スクリーンショット 2020-09-23 10.40.56

スポンサード リンク




今年元日の天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝を制し、ヴィッセル神戸に悲願の初タイトルをもたらしたトルステン・フィンク監督(52)の電撃退団が、22日にヴィッセルから発表された。

 退団はフィンク監督本人が辞意を申し入れた21日付で、神戸市西区のいぶきの森球技場で22日午後4時から行われた練習前に選手たちへ挨拶。セバスチャン・ハーンヘッドコーチ、モラス雅輝アシスタントコーチ、ニコラ・ヴィドヴィッチフィジカルコーチも同時に契約解除となった。
 ホームのノエビアスタジアム神戸にサガン鳥栖を迎える23日の明治安田生命Jリーグ第18節は、マルコス・ビベスアシスタントコーチが暫定的に指揮を執る。しかし、シーズンが折り返した直後の、しかも公式戦を翌日に控えた状況での指揮官の突然の退団に、チーム内には動揺が広がっている。

 スイスのバーゼルや独ブンデスリーガのハンブルガーSVなどで指揮を執った、ドイツ出身のフィンク監督は昨年6月に就任。その時点で13位に低迷していたヴィッセルを建て直し、リーグ戦で8位に浮上させるとともに天皇杯でも勝ち進み、元日の決勝で鹿島アントラーズを2-0で撃破した。

 期待とともに迎えた今シーズンも、横浜F・マリノスとのFUJI XERX SUPER CUP2020をPK戦の末に制し、クラブとして初めて臨むAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも連勝発進。グループGの首位に立っている状況で、すべての公式戦が新型コロナウイルスによる長期中断に入った。

 7月の再開後は過密日程のなかで選手のやり繰りに苦労し、リーグ戦では19試合を終えて4勝8分け7敗の12位。最近の7試合では4分け3敗とひとつも勝てず、特にホームでは7月18日の清水エスパルス戦でしか勝利していない状況で、ドイツ発の思わぬ報道が今月に入って伝えられた。

 今シーズン限りでヴィッセルとの契約が切れるなかで、母国の複数のメディアが「家族などの問題で今シーズンをもって日本を去り、ドイツに戻る意向をもっている」と報じた。直後に行われたオンライン会見で、フィンク監督は「記事だけを見ると、大きな誤りがある」と釈明している。

「家族に長く会えないので寂しいと私は言った。向こうに帰りたいというよりも、家族に会いたいと。新型コロナウイルスの関係で家族の来日は難しいが、この先も神戸に残るのであれば、家族に日本へ引っ越してきてほしい。私は神戸の町が大好きで、クラブの未来像ももっている」

 しかし、ヴィッセルを通じて発表された退団コメントで、来シーズン以降の続投にも一時は意欲を見せていたフィンク監督は、前言を翻すかのような言葉を綴っている。

「私は家族の下に戻るという決断をしました。まだリーグ戦でも良い結果を残せると思いますし、アジアチャンピオンズリーグという大きな大会もあるので、今後の幸運を祈ります。遠くから見守るつもりですし(中略)このクラブの監督であったことを誇りに思います」

 ヴィッセルがシーズン途中で監督を交代させるのは4年連続となる。昨シーズンもスペイン出身のフアン・マヌエル・リージョ監督が、4月中旬に「私と家族にとってはベストだと思った」と電撃辞任。
 リージョ監督の前任者、吉田孝行監督の再登板をへてフィンク監督が就任した経緯がある。

 ただ、チームの成績が低迷するたびに監督が代わる流れは、神戸市出身の三木谷浩史氏がクラブの経営権を取得した2004シーズン以降で、特に顕著になっていると言っていい。今シーズンまでの17年間で延べ17人の監督が指揮を執り、途中で監督が交代したシーズンも10度を数えている。

 チームの総合力が問われるリーグ戦の最高位は、ブラジル出身のネルシーニョ監督に率いられた2016シーズンの7位。指揮官の人選を含めてチームの強化に一貫性や哲学の類が、もっと言えばフロント上層部の我慢が感じられないがゆえに、常に中途半端な戦い方に終始してきた。
 例えば元スペイン代表のレジェンド、司令塔のアン
ドレス・イニエスタに続いてリージョ監督が招聘された、2018シーズンの後半以降は「バルセロナ化」という言葉が何度も飛び出した。イニエスタの前所属クラブになぞらえた目標は、今シーズンに入ってからはほとんど聞かれていない。

 今シーズンを振り返れば、準々決勝から登場したYBCルヴァンカップで川崎フロンターレに大敗。新型コロナウイルスの影響で、リーグ戦の上位2クラブが準決勝から出場する形式に変更された天皇杯の連覇も難しくなった状況で、フィンク監督はリーグ戦に対しても実質的な白旗を上げていた。

「現実的に見れば、リーグ優勝はおそらくないと思ってもいい。なので、ここからはできるだけいい順位でリーグ戦を終えられるようにして、クラブの考えでもある若手の上達に集中していきたい」

 故障から復帰したイニエスタが試合終了間際に絶妙のアシストをマークし、劇的なドローにもちこんだ今月12日のFC東京戦後に、指揮官が発したコメントは少なからず波紋を呼んだ。
 ただ、27人という小所帯で戦い、夏の移籍市場でも補強がなかった今シーズンで若手を成長させるという目標の変更は、11月中旬から再開される予定のACLでの上位進出をにらんでいたとも受け取れる。

 中立地での集中開催が濃厚となるACLは外国人枠が「3」しかなく、ヴィッセルはイニエスタ、DFトーマス・フェルマーレン、FWドウグラスを登録している。DFダンクレーとMFセルジ・サンペールを起用できない分を、新型コロナウイルス禍における特例によってJ2への降格がない今シーズンを逆に生かしながら、日本人選手を成長させて埋める青写真が新たに描かれていた。

 そうした状況下で発表されたフィンク監督の電撃退任には、離れて暮らす家族に対するコメントが180度変わっている点を含めて、どうしても不可解な点が残ると言わざるをえない。
 モチベーションを削ぐかのようなバイアスがかかったのでは、と考えるのは疑い過ぎなのだろうか。いずれにしても、毎年のようにシーズン途中で指揮官が代わるのは尋常ではない。
 後任候補として昨シーズンまでラ・リーガ1部のレガネスを率い、いま現在はフリーの状態になっている元日本代表監督のハビエル・アギーレ氏の名前が海外メディアからタイミングよく上がっている。ただ新型コロナウイルスの影響などもあり、就労ビザの取得ひとつを取っても容易ではない状況にもなっている。

 しかし、ひとつだけ言えるのは、たとえ三木谷体制下における18人目の監督としてアギーレ氏の招聘に成功し、三顧の礼とともに迎え入れたとしても、また出発点に戻るだけという図式だ。肝心のヴィッセル全体で確固たる哲学と方向性が共有されない限り、また同じ失敗を繰り返すことになるのかもしれない。

(文責・藤江直人/スポーツライター)



2020/09/23(水) 
ヴィッセル神戸も楽天イーグルスも同じ様にコロコロと監督を挿げ替えているとなるとやはり三木谷氏の影響が大きいのだろうね。
会社はそれで上手くいったのかもしれないけどチーム運営は専門職に任せるべきだろうね。

2020/09/23(水)  
こういうのでクラブが迷走すると、選手がかわいそうだね。イニエスタやフェルマーレンなど選手が嫌気をさして契約解消を申し出ないだろうかと考えてしまう。

2020/09/23(水) 
オーナーの気分次第というか、低迷するといつもこうなる印象が強い。
天皇杯優勝したことと、降格ないことを考えた時にもう少し様子を見ても良かったのでは。その方がチームの熟成につながったかも。

2020/09/23(水) 
事実上解任でしょう。家族の為といえば、フロントへの批判がかわせると思ったのでしょうか。こんなことしてたらちゃんと仕事したい監督は来なくなるでしょうね。

2020/09/23(水) 
結局、いつもこうなる。
念願のタイトル獲得した功労者なんだから、もう少し"猶予"は与えられると思ったけどね。
どうも退団理由をそのまま信じれきれないよな。。

2020/09/23(水) 
楽天所有チームは社長直々にスタメンがFAXで送られてくるって言われてたよね
途中交代の指示もあるんでしょ?
いっそ社長がライセンス取って指揮すれば解任はないんじゃないと思う

2020/09/23(水) 
今のジェフのGMも神戸から来た人。
5年目で今5人目の監督で戦ってる。
お金の使い方が上手くて選手は揃えるが、ビジョンがなくて、毎年戦い方が変わり、その責任は現場の長に押し付ける。平等に打席が回ってくる野球と違ってサッカーは下敷きになるチーム戦術が明確でないと、金がただ浪費されるだけ。

2020/09/23(水)  
外国人監督の場合、彼もそうだがスタッフのコーチもセットだから「電撃退団」のはずがないですよね。退団の可能性があるぬかれた時には、スタッフ陣とは、意思の確認済みで確定してたんでしょうね。そして、チームフロントもつかんでいたのだろう。

2020/09/23(水) 
三木谷って、日本のスポーツを破壊して、楽しいのかな。それなりのスポーツファンなのだったら、自分がやっていることがどれだけ悪影響を及ぼしているかわかると思うんだが、結局のところ、スポーツの知識も愛情も何もない、自分の影響力を誇示したいだけのお子ちゃまなんだろうな。

2020/09/23(水)  
西野監督、ネルシーニョ監督を切り捨てた代償で、もはや日本人監督にはなり手がいないのが実情だろう。
また高い契約金で外国人監督を招聘するのだろうが、どんな名監督を連れてこようと今のままでは成功する確率はかなり低いだろう。
公式戦を勝つためには選手層を部厚くしなくてはならないが、イニエスタのように高額なプレーヤーを抱えてしまうと控えの選手のレベルが大幅に低くなる。
高額なプレーヤーを抱えつつ選手層を厚くするには今以上の資本投下が必要となる。
チームの方向性の決断は経営責任者以外できないがその方向性が示されているのかは甚だ疑問。

2020/09/23(水)  
とりあえず余程の無能ならともかくある程度は安定して、2、3年は継続しないと強くはならない。これじゃあ昨シーズンみたいに突発的にカップ戦取ることはあっても、リーグを取ることはないと思う。

2020/09/23(水) 
他の国のリーグでも同様だが、頻繁に指揮官が交代するチームが好成績を挙げている事例を聞いたことない。
「ブランド品」を買うお金は持っていても、チームとしての筋が通ってないから、成績もイマイチ。

2020/09/23(水) 
チームにおける、当然の事だけど、三木谷の力が大きすぎる事で、一貫したチーム作りを行えないのは明らかですよね。三浦GMだって本当は毎年監督を替える事なんてしたくはないんだろうけど、お神の一言には逆らえないんでしょうね。三木谷自身が変わるか、三木谷がいなくならない限りは、この状況は今後も変わらないと思う。

2020/09/23(水) 
せっかく天皇杯でタイトルを取った監督なんだからもう少し長い目で見れないのかな??

個人競技であればその人間の能力次第で伸びる可能性は十分にあり得るとは思うけど、チームで戦う物に関してはある程度の期間を我慢してやっとチームとして機能していくんじゃないかと思うんだけど。

三木谷さんはイニエスタを連れてきたり、各国の有名な選手を連れて来てすごいとは思うけど、果たしてその選手が今のチームに必要な選手なのか、と言ったらそれは当てはまらないと思うし、監督が変わるたびにフォーメーション、戦術が変わっていけばそれが浸透することもない。ましてや噂されているように三木谷さんが介入してるようであれば監督なんて誰でもいいんじゃない??

2020/09/23(水)  
三木谷さんがイニエスタつれてくる前の神戸が絶好調だったので 今の状況は複雑な気分ですね 海外の有名選手がたくさんいるのは悪いことではないが 国内のいい選手集めることにも関心 もったほうがいいと思います

2020/09/23(水)  
楽天=三木谷。すべてはこれ。単にカッコ付けたいだけ。本業を疎かにし、サッカーや野球に現を抜かし、大風呂敷を広げるだけ。結局、携帯電話もろくなインフラ整備も投資もせず、中途半端。それなりにデカイ企業だから大したものに見えているが、実は何にでも口出しするから中途半端。特にサッカーと野球は目に見えるから、その酷さが浮き彫りになる。

2020/09/23(水)  
まあ変えてもいきなり上位は厳しいとは思うけど
フロンターレはサブでも普通に仕事する。
セレッソはネームバリュー見劣りするが監督が上手く若手使ってるのと守備だけは崩れない
東京は外国人が怪我なく普通に仕事する。

2020/09/23(水) 
記事にあるようにチームの運営方針、バルサ志向から日本人の若手育成に舵を切ったことで、監督が自分は合わないと判断しての辞任ならそれはしょうがないだろう。だが、見ているとそれ以上にオーナー・フロントと監督の意志疎通がうまくいってない、人間関係のこじれが原因に見えてくる。これでは、所属選手もどうしていいのかわからなくなるだろうな。

2020/09/23(水)  
金で常に解決してきたチーム、むしろ、監督いても、三木谷さんがFAX1枚で試合メンバーひっくり返すから、もう、監督は、おかざりでいいんじゃないか
リージョも、それに、嫌気さして、辞めたし
みんな、同じ繰り返し。
三木谷さんの個人の道楽チームに、ただ、楽天カードの入会者を募る道具にしかみえない。

2020/09/23(水)  
スポーツもビジネスと同じで効率とスピードを優先しているように見える。なので人も少なく監督のスパンも短い。球団買うのも早かったし理解はできるけど選手はついて来ないと思う。

2020/09/23(水) 
スポーツもビジネスと同じで効率とスピードを優先しているように見える。なので人も少なく監督のスパンも短い。球団買うのも早かったし理解はできるけど選手はついて来ないと思う。

2020/09/23(水) 
問題は監督ではなくて、ベンチの層の薄いスカッドなんだよな
特に週1では問題なくても真夏の連戦が続いてる今は川崎のようなチームとの差が如実に出る
今年の補強を見てもほとんど予算使わずJ1レベルにない若手を育てようとしてたし、監督解任というより辞任なんじゃないかな
監督変えるくらいならポルディ、ビジャの穴埋めしてからでしょ

2020/09/23(水)  
楽天はサッカーも野球も突然切るなぁ~もう少し長い目で見ないとやっと良い成績上げてもクビになったらまた1からの始まりだから監督は大変だと思うけど

2020/09/23(水) 
今シーズン終わりでフィンク退任はほぼ決まっていて、アギーレと早めに契約がまとまったからこの時期での退任になったんだろうね。まだアギーレ確定ではないけど。

長く続けられないなら日本に残る必要はないし、早めに家族の元に帰れるからフィンクも納得したのかと。
監督がコロコロ変わると選手側の負担が大きそう。

2020/09/23(水)  
三木谷はNBAマブスのキューバンオーナーを参考にしたらいい。強烈でワンマンだけど、ドアマットチームをリーグの強豪にしたぞ。何より監督と選手を信頼してた。

2020/09/23(水) 
どんなに壮大なプロジェクトだろうと、確固たるクラブ基盤がお金以外にないと、そのうちビッグネーム獲得は難しくなる。色物商売の形で会社は元を取れてるかもしれないけど、選手達の貴重な現役時代の時間を搾取するのは良くない。

2020/09/23(水) 
こうした記事では必ずオーナーの三木谷を悪者にしているが如何なものだろう
勿論様々な決済は彼に責任があるが、サッカー部門のスタッフの責任はどうなのか
方法は分からないがそもそも「バルサ化」がヴィッセルの基本路線だっただろうにそれに繋がっていくサッカーがこのドイツ人監督の下にやれていたかどうか大いに疑問である
これだけ大物選手を採ってこの成績はないだろう、という考えを三木谷氏が持っているとは正直思えないな

2020/09/23(水) 
現場に任せられないのが最大の理由。
ビジネスとスポーツはあくまで違う。
言うこと聞かないから解任では話にならない。
三木谷はプロの経営者だとは思うがプロ野球選手でも、プロサッカー選手でもない。

2020/09/23(水)  
神戸くらいのクラブ規模があるクラブが若手を育てるってのもな。
それなら西や山口蛍や酒井高徳や飯倉みたいな即戦力獲得と矛盾するし。
Jクラブはレンタルの使い方が下手なんだと思う。
上のクラブはもっと積極的に若手をレンタルして(育成型レンタルなんかも中々使いこなせてないクラブが多いし)それぞれのクラブの立ち位置を明確にした方がいいように思う。
貸す側としては浦和やマリノスなんかは成功してるし借りる側も新潟や水戸はいい選手を借りれるようになってきたし。

2020/09/23(水) 
社長にとって神戸も楽天もウイイレ、パワプロみたいな感覚なんだろな。
やっぱスタメンを指示してたのが事実なんじゃない?
上辺は家庭の理由って付けてるけど、社長に対して我慢の限界が来たんじゃないかな


 








スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ