スクリーンショット 2020-10-11 11.07.06


スポンサード リンク




後藤「本当は、森保監督としては自由に使いこなせるように、使い分けられるようにしたいのだろうけど、なかなかそれが今まで出来ていなかった。今日は本当に思い切ってやったし、うまくいったもんね。それが一番の収穫ですよね」

大住「そうだよね。ときどきやったんだけどさ、あんまりうまくいかなかったんだよ」

後藤「オリンピックチームのほうは、ずっと3(スリー)中心で。フル代表のほうは、ずっと4(フォー)中心で。どうしてそこでを使い分けてんのかなって、ずっと疑問ではあったんだけど。もっと早い時期に両方使えるようにしていくのだろうと思ったら、なかなかやらないなって、ずっと思ったまんまで1、2年が過ぎたって感じだよね」
 

―あまりやってこなかったですよね。森保さんは。

大住「前半の終わりごろね、監督がコーチと話していて確認していたんだけど。何をやるんだろうなと思ったら、3バック。今まで代表では上手くいったことがなかったのに。3バックかって思ったんだけど、すごく変わったよね、あれで。守備も攻撃も良くなったね」

後藤「やっぱり酒井宏樹が、サイドバックだけれどセンターバックも、カメルーンを相手に一歩も引かないでできちゃうのが素晴らしいよね」

大住「あれは本当に見事だったよね」

後藤「それは本当に改善したよね、うまくあれでね」


―それもあってか、ハーフタイムに安西を下げて、並びを替えたわけですけど。スムーズに進行したのは見事だったなと思いましたが。どうでしょう?

後藤「裏にあれだけ走られると、出て行きたくても、なかなか出て行けなくなっちゃうだろうしね」

大住「裏は狙われるし、やっぱり1対1でも取り切れないし」

後藤「あそこは狙われてたからね、21番のタベクが、あの裏のスペースね」

大住「彼の良さは前に出ていくところにあるんだけど、守備ではやっぱりいっぱいいっぱいな感じはしたよね」

後藤「ちょっとだな、まだ」

大住「いやあ……」



―安西のプレーはどうでしたか?左サイドバックは?

●途中出場
 
(後半開始時)安西幸輝 →  伊東純也(ヘンク) 
(65分)堂安律 →  久保建英(ビジャレアル) 
(71分)南野拓実 → 鎌田大地(フランクフルト)
(86分)原口元気 → 菅原由勢(A Z)

●日本代表 スターティングイレブン
 
G K 権田修一(ポルティモネンセ)
D F 酒井宏樹(マルセイユ) 冨安健洋(ボローニャ) 吉田麻也(サンプドリア) 安西幸輝(ポルティモネンセ)
M F 中山雄太(ズウォレ) 柴崎岳(レガネス) 原口元気(ハノーバー) 南野拓実(リバプール) 堂安律(ビーレフェルト)
F W 大迫勇也(ブレーメン)
 

■「最後のチャンスで思い出した昨年のルヴァンの久保スーパーゴール」
 
―後半は日本も色々と攻撃で試すことができるようになってきましたが。特に目立ったのは伊東純也かなと思います。

大住「そう。伊東純也はベルギーで見ても、すごいぶっちぎっているから、凄いなって思ってたんだけど。その通りのプレーをやってたよね。最後の突破みたいのを、あと2,3回はできたと思う」

後藤「まあ、言っちゃえば相手が疲れた時間に出てきたら得だよねっていうのもあるけどね。相手にとっては、一番疲れている時に、ああいうのが出てくるのが一番嫌でしょ?でも、あれで久保のフリーキックが入っていたらね(※終了間際、伊東が右サイドを突破してペナルティエリアすぐ外で倒されてF Kを獲得。久保が蹴ってG Kが間一髪弾いてそのまま終了の笛に)」

大住「去年の、ルヴァンカップの予選リーグで、久保が秩父宮ラグビー場でやった試合あったでしょう? スペインに行く直前だったけど。ものすごいフリーキックだった(※2019年4月10日の鳥栖戦。86分に久保建英が決めたスーパーなF K)。あれを再現するかと思った。あれは触らなくてもバーに当たってたよね?」

後藤「そう思う。僕はキーパーの手に当たったのかよく分からなかった。最初はバーに当たったのかなって」


―あそこで入っていたら、というのがついつい……

後藤「明日の新聞、素晴らしかったのにね」

大住「そうならないほうが良かったんじゃないの?」

後藤「そんなひねくれたこと言わないで」

大住「後藤さんみたいなこと言っちゃったよ」

後藤「新聞記者は大喜びだよね」

大住「うん、仕事がとっても簡単になるね」


■「久保は周りと合ってなかった」
 
―久保はちょっと周りと合わないシーンが多かったような気がしますが。

後藤「周りと合わないというか、やっぱり自分でボールを運んで取られちゃったもんね」

大住「なんかやってやろうっていう意欲が空回りというか、合わなかったような感じはするけどね」

後藤「クラブでコンスタントに試合に出ているような立場だったら、もうちょっと落ち着いてできたかもしれないけど。やっぱりクラブで結果が出ていないというか、出場機会も少ないし、ここでやらなきゃっていう意識が強くなったのかもしれないですね」

大住「そうね。やっぱり周りの選手と合っていないというか、伊東ならあのパスで良いけど、誰だっけ? 他の選手だと……」

後藤「そうそう。長すぎたよね」

大住「中山だっけ?」

後藤「そうそう。本人もゴメンゴメンって謝ってたけど」

大住「でも可能性はやっぱり。左から突破したプレーは可能性を感じたし。右と左を入れ替えたよね? 途中で(※後半のツーシャドーを蒲田大地と久保が務めた)」

後藤「久保が左の時間のほうが長かったよね?入ってすぐは久保は右で」

大住「そうそう。あれ、流れでそうなってるのかと思ったら、たぶん指示」

後藤「鎌田が入った時に、最初は久保が右で鎌田が左だったのが、しばらくして逆になって、たぶん逆になってからの時間のが長かった」

大住「長かったし、そっちのが二人とも良いところで出たよね?」

後藤「そうそう」

大住「あれは指示で変えたか、自分たちでこうやろうって言って、それが良かったから、そのままやっていたのか、それはよく分からないけど。まあ、良かったよ」


■「鎌田にはもうちょっと期待していた」
 
―鎌田も良かったですね?

後藤「鎌田良かったね。」

大住「そう?」

後藤「やっぱりクラブで調子がいいから、それがやっぱり違うよ」


―大住さんはそう思いませんでしたか?

大住「いや、鎌田はもうちょっとできるような感じがするんだけど。うーん……ブンデスリーガではもっと、シュートを撃てる所へ顔を出しているけど。なんか中途半端なプレーだったような感じがするけどな。もっと期待してた」


―なんと言っても崩れなかったのはディフェンスで。3バックになってからも非常に見事なね。

後藤「やっぱり冨安も素晴らしいし、吉田もさすがだし、すごいよね。さすがセリエAでレギュラーでセンターバックをやっている人たちだよね。強いし、上手いし、読みも素晴らしいし」

大住「あの3人は凄いよね」

後藤「だから時代ってのは凄いよね。日本のディフェンダーがあんなに素晴らしいなんて」

大住「だからさ、安西は気の毒だったね」

後藤「それと比べちゃうんだからね」

大住「本当はあそこに、長友がいるはずなんだろうけどさ」

後藤「酒井高徳もいいんだけどな」

大住「そうなんだよね。Jリーグの選手を使えたら、今回はもっと良かったような感じはするよね」

後藤「そうそう。何人かいてくれたらね。三笘がドリブルをキメてくれたらね、とか」


■「リーグのチャンピオンチームを主体に代表チームを組む」
 
―田中碧ですか? ボランチが必要だとしたら。

後藤「そこはだから、川崎の選手をセットで入れちゃえば解決。今だったら川崎の11人を出して、そこにヨーロッパの選手を補強で入れたほうがいいくらいだよ」

―それくらいのチームなんですね?

後藤「コンビネーションがね、今日も連携が連携が、ってところがあったじゃない? 単独クラブチームをベースに代表ができたら、それが一番素晴らしいんだよ。ドイツがバイエルンベースでやっているとかね」

大住「今日見ながら、大島(僚太)ならそんなパス出さないだろ、って思ったよ。ボランチ2人があんまりよくなかったからさ」

後藤「田中碧でも、脇坂(泰斗)でもいいよ」

大住「もう一人いるじゃん?6番の……守田(英正)」


―川崎は凄いですね。

後藤「少なくともコンビネーションを考えたら、川崎を母体にして、このポジションはジェジエウを使えないから富安を使おうとかね。キーパーはチョン・ソンリョンだからどうしようかとか。そういうね」

大住「まあ、そこまでは僕はいかないと思うけど」

後藤「そこまでは言い過ぎだけど。それができるように、Jリーグのレベルがもっと上がってね。リーグのチャンピオンチームを主体に代表チームが組めるようになるっていうのが、最終的な目標だよ」

大住良之,後藤健生
https://news.yahoo.co.jp/articles/179df2c0fa63bb19724c908f5e0463544f54d79c?page=1 

 

2020/10/11(日) 
3バックにした事で、幅を取る事・中盤の守備をやり易くする事 この2つが狙いだったと思います。
4-4-2で4-3-3に対応する際に最も注意すべきポイントが、相手のアンカーの選手ですが、アジアカップでのカタール戦で起きた事と同様の状態で、上手く中盤の守備がはまらない時間が続きました。最終ラインへのプレッシャーよりも、2トップがしっかりアンカーを消して守備しなければならなかったと思います。
幅を取る事については、今回の場合は中盤の柴崎・中山がポイントになったかなと思います。
2人共に下がりめの中央付近で受ける事がほとんどでしたが、長谷部のように最終ラインまで落ちて幅をとらせるような事はしませんでした。戦況を考えると、もっと幅をとらせる為の連携や立ち位置をすべきと思います。
システム対するクオリティがまだ低いと思います。

2020/10/11(日)  
次の試合も後半から3バックをやって欲しいね。しかし、基本は4バックだよね。ずっと
前から言ってるけど、本格的な3枚の英国やベルギーもWCでめちゃくちゃカウンター受けていたから、通しでは日本には無理だよ。ベルギーはブラジル戦は4バックだったし。世界的なGKも必要だしね。3枚は格上相手には無理だよ。しかし、相手が疲れた後半限定で反撃で行けるかどうかは試すべきだけどね。まあおそらく安パイは中国リッピがやっていた、後半からの反撃の3枚だろうね。アジア予選反撃の後半限定が有効だよね。

世界で通用しない3枚やるより、4枚で色々と強化すべきだよね。英国識者も記事で上のレベルでは無理では?って言っていたしな。森保が3バックに消極的だったのも、日本よりも格上のポーランドが、コロンビアに大敗したからでしょ。3バックを持ち上げすぎだよ。今の日本でロシアの対戦相手で、3バックでやっても勝てないでしょ。

2020/10/11(日)  
半端ねーほど半端だった・・・

カメルーンが日本をスカウティングしてない結果でしょ
これがなんかの大会だと完全に対応されて終わり、寄せの速さも違ってくるし
ただ個での対応は進化してる人もいるのがせめてもの救いだった試合

2020/10/11(日)  
劇的変化ってより、ただ守備固めただけじゃん。攻撃は伊東のスピード頼り一辺倒でラストパスの精度と中の詰めかたも酷い。久保も伊東を意識してか監督の指示か分からないが投入後10分ぐらいはやや左気味にポジションをとり過ぎて全く良さを出せてなかった。ただ、吹っ切れたのか終盤は久保が右へ流れてきて伊東も息を吹き返し、伊東投入直後の勢いを取り戻して最後は制圧してたね。問題はボランチ。
特に中山の精度と攻撃へのタイミングが酷いし、何度かチャンスになりそうなとこでミスばっかり。柴崎に至ってはコンディションが悪かったのか、いつもの冷静さが無く、プレー自体が遅かった。とにかく90分を通して、どんなサッカーがしたいのか全く狙いも連携もなく紅白戦より見応え無かったぞ

2020/10/11(日) 
蓋を開けたら2年間、同じ攻撃陣。本当にビックリした。中島に原口が変わっただけ。代わりの素晴らしい選手はいくらでもいる。しかも堂安・柴崎・大迫の低調ぶり。なのに後半まで引っ張る。試合前のトレーニング・所属クラブの直前映像でコンデションははわかる。何を見てきたのか。指導者が選手の力量がわからなければ指導者では無い。
 2年間もの間どんな成績・采配をしても安泰。監督が無策無能森保で全くクビにする気は無い。競争がなければ、いくら良い選手が集まっても強い組織は生まれない。成績・采配によって即刻更迭しなければ今後代表は応援できない。

2020/10/11(日) 
全盛期のスペインもそうだし、完成度の高い代表チームはクラブのメンバーが揃っていることが多い。

2020/10/11(日) 
久保評については同意見。もし普段の練習でもあんな調子ではビジャレアルでベンチなのも納得の出来だった。
ベンチ続きだし久しぶりの代表戦で連携不足なのはあるだろうけど、もう少し丁寧にプレーした方がいいのかな。

2020/10/11(日)  
昨日の試合云々言うんなら、吉田と酒井、富安が個人のスキルで潰してまわってただけじゃねえか。
別に3バックだからどうのとか関係なかったよ。
中盤の両翼が攻撃から素早く戻れてたかって言えばできてないし、本当に3人で守ってただけ。

2020/10/11(日)  
川崎は国内番長
ACLではパッとしないし、小林悠は代表では役に立ってない

2020/10/11(日) 
カメルーンは日本のシステム変更に対応できてなかった
後半20分に外で伊東がフリーになってた場面で柴崎?がパス出さなかったのが非常に残念だ

2020/10/11(日) 
川崎をかいかぶりすぎだろ。
ああいうサッカーは世界じゃ通用しないって2014に分かったやん

2020/10/11(日) 
川崎の中盤についての記事…コメで被ったかな

2020/10/11(日) 
オルンガ帰化させよう

2020/10/11(日) 
久保久保言い過ぎ、騒ぎすぎ

2020/10/11(日) 
川崎主体でいったらアジアもクリアできんかなるよ
Jリーグだから通用するだけ
Jリーグがそれだけレベルが低いんよ

2020/10/11(日) 
格下相手にドロー











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ