スクリーンショット 2020-08-08 20.40.29

スポンサード リンク




レバンテの監督が僕に「久保がほしい」と…

「来シーズン、久保はもう一つ上のレベルでレギュラー争いをするべきだ」

 これは誰もが思っているところだろう。彼の当面の目標は、レアル・マドリーで主力として戦うことだからね。今シーズン、確実に“久保建英”という名前をスペインのサッカーシーンに刻んだので、「久保がほしい」というクラブはたくさんあるのは当然だ。

 僕自身も直接そういう声を聞いた。

 昨年12月のクラシコ「バルセロナ×レアル・マドリー」を現地で観戦したんだけど、そのときにレバンテの監督、パコ・ロペスと同じテーブルで食事をすることになった。スペインでプレーしていたときの友人に誘われてレストランに着くと、そこにパコ・ロペスもいたんだよね。

 話を聞くと、毎週月曜日の夜にバレンシア州出身の友人10名くらいで食事会をしていて、彼もそのメンバーの一員だそう。久保のボス、マジョルカの監督ビセンテ・モレーノもそのメンバーだと言っていたけど、そのときは用事があって欠席だった。

 12月中旬の段階だったけど、パコ・ロペスは久保のことを手放しで褒めていて、「ほしい」と僕に強く言っていた。

 僕は彼がすごくいい監督だと評価していて、強豪クラブに引っ張られる可能性もあるんじゃないかと思っている。ここ数シーズン率いたレバンテは、リーガの中堅クラブながら、マドリーやバルサなど上位クラブを相手に最も勝星を挙げている。

 戦術的に分析しても、すごく優秀な監督で、ボールをしっかり後方からつなぎながらも、自分たちが不利な場合は2トップがどう守備に加わって、かつ奪ったあとにどう攻めるかまで戦術に落とし込んでいる。守り方を決めてから攻め方=槍を選ぶのではなく、槍を決めてから守り方を決められる監督はそう多くない。
 
 自分たちが「今日の試合は守れる」と判断したときは、2トップ+2サイドハーフを攻撃的にして、「4-4-2」のボランチ一枚も攻撃に比重を置いてプレーさせる。もちろん自分たちが格下だと決断したときは「4-4」の2ラインを守備的にし、その代わり2トップを2人ともスピードのある選手にしてカウンターを積極的に狙う。そのカウンターをどこから発動させるのかをきっちり戦略としてチームに落とし込み、相手によって戦術を変えられるチームづくりができる。

 そんな優秀な監督が、「久保がほしい」というんだからうれしいよね。

 今シーズンのレバンテは相手が攻めてくれてカウンターを発動させたときは力を発揮できるんだけど、後ろからボールをつなぐときはゴールにつながる回数が圧倒的に少ないのが悩みだった。パコ・ロペスは「久保がいると、カウンターを繰り出せなかったときにも攻撃の質を高められるから、ぜひうちにほしい」と熱く語っていた。

 来シーズンに「もう一つ上のレベルでレギュラー争いをする」ことは、久保自身も望んでいるはず。もう一段階上のレベルの選手たちと「誰の間合いでフットボールをするのか?」という争いをしたほうがいい。そういう状況の中で、監督も認めてくれる環境でさまざまなチャレンジができるのはすばらしい経験になる。

メッシと比較される領域に近づきつつある

 今シーズン、久保はマジョルカで王様としてプレーできた。その経験、得た引き出しはいろいろある。その開け方、使い方を間違わなければ十分に通用するレベルにある。普通の選手はこれまで自分の武器だと思っていたモノが間合いの違うリーグ、ステージでうまく発揮できないとき、「なぜ通用しないのか?」と原因を周囲に求めてしまうことがある。けど、久保は自分の中に原因を探して解消することに集中した。

 もちろんシーズンの最初の頃は考えながらプレーしていたと思う。でも、今は間違いなく無意識にプレーしている。考えないことは判断スピードが上がるということなので、当然プレースピードも上がる。だから、相手より一歩先をいける。相手が「久保、何をするのかな?」と考えた瞬間に、彼は何も考えずに先にプレーしてしまっている状態だね。

 今シーズン、何度も見せたロングレンジのドリブルは無意識に感覚的に行なっていた。

 相手の間合いになってもクッとへその向きを変えながら自分の間合いに引き戻して優位な状況を作り出していた。無意識に体が反応している感じだった。これは訓練された「無意識」だと思う。それを正しいときに、正しいポイントで実践することができるのが久保の強み。間違いなくバルセロナで鍛えられたものだ。
 
 6月の戦術解説コラム『CL優勝を見据えるバルサが直面する「メッシ問題」。戦術をとるのか、エースをとるのか――』にも書いたけど、認知したものを無意識に判断できる選手がそろっているのがバルサで、彼もその能力を培っている。

 現在のバルサは意識してメッシを見ているから歯車がかみ合わない。でも、マジョルカは新型コロナウイルスの影響によるリーグ中断明け以降、久保の成長とチームの彼への理解が相まって歯車が噛み始めた。だから、久保は無意識状態でプレーできていた。アタッキングサードでは意識レベルのスイッチは入れているけど、「考えて、どうしよう?」というよりは意識と無意識の狭間くらいの感覚でプレーしている。

 たとえば、ゴールが見えた瞬間に、もう足が振れているとか。

「よし、打とう」と思ってから足が上がるのではなく、そう思ったときは足が上がっている。久保は今シーズンの終盤に、その領域に入っていた。スペインでは和製メッシと形容されるのではなく、“久保建英”という名前で見られるようになったし、もはやメッシと比較される領域に近づきつつある。

 来シーズンはもう一つ上のレベルで、チームの間合いを自分が掌握できるかどうかの主導権争いをしてほしいと、僕は思う。久保がどの領域の無意識を見せてくれるのか、楽しみだ!

 僕のたとえ話で申し訳ないけど、アンダー20の世界大会で自分が試合ごとにうまくなっている感覚を得たことがあった。現役時代にそういう感覚を得たのは唯一その大会だけ。ミスした後、「あー、このシーンはこれで失敗したから次はこうしよう。こう運び出したら相手をはがせるな」と瞬間的に思うと、ゲーム中にそれができてしまうことがいろいろあった。

 ボールを奪われた後は、ちょっとの間、そのプレーのことを意識して振り返るもの。その大会中は試合中に似たシチュエーションに出くわすと、練習もしていないのに無意識にそれができてしまっていた。

「オレ、うまくなってる」

 サッカー人生の中で、たった一瞬でうまくなっていると実感することができた時間だった。身体は疲れているんだけど、頭の中は整理できている。きっと久保も今シーズンは似た感覚を持っていただろうし、彼はもっと高い次元でそれを感じていただろうからもっと試合をしたいだろうし、早く来シーズンが来てほしいと思っているはず。

 移籍先にレアル・ソシエダという名前も挙がっていたけど、どうだろう? たぶん今の状態なら適応度が早いだろうけど、あそこは右のワイドでボールに触らずガマンの時間が多いから「マドリーに戻ることを前提に考えると、果たしてプラスになるのかどうか?」疑問に感じる。

 久保の成長を第一に考えると、ソシエダへの移籍はクエスチョンが付く。

 セビージャは、ちょっと早い気もするけど、あのチームは右SBにヘスス・ナバスがいるから久保とのコンビはおもしろいよね。1対1を推奨しているチームだから見てみたい気はするね。

 次のステージに行ったとき、彼個人がどんな化学反応をするのか、期待しかない。これだけワクワクする選手がでてきたことがすごいよね。

中島ではなく、久保を中心にしたチームに

 そして、日本代表だよね。

 最初に断っておくけど、僕は代表を詳しく追っているわけではないから、あくまでもテレビ放映で目にしている範囲の話になるよ。それを前提に、代表での久保を語るのであれば、「彼をどうすれば生かせるのか?」というチーム作りをすべきだと考えている。もうそのシフトを組んでいいと思う。

 古い話になるけど、世界のサッカーにはバッジョと合わないから試合に出場できないシニョーリがいたり、マラドーナがいるから代表に呼ばれないラモン・ディアスがいたりする。

 基本、チームに王様は二人いらない!

 誰かが中心になるわけだから。久保と合わないことが理由で試合に出場できなかったり、陽の目を浴びなかったりする選手は必ず出てくる。すべてを含めて考えることができないし、そんなことを言っていたら「目標はワールドカップでベスト4」なんて達成できない。

 たとえば、南野のほうが所属クラブでシビアな争いをしているけど、僕は久保を中心にしていいと思う。彼に合う選手をまわりに集めていい。最終ラインの作り方からライン設定に至るまで久保を中心にボールが回ることを想定したチームづくりをしていい。

 具体的にどんな組み合わせがあるのかなど、そこまでは提示できないけど、チームの作り方を変えるくらいの逸材が登場したわけだから、11分の1という考えではなく、1+10という特別な考え方をして大胆なチームづくりをしても今後の日本のプラスになるのではないか、と。
 
 名前を出すのは少し忍びないけど、久保は「中島翔哉のように自分が輝くことでしか周りを輝かせられない」選手ではないから。

 つまり、自分が黒子になっても周りを輝かせられる選手なんだ。彼を基準に並べたところで、他の選手も輝くことができる。でも、中島の場合は輝かない選手が出てしまう。だからこそ久保を中心にベストのシステム、ベストの選手の配置と組み合わせを見つけるべきだ。

 たぶん中島と久保を左右の両サイドに据えても相殺してしまうと思う。言い方は乱暴になるかもしれないけど、だったら犠牲になるのは中島かなと。システムを含め、久保をどこに置き、誰と組み合わせることで最大限に輝くかを探したほうが今後の日本代表のためだと感じているので、森保監督のチームマネジメントを楽しみにしたい。

 きっと大迫や南野など現代表との組み合わせが候補に挙がるだろうけど、たとえばJリーグでの活躍を前提として鹿島の染野唯月のような若い選手を大抜擢する手もある。個人的にはおもしろいと思うし、海外の代表ではそういう手法をよくやる。

 中島は自分の間合いでしかプレーできず、しかもその間合いが限られた範囲で狭い印象がある。ハマっているときとハマっていないときの差が激しいし、ましてや代表は限られた試合数しかないから難しいんじゃないかなというのが僕の意見。まったく必要ないわけではなく、たとえばチームが膠着していて一つの起爆剤がほしいときに交代として起用するのはいいと思う。

 今シーズン前までは、森保さんの中で中島が軸になっている気がするけど、僕は久保中心の代表を見てみたい。

鎌田との組み合わせは興味がある

 CFタイプがいてのトップ下なのか、南野と縦関係なのか……。久保が右だったらトップで縦関係は誰と誰の組み合わせなのか、そして右SBは誰を据えるのか。攻撃を右重心に作った場合、左でバランスをとりながらパフォーマンスを発揮できるのは誰なのか。左右両法でアタックを仕掛けられるほど、現在の日本はアジアでも立ち位置が高くはないだろうから。

 正直、具体的な組み合わせを問われると勉強不足でJリーグの試合まで数多くチェックする時間がないから思い浮かばない。多少海外リーグで戦う日本人選手ならわかるけど、たとえば鎌田との組み合わせは興味がある。彼はドリブルでスーッと真ん中を抜けられて、シュート力がある。

 トップでもないし、トップ下でもない鎌田は南野との縦関係を作り、その隣で久保がいたとするとちょっとおもしろいプレーをしそう。代表チームの作り方として選手の持つ個性によって戦術が変わるように構築していったほうが時間も有効活用できる。

 どの国も代表チームは全国民がそれぞれのベストイレブンの正しさを主張しながらワイワイ観戦するものなので、僕は久保を中心に代表チームを楽しみたいと思っている。

 それくらい、久保にはただただ脱帽してる。 

分析●安永聡太郎
取材・文●木之下潤
※取材はシーズン中に行なっています。

【分析者プロフィール】
安永聡太郎(やすながそうたろう)
1976年生まれ。山口県出身。清水商業高校(現静岡市立清水桜が丘高校)で全国高校サッカー選手権大会など6度の日本一を経験し、FIFAワールドユース(現U-20W杯)にも出場。高校卒業後、横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に加入し、1年目から主力として活躍して優勝に貢献。スペインのレリダ、清水エスパルス、横浜F・マリノス、スペインのラシン・デ・フェロール、横浜F・マリノス、柏レイソルでプレーする。2016年シーズン途中からJ3のSC相模原の監督に就任。現在はサッカー解説者として様々なメディアで活躍中。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d22e6fa8c9018d78cf321de3bdb17ee2c567633d?page=1 

 

2020/08/08(土)
中島には悪いが久保10番当確ですね。この先、W杯2.3回は久保のチームでしょ。ベスト8の壁を突破してほしい

2020/08/08(土) 
久保の状況判断の高さはラ・リーガでも充分に通用していた。特にバルサ・レアル・アトレチコ相手に大活躍したのには、本当に驚いた。代表の森保監督は戦術やビジョンが無く、選手の判断で試合を行っている印象。まさの無策無能状態。ただ、逆にもう、森保監督は無視してトップレベルの戦術眼の久保を中心にチームを進めることが現在の最善策なのかもしれない。

2020/08/08(土) 
久保と鎌田の組み合わせは楽しみだね。
そこは固定させて、前に南野または大迫、岡崎。
左は中島だと不安定なので、原口あたりだと守備安定して、久保と鎌田が持ち味発揮出来そうだな。

2020/08/08(土) 
>「久保がいると、カウンターを繰り出せなかったときにも攻撃の質を高められるから、ぜひうちにほしい」

これだよね、久保がボールを持つとゴール前にボールが運べない停滞感が無い
トラップした時点で自陣向いて相手とボールの間に入ってキープとかじゃなくてボール晒しながら相手ゴール側を向いて相手と向き合って抜き去ったりパスしたり出来るから高確率でゴール前にボールが運んでいける

今までの日本人だと前を向いてプレーできていれば脅威になれるんだけどみたいな感じが、ずっと前向いてプレーしちゃってるからずっと脅威になれる感じ

2020/08/08(土)
代表に対する考え方は的を射ていると感じる。今シーズンの久保を追った人なら大多数がそう考えるだろう。安永氏も毎試合見ていた俺らと同じ感覚ということだろうなw
代表はシフトするなら今だろう。W杯本大会に向けて次の招集から森保監督は動き出すべきだし、そのメッセージを中島を含め内外にわかりやすく発信するためにも久保に10番を渡すべきだ。

2020/08/08(土)
メッシという世界最高の選手がいる今W杯取れなきゃいつ取れるんだ、みたいな論争が久保くんでも起きるぐらい活躍してほしいね

2020/08/08(土) 
久保のことも当然気になるけど、このライターのコラムは読みやすさも視点の多彩さや深度も群を抜いてクオリティが高い。

久保を多摩川のタマちゃん扱いするような奇妙な記事や、偏見とクセの強いライターの自己アピールみたいな記事が多いなかで、こういう記事を書ける人間もいるんだな。

監督などと交友があったり理論だけじゃなくて足で稼いだ情報も混じってるし読み応えがある。久保がスペインを中心に活動するならこの人物をメディアは重宝した方がいいと思う。

2020/08/08(土)
安永さんの代表への考え、めっちゃめちゃ賛同です。そしてまたこのさきの一年でさらに成長する久保選手との組み合わせを、森保さんにはよく考えてもらいたいです。

2020/08/08(土)
>古い話になるけど、世界のサッカーにはバッジョと合わないから試合に出場できないシニョーリがいたり、マラドーナがいるから代表に呼ばれないラモン・ディアスがいたりする。

残念ながら、王様は1人の方がチームは成熟する、と歴史は証明している。日本代表のメンバー表に久保選手を置いてから、フォーメーションと代表選手を決めていけば良いと思う。
もうひとつ言えば、アルゼンチン代表は同じ理由で失敗している。

2020/08/08(土)
中島はベンチスパサブ要員か代表から除外
中島と堂安に固執してる森保はクビにして田嶋は協会から追放。原さんを復帰させてアギーレにもう一度日本代表監督をお願いするべき
久保君中心の日本代表が見たい

2020/08/08(土)
いやむしろ逆が心配。
いままで日本代表は、集客と視聴率優先で招集されてたでしょ。これだけの人気と話題をかっさらった久保は間違いなく、使えと強制力が働くだろう。
むしろ呼ぶ必要のないフレンドリーマッチまですべて招集されて、クラブでの成長の足枷になって欲しくない。
レアルは21−22シーズンまでには、ビニシウスにスペイン国籍をとらせ、久保のためにEU外枠を空ける準備をしているとの記事があった。
おそらく右サイドは大型補強をしないのだろう。
今年と来年は、日本人(久保)がレアルのレギュラーを取れる可能性のある、空前絶後のチャンスだ。協会は目先の利益でこれを潰さないでくれ!!

2020/08/08(土)
こんな事、ずっと前からわかっていたけどな。
久保はこれまでの日本人なんかとは次元が違う選手。将来のバロンドール候補者レベルだよ。南野、中島なんかじゃ比較できるレベルにもない事は確定的に明らか。

日本代表では今後久保をトップ下として攻撃の中心に据えてチームを作っていくのは決定事項
見る目のない中島や南野のファンがどれだけ嘆いたところで、抗えない現実

それくらい久保は異次元の存在

2020/08/08(土)
間違いなく日本、アジア史上最高の選手になりえるポテンシャルを秘めた選手ですし、そうなってほしい(それ以上に突き抜けてほしい)ですが、コロナ中断後の2か月突出した活躍をみせただけで、この騒ぎようは異常です。もう1シーズン、新たなチームでどのような活躍をするのか見守ってあげてからでもいいのでは…?

2020/08/08(土)
日本代表のメンバ編成を久保中心に考えることには賛成。これほど類まれな選手を中心に据えない手はない。個としての能力だけでなく、まわりを活かす、そして重要な資質であるキャプテンシーだ。試合中、試合後にレフェリーと話をしている(文句や抗議、確認等)姿を見るとこんな選手は今までなかなか日本にはいなかったのではないか?宮本や長谷部など歴代の日本代表キャプテンにもひけを取らないのではと思う。

2020/08/08(土) 
安永さんは後半で久保と中島の比較をしていたけど、久保の右サイドには森保のお気に入りの堂安がいる。19年アジアカップなど彼の成長のために優勝より経験を積ませることを重視している印象すら受けた。東京五輪は彼中心で戦うつもりだったのだろう。森保は果たして来年開催されるはずの東京五輪、そしてアジア最終予選を久保と堂安どっちを重用するのだろう?久保ファンとしては日本とスペインの往復で酷使してほしくないのだが。

2020/08/08(土) 
右サイドは、他の選手はスタメンは望めないだろう。出れるとしても疲労や怪我もしくは、スーパーサブとしてかな。
まあどうゆう人選するかはファンではなくて森保だが。。

2020/08/08(土)
安永くん今現在における日本人選手の個々の力から推し量れば誠に妥当な意見です。おそらく誰もがあなたの案には賛成すると思います。しかししかしですよ現監督は誰ですか?森保ですよ。彼が監督である限り貴方の意見は1%も実現することはないでしょう。前線の四人は森保の頭の中では神の啓示の如く神聖な侵してはならないものになっているのですよ。あきらめましょう。

2020/08/08(土)
そもそも、森保には、その考え自体無いかと思う、そういう久保中心の代表造りは、周囲からの声があがらないと出来ないタイプだろう

2020/08/08(土)
久保が突出して成長できた理由を端的に言うと、幼少期からの海外留学です。ただし元々久保は才能のある選手だったので、才能0の人が同じ事をやってもうまくいくわけありません。そこの見極めは必要でしょうね

2020/08/08(土) 
>「久保建英+10人」でチームを作るべき

この発想に同感してしまうなぁ。
更に、日本代表を取り巻くスポンサーをも納得させられるチーム作りとしても申し分がない。

そして、安永が称えるロペスみたいな監督が日本代表に必要と考えてしまい。
相手によって戦術と選手を変えて挑む戦術家の下で、久保中心の日本代表を見たいところであり。
また、「4-4」の2ラインでブロックを固めて槍として久保を2トップの一角に置くのもオモロいかも知れないなぁ。
日本が相手をサイドへ追い込むディフェンスを仕掛け、そこでボールを奪って攻撃に移ったら久保がハーフスペースを使い一気に貫く槍となれば。
レバンテ戦で魅せたセンター付近からハーフスペースを一気に突き抜けるドリブルによって、最後シュートまで持ち込む突破力も活かせると思うだけに。

ただ、田嶋が会長として鎮座している間は代表監督人事も期待出来ない所が非常に残念でもあり。

2020/08/08(土)
自分はここまで「久保がいるから中島いらない」というような発想にはならないけど、久保がスペインで活躍できているのとは裏腹に、中島がクラブでくすぶっていることを考慮すると、久保の能力を生かせるチームを考えるというのは納得できるかな。

というより、中島のクラブでの立ち位置はかなりまずい状況なので、それが改善するまでは、代表に呼ぶのは彼にとってもマイナスに働くのではという考えもある。
代表戦でクラブからいなくなってますます監督のチョイスを外れるより、クラブの状況に集中させてあげた方がいいと思うんだよね。
今後もベンチ外が定位置化し続けてたら、結局は代表に呼べない選手になってしまうよ。

2020/08/08(土)
久保を中心に代表のチームを作るのは同意。ただどこで使うかが難しいよね。右サイドならトップ下に鎌田、CFに南野かなぁ。トップ下に使うなら右サイドは伊藤純也が一番合いそう。久保を活かすなら現代表ファーストチョイスの中島と堂安は厳しいのかなとも思う。

2020/08/08(土)
すごいなぁ。レアルにリバプールにバルサの所属選手で日本代表を組む時代が来るのか。富安もインテルとかの話も聞くし。
早くコロナと監督が退陣して、新チームの戦いが見たいもんだ。

2020/08/08(土)
これだけの見識がある安永に、安永が考える日本代表を機能させられる監督は誰かを聞いてみたい。

2020/08/08(土)
今の成長過程のうちは、どう考えても超一流チームで1試合数でも1分でも長い時間出場して経験を積んだ方が久保のため、ひいては日本代表のためだと思う人。
利権絡みの、強豪国でも無い親善試合とかで、今の久保を芸能ネタにするのは民度低いと思う人。

2020/08/08(土)
日本代表が強そうな気がする。久保はまだまだだけど、DFも期待できるな。問題は守備的なMFかなぁ。スペクタクルなサッカーで世界を驚かせてほしいね。ベルギー戦みたいなんじゃなく、ベスト10レベルでも圧倒して勝ってほしいね。

2020/08/08(土)
代表に関してはまったく同感。ここまで違いを生める選手はいない。クレバーだし視野も広いし、持ち過ぎないし。
安永氏は解説も面白いし好きだった。選手時代の印象は薄いけど。一時期監督してた時、1シーズンで解任だったけど、終盤ではもう1シーズン見たくなるチームになってた。

2020/08/08(土) 
トップ下がいないチームもありだと思うな。

コパアメリカの時の、岡ちゃん・安倍・三好の時の流動的な攻撃が見てて楽しかった。

でもフォーメーションは常に2つか3つの選択肢を持っておかないと。

2020/08/08(土)
チームを強くするなら、1人じゃあどうしようもない。久保は必ず自然と中心選手の1人になる。中島は上手いんだろうけど、自分が楽しく出来れば良いという選手なので、シビアな戦いになった時に問題となる。チーム編成と戦術は名監督(もちろん今の監督じゃあないよ)にお任せして、世界の戦いで強くスペクタクルな日本代表チームを見たい。

2020/08/08(土)
安永、書きますね!セレッソ西川、ヴェルディ山本、レアル中井など若手も良いの多いから本当にベスト4も夢じゃない。
その為にもjリーグをもっと活気づけてゴールデン放送でjリーグの番組をやるくらい文化となってほしい。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ