スクリーンショット 2020-08-31 21.15.45

スポンサード リンク




レアル・マドリードは今夏、選手の売却や期限付き移籍の手数料で80億円以上の収入を得ているとスペイン紙マルカが31日に報じている。

Rマドリードは新型コロナウイルスの影響を財政面に大きく受けているため、新シーズンに向けて基本的には大型補強を行わない方針。昨季期限付き移籍に出していた選手を含め30選手以上と契約を結んでいるため、放出の仕事に力を入れている。

そんな中、すでにアクラフ・ハキミをインテル・ミラノに4000万ユーロ(約50億円)、オスカル・ロドリゲスをセビリアに1350万ユーロ(約16億8750万円)、ハビ・サンチェスをバリャドリードに350万ユーロ(約4億3750万円)、ホルヘ・デ・フルートスとダニ・ゴメスをレバンテにそれぞれ250万ユーロ(約3億1250万円)で売却した。

さらに久保建英をビリャレアルに250万ユーロ(約3億1250万円)プラス出来高ボーナスの手数料でビリャレアルに期限付き移籍させている。一方、ヘスス・バジェホをグラナダ、ヘイニエルをドルトムントに期限付き移籍させているが手数料は発生してない。

これらのオペレーションによりRマドリードはここまで、合計で6450万ユーロ(約80億6250万円)の収入を得ている。そして今現在、ブラヒムの期限付き移籍でミランと交渉中である他、セルヒオ・レギロン、ボルハ・マジョラル、アルベルト・ソロなどの移籍先を探しているところであるため、より収入が増えることが予想されている。

さらにRマドリードは今夏、ガレス・ベール、ハメス・ロドリゲス、マリアーノ・ディアス放出を目指している。ジネディーヌ・ジダン監督の戦力外である3選手の移籍はクラブにとって、給与面を大幅に削減できるため朗報になる。

(高橋智行通信員)
https://news.yahoo.co.jp/articles/8c3a2609e079403122e40fdeada9dbee188571ea 

 

2020/08/31(月)
タイトルを見ると久保をレンタル移籍でなく完全移籍させるように思える。
どんな記事をかけてもタイトルが読み手に誤認識を与えるようじゃ記者として3流だと思う。

2020/08/31(月) 
大型補強をせず、逆に若手のレンタル料で収入を得て育成もしてもらう。いつからレアルはこんなに商売上手になった…

2020/08/31(月)
確かに若くて手頃な選手は買い手もみつかるだろうけど、無観客が続き今後の見通しが立たない場合は高額選手はよほど即戦力じゃない限り買い手はみつからないんじゃないかなあ?

2020/08/31(月)
放出は釣り記事だよなぁ。移籍で、でいいじゃない。移籍ならレンタル含むし

2020/08/31(月)
この記事を書いた方はサッカーを知らないど素人ですね。放出とレンタルを同類とはもしやサッカーすらフルで見たことないのでは?

2020/08/31(月) 
ライバルのバルサとは、だいぶ違うね。
フロントの違いかな!

2020/08/31(月) 
久保は放出はしてないにしろ、やっぱこういう記事を見るとペレスは有能と感じる。

2020/08/31(月)
ベイルは売れないと思うけど。高すぎる。

2020/08/31(月) 
このタイトルは久保選手が見たら
悲しむと思うよ…

2020/08/31(月)
ペレスってめちゃ有能な経営者よな…
どこかの"nobita"とは大違いだわ。

2020/08/31(月)
なんだこのタイトル…

2020/08/31(月)
放出はおかしいだろ!

2020/08/31(月) 
放出…?

2020/08/31(月)
久保放出は草

2020/08/31(月)
タイトルは意味わからんな笑
まあレアルは金銭のやり取り上手いからね笑

2020/08/31(月) 
タイトル詐欺。まあ分かって読んだんだけど。

2020/08/31(月)
ローン移籍を放出という底辺ジャーナリストは2度と記事書かないで欲しい。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ