スクリーンショット 2020-09-27 17.55.42

スポンサード リンク




三笘は異次元のプレーで結果も出している

 新型コロナウイルスの影響を受け、7月4日に再開したJ1リーグも怒涛の過密日程で早くも前半戦を終了。川崎が強さを見せるなか、これまでにリーグを盛り上げた選手たちはどのような顔ぶれだったのか。ここでは、岩本輝雄氏に前半戦の“最強の11人”を選んでもらった。

 MVPはオルンガ。得点力は断トツで、ひとりで簡単に点が取れる。これほどのインパクトを放つ助っ人も久々だよね。彼と2トップを組む小林も、ここぞという時の勝負強さはさすがの一言。

 シャドーの清武と大島はチャンスメイクもゲームメイクもハイレベル。アンカーの藤田は、派手さはないかもしれないけど攻守を確実につないで、それを90分間、続けられる頼れる存在だ。

 ワイドに置いた三笘は異次元のプレーでしっかりと結果を出しているし、驚異的なスピードでフィニッシュに絡む松尾も素晴らしいパフォーマンスを見せていると思う。

 3バックは、クレバーでバランスを整えられる谷口が真ん中で、抜群の対人守備で相手を潰すジェジエウとM・ヨニッチを両サイドに配置。GKは高さ、素早い反応、足もとの上手さと”三拍子“揃う大迫をセレクトした。

 監督は、屈指の戦略家ロティーナも選びたかったけど、やはり首位チームを率いる鬼木監督で。個々の良さを引き出したうえで、勝利に導ける指揮官だと思う。状況によっては4-1-4-1にも変形できるこの3-1-4-2のシステムも上手く使いこなしてくれるはずだよ!

■後半戦の注目選手は?
旗手怜央(川崎/FW)
”余裕“のあるプレーが好印象。競争が激しい川崎で揉まれて、さらに成長するはずだ。

■プロフィール
岩本輝雄(元平塚、仙台など)
いわもと・てるお/72年5月2日生まれ、神奈川県出身。元日本代表10番。引退した現在も練習に励む日々を送る。

https://news.yahoo.co.jp/articles/22b4de16a7c67dab29e85563fab5c1c8a4340d5a 

 

2020/09/27(日)

藤田は本当に良い
変えが効かない選手
本当に来てくれて良かった。

2020/09/27(日) 
左側のポジション全員川崎か。
凄いな。

2020/09/27(日) 
藤田は安定してるよな。

2020/09/27(日) 
藤田入れてるのは渋いな。

2020/09/27(日)
オルンガを入れたなら江坂もセットで入れてほしかった

2020/09/27(日) 
大迫は100%ないわ。

2020/09/27(日) 
3142とは、なかなか思い切った布陣だな。

2020/09/27(日)
4-1-4-1に変形した時に誰がSBやんの?
出来る人いるの?

2020/09/27(日) 
イニエスタ入らんのかい。

2020/09/27(日)
納得の人選かな。

2020/09/27(日)
オルンガは小泉の顔面を
踏みつけた最低のプレーヤー
何点取ろうがワースト選手







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ