実行した今回は極めてレアケースと言える。ある意味、森保采配における変化の兆候とも受け止められる。

 では、肝心のシステム変更の効果はどうだったのかと言えば、少ないながらも変化は起きていた。

 ひとつは、2シャドーが相手アンカーの両脇にあたるハーフスペースに立ち位置をとるため、カメルーンのインサイドハーフが背後を警戒。それにより日本のダブルボランチへの圧力が弱まり、日本のビルドアップ時に柴崎を経由する余裕が生まれた。

 ただし、それでもカメルーンの個人能力は高く、当初は思ったほどの効果は得られていない。実際、柴崎から効果的なパスが出るようになったのは後半25分以降で、それはカメルーンが選手交代と疲労によって動きが鈍り始めてからだ。後半に日本が見せた敵陣でのくさびの縦パスも、3本にとどまっている。

 もうひとつの変化は、サイドからのクロスが明確に増えた点。とくに伊東が右ウイングバックに入って、日本の右サイドの攻撃が活性化。後半に計8本見せたクロスのうち、伊東が記録したのは4本で、酒井と途中出場の鎌田大地もそれぞれ1本を記録した。カメルーンの左SBオヨンゴ(6番)の攻め上がりが、後半になってから激減した理由でもある。

とはいえ、ボランチのパス供給と同じく、後半のクロスのうち5本は後半25分以降のものであり、日本のシステム変更が直接的に影響したというよりも、むしろ選手交代と選手の疲労によってカメルーンの圧力が低下したのが大きく影響したと見られる。その意味でも、ボール奪取後の攻撃バリエーションとその精度を含めて、まだまだ森保ジャパンの3バックシステムには改善点が多い。

 注目は、13日に行なわれるコートジボワール戦で、森保監督がこれまで基本布陣としてきた4バックを採用するのか、あるいはオプションとする3バックを使うのか、という点だ。ゴールレスドローに終わった今回のカメルーン戦で手にした材料と、コートジボワールの実力を考慮すれば、4バックより一定の効果を示した3バックを採用する可能性は高い。

 しかも、この試合で出場機会がなかったメンバーの顔ぶれを見ても、3バックのほうが選択肢も増える。たとえば3バックには植田直通、吉田、冨安を並べることもできるし、板倉滉も3バックとボランチに対応可能だ。また、右ウイングバックは酒井、室屋成、伊東、左ウイングバックには原口、安西、もしくは左右に対応する菅原由勢もいる。

 果たして、今回のカメルーン戦をきっかけに、森保ジャパンの3バック化は加速するのか。森保監督が見せた采配の変化に継続性が見られるのかどうかも含めて、コートジボワール戦最大の見どころは指揮官のベンチワークになりそうだ。

中山 淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
https://news.yahoo.co.jp/articles/c83042abade27880a6a309ffdb62d2df094575ef?page=1 
 


2020/10/12(月) 
3バックの可否はあるだろうけど、試みの一つになるのは良いことだと思う。
こういう戦術的な試みを親善試合で求めてました。
4バック主体でも3バック主体でも試してみて結果が良い方を本番までに導き出して欲しい!

2020/10/12(月)  
3バックは、今後も継続する価値はあると思う。寧ろ1トップに拘る必要のがない気がする。前線に良い選手が沢山いるんだから、2トップや3トップも面白いと思うな。

2020/10/12(月) 
理想は選手交代なし試合中臨機応変に4バックと3バックを使い分けられるようになることなんだろうけど中々難しいね。
3バックシステムはサイドが機動力のある原口と伊東以外だと機能しなさそうだし。

2020/10/12(月) 
前半は見所も何もない退屈な試合だったが、後半3-4-2-1にしてからまともな試合になったね。
安西以外のDF陣の守備が安定してたのが良かったくらいで、攻撃面は散々だった。
とりあえず今の中盤では相手の攻撃を止められないので、遠藤を使ったほうがいいと思う。

2020/10/12(月)  
後半開始のタイミングで3バックに出来る柔軟性を示せたのは良かったと思う。
ただ、記事にもある通り精度を上げないと本番では使えないかなという印象。

カメルーンは後半開始早々の変化にビックリして日本のプレスにハマってたけどすぐに対応されてしまった。
奇襲を掛けるならあの時間帯に1点取らないと正直厳しい。

3バックか4バックかを無理に決める必要はない。
スタートだけどちらにするか決めておいて、相手の出方次第で変えられるメンバーをスタメンに置けば解決する。
ただ、どちらにしても左を強化しないと正直厳しいと思う。
安西の成長を待つか新たな良い選手を発掘するか。

2020/10/12(月) 
まず、相手が若手中心とはいえ格上のチームであることをおさえて論じないとね。そもそも一人一人の技量が違うんだから。
プレッシャーの中でもワンタッチパスのスピードと精度は、カメルーンがはっきりと上だったわけで采配以前の話としてボール支配率に影響してたと思いますよ。

代表合宿もままならないなか、強化の意義はあったと思うけど、システムは戦術の一部にすぎないし、公式戦まではいろいろな経験をした方がいいと思います。

2020/10/12(月) 
本大会で誰が怪我してるとも限らないから、左SBが手薄な今、3人がこのレベルを提供できるなら3Bをやっておくのは意味がある。逆に、この3人のうち誰かが怪我もしくは脱落した場合は3Bは難しいかもしれない。

2020/10/12(月) 
次戦で大幅に先発を入れ替える可能性もある中で、その面子(特に前の選手)がどれだけ3バックに現時点で適応出来ているかが鍵
カメルーン戦で途中出場した鎌田・久保はシャドーとしての位置取りに迷う場面も散見された、あれが先発なら改善されるのかどうか(そもそも鎌田はシャドーの適性があるのかという疑問もあるが)

2020/10/12(月) 
W杯アジア予選について考えると、チーム力の差から守備に関しては計算できる。
問題は引いた相手からどう得点を挙げるかである。
対ミャンマー・キルギス戦では2点、タジキスタン戦で3点しか取れていない。

記事にあるワイドに開くことでトップのスペースが出来るという部分だが、
逆に選手間の距離が間延びして効果的なパスワークを困難にしてしまう。
結果、淡白なクロスを放り込み跳ね返される単調な攻めを繰り返すことになる。

2020/10/12(月) 
柴崎と大迫が空気だったな。大迫はブレーメンで文句言われる理由がわかったな。遠藤はコンディション悪いのかな?中山悪いとは思わなかったが、良くもなかった。

2020/10/12(月) 
現代サッカーのフォーメーションは、攻守で切り替わったり、戦局や入替え選手で変更するなど、流動的なスタイルが強豪チームの主流。
観客もサッカーに詳しくないと、フォーメーションを説明されても、試合中の変化が激しくてよくわからないだろうな。

2020/10/12(月) 
元々3バックで結果を残してきた監督だしね。ナショナルチームだとバランスの
とりやすい4バックが都合良いのは理解できるが、上手くいかない状況が続くのなら
それに拘る必要もない。3バックをやって空回りの経験は何度もあるが、
たまに試してすぐ止めてじゃ、3バックシステムへの上積みもできない。

2020/10/12(月) 
DF陣は良かった。
やっぱりずーっと言われてるけど決定力のある若い選手出て来て欲しいですね。
Jの得点ランキング上位を見ても7割くらい外国人選手。
伊東は積極的に仕掛けてたしスピードもあるしよかったけどね。
岡崎とか乾とか本田あたりを呼んでみても面白いかも。本田は森保さんの言う事を聞かないかもだけど。

2020/10/12(月) 
後半3バックにしたからって特に良くなったって感じられなかった。
むしろ相手の疲労の結果に見える。
3バック何回かやってみたけど、良かったことってあったか?
個々のレベルも不足している選手も多いし、組織としてのチームになってない。
パススピードは遅いし、相手にあげるパスばかり。
パスを受ける方の動きも見えない。

2020/10/12(月)  
3バックはいかに堂安交代せずに残すかと、コロナ休養期間中にない頭で漸く絞りだした副産物。

これが公式戦3枠なら、1枠交代が既に2枠となってしまい、この3バックは実現する事はなかっただろう。

でも結局中だけしかアタック出来ず、右からの攻めが半減するする堂安使い続ける森保に、伊東が堂安に不足している、本来やるべき仕事無言で体で示された。
だからその後堂安を、漸く変えざるを得なくなった。

2020/10/12(月)  
3バック、4バックを柔軟に使い分けられるのがベスト。
その意味で1試合だけとはいえ、3バックでポジティヴな兆候が得られたのはよかった。

2020/10/12(月) 
システムと言えば聞こえいいけど、4バックも3バックもDF3枚の個人の能力で抑えたもの。EUの一線級のFW陣なら破られるレベル。
問題はボランチからのビルドアップと繋ぎ。ビルドアップ時のファーストチョイスが縦パスのみとは情けない。その課題解決が、より守備的な3バックとは呆れるし、交代枠残して前の選手も変えない。選手が迷いながらプレーしているとしか思えない。

2020/10/12(月) 
今どき、両方出来なきゃ駄目でしょ。今回欧州組だけで、しかもDFの3人はチームでも経験してるから普通に出来るでしょ。一昔前のやった事無い感出しまくってた選手たちとは違う。

2020/10/12(月)  
日本は伝統的にサイド(いちばん外)を攻略してクロスを上げる戦略を好んでいるが、肝心の中はクロスに合わせてゴールすることが得意な選手を置かないし、評価も低い。この矛盾がずっと気になっている。

2020/10/12(月)  
3バックは最初から試すつもりだったんじゃないかな?森保監督は臨機応変にシステムを変える監督じゃないし。ただ可能性を感じたのも事実。

2020/10/12(月) 
3バックなど最終ラインの問題ではなく、一番は構築できていない
個人の発想任せのアドリブ攻撃なんだよなあ。
中島翔哉不在というだけで全く形にならなかった前半の攻撃。
そりゃ4-3-3相手に3-4-2-1に変えたら、サイド(伊東)が空くに決まっているじゃないか。
にもかかわらず、そういったパターンも練習でやっていないし
相変わらず久保建英を持て余している。

守備はともかく、攻撃ではてんでダメな監督。
広島での優勝は柏好文とミキッチという強力な個の力のおかげ。
世界的に見れば戦力の劣る日本代表で、世界に対抗できる久保建英を
使いこなせないのはハッキリ言って”無能”

2020/10/12(月) 
左SBの状況を考えると、3バックを熟成させた方が将来的にはいいかも。ただ、酒井を左SBで起用(マルセイユで経験あり)し、富安を右SBで起用出来れば、4バックも面白い。
いずれにしろ、DF陣3名は欧州トップカテゴリー。
今の日本はDFを見て!って感じ。

カメルーンはプレミアリーグの下位チームみたいな戦い方だったけど、余裕を持って弾き返してたし。
大島が柴崎に代わって入れればなぁ。遠藤か橋本拳で相方は大丈夫。大迫不調なら小林悠。左ハーフが原口しか計算がたたないとこは痛い。右は純也(何故ゲンク?無双なのに)。強くなってほしいねー

2020/10/12(月) 
コートジボワール戦は最初から3バックを試してみても面白いかも
はっきりいって右サイドは堂安より伊東の方が輝いてる
シャドーに久保を使ってみると面白い

2020/10/12(月)  
森保は就任時から、W杯の決勝トーナメントで上位進出っていう長期でのチーム強化策を考えてた気がするので、コロナで強化計画は大幅に変更になったと思う。

2020/10/12(月)  
カメルーンが後半、可変対応しなかっただけで他チームなら対応したでしょう。日本は縦に区割りした時に、同じゾーンに縦に並ぶからパスコースが無くなります。相手は守りやすいでしょうね。監督はハーフ、トップの選手を同時にサイドに張らせるのでボールを持った選手は困ってる。これだとシステムで相手を崩すのは難しいです。素人なりの考察。

2020/10/12(月) 
今回の遠征は長友不在だから有りだけど。
酒井と長友共存なら4バッグありきなのでは?
アラバロールを可能とする人材が居れば守備時は4バッグ、攻撃時にSBのひとりが中盤に入り攻撃を組み立てられたら理想なのにね。

2020/10/12(月)  
3-4-2-1 はどの形でも守備をはめれる。だが中央渋滞する。あと監督がビビリだと5バックになる。結果弱い。

2020/10/12(月) 
4-3-2-1であろうが、3-4-3 であろうが そんな無駄な事を
思考する前に、はるかに大事な事が在るはずだが???
物事を考える基本は、現状把握の問題点を洗い出し、その改善策を
考えるが常套。何一つ改善兆候が見出だせないのは当然。
今のパスサッカーを続けるならば、お手本はメキシコだろう。
日本に足りない物は、フィジカルの強さ・状況を打開出来る個のキープ
の強さだ。度々見掛けるパスミス ボールを簡単に奪われる現象は、
将に此に在る。キープ力があっても 中島・乾 の様に自己完結出来ない
自己満足プレーはマイナスなチームプレーは当然排除するべきだが、
どのポジションでも せめて久保の6割位のキープ力以上をクリアー
出来なければ代表として不適位の明確な選考が必要。
全てのミスの根源は此に在ると言っても過言でない。
その意味で、森安は無能としか言い様が無い。

2020/10/12(月) 
森保監督の声が聞こえた
サイドに張れ と

問題の本質はボールのでどころを抑えられた 戦術面の話
それを見ずに苦し紛れのロングボールを蹴って奪われる
その現象のみをみた指示

後半に可変させたのはボールの出どころを抑えられないため

このあたりまえの対応を数年ずっと改善されてない
監督いわく選手で対応して欲しいそうだ

相手チームは記事にもあるとおりGKもフィールプレイヤーとして扱い
プレスをかわしてる

2020/10/12(月) 
数年前では吉田くらいしか3バックでやれるポテンシャルある選手居なかったけど、今や冨安と酒井がいるから3バックは全然アリ。WBに原口、伊東とか室屋でも良いし、なんなら板倉入れて、酒井をWBにしても良い。

森保さんだから期待しないけど。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ