スクリーンショット 2020-10-09 12.33.36

スポンサード リンク




まだ21歳とは思えない落ち着き。

 オランダで合宿中の日本代表のCB、冨安健洋が親善試合のカメルーン戦を翌日に控えた10月8日、オンライン取材に答えた。

 現在、セリエAのボローニャに所属。ACミランをはじめとする世界的なビッグクラブからも評価され、続々とオファーが舞い込んだ冨安が日本代表に抱いた思いとは。


―1年ぶりの代表の感想は?

「ホントに楽しみにしてましたし、4日くらい経ってるんですけど、オフのところは楽しくやって、オンのところでは厳しくできています。食事の時間でひとりひとりでたべてるんで、そこでコミュニケーションが取れないのは難しいですけど、食べ終わった後に距離を取りながら、マスクしながらですけど、話したりとかゲームしたりしてるので、コミュニケーションは取れています」

―今季はクラブでもCB。昨季はSBをやったが、景色は変わった?

「去年1年SBやって、やりにくい状況というか、自分が不利な状況で守備することが多かった。2対1とか、大変な状況で守備していたので、CBになって、SBをカバーしてあげられたらいいな、と思いながらプレーしてます」

―今回の代表には、東京五輪世代が7人招集されたが?

「たぶん、いままでのA代表活動の中で五輪世代が7人入ったことはなかったと思うので、そういった選手たちとコミュニケーション取りながらやってます。五輪世代の質も上がるので、ポジティブなことかな、と思っています」

―各クラブが興味を示していた。すごく注目されてる、評価が高まってるという実感あるか?

「世界的にも有名なビッグクラブから興味を持たれているのは、うれしく思っている。モチベーションにもつながるので。いまはボローニャの選手だし、しっかりボローニャのためにプレーしたいと思っている」

―いま21歳。数年後には、ということを考えるきっかけになったか?

「もちろん、こうやってステップアップしていきたいという理想はあるが、理想にしかすぎない。目の前の相手に負けない、とか、目の前のことを全力でやれれば、と思っている」

―コンディション。休みの期間、難しいオフだったと思う。どう過ごしたか。苦労や工夫は?

「コロナの影響で変則的なシーズンでしたし、そのなかでうまく疲れを取ることに注意してきた。よりトレーニングにいままではフォーカスしていたけれど、再開後は連戦でしたし、よりいいコンディションで臨むために、疲れを取ることに注意していた。睡眠や食事やリラックスすることを心がけていた。食事で言えば、炭水化物の量を増やしました。睡眠に関しては、これはコロナ明け、最近始めたことではあるんですが、チームのキャプテン(アンドレア・ポーリ)にオウーラというアプリ教えてもらって、指輪をつけてやるやつなんですが、やってますね」

―地元に帰れなかったことによるストレス。思うこと。

「福岡への思いはもってますし、福岡への思い、アビスパへの思いは強いので。福岡の人たちにも見てもらって、元気や活力を与えられたらいいな、と思ってます。

―福岡は調子いい。

「あ、そうですね。9連勝でクラブ新記録出してますし、このままの勢いでJ1昇格してほしいと思います」

―代表のビルドアップ。ボローニャと代表で違うが心がけていることは?

「ボローニャは決まりごとが多いんですけど、代表ではそれほど多くないので、個々の判断で。相手をしっかり見て、いいポジションとって、運べるときは運んで、という状況を見てやりたいです」

―見ているとボール持つとハイプレスがかかっている。それをはがす有効性はある?

「去年はなかなかうまくいかなかった部分のほうが多いですけど、今年は3試合やって、後ろからチャンスにつなげられるシーンもありましたし、相手からしても思い切って取りに行けない状況作れる。大事だな、と思っているし、僕からすると伸ばしていきたいところだと思ってます」

―ボローニャのミハイロビッチ監督からイタリアでのCBについて教えてもらうことはあるか?

「CBとしてボール持ってるとき、持ってないときで指示をもらっている。ボックス内での守備は課題として感じているし、ボックス内での指示をたくさん受けるので、マークのつき方、腕の使い方はアドバイスとしてもらっている。腕を使うことはかなり言われます。まあ、話すと細かくになっちゃうんで言わないですけど、腕を使うこと、っていうのはかなり言われますね」


 世界的な評価を獲得している冨安。五輪とW杯に向け、重要な試合に挑む。

サッカー批評編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/75c5eb52832ddf1ca9229a6888386bcfd568c518?page=1 

 

2020/10/08(金) 
ユースの頃から飛び抜けた存在でアビスパ史上最高傑作の新アジアの壁、日本代表の主力になれると言われて来たけどそれどころか日本史上最高のワールドクラスになれそうな雰囲気。トミーの良いニュースを見ると自分の事のように嬉しい。

J1のチームからも多数オファーあった中で国内移籍はしない、行くなら海外、日本に戻る時はアビスパ。下部組織出身だから愛着もあってそう言ってくれたんだろうが、当時本当に嬉しかった。

まだまだ先の話だろうが、トミーが日本に帰って来る時にそれに相応しいチームになってて欲しいな。

2020/10/08(金)  
アビスパ時代は井原監督の指導を受けて、ボローニャではミハイロビッチの指導を受けてる。
本人の努力も凄いけどDFとして成長できる環境にも恵まれたよね。

2020/10/08(金) 
唐突に福岡の話題を出してるけど、本当に大事に思ってるんだな。
いつか日本に戻ってくるとしてもその時J2だったらかっこつかないよなぁ…

2020/10/08(金) 
福岡レベルでもこういう選手育てられるんだな











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ