スクリーンショット 2020-08-05 0.07.48

スポンサード リンク




欧州サッカーが8月にクライマックスを迎えている。UEFAチャンピオズリーグは、準々決勝が12日から15日まで、準決勝は18日と19日、決勝は23日にポルトガルで集中開催される。注目したいのは、新型コロナウィルス感染拡大のイタリアにおける中心地だったベルガモを本拠地とする中堅クラブのアタランタだ。「サッカーは単なるマネーゲームではない」ことを証明すべく、12日に世界的メガクラブのパリ・サンジェルマン(フランス)に立ちむかう。


■風光明媚な小都市を本拠とする育成型の名クラブ
 
 イタリアのセリエAは、8月最初の週末に最終節を終えた。

 すでにユベントスが優勝(9連覇!)を決めており、またチャンピオンズリーグ(CL)圏内の4チームも確定していたので、残留・降格がかかるチーム以外は比較的のんびりとした雰囲気の最終節となった。そんな中で注目は2位のインテルと3位のアタランタの直接対決だったが、アウェーのインテルが勝って2位を確保。首位ユベントスとは勝点1の差に肉薄した。「常勝軍団」ユベントスの基礎を築いた名将アントニオ・コンテが監督に就任したことで、インテルは復活を遂げたようだ。

 一方、昨シーズン、クラブ史上最高の3位に入って初めてCL出場権を獲得して人々を驚かせたアタランタは、今シーズンも同じ3位という好成績を残すことに成功した。それも、シーズンを通じての総得点数がリーグ最高の98(得点数2位はインテルの79)。得失点差は+50というのだから恐れ入る。つまり、イタリアの中でも中堅クラブの一つだったはずのアタランタが、非常に魅力的かつ攻撃的なサッカーで2シーズン連続で3位に食い込んだのだ。

 アタランタは、1960年代にコッパ・イタリアで優勝したことはあるが、これまでセリエAとセリエBを行ったり来たりする地方クラブ(プロヴィンチャーレ)の一つに過ぎなかった。最近では2009/10シーズンにセリエBに降格。1シーズンでセリエAに戻ってきはしたものの、その後も11位から15位くらいの中位の成績に終わっていた。「とりあえず残留できれば成功」といったクラブだったのだ。


■アタランタ快進撃の理由
 
 ところが、2016年にジャン=ピエロ・ガスペリーニ監督が就任すると、2016/17年シーズンに4位と大躍進を遂げ、翌シーズンは7位に終わったものの、昨シーズンついにセリエA3位という成績を残したのだ。

「アタランタ・ベルガマスカ・カルチョ」。これが、アタランタの正式名称だ。

「ベルガマスカ」。つまり、本拠を置くのはロンバルディア州のやや山間に入ったベルガモ市。北部最大の都市ミラノから電車に乗れば30分。人口約12万人の小都市だ。インテルやミランが本拠としているミラノの人口が135万人、王者ユベントスのあるトリノは87万人だから、はるかに規模の小さな都市であり、旧市街は世界遺産にも登録されているという、坂道の多い風光明媚な小都市だ。

 自転車のロードレースのグランツールの一つ、ジロ・ディタリアでもベルガモは数年に一度ゴール地点に設定されることがあるが、ゴール直前の旧市街の城壁に沿って進む上り坂はジロ・ディタリアの中で最も美しいコースの一つと言っていい。

 アタランタがホーム・スタジアムとしているのは「スタディオ・アトレティ・アズーリ・ディターリア」(現在は命名権契約によって「GEWISSスタジアム」)。こちらも、収容2万1000人ほどの小さなスタジアムで、1928年に完成したスタジアムは設備も老朽化し、スタジアム環境があまり良くないと言われているイタリアの中でもやや見劣りがするものだった。

 だが、このクラブには他のクラブにはない大きな強みがあった。それは、育成部門の充実だ。

 クラブの下部組織から育った選手としては、古くは1982年のスペイン・ワールドカップでイタリアが優勝した時のキャプテンだったDFガエタノ・シレアがいたし、また元イタリア代表で代表監督も務めたMFのロベルト・ドナドーニも有名だ。最近の選手ではミランのキャプテンなどを務めたMFリッカルド・モントリーヴォ(すでに引退)、現在サンプドリアで吉田麻也とともにプレーしているFWマノロ・ガッビアディーニなどがアタランタの育成出身だ。

 そのほか、他のビッグクラブから若い選手をレンタルして育てるという例も多く、たとえば、あのフィリッポ・インザーギが得点王となって初めて注目を集めたのもアタランタ時代のことだった。

 さらに、マルチェロ・リッピ、チェーザレ・プランデッリなどの名監督たちが、若き日にセリエAでの経験を積んで成長していったことでも知られている。


■組織的に攻撃する、見て面白いサッカー・スタイル
 
 若い選手を育ててビッグクラブに売却する……。それが、育成型クラブとしての経営の基本だ。

 2010年からクラブの会長を務めるアントニオ・ペルカッシは元アタランタのDFでもあった実業家だが、選手を売却しながら健全な経営を実現し、そして古いホーム・スタジアムの改修にも着手した。

 まず観客席に屋根を設置するなど改修工事を行い、2017年にはスタジアムをベルガモ市から買い取ってスタンドの全面改築に取り掛かった。すでに北側のサイドスタンド(ゴール裏)は完成し、続いて南側ゴール裏の取り壊し作業に入っている。陸上競技兼用の古色蒼然とした楕円形のスタジアムだった本拠地は、いずれはイングランド風のボックス型の専用スタジアムに生まれ変わる予定だという。

 こうした小規模クラブにとって、トップチームの強化のためにいつ、どれだけの予算を投じるかというのが難しい決断となる。

 もちろん、トップチームの成績が上がればクラブ経営は豊かになるのだから、チャンスがあれば強化のために思い切った投資もすべきだ。だが、それで強化に失敗してしまえば過大な人件費や借金が残って将来のクラブ経営を脅かす。

 ガスペリーニ監督就任後、上位に食い込んだアタランタの首脳陣もそのあたりには大いに頭を悩ませたことだろう。

 2019/20年シーズンではついにCLに初挑戦することになり、クラブは思い切った投資をした。1500万ユーロ(約18億円)を投じてフィオレンティーナからコロンビア代表FWのルイス・ムリエルを獲得したのだ。2018年にユベントスがクリスティアーノ・ロナウドを獲得するために投じた移籍金1億1700万ユーロ(約153億円)と比較すれば10分の1の金額だが、それでもアタランタにとってはクラブ史上最高額の移籍金であり、「思い切った投資」と言われたのだ。

 それでも、財政的には小さな存在であるアタランタが、ロナウドのいるユベントスやズラタン・イブラヒモビッチを加入させたミランより多い98ゴールを決めてみせたのだから、サッカーは面白い。

 ガスペリーニ監督の作り上げた組織的サッカーの成果と言わざるを得ない。


■個性にあふれるプレーヤーたち
 
 アタランタのサッカーは、まず全選手が献身的にプレッシャーをかけて高い位置でボールを奪うことからスタートする。そして、ボールを奪ったらワンタッチのパスをつないで、素早く前線にボールをつなぎ、前線でボールが収まったらサイドの選手やセントラルMFがどんどんボールを追い越して攻撃に加わっていく。また、シュート意識も高く、実際ミドルシュートを撃てる選手が顔をそろえている。

 そうした組織的サッカーを展開する中で、選手の個性も生かせているところが強みでもあり、また見て面白いサッカーにつながる。

 最前線はコロンビア人のドゥバン・サパタ。サイズもパワーもあり、前線でボールを収めて起点を作るとともに、自らもシュートを決める万能型のCF。そして、攻撃の中心は何といってもアルゼンチン人のアレハンドロ・ゴメス。2014年にアタランタに加わったテクニシャンだ。パスを素早くつなぐアタランタの中で、ドリブルを入れることでアクセントをつける。ドリブルでボールを動かしながらパスを操れるし、自らも最前線に飛び出してゴールも決める。

 中盤でチームを支えるMFがマルテン・デ・ローン(オランダ)とレモ・フロイラー(スイス)。攻守の要であると同時に思い切った攻め上がりとミドルシュートが魅力的なMF陣だ。スロベニアのヨシプ・イリチッチはFKが得意な点取り屋で、ムリエルが控えのジョーカー的に起用される。

後藤健生
https://news.yahoo.co.jp/articles/c6a799e6cc49433125d54f56ca9e2e25c5141080?page=1 

 

2020/08/04(火)
歴史からすれば、もし今回優勝したら奇跡だと思うが、現在のアタランタを見てると優勝しても納得できる。
攻撃的なチームが勝ってもらうと嬉しいので頑張ってもらいたい。

2020/08/04(火)
アタランタ頑張れ!!
最近のセリエAのユーベ戦も連覇を目指す絶対王者を相手に真っ向勝負で引き分けで最終的には3位
もはやセリエAの強豪って雰囲気

2020/08/04(火) 
さすがにCLは厳しいけど、どの対戦相手とだって互角にやれるんじゃないかと期待させてくれる。ガスペリーニのチームはホントにワクワクする。

2020/08/04(火)
アタランタには頑張ってほしい。
勝ち進めばコロナ禍で多くの人を亡くしたベルガモの街に希望をもたらすからな。

2020/08/04(火)
ムバッペ間に合うかな...若いから無理しなくてもいいけど。
PSGはネイマール、ムバッペが在籍しているうちに、是が非でも
優勝したいだろうに。

2020/08/04(火) 
アタランタのペルカッシ会長の 補強の最大のヒットはガスペリーニ監督ではなく ミラクルキエーボを作り上げたSDのサルトーリだと思う

2020/08/04(火) 
この解説見てるとバルサの監督に向いてるんじゃ無いか?

2020/08/04(火)
イリチッチの活躍が大きい。ムリエルより記事にしてよー

2020/08/04(火)
ベルガモって聞くと、ハーブを連想するのは何故だろう?

2020/08/04(火) 
PSGはアタランタに食われそう











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ