スクリーンショット 2020-09-22 7.07.38

スポンサード リンク




現地時間21日、イタリア・セリエAが開幕し、富安健洋の所属するボローニャは敵地ジュゼッペ・メアッツァでミランと対戦した。

今シーズンからセンターバックとしての起用を示唆されていた冨安は、先発してダニーロとセンターバックを組み、イブラヒモヴィッチを擁するミランの攻撃陣を迎え撃った。

大方の予想通り、ボローニャは立ち上がりから守勢に回る。12分、カラブリアが高い位置でボールを奪い、ペナルティーエリア手前で受けたイブラヒモヴィッチが冨安と1対1に。鋭い切り返しから左足でシュートを放つと、これはゴール左へとわずかに外れる。

13分、レビッチのポストプレーからテオ・エルナンデスの横パスをチャルハノールがシュートに持ち込むもゴール左へ。16分には、テオ・エルナンデスのパスに抜け出したレビッチがエリア内左でフリーとなるが、素早くカバーに入った冨安が応対。切り返しを読んでシュートをブロックし、少し遅れてオフサイドの旗が上がった。

攻勢を続けるミランは28分、チャルハノールのパスをエリア内左で受けたイブラヒモヴィッチに対し、冨安が対応。素早い反転から左足で折り返すと、冨安の伸ばした足もわずかに届かず。ゴール前でベナセルが合わせるが、この決定機はゴール上へと外してしまう。

迎えた35分、ペナルティーエリア左でボールを受けたテオ・エルナンデスのクロスを、ゴール前でダニーロとニコラス・ドミンゲスの間にポジションを取ったイブラヒモヴィッチが頭で叩きつける。38歳の大エースによる頭一つ抜けた打点の高いヘディングがゴール右へと決まり、攻勢のミランが先制する。

1点をリードして後半を迎えたミランは、カスティジェホに代えてサレマーカーズを投入。するとそのサレマーカーズが開始早々にチャンスを演出する。高い位置でボールを奪い、冨安が距離を詰めると中央への横パスを選択。走り込んだイブラヒモヴィッチがフリーで捉えるが、強烈なシュートはGKスコルプスキが反応しCKへと逃れた。

耐えていたボローニャだが、49分にCKのこぼれ球を競ったベナセルが倒され、VARの結果ミランにPKが与えられる。これをイブラヒモヴィッチがゴール右上へと沈め、ミランが2-0とリードを広げた。

2点を追うボローニャは57分、N・ドミンゲスに代えてサンソーネ、オルソリーニに代えてオルセンを投入。しかしミランのペースは変わらず、63分にはCKのカウンターから右サイドを抜け出したチャルハノールが逆サイドを走るイブラヒモヴィッチにラストパス。飛び出したGKスコルプスキをかわすが、左足でのシュートは無人のゴールの上に外れてしまう。

ミランは72分、チャルハノールとケアーを下げてブラヒム・ディアス、ドゥアルテを投入。74分には、カウンターから抜け出したイブラヒモヴィッチと交錯して倒してしまった冨安にイエローカードが提示される。

77分、ケシエに代えてトナーリがデビュー。一方、ボローニャもバロウ、ソリアーノ、パラシオを下げてヴィニャート、スヴァンベリ、サンタンデールを投入。立て続けの交代策によって、ボローニャが徐々に流れを掴み始める。

しかし88分、ダイクスが2枚目のイエローカードを受けて退場。攻勢に出ていたボローニャだったが、残り少ない時間で数的不利の状況に。90分には、間接FKをゴール前で冨安が合わせるも、ピタリと合ったヘディングはGKドンナルンマの正面。アディショナルタイムの4分間も無失点に抑えたミランが、開幕戦で白星スタートを切った。

■試合結果
ミラン 2-0 ボローニャ

■得点者
ミラン:イブラヒモヴィッチ(35分、51分PK)
ボローニャ:なし

https://news.yahoo.co.jp/articles/019fb6a0d6e87adc367164c3ceabd592226521e0 

 

2020/09/22(火)
ミランの完成度の高さを感じる試合だった
ベナセルケシエの中盤は鉄壁でチャルハノールレビッチも好調イブラの決定力も流石。
あとカラブリアがめちゃくちゃ良かった
ボローニャも敗戦はしたけどかなり良かったから良い順位に付けれると思う。
とりあえずミラン勝って最高!

2020/09/22(火) 
一度欧州を離れた段階で楽しくサッカーやって終わるんだろうなぁと思ってたズラタンがミランを復活させるために来るなんて思ってもなかった。
復帰時、年齢により懐疑的だった私はズラタンが何者たるか分かっていなかったようだ。

ズラタンが全試合でれるわけじゃないだろうし、その時の対策をしっかりしてれば、年間の4位以内も可能だろう。

2020/09/22(火)
11番身に纏って更に上手く(巧く)なったように感じるイブラ。
カウンター見応えあり過ぎてミランじゃないみたい。
でもそれ以上にネタキャラ扱いだったカラブリアが活躍してくれたのが嬉しかったよ

2020/09/22(火)
ひさびさに見たけど全体的に戦う意識が昔とは違うな。

特にテオエルナンデスは昔は相手を舐めたボールの持ち方してたけど、今はそれもない。

ただ、一回上がったら、俺はボールもらうまで戻らねーからな!感が凄い出過ぎてていつかやられるなww

2020/09/22(火) 
ミランが思ったより強かった。やっぱり、イブラヒモビッチの存在は大きいですね。

2020/09/22(火)
ミラン良いチームになりましたね。
やっぱり、イブラヒモビッチは神でしたね

2020/09/22(火)
冨安のファンです
こんなに大きいのにここまで技術的に巧い選手は初めて見ました
何でも出来ると解説者の方々が言ってましたが本当に何でも出来る
イブラヒモビッチの名前だけは知っていたのですが想像以上でビックリです
これで39歳になるというのが信じられません
冨安は素晴らしい経験が出来たと思う
やっぱり海外にでないとダメだよ日本人選手達

2020/09/22(火) 
イブラの決定力の凄さ、半端ない。
ミランも好調期を維持してる。

2020/09/22(火)
カラブリアもケシエもべナセルもメチャクチャ良かった
てか今日もイブラ御大フルで出してたけどサブいいひんのか?
死ぬほどの過密やのにどうするんやこの先

2020/09/22(火)
カラブリアは誰?って感じだったw
中盤のケシエ、チャルハノール、べナセルは完全に支配してたね。ブラヒムディアスは適応待ちかなぁ

2020/09/22(火)
トミー。ミランのイブラで無失点は無理だったけどクリロナ、ルカクは無失点

2020/09/22(火)
隣もう少しみたかった

2020/09/22(火)
神ブラヒモビッチ。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ