スクリーンショット 2020-09-15 7.49.27

スポンサード リンク




 DFBポカール1回戦が14日に行われ、FW堂安律が所属するビーレフェルトはアウェイでロートヴァイス・エッセン(4部)と対戦した。堂安は4-3-3の右ウイングでスタメン入り。ドイツで公式戦デビューを飾り、78分までプレーした。

 試合はホームのエッセンが先にチャンスを作り、3分にデニス・グローテがペナルティエリア前で相手のクリアボールをダイレクトで叩いたが、シュートはGKのセーブに阻まれる。それでもエッセンは33分、サンドロ・プレハティが右サイドでロングボールを受けてエリア内に突破。折り返しをサイモン・エンゲルマンが左足ダイレクトで叩き込み、先制点を挙げた。

 1点ビハインドで折り返したビーレフェルトは49分、堂安が右サイドからクロスを送ると、セルヒオ・コルドバの折り返しをファビアン・クロスがヘディングで合わせた、枠を捉えず。50分には堂安がエリア右でチャンスを迎えたが、シュートは右ポストに弾かれた。

 攻勢を続けるビーレフェルトだが、ゴールが遠い。60分にマルセル・ハーテルが放った強烈なミドルシュートはGKの好セーブに阻まれる。67分にもハーテルがエリア前中央のFKで直接狙ったが、今度は惜しくも左ポストに跳ね返された。

 その後もビーレフェルトは1点を追って攻め続けたが、反撃は実らないままタイムアップ。4部のクラブ相手に不覚を取り、DFBポカール1回戦敗退となった。

 ビーレフェルトは次戦、19日に行われるブンデスリーガ開幕節でMF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトと対戦する。

【スコア】
ロートヴァイス・エッセン 1-0 ビーレフェルト

【得点者】
1-0 33分 サイモン・エンゲルマン(エッセン)

SOCCER KING
https://news.yahoo.co.jp/articles/a1df29ac79593bb584ff65b13a45611efd1e41bb 

 

2020/09/15(火) 
ドイツ人ばかりだから、パス来ない。
会話できない。
いつも、最初そうだよね。
もう大人なんだから、
こうした方がいいとか試合中に伝えて下さい。

小学生サッカー観てるみたい下手くそなクラブ。パス回しもできない。
去年のメンバー消えたのかな?
それでも、ヤバい。
これはやらかした移籍だね。

堂安終わってる。
ドリブルで抜けない。
パスは相手に引っかかる。
入り過ぎて、こぼれ球拾えない。
かなり試合感ない。
やばいね。かなら劣化してる感じがした。
キレがない。

前日の久保や三好が良かっただけに。
レフティーとしては、居場所ない。

左SBにコンバートした方がいいのにな。
早く気づいて欲しいな。

ブンデスリーガで、
ダントツの最下位になりそうだよ。

2020/09/15(火)  
ビーレフェルトのCB二人の足もとの技術低すぎないか?それと、FWの決定力の無さに中盤のセカンドボールの拾えなさ。よくこれで2部優勝できたわ。

この試合ビーレフェルトで、1番上手かったの贔屓目なしに堂安だった











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ