スクリーンショット 2020-08-31 17.32.32

スポンサード リンク




 トルコの名門ガラタサライを6月末に退団し、所属クラブのない状態で通算5チーム目となる新天地を探していた日本代表DF長友佑都が、同じく日本代表のDF酒井宏樹が所属する仏リーグアンの強豪オリンピック・マルセイユ入りすることが濃厚になった。

 スポーツ紙「レキップ」や専門誌「フランス・フットボール」など、フランスのメディアが現地時間29日(日本時間30日)にいっせいに報じた。近日中に長友がフランス南部の地中海沿いにあるマルセイユ入りし、メディカルチェックなどをへて正式決定する見込みだと伝えている。

 長友は7年間所属し、副キャプテンも務めた伊セリエAの名門インテル・ミラノから、出場機会を求めて2018年1月末にガラタサライへ期限付き移籍。サッカー人生で初めてリーグ戦優勝を経験した後に完全移籍へ切り替え、左サイドバックとして2018-19シーズンの連覇に貢献した。

 しかし、昨シーズンは次第に出場機会が減少。冬の移籍市場を終えた2月以降は外国籍選手の人数規定のために登録を外れ、ガラタサライの一員でありながらリーグ戦を含めた公式戦のピッチに立つことができない状況のまま、2年契約が満了する6月30日を迎えていた。

 出場機会を重視するのであれば、ガラタサライの方針を受け入れた上で、今冬の移籍期間中に動きを見せていたはずだ。例えば日本代表の盟友でもあるDF吉田麻也は今年1月末に、プレミアリーグのサウサンプトンからセリエAのサンプドリアへ期限付き移籍している。

 それでもトルコに残り、ガラタサライの練習に参加してきたのは、契約満了に伴って移籍金がゼロとなり、新天地を求めやすい状況となることを待っていたためだろう。同時に新型コロナウイルスによる長期中断中には自宅でハードな体幹トレーニングを課し、新たな戦いへの準備を積み重ねてきた。

 日本のJリーグも長期中断を強いられていたゴールデンウィークには、いまも愛してやまない古巣、FC東京のイベントへイスタンブールの自宅からリモート出演。ガラタサライで迎えた3シーズン目の途中で非情な状況下に置かれても、トレードマークでもある情熱を真っ赤にたぎらせ、4大会連続となるワールドカップ出場をも見すえながら、心技体が充実していることをアピールしていた。

「僕、マジで悩みがないんですよ。人間である以上は悩みを含めた感情がありますけど、処理能力がめちゃ早いと思うんです。それが自分の強みというか、逆境が大好物なんですよね」

 実際、長友が実質的な戦力外となるのは初めてではない。いつしか最古参となっていたインテル・ミラノでも幾度となく放出候補として名前があげられたなかで、わずか16試合の出場に終わった2016-17シーズンを終えて帰国した、当時30歳の長友は自身の去就を豪快に笑い飛ばしたことがある。

「何だか皆さんがすごく心配して下さってくれているんですけど、僕自身がまったく自分のことを心配していないんですよ。本当にシンプルなことですけど、クラブに必要とされないのであれば荷物をまとめて出ていきます。自分が必要とされる場所で、輝き続けるための努力をするだけなので」
 どんなに逆風に吹かれようとも失われなかった、タフでポジティブな思考が昨シーズンのリーグアンで2位に入った強豪、マルセイユの関心を引き寄せたと表現すればいいだろうか。

 すでに新シーズンが開幕しているリーグアンだが、マルセイユは21日に予定されていたサンテティエンヌとの開幕戦が来月17日に延期されている。左サイドバックを務めるジョルダン・アマヴィの新型コロナウイルス感染が、今月13日に発覚したことがきっかけだった。

 2日後にはさらに3人の感染者が確認され、8日間で3人以上の感染者が出た場合に試合が延期される規則が適用された。新規感染者は出ていないものの、今後の戦いを見すえたときに、コンディション調整などで大きく出遅れることが必至になったアマヴィの代役探しが急務となった。

 当初はラ・リーガのアトレティコ・マドリードに所属していた、U-23ブラジル代表のカイオ・エンリケを候補にあげていたが、27日にリーグアンのモナコへ移籍したことで方針を転換。指揮を執って2シーズン目となるポルトガル出身のアンドレ・ビラス・ボアス監督の意向もあり、インテル・ミラノで濃厚な経験をもち、なおかつ移籍金が発生しない長友に白羽の矢が立てられた形だ。

 それでも、オファーを受けるまでのさまざまな経緯も、試合出場にブランクが生じている状況も関係ない。いざスタートラインに立てば元U-21フランス代表で、2019-20シーズンのリーグアンで26試合に出場している26歳のアマヴィに、負けないだけの準備を整えてきた自負が長友にはある。
「体幹トレーニングをしすぎてもうキレキレ。身体は仕上がりまくっていますよ」
 中断期間中にはこう豪語していた長友がマルセイユのユニフォームに袖を通せば、日本代表でも左右のサイドバックを担った酒井とリーグアンだけでなく、マルセイユが出場権を得ているUEFAチャンピオンズリーグの舞台でも共演する可能性が生まれる。まもなく34歳になる鉄人がヨーロッパの5大リーグに復帰すれば、さまざまな夢や希望、そして楽しみを日本サッカー界へ届けてくれそうだ。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://news.yahoo.co.jp/articles/331e631e23094e0fa466494f44326b602de9f822?page=1 

 

2020/08/31(月)
インテル、ガラタサライ、マルセイユって
アジアはもちろんヨーロッパや南米の選手の中でもこれだけ名門クラブを渡り歩いてるのはすごいだろう。

2020/08/31(月) 
環境適応能力が高いし、物怖じしない。
チョゼーナに移籍した時もあっさりクラブに馴染んでいたし、
インテルに移籍した後も良い意味で弄られキャラになっていた。
マルセイユがベテラン長友を獲得した理由は『マイナスにはならない選手』と判断したからだろう。
サブ起用でも腐ってチームに迷惑を掛ける選手ではない、と判断したからだと思う。

2020/08/31(月)
ポジティブで献身的。どんな場面でも腐らない人間性が素晴らしい!!
どのチームに所属しても応援し続けます。

2020/08/31(月) 
これはたまげた
ボアテングなんかもそうだったけど時折、こういう他で戦力外扱い受けた選手が、ステップアップする移籍が見られるけど
インテルで7年やった事実が評価されてんだろうと思う

長くは使って貰えないかも知れないけど
計算できる選手とか経験を買われて穴埋めでって感じだね

長友の場合はできるポジションも多いし、バックアッパーとして便利だからそこもメリットだよね

2020/08/31(月) 
また長友のプレーをチャンピオンズリーグの舞台で見られるかもしれないと思うと震える。
室屋が抜けたし東京に帰ってきてほしい気持ちもあったけど、マルセイユ行きが決まるのであればまだまだこの歳でもヨーロッパでやれるんだというところを見せてほしい。

2020/08/31(月)
他の記事にもあったが実際は広告の意味合いもあるだろう
が「日本人選手」という事を外して考えれば、なんと言ってもコンディションが落ちてないのと欧州の経験者…しかも一流クラブという肩書は大きい

2020/08/31(月) 
インテルに7年間所属して副キャプテン。。。
すごいな。

2020/08/31(月) 
左長友、右酒井でCLとかあったらと思うとワクワクします!
応援しています、頑張って下さい!

2020/08/31(月)
最初は控えでも、知らないうちにレギュラーなってるだろうな。

2020/08/31(月)
長友はULTRASに好まれる選手
日本にはない文化だけど海外ではとても重要

2020/08/31(月)
開幕節は延期になったけど2節は今日行われて記事にあるアマヴィも普通に試合出てるよ

2020/08/31(月)
本当に移籍成立したらすごい!!
応援してます!

2020/08/31(月) 
何より奥さんがマルセイユに住めることを喜んでいるだろう。

2020/08/31(月) 
なぜ長友を?。それはね、安いからよ。格安なの。

2020/08/31(月)
両サイド出来るのもでかいな。

2020/08/31(月)
この写真のカメラマン、ナイナイ矢部さんの同窓ムツさんですね!

2020/08/31(月)
東京帰ってこないのかぁ











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ