スクリーンショット 2020-08-10 21.01.14

スポンサード リンク




 身体を投げ出したい衝動をギリギリでこらえた。反対側のポスト寄りにポジションを取り、身長198cm体重97kgの突出したサイズをできるだけ相手に見せつけた。J1デビューを果たしたFC東京のホープ、22歳のGK波多野豪のとっさの判断が開始早々の前半11分に訪れたピンチを防いだ。

「ビッグセーブと言われると、そうでもないと思いますけど。たまたまポジションをよく取ったら、相手選手が僕のいる正面に蹴ってくれて、それがたまたま当たった感じになりました」

 敵地ヤンマースタジアム長居に乗り込み、スコアレスドローでセレッソ大阪と勝ち点1ずつを分け合った9日の明治安田生命J1リーグ第9節。試合後に謙遜した波多野のブロックがなければ、前節まで3戦連続で相手に先制点を許していたFC東京は、またもや負のスパイラルに陥っていたはずだ。

 自陣からのロングフィードをFC東京陣内の左タッチライン際で受けたセレッソのキャプテン、MF清武弘嗣がボールをキープしながら時間を作る。切り返してから右足であげたクロスの標的は、FC東京のゴール前に詰めていた2トップ、ブルーノ・メンデスと奧埜博亮ではなかった。

 クロスの落下点がファーサイドだと気がついた波多野が、反対側のポスト寄りにステップした瞬間だった。長い距離をトップスピードで駆け上がってきた、MF坂元達裕の姿が視界に飛び込んでくる。危機を察知して必死に追走してきた、FW永井謙佑が韋駄天ぶりを発揮してもわずかに届かない。

 スピードに乗った体勢から、落ちてくるボールに坂元が利き足の左足を合わせる。完璧なタイミングに映ったボレー。万事休すか、と思われた直後に、シュートは波多野の右太ももに当たってコーナーキックになった。刹那に生じたわずかな誤算を、坂元は試合後にこう明かした。
「とにかくダフらないように、(ボールに左足を)当てるということだけを意識していたんですけど。シュートが対角に行かずに、真ん中へ行ってしまった」
 おそらくは坂元の視界にも波多野の身体がより大きく映る形で飛び込んできて、結果としてコースを狙う余裕を奪ったのだろう。FC東京U-18から昇格して4年目で手にしたJ1リーグ戦初先発。試合前には先輩選手たちから「緊張しているのか?」とイジられ続けた波多野は、ピッチに入場するとともに平常心を取り戻し、坂元のシュートを阻止して波に乗れたと笑顔で振り返った。

「あれからいい意味で調子に乗れて、僕の持ち味でもある元気をチームに注入することができました」

 波多野自身が言及した底抜けの明るさと前向きな姿勢が、サイズと並ぶ武器でもある。例えばルーキーイヤーだった2017年5月。韓国で開催されたFIFA・U-20ワールドカップへ臨む日本代表に、当時FC東京U-18に所属していたMF久保建英とともに選出された直後の記者会見。久保の取材が始まると、それまで波多野を囲んでいたメディアのほとんどが久保のもとへ移動したことがあった。

 自分の目の前にいるメディアの数を見ながら、波多野は「少ないっすね」と呟いて爆笑を誘った。そのときの心境を、後になって聞いたことがある。

「まだまだ知名度が低いというか、自分は期待されていないんだなと思いましたよね。もっともっとピッチの上で結果を出して、彼(久保)よりも名前があがるように頑張りたいと思っています」

 J3リーグに参戦していたFC東京U-23で、先発の座を全国高校選手権の優勝キーパー、廣末陸(青森山田卒)と争っていた2018年の夏。その直前までU-21代表の一員として参加していたトゥーロン国際大会で、ポジションを争った海外組の山口瑠伊を含めて、同じ1998年生まれのライバルたちには特に負けたくないと、胸中に秘め続けた熱い思いをのぞかせたこともある。

「見てわかるように、身長は2人よりもあるので。彼らにはないものを僕はもっているし、一番のストロングポイントでもある。そういう選手が最後には生き残ると信じて、未来を変えられるのは自分しかいないとも信じて、もっともっと努力していかなければいけないと自分に言い聞かせています」

 揺るぎない自信を与えてくれたのは198cmの高さだった。今シーズンのJ1登録選手では、北海道コンサドーレ札幌へJFA・Jリーグ特別指定選手として登録されているGK中野小次郎(法政大4年)の200cmに次ぐ高さは、プロ選手だけに限れば文句なしのナンバーワンとなる。

 今シーズンはJ2のFC町田ゼルビアへ育成型期限付き移籍中の廣末は183cm。そして、3部にあたるスペインのセグンダ・ディビシオンBのエストレマドゥーラに所属する山口は188cm。そろってFC東京のアカデミーで心技体を磨いた3人のなかから、両親から授けられた才能でもあるサイズに無限の可能性が凝縮されていると信じ続けた波多野が、ついにJ1リーグの舞台に立った。

「最近は締まった試合がなかなかできなかった。荒れた展開というか、打ち合うような内容が多かったなかで、好調のセレッソ大坂に先制点を取られてしまうと非常に難しくなる。流れを少し変えたいという部分で、今日の先発を波多野にしようと決断しました」
 今シーズンはすべてリザーブだった波多野を大抜擢した理由を、長谷川健太監督はこう説明した。FC東京のゴールマウスには2018年8月の鹿島アントラーズ戦から、リーグ戦で58試合続けて先発フル出場を続け、昨シーズンのベストイレブンにも選出された195cmの林彰洋が君臨していた。

 日本代表にも選出された経験をもつ、33歳の林へ寄せる信頼は変わらない。それでも前述したように3試合連続で先制され、2分け1敗と白星から遠ざかっていた状況で、何かしらのカンフル剤を打つ必要があった。キックオフ前の時点で5試合続けて負けなしで、リーグ最少タイの5失点と堅守を誇るセレッソに先制されれば苦境に陥る。それでも長谷川監督は、波多野の心身の充実ぶりにかけた。
「最近のトレーニングでも、非常にコンディションがよさそうでした。年齢が近いキーパーが試合に出ていることで『自分も』という思いで、意欲的に取り組んでいたと思うので」
 長谷川監督の言葉通りに、今シーズンのJ1リーグでは18歳の小畑裕馬(ベガルタ仙台)、19歳の谷晃生(湘南ベルマーレ)、20歳の梅田透吾(清水エスパルス)、そして前日8日に完封勝利の立役者になった20歳の沖悠哉(鹿島アントラーズ)と、若手キーパーが続々とデビューを果たしている。

 全員が東京五輪世代であり、さらには先頭ランナーとしてすでにフル代表も経験している21歳の大迫敬介(サンフレッチェ広島)が実績を作っている。開幕前のキャンプ時の3番手から序列をひとつ上げ、林への挑戦権を手にしていた波多野は、同世代が活躍する現状を自然体で受け止めていた。

「僕自身もシーズンが始まったときからしっかりと準備をしていたし、毎日の練習でアピールしてきました。チャンスが来たらやってやるぞ、と思ってはいましたが、あの選手がどうこうというよりは、まずは林選手からポジションを奪い、FC東京のゴールを守ることだけを考えてきました」
 セレッソ戦の2日前になって、GKコーチから「準備しておけ」と声をかけられた。武者震いを覚えたのは一瞬だけ。すぐに込みあげてきたのは、応援してくれたファン・サポーターへの思いだった。

「僕はずっとスクールや下部組織の一員として、長くFC東京にいさせてもらっています。インスタグラムにも『試合に出てくれ』とメッセージが届いていましたし、待っていた方々へ恩返しがしたいと思ってきました。いまは『4年間、お待たせさせてしまいました』という感じですね」

 後半アディショナルタイムにはDF丸橋祐介のシュートを横っ飛びでキャッチ。すぐに起き上がると右サイドにいたFWアダイウトンへ正確なフィードを供給し、相手GKの美技に阻まれたものの、アダイウトンのクロスにFWレアンドロがヘディング弾を見舞うあわやの場面の起点を担った。

「ミスが何個かありましたし、試合には勝てませんでしたけど、個人的には無失点に抑えることができた。ただ、デビューはできましたけど、これからが大事になってくる。さらに積み上げていって上のステップへ行けるように、これからも頑張っていきたい」

 シーズン途中で守護神を代える指揮官の決断に、無失点という一発回答で見事に応えた。リザーブで戦況を見守った林も刺激を受ける。ひとつしかないポジションをめぐって、ポテンシャルを解き放とうとしている波多野の咆哮が、6位につけるFC東京を最後尾から変えようとしている。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://news.yahoo.co.jp/articles/846e28125b01c94a6b59c11a7816ff802e65730f?page=1 

 

2020/08/10(月) 
少し前までキーパーのサイズを言われていたけど、海外で最低限と言われている185以上の選手がどんどん増えてきているね。
あとはそう言った選手がどれだけ成長できて、そして海外組のGKを協会がどれだけ活躍を把握できるかですね。
国内の若手は、まずは日本でレギュラーを確保する事から始めて、しっかりとした実績を作って欲しい。

2020/08/10(月) 
コンサに入団決まってる中野小次郎も200cm90kg
彼等が大成するかはひとまず置いておくとして、やっぱりこのポジションは身長・威圧感が必要よね

2020/08/10(月) 
GKもどんどん人材が増えてきた。

Jも30年くらい経って、サッカーがメジャーになってきたら、昔だったら野球、バレーボール、ラグビーあたりを選択してたフィジカルエリートがサッカー選択するようになってきたね。

2020/08/10(月) 
ゴールキーパーは経験がモノをいうポジション。
権田も塩田が戦線離脱してポジションを掴んだ。林の壁は厚くて高いが頑張れ!
期待してるよ!

2020/08/10(月) 
少なからず「過密日程」「降格なし」の今シーズンのレギュレーションが若手の積極起用を促してる。
特に若いGKをどこのチームもかなり使っている印象。

2020/08/10(月) 
鹿島の沖にしろ瓦斯の波多野にしろクラブが将来の主軸として育ててきた訳だから何ら驚かない。
初先発で完封ならクラブがやってきたことは間違いでもなんでもない。
曽ヶ端にしろ林にしろそびえる壁はクソ高いけど、乗り越えられるんじゃねぇかな。広島の大迫敬介が林卓人の壁を乗り越えて守護神となったように。

あーしかし沖に初完封献上したのは辛いなぁ……(鳥栖サポ並感

2020/08/10(月)  
過密日程になると
若手の起用もありえる。

Jリーグを
これからも過密日程にすれば
若い選手の伸び悩みも解消されるかもね

2020/08/10(月) 
GKって海外クラブへ行きづらいと思う。
他のフィールドプレーヤー以上に指示出さなきゃいけないし、言語は最低限必須。
川島みたいに趣味が語学な選手か、ハーフ選手、帰国子女なんかじゃないと相当努力しなければ海外には出づらい。
必然的に日本全体としてのGKの底上げ度合いは他のポジションに比べて劣る。
それでもここ最近は海外挑戦してる選手が増えてるし、あと15年くらいしたら成熟し始めるんじゃないかと思う。

2020/08/10(月)  
まだ22歳の若さでJ1デビューで完封!緊張も半端なかったと思うけど、お見事!
将来性がバリバリにあるキーパーですね!

2020/08/10(月) 
これで次の試合どうするか、長谷川さんも悩みますな。まさかずっと林使わないわけにもいかんだろし。しかし好調名古屋の前田を止めるのは、波多野しかおらんかも。

2020/08/10(月)  
注目選手が、色々なクラブに居ると!
観戦の楽しみが、増えますね!

2020/08/10(月) 
大迫、波多野、オビ・パウエル・オビンナ、小久保玲央ブライアン、山口瑠伊、彩艶
みんな若く才能溢れる選手たち
期待しています

2020/08/10(月) 
ベンチからずっと声を出して第2監督みたいになってたから笑
本人は試合前ガチガチに緊張してたけど、素晴らしいJ1でした!

2020/08/10(月) 
キーパーも波多野、大迫、山口、ブライアンとだいぶ出てきたね。湘南と仙台でも若い選手が出てきたし、もう少し下ではザイオンもいる。

2020/08/10(月)  
世界をみればGKにおける大型化の波は収束しつつあり、現在はビルドアップ能力の競い合い。
もちろん、大型化にしろビルドアップにしろ、基本中の基本であるセービング能力を無視することはなく、それが一流である事を前提で、プラスアルファとして世界は大型化やビルドアップ能力を求め始めた。

サイズがあれば良いに越したことはない(ただ一説によると、極端な大型化は神経伝達的に不利とされるので好まれない、とも)けれど、未だにGKをサイズでしか測れない事は、日本のGKがイマイチ大成しない要因だとずっと思っている。

もっとポジショニングだとか基本的な事を見てあげてほしい。

2020/08/10(月)  
林は他クラブの標的になるだろう。
波多野ではまだ厳しい面があると思うけど。

2020/08/10(月) 
波多野はアンダー時代に相手マウントして殴って、京都のアンダー監督だった森岡さんに公開説教されてたなぁ・・・
あそこから成長してるんだろうか・・・

2020/08/10(月) 
確かにサイズは大切
そんな中、カンポスって凄かったな

2020/08/10(月) 
田舎の高校なんて190なんて数年に一度いるかいないかだったぞ

2020/08/10(月)  
試合終盤のコーナーキックで無双の予感

2020/08/10(月) 
昨日がデビュー戦で気が早いがGKは海外に行けるなら早めに行った方が良いと思う。
Jリーグの経験だけだと国際試合で思ったより活躍できない。
海外のパワーや様々なタイミングや体勢からのシュートは日頃から浴びていた方が良い。

2020/08/10(月)  
FC東京所属で長身と優しそうな顔つき
どこか平山相太さんを彷彿とさせるな

2020/08/10(月) 
後は、足下の技術だね。
これがどうか?

2020/08/10(月) 
平山かと思った

2020/08/10(月) 
゛中田ヒデ゛じゃないよな?

2020/08/10(月) 
ぱっと見平山かと思ったわ

2020/08/10(月) 
青森山田から来たキーパー全くやな。同年代のヒガシのキーパーに至ってはあんなに騒がれてた割に、プロになれず。

2020/08/10(月) 
デカけりゃ良いってもんでもないと思うけどなぁ。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ