スクリーンショット 2020-08-23 18.27.55


スポンサード リンク




 準々決勝以降を90分1本勝負で争ってきた2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)。現地時間8月23日、ポルトガルの首都リスボンで行なわれる決勝には、パリ・サンジェルマン(PSG)とバイエルンが進出した。

 バイエルンの決勝進出はCL史上(1992-93シーズン以降)6回目。前身のチャンピオンズカップ(CC)時代を含めると11回目となる。一方、PSGはCC時代を含めてこれが初めてだ。

 ドイツ勢の決勝進出がCL史上9回目であるのに対し、フランス勢は3回目。ドイツ勢対フランス勢の対戦になると、CC時代の44年前(1975-76 シーズン)にあったバイエルン対サンテティエンヌ以来、史上2度目の決勝での対戦になる。

 ブックメーカー各社が優勢を伝えるのはバイエルンで、最大手であるウィリアムヒル社は、バイエルンの勝利を1.44倍、PSGを2.62倍と予想している。

 監督や選手は当然、こうした予想を知っている。弱者と目されるPSG側が、その認識をどれほど持てるか。自らの立ち位置に相応しいチャレンジャーとして、バイエルンに対峙できるか。この決勝戦はPSGの出方にかかっている。

 PSGは準々決勝(アタランタ戦)、準決勝(ライプツィヒ戦)を含め、ここまで真逆の戦いをしてきた。格下を相手に、いわば"厚かましい"サッカーをしてきた。

 今季、フランス国内においてもタイトルを総なめ。ここ数年、それに近い状態をずっと保っている。一強時代を築いている。これまではその流れでCLを戦い、それが大一番でマイナス要素として働いてきた。しかし、バイエルンは強い。今季はとりわけである。

 先の準決勝、PSGは前線にアンヘル・ディ・マリア、ネイマール、キリアン・エムバペの3人を並べだ。

 左利きのディ・マリアは右サイドでプレーする時間が長かったが、他の2人はよくわからないポジション取りをした。臨機応変にポジションを移動したという感じではない。この3人の中で最もスター性が高いネイマールが、自由に動き回っていると言うべきだろう。その奔放な振る舞いにPSGの傲慢さが集約されている。

イメージが重なるのは、準々決勝でバイエルンに2-8と歴史的大敗を喫したバルセロナだ。ネイマールの動き方はバルサにおけるメッシ的だ。ある法則、規律に基づいた動きというより、本能的な動きだ。スター選手にありがちな勝手な振る舞いと言ってもいい。

 これが問題になるのは、相手ボールに転じた瞬間だ。左右、中央と3つある攻撃のルートを、トップの3人がある程度、埋めていないと、相手の前進を容易に許すことになる。プレスの網が掛からない状態になる。相手にボールを奪われることを想定しながら攻めていない不用心さが、この瞬間、表面化することになる。

 2013-14シーズン、サントスからバルサにやってきたネイマールは、当初、ヘラルド・マルティーノ監督から、そのポジションについて口うるさく指摘されていた。3トップの左で出場したにもかかわらず、気がつけば、真ん中付近に進出。メッシ、ルイス・スアレスとポジションをダブらせていたからだ。攻守が切り替わった瞬間、相手の右SBに攻め上がりのチャンスを与えていた。

 チームナンバーワンのスター選手だったサントス時代、そしてブラジル代表のノリでプレーに及んだところ、厳しく否定されたという感じだ。しかし、1年経過すると、ネイマールのその癖はすっかり解消されていた。謙虚な姿が目に止まった。

 真ん中付近で立ち位置が重なったメッシとスアレスの関係も、スアレスの気遣いによって解消された。2014-15シーズンにバルサがCLで優勝したのは、3人のFWが左右、中央の3ポジションを的確にカバーしたことと深い関係にある。

 だが現在、ネイマールはブラジルからバルサにやってきた当時に戻っている。王様的な振る舞いが復活している。まさにメッシ的なのだけれど、肝心のプレーはメッシには及ばない。メッシ、そしてクリスティアーノ・ロナウドの全盛期を10とすれば8~9だ。バロンドールを複数回、受賞しそうなレベルにはまだ遠い。

 決勝戦、PSGはバイエルンのサイド攻撃を許しそうな気がしてならないのだ。

バイエルンの3FWもポジションを変える。中央で構えるロベルト・レバンドフスキは、しばしば左に流れてプレーする。しかしその瞬間、ボールを奪われても、左右、中央に穴は生じない仕組みになっている。各ポジションをカバーする意識を、4-2-3-1の1トップ下で構えるトーマス・ミュラーを含めたアタッカー陣4人が備えているからだ。

 ボールを奪われることを想定しながら攻めているので、攻守が切り替わっても、瞬間、穴ができにくい仕組みになっている。高い位置から網が掛かりやすい設定になっている。ここにPSGとバイエルンの一番の差がある。

 中でも調子のよさが目立つのは、バイエルンの右ウィング、ドイツ代表のセルジュ・ニャブリだ。準決勝(リヨン戦)で挙げた先制ゴールには恐れ入った。右サイドから人混みを縫うように切れ込んで放った左足インステップは、再開後のCLの中では断トツのゴールだった。

 イバン・ペリシッチが先発し、途中からキングズレイ・コマンが交代出場する左サイドも強力だ。その下で構える左SB、アルフォンソ・デイビスの攻め上がりが凄まじいからだ。

 この突破力満点のカナダ代表の19歳と対峙する関係になるPSGのディ・マリアの駆け引きは見どころのひとつになる。ディ・マリアが、デイビスの攻撃参加をどれほど抑止できるか。だが反面、そこに労力を奪われすぎると、PSGの右攻めは停滞する。

 サイドを制するものは試合を制するとは、サッカー界の定説だが、それに従えばバイエルン有利となる。相手がボールを持っている時に、強そうに見えるチーム。攻撃している時に、守備の心配をしなくていいチーム。このバイエルンを倒すのは簡単ではない。

 PSGはチャレンジャーに徹することができるか。覚悟が求められている。

杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
https://news.yahoo.co.jp/articles/e51590b619fa3f0d5dc48cfd03ac365f49a90071?page=1 

 

2020/08/23(日)
さすが杉山。スアレスとネイマールが一緒の時は監督マルティーノじゃないし。事実関係ぐらい書く前に調べないのだろうか。よくこれで恥ずかしくないな、といつも思う。

2020/08/23(日) 
試合見てないのか?
今のネイマールは前線から守備してるからメッシより良い選手だよ
寧ろネイマールより守備放棄しがちなムバッペの方が穴になる可能性高いぞ
なんでもネイマール叩けば良いってもんではない

2020/08/23(日)
いやネイマールはものすごくハードワークして前線のプレスも連携した効果的な守備に仕上がってるよ。しかもバイエルンの究極的なプレスや守備を崩せるのは結局、圧倒的なネイマールみたいな選手が持つ個になるんだな。

2020/08/23(日)
何が言いたいのかわからない。
ネイマールとキリアンは流動的に動いてるしメッシとは全然違うだろ。
それにこのトーナメントだけを見るとメッシよりネイマールの方が優れたパフォーマンスを見せていると思うが。

2020/08/23(日)
パリが厚かましい戦いをして勝ち上がってきた??
意味が分からない。
アタランタやライプツィヒにも失礼だし、パリだって苦労して勝ち上がって来た。
バイエルンとの決勝は、近年のファイナルの中でも最高にレベルの高い試合になると思う。

2020/08/23(日) 
バイエルン強いけどパリの3人のカウンターは可能性を感じる。あとネイマールの個人技は怖いでしょ。準決勝のディマリアへのアシストなんて他の選手にはできないと思う。

2020/08/23(日) 
バイエルンファンだけどトゥヘルの凄いところはそれを戦術として組み込めてるところだと思うんだよね、少なくともライプツィヒ戦のネイマールは"規律を守らない選手"じゃなくて"捕まえられない選手"だった
この記事で同意出来るのはアタランタ、ライプツィヒ(エース抜き)と相手が明確な格下でいつも通り出来たってところとケーラーとベルナトは確実に突けるってところくらいでネイマールは過小評価され過ぎだわ

2020/08/23(日)
むしろ今シーズンのネイマールはディ・マリアやムバッペ等、他の選手の動きを活かしてスペースメイクしながら活躍してるから非常に献身的だと思うが?、コイツのエアプが記事になるのが謎
むしろバイエルンの守備がキレキレのディ・マリアとネイマールを止めれるかが疑問だわ

2020/08/23(日) 
準決勝本当に見てたのかね、この人?
以前の印象で語るから話が年単位で古い。

呼んだ瞬間にお杉だ! と分かる存在感ある文章。
良くも悪くも印象を膨らませることには長けていること。
彼がサッカー小説を書いたら野沢尚先生より面白いものが書けるんじゃないだろうか?

2020/08/23(日)
バイエルンの右サイドの背後が弱点だとかよく書かれてるけど、そんなことは分かりきったことで弱点ゼロの戦術なんてない。
ムバッペやネイマールなら背後をついて1~2点取れるかもしれない。しかし、今のバイエルンはパリから4点取る力はある。

あまり言われてないけどベルナト、ケーラーがどれだけ耐えられるか。ベルナトのところでレバンドフスキがハイボールホストプレーしたらたぶんボールは収まる。

2020/08/23(日) 
なんか言ってることが大雑把過ぎるな。今のネイマールとメッシは決して同じではない。ネイマールは凄く走るだろ。アタランタ戦ではムバッペが居なくて、自身のドリブルに頼ってたけど、ムバッペが入るとムバッペを活かすプレーをしてた。フランス代表のグリーズマンの動きに近いと思った。今のネイマールは決して王様プレーはしてないよ。
リヨン戦でバイエルンにも付け入るすきがあるのもわかった。
ネイマールもこの重要な試合で、自分勝手なプレーをするとは思われない。トゥヘルは勝つ為に、ネイマールにもムバッペにも必要なミッションを課すだろう。
バイエルンは強いけど、なんの対応策も取らなかったバルサとは違うと思う。

2020/08/23(日)
最近は批判に耐えかねたのか、スポルティーバもしばらく杉山の記事を載せてない様子が見えたので、うっかり途中まで読んでしまったわ。
『厚かましいサッカー』の一言でやっと気付いた。

昨季のリヴァプール戦を見れば、今のパリは謙虚に弱者の戦い方もできることは解っている。

杉山の自己満記事を読んでやる価値はありません。
皆さんも読まないようにね。

2020/08/23(日)
何これ?じゃあ逆にパリはチャレンジャーに徹してネイマールに自由な動きをさせなかったら勝機が見出せるとでも?逆でしょ

2020/08/23(日)
ネイマール、ディマリア、ムバッペ、イカルディの4人を並べた攻撃力は素晴らしかったが、守備陣から守備もやってくれればと注文が入った。

ネイマールらはそれを順守している。

2020/08/23(日)
この人が書く記事には校閲入らないのかな。

バイエルン優位だとは思うけど、ネイマールを始めPSGの前線は間違いなく世界トップクラスであり、率いる監督はバイエルンというクラブをよく知るトゥヘル、いい試合になると思う。

2020/08/23(日)
ネイマールも以前に比べたら献身的な動きは大分するようになってきたと思うけど。

2020/08/23(日)
肝心のプレーはメッシには及ばない?

オフェンスだけ見てもボールは全く取られないし、1人で局面を打開してるし、左サイドの守備のポジションは取ってるし、中断明けのプレー見てたらむしろメッシより上だろう。

2020/08/23(日)
素人寸評だなw

ディマリアは右に張って、ネイマールとムバッペはよくわからないポジション取りしてた。
んじゃなくて、そういう戦術なんだろ。

右は規律正しく中央と左は流動的に撹乱。

つまり実際ディマリアの戦術理解度と上手さから、トップ下を右からスタートしてやっており、左手にツートップをもって来てるような変則陣形。

要はゲームメーカーはディマリアで二人はトップなので自由に動くのは当たり前の話。

トップが規律正しく動いてたらいつまでたっても崩せないだろw

サッカー知らないおっさんが記事を書くなよw

2020/08/23(日) 
アトレティコ、チェルシー、インテル
と好きなチームがすべてCLから姿を消しましたが
決勝戦はタレント揃いのPSG対バイエルン
今からとても楽しみです。

2020/08/23(日) 
ネイマール守備してるよ。てかもう90ぷんで夢が叶うんだ。最後まで死ぬ気でプレーするだろう。すごく楽しみ

2020/08/23(日) 
ネイマールは重要な試合はめっちゃ守備するからね。ドルトムント戦の2ndレグとか素晴らしい守備してたのに…。

2020/08/23(日) 
バイエルンどうだろう。
バルサ戦でも、決定機を何度も作られてたのは事実だし、リヨン戦でもそう。
パリの攻撃が上回る可能性高い気がする。

2020/08/23(日) 
ぶっちゃけチームとしてはバイエルンのが圧倒的に完成されてるけど、ネイマールエムバペら個人の力がすごいからなパリは。
パリがワンチャンス掴んだらわからんよ。

2020/08/23(日)
このクオリティが杉山氏

メッシが守備しないからネイマールもしない
単純にそう思ったんだね

ネイマールは守備するからね

2020/08/23(日)
この記者は最近の試合見てないの?
ネイマールは別人だよね?最近。
ハードワークもするし、相手をおちょくるようなプレーや態度も減ってたような気がするんだけど。再開後のネイマールは好きだな

2020/08/23(日) 
メッシに及ばなくてもまわりの動きが違うから
ネイマールが中に入ってきたらムバッペが外に流れて脅威になるだけ

2020/08/23(日)
日程面とか考慮に入れてないんだね。
バイエルンの方が疲労がたまってると思うから、バイエルン優位とは言い切れないと思うんだけどなぁ。

2020/08/23(日)
色々ネイマールは批判されてきたけどこれで優勝したらネイマールの選択は正しかったってことになるね!

2020/08/23(日)
中盤や後ろの厚さで言えば確かにバイエルン優勢。だけど、ネイマールはメッシみたいな守備放棄はしてない

2020/08/23(日)
所属している選手的には、パリはすべてがうまく噛み合ったら半端ないチームになりそうな気もする











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ