img_390dc6d2bdb83a2f6406791c0c2519e6407111

スポンサード リンク




僕は中学生の頃から英国の『ワールドサッカー』という雑誌を定期購読していた。1960年代の末の話である。

当時、この雑誌のメインライターとしてブライアン・グランビルとエリック・バッティという2人の記者がいた。グランビルは、非常に格調の高い(つまり、難しい)英語の記事を書いていたので、辞書を引きながら3度ほど読み返さないと意味が分からなかった。当時学校の英語の授業で習った「分詞構文」というものがよく分からなかったのだが、グランビルの記事を読んで初めてそれの使い方を覚えた。

一方の、バッティ記者の方は非常に平易な文章で、まだ英語が下手だった僕でも一読すれば大体は理解できた。

そのエリック・バッティは「最近の(1960年代後半の)サッカーは、フィジカル重視、守備重視で面白くない」といった批判を盛んに書いていた。

たしかに記録映像などを見ると、昔はFWがボールを持って「さあ、ドリブルに移りますよ」という構えを見せるまではDFは当たりに行かなかった。だから、ドリブラーのテクニックを存分に楽しむことができた。ジョージ・ベストの頃まではそうだった。だが、1960年代末になるとFWがパスを受ける瞬間にDFがタックルに入るようになっていた。

といっても、アヤックスやオランダ代表のように全員がボール・ハンティングに行くようなサッカーが一般的になるより前の話である。アリゴ・サッキ監督のACミランがプレッシングを前面に押し立てたサッカーをするより20年も前のことである。

僕は、当時、バッティ記者の記事を読んで「ふうん、昔のサッカーを知っている人はそんな風に考えるんだ……」となんとなく思っていた。

そんな昔話を思い出したのは、先日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦。バイエルン・ミュンヘン対パリ・サンジェルマン(PSG)の試合を見たからだ。

あの試合をバッティ記者が見たら、どう感じただろうか? そして、若い読者の皆さんにとって、あの試合は面白かったのだろうか?

今シーズンのバイエルンは、CLでグループステージから無敗のまま優勝を遂げた。そして、準々決勝ではあのFCバルセロナを8対2で粉砕して(その後の一連の報道を見ると、バルサは文字通り粉砕されてしまったようだ)の優勝だった。本当に強いのは間違いない。

ピッチ上の全面に顔を出すトーマス・ミュラーのような選手は別格としても、全員がとにかくよく走って守備に攻撃にハードワークした。名手ぞろいのPSGとしても、バイエルンのプレッシングを掻い潜ってプレーできたのはネイマールだけ。キリアン・ムバッペやアンヘル・ディマリーアは、ほぼほぼ抑え込まれてしまっていた。

そして、そのバイエルンに対抗するためにPSGも自分たちのテクニックを発揮することよりも相手チームと同様にハードワークに徹し、またバイエルンの攻撃パターンを分析しつくしてしっかり守備を構築して対抗した。

試合が1対0という最少得点の試合となったのは、両チームのGKの好守があったせいでもあるが、互いの激しいプレッシングがあったおかげである。そして、後半に入ってPSGの足が止まりかけたところで、この試合唯一の得点が記録された。ハードワーク勝負では、やはり“本家”に軍配が上がったのである。

たしかに、バイエルンは強かった。またあれだけのスピードの中で正確にボールを扱う技術レベルも驚異的ではある。そして、プレッシングのサッカーは効率的で、勝つために最も合理的なサッカーだったのかもしれない。

だが、「面白かったか?」と言われれば、僕もバッティ記者と同じように「あんなフィジカル重視のサッカーは面白くない」と思ったのだが、若い読者の皆さんはどう感じられたのだろうか?

バイエルンが圧勝したことによって、プレッシング・スタイルのサッカーはこれまで以上に世界の主流となっていくことだろう。そして、もしバイエルンと同等の、またはそれを上回るプレッシング・スタイルのチームが現れて、バイエルンと戦ったらどうなるのだろうか。

互いの激しいプレシングの中でパスをつなぐこともできず、ましてドリブルで相手を抜くようなプレーはほとんど見られなくなってしまうのかもしれない。後方からのビルドアップなどというのは「古き良き時代」のセピア色の思い出のようなものとなり、攻撃は相手陣内深くでボールを奪ってからの一瞬のショートカウンターだけになってしまうのか……。

僕が期待するのは、あのバイエルンの激しいプレッシャーをテクニックの力で出し抜くような次世代のサッカーだ。

サッカーの歴史は、そうやってある時代の主流だったスタイルを違うやり方で打破していくことによって動かされてきた。

ほんの数年前、FCバルセロナのポゼッション・スタイルが全盛を極め、世界中で持てはやされた時代があった。

だが、僕はもし世界中のチームがすべてバルセロナになってしまったら、中盤では相手ボールを奪うことが不可能になってしまって、ハンドボールのように相手がボールを持ったらゴール前に引いて守るしかなくなってしまう。中盤での攻防、中盤でのボールロスト=ターンオーバーというサッカーというゲームの特徴が失われてしまうのではないかと心配したものだった。

そうしたら、ポゼッション・スタイルの真逆の、プレッシング・サッカーがたちまち世界を席巻したのだ。

時代の移り変わりの速さは、1960年代の頃以上に速くなっている。バイエルン・ミュンヘンの激しいプレッシング・サッカーに対して同じプレッシングの強度で対抗するのではなく、別のやり方でそれを打ち負かすサッカーを模索している指導者が世界のどこかにいるに違いない。

文:後藤健生
https://news.yahoo.co.jp/articles/4ed95e7e1712d53060e75972ebd27019c24587bd?page=1 

 

2020/08/31(月)
この記者は決してバイエルンにテクニックがないとは書いてませんよ。むしろ、あのプレースピードの中でしっかりと止めるテクニックがあると明確書いていますし。

個人の好き嫌いなんでしょうね。
「面白い」と書くから語弊があって、「魅力的」とすればもう少し賛同得られたのでは?

私はポゼッションがちやほやされていた時もですが、それ以前からショートカウンターが好きだったので今の潮流は好むところです。
ただ、記者が書く通りそれ一辺倒では面白みがないですね。対抗する勢力があって、対策しあって、新たな戦術が生まれるものと思うので。

2020/08/31(月)
逆に凄い昔の試合見るとスペースありまくるし、プレーテンポ全体的にゆっくりだし、バックパス手で処理できるしで、試合展開がなんかダラッとしてて見ててあんま面白いとは感じなかった。今との違いを楽しむって分には悪くはないけど。

2020/08/31(月) 
自分は面白かった。
テクニックと走力の両方を極めた試合だったと思ってる。
2010年のドルトムントあたりから見られるようになった走力、インテンシティの高いサッカーと技術の高さ・正確さがミックスされた、ここ10年のサッカーを総括するような試合だった。

2020/08/31(月)
筆者を批判する方もいるけどこういう意見はあってもいいと思う。全チーム同じようなスタイルで戦われても面白くないので。
ただ個人的にはめちゃくちゃ面白かったですよ。

2020/08/31(月)
面白いとは別に美しいと感じた。これが現在では行き着く限界かなと感じた。
全てが効率的で機能的、激しくスピーディで目が離せない。恐ろしいのは90分間に渡ってこのサッカーを維持しているところ。それは誰もサボらず助け合ってるから。さらに加えて、交代出場してくる選手も理解し、試合に入れてる。
選手個々の能力はもちろんだが、やはり素晴らしいのはこの集団を作り上げた監督の手腕。凄い監督が出てきたなと思った。

2020/08/31(月) 
ハイプレスやカウンターは戦術として単純かつ効果的で、実際に上手くいくかはさておきやろうと思えばどのチームも出来る、まぁ現代においては状況によって細かい決まりも当然あるとは思うが
対してポゼッションは出来るチームが最初から限られる、世界の舞台で披露するには全盛期のバルサやスペインのようにワールドクラスの技術を持った選手が複数人必要、そして個に対する依存度が高い為対策が取られやすく伝統として継承するのも難しい

2020/08/31(月) 
バイエルンはCBでアラバとボアテングをスタメン起用していることから、この記者が言う「古き良き時代」の後方からのビルドアップを重視しているチームだと思うんだけど。

2020/08/31(月)
バイエルンのプレッシングスタイルは面白いし、ロナウジーニョを擁したバルセロナも面白かった。

選手の個性と戦術が噛み合うチームは見てて面白い。

2020/08/31(月) 
30年前のプレッシングフットボールは本当にアスリートばかりでウンザリしたけど、バイエルンは水準以上のテクニックにアスリート能力が搭載されているから、面白くない事はないし、何より強い。
このチームなら、30年前のジズーやルイすら無力化するかも知れないな。
あとバイエルンのコピーは難しいだろうね。
テクニックが劣っても、後半にプレスが弛んでも駄目だし。

また歴史は繰り返すのかな。
プレスがガチガチになって、テクニシャンはよりサイドか中盤の底に追いやられて、次の段階は個でプレスを剥がす怪物がチームに2、3人現れ、ハイプレスすら破壊する流れで。
どちらにせよ、テクニック重視の流れは10年はお預けかな。

2020/08/31(月)
どう考えても面白かったし、とてもじゃないが今季のバイエルンを「フィジカルサッカー」なんて表現は頓珍漢だと思います、、、
かなりタクティカルでその切替も早くて面白かったでしょ。
両者ドン引きでフィジカルサッカーなんてやってなかったよ。こんな事を言う著者ではないと思うのだけど、郷愁感というか何かあったのかね?

2020/08/31(月) 
〉バッティ記者が見たら、どう感じただろうか? 

バイエルンについては評価したと思うよ。
筆者も書いているようにテクニックと攻撃、そして考えるサッカーがベースになってるから。ハイプレッシングも自分達の攻撃回数、時間を増やすためだし、あの運動量もそのための道具に過ぎない。
ポジション取り、いつ動くか、ユニットとしてどう攻撃するか、守備するかも考え抜かれていた。
テクニックを殺すために肉弾戦を仕掛けてるわけでも全くない。

だから、コンブセト、仕方が似てた70年代のアヤックス、オランダ、サッキのACミランのサッカーを絶賛してたよ。

バッティが嫌悪したサッカーはテクニックを軽視し、考えもなしに走り肉弾戦主体のサッカー。
バッティが紹介した70年代のイングランドの風刺画。

観客ー選手に、なぜそんなに走るの?
選手ー分からない、監督にとにかく走れって言われたから。

2020/08/31(月)
後藤健生は74年W杯から見てる方で、昔はW杯の話をいろいろ読んでサッカーの世界に近づいて行った。
2002年W杯ではスカパーの番組で韓国にいいたいこといって、ついでに酔っ払ってた(笑)

頂点となったバイエルンに対して、また新しい波が出て来るのだろう、と予感できるのはサッカーの歴史であり極上の楽しみだと思う。

2020/08/31(月)
バルサ時代のパス回しvsドン引きもつまらなくてバイエルンのハイプレスもつまらないなら筆者は何を求めているのかわからない
まさかマンUみたいに個々のドリブラーが順番に仕掛けていくようなサッカーが主流になるとでも考えてるのか?
俺はバルサ時代のローテンポで決定機がまれにしか訪れないサッカーよりも今のダイナミックなサッカーの方が好きだけどね

2020/08/31(月)
新たな流れが生まれるとすると、うしろからのビルドアップでプレッシングに勝つよりは、ロングボールでプレッシングをすっ飛ばす方が増えるのかも。

2020/08/31(月)
1対1の強度があってこの内容になる。
1人でも守備を怠ればこの内容にはならなかった。そもそも、2nd、3rd
の制限があるから、1対1の守備でかてるようになる。
守備をしらないと面白いとおもえないでしょうね。笑

2020/08/31(月) 
俺は面白かったな。
逆にテキィタカとかの方があんまり好きじゃなかった。
単純にボールを奪ってそのままゴールへ
一直線に駆け上がり得点する方が見てて楽しい派。

2020/08/31(月)
面白かったでしょ
何バイエルンがテクニック軽視みたいな書き方してるんだよ
こういう型にはめ込んで批判する輩はもっと広い視野で物事を見た方が良い
CL決勝を楽しめないとか凄い損してますよ

2020/08/31(月)
あの試合を面白いと思えないならサッカー記事を書くのは辞めるべきだと思う。
ペップバルサのようなパスサッカーにはテクニックがあり、バイエルンやパリがやったプレッシングサッカーはテクニックが無かったかのような書き方をしているが、例えば、バイエルンのチアゴが中盤で相手を剥がし、ネイマールやディ・マリアがドリブルやパスでプレスをかいくぐるのもテクニックの一種では無いのか。
ペップバルサのサッカーを信奉するのは個人の自由だから良いと思うが、他のスタイルを全否定する人間にサッカーを語る資格があるとは思えないな。

2020/08/31(月)
遅攻はダメ、速攻もダメってこの人は何が見たいの?ドリブル勝負がみたいのなら練習風景でも見ときゃいいんじゃね

2020/08/31(月)
日本の高校サッカーのハイパー強度板みたいだね。
とにかく走る走る。
怪我なくシーズン乗り切れるなら全然ありだと思うけどな。

2020/08/31(月) 
テクニックのある選手があそこまで動くのだから面白くないわけがない

2020/08/31(月)
要はこの記者って将棋やチェスを見ても面白くないって言うタイプだと思う

アレだけ戦術的に優れた試合を見てもその凄さが理解できずに見た目の派手さを基準に面白さの判断をするのでしょうね

確かにサッカーに詳しくない人からしたらつまらないと感じるから

しかし、現代サッカーに求められてるのは、ボールを持つことよりも、持ってない時の動きが重要視されてるから、大昔のサッカーの基準で考えてと良さはわからないでしょう

日本のサッカー解説者にも見た目の数字だけでしか選手の評価できない人が幅をきかせてるから、そこも含めて改善しないと、日本のサッカーって終息に向かうだけ

2020/08/31(月)
他の方も言われているけど、どうも曲解した方が多いような。
筆者は別にバイエルンがつまらないとも、フィジカルオンリーとも言っていないよ。

2020/08/31(月)
面白くなかったなら、どんな試合なら面白いと思えるんだろうか。この記者サッカー見るの向いてないな。

2020/08/31(月)
1980年代のもう少し時間とスペースが
あったサッカーの方が良かったですね。

2020/08/31(月)
CL決勝で考えたら上位にくるほどの見応えでしたよ。

2020/08/31(月)
面白かったけどね

2020/08/31(月)
近年でベストな決勝だったと思うけど?
サッカー見てるというか知ってるのかな?

2020/08/31(月)
ヒント
サッカーが面白くなったのはオフサイドができたから笑

2020/08/31(月)
や、普通に面白かったですけど?笑











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ