スクリーンショット 2020-08-03 20.43.43

スポンサード リンク




レアル・マドリードが保有する久保建英は今季、マジョルカでリーグ戦35試合に出場して4得点4アシストという結果を残した。EU圏外選手枠の関係もあり、20/21シーズンも他クラブに期限付き移籍する可能性が高いが、どのクラブでプレーすることになるのだろうか。今回は、20/21シーズンのラ・リーガ20クラブの今シーズンを考察するとともに、久保のライバルになるであろう選手や、加入の可能性を考える。(成績は19/20シーズン、監督は20/21シーズンのもの)


レアル・マドリード

リーグ戦:優勝(勝ち点87、26勝3敗9分)
スペイン国王杯:準々決勝敗退
監督:ジネディーヌ・ジダン(3年目)
同ポジションの選手:ロドリゴ、イスコ、ガレス・ベイル

 レアル・マドリードは3シーズンぶりのラ・リーガ制覇を達成した。リーグ戦再開後10連勝で抜け出して優勝を決めている。

 久保建英はマジョルカの中心選手として活躍したが、レアルへ復帰する可能性は低そうだ。ラ・リーガはEU圏内の国籍を持たない選手を3人までしか登録することができず、今季はヴィニシウス・ジュニオール、ロドリゴ、エデル・ミリトンが登録されている。

 19歳のロドリゴは公式戦25試合で7得点をマークし、ヴィニシウスも終盤戦は先発で起用されることが多かった。ただ、15試合の出場に終わったミリトンは控えの域を出ることができない。前線の2人はジネディーヌ・ジダン監督の構想に入りそうだが、ミリトンが移籍する可能性は否定できない。

 ただ、ヴィニシウスはスペイン国籍を取得しようとしている。しかし、今年中に取得できる予定が、世界情勢の影響で来年にずれ込む可能性があるという。また、イギリスがEUから離脱することが決まれば、ガレス・ベイルにEU圏外選手枠を使わざるを得なくなる。それらをふまえれば、久保が来季、レアルでプレーする可能性は低いだろう。


ビジャレアル

リーグ戦:5位(勝ち点60、18勝14敗6分)
スペイン国王杯:準々決勝敗退
監督:ウナイ・エメリ(1年目)
同ポジションの選手:サムエル・チュクウェゼ

 昨シーズン14位に沈んだビジャレアルは、ラウール・アルビオル、アルベルト・モレーノ、ルベン・ペーニャと実績のある選手を獲得。中位をさまよい続けたが、リーグ戦再開後は6戦無敗をマークして上位に食い込み、5位でUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権を確保している。

 ゴールマウスを守るセルヒオ・アセンホから18得点をマークしたジェラール・モレノまで、各ポジションに実績のある選手が並ぶ。サンティ・カソルラは今シーズン限りで退団するが、前線には今冬に加入したパコ・アルカセルやベテランのカルロス・バッカが控えている。

 来季の監督就任が決まったウナイ・エメリは、アーセナル時代に若い有望株を積極的に起用した。ブカヨ・サカ、ガブリエウ・マルティネッリらはエメリの下でブレイクしている。ビジャレアルの監督交代は久保の成長の追い風になるかもしれない。

 ビジャレアルは久保を含めたレアルの若手アタッカーに興味を示していると言われている。ただ、それが実現するとすればサムエル・チュクウェゼの去就次第だろう。ナイジェリア代表でもプレーする21歳のチュクウェゼは、今季リーグ戦35試合に出場し、3得点2アシストをマーク。アリエン・ロッベンを彷彿とさせるプレースタイルで、ビッグクラブが関心を寄せている。

 もし、チュクウェゼが移籍すれば、右サイドハーフが空く。そのとき、ビジャレアルの久保が誕生する可能性が生まれるかもしれない。


バレンシア

リーグ戦:9位(勝ち点53、14勝13敗11分)
スペイン国王杯:準々決勝敗退
監督:ハビ・グラシア(1年目)
同ポジションの選手:カルロス・ソレール、フェラン・トーレス

 今季のバレンシアはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)では決勝トーナメントに進出したが、リーグ戦では上位争いに後れを取った。昨季のコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)優勝監督でもあるマルセリーノ・ガルシア・トラル監督は内紛に巻き込まれて解任され、後任のアルベルト・セラーデスも6試合を残して解任。サルバドール・ゴンサレス・マルコが残りシーズンの指揮を執ったが、9位に終わり、ハビ・グラシアの新監督就任が発表されている。

 バレンシアの前線は将来性のあるアタッカーがひしめいている。今季リーグ戦24試合に先発したカルロス・ソレールは23歳、34試合に出場したフェラン・トーレスはまだ20歳、ポルトガル代表で23歳のゴンサロ・ゲデスも2列目でプレーする。韓国代表で19歳のイ・ガンインは居場所を見つけられていないが、久保と年の近いアタッカーが来季も競争を繰り広げることになりそうだ。

 バスク地方出身の新指揮官は就任に際し、「すでにこのチームには最高峰のレベルで競争できるレベルの若い選手がいる」とコメントしている。久保が加入する可能性は低いだろう。


バジャドリード

リーグ戦:13位(勝ち点42、9勝14敗15分)
スペイン国王杯:3回戦敗退
監督:セルヒオ・ゴンザレス(3年目)
同ポジションの選手:オスカル・プラーノ

 昇格1年目の16位に続き、バジャドリードは13位で残留を果たした。限られた戦力で残留に導いたセルヒオ・ゴンザレス監督は高く評価されている。

 バジャドリーは昨夏、久保の獲得に乗り出していた。オーナーを務める元ブラジル代表のロナウド氏は久保を高く評価し、スポーツダイレクターも久保を称賛するコメントを出している。しかし、最終的に移籍は実現せず、久保はマジョルカでプレーした。

 今季の右サイドは主にオスカル・プラーノが務め、左サイドにはトニ・ビジャやワルド・ルビオが起用されている。プラーノは左でも中央でもプレーできるので、久保が加入すれば左に移すことができる。今季のマジョルカでのプレーを見る限り、久保がバジャドリードの主力になれる可能性は十分にある。

 今季はGKアンドリー・ルニンとDFハビ・サンチェス、MFホルヘ・デ・フルートスの3人をレアルから借りており、両クラブの関係は良好に見える。しかし、レアルが久保を上位のクラブへの貸し出しを目論んでいることが、実現への足枷になるかもしれない。


セルタ

リーグ戦:17位(勝ち点37、7勝15敗16分)
スペイン国王杯:3回戦敗退
監督:オスカル・ガルシア(2年目)
同ポジションの選手:ブライス・メンデス

 16/17シーズンはUEFAヨーロッパリーグベスト4に入ったセルタだが、その後は下位に沈むシーズンが続く。カンテラ出身のデニス・スアレス、サンティ・ミナ、パペ・シェイク・ディオプが復帰した今シーズンも昨季と同じ17位で、残留するのがやっとだった。

 今季は37得点と低調だったが、セルタの前線には実績のある選手が並ぶ。14ゴールを決めたイアゴ・アスパスを中心に、前述のミナとスアレスに加え、スペイン代表のブライス・メンデスとセビージャからシーズン終盤に復帰したベテランのノリートもいる。

 特に、メンデスは左利きで右サイドでプレーする点で久保と重なる。バルセロナから借りていたラフィーニャの去就は未定だが、久保が加入したとしても居場所を築くのは難しいかもしれない。

 中南米出身の選手で埋まるEU圏外枠も障壁となる。メキシコ人センターバックのネストル・アラウホとウルグアイ人サイドバックのルーカス・オラサはレギュラーを務めている。だた、ウルグアイ人FWのガブリエル・フェルナンデスは1得点に終わっている。フェルナンデスの去就次第では、久保の獲得も可能になるかもしれないが、その可能性は低いだろう。

【了】
https://news.yahoo.co.jp/articles/af199747dee426bdcca3a7eb9f1d8d63354422df?page=1 

 

2020/08/03(月)
久保のレンタルは意外と決まるのが長期化しそう。セビージャは条件合わず、ベティスは同ポジションに戦力を揃えていてレアル側が除外。グラナダはEL出場可能だが、ヨーロッパの大会に戦力の揃わないクラブが参加するとその年は疲労が蓄積されて、順位が下がり、降格争いに巻き込まれかねない。リスクがある。チュクウゼの去就によってはビジャレアルがいい気はする。あとはソシエダかな。ソシエダも同ポジションに戦力が揃ってはいるけど、チーム側が欲しているから。ソシエダレベルでポジションを取れなければレアルレベルでは活躍できない。

2020/08/03(月) 
まずは引き続き、リーガ一部のクラブでできるってことが重要だと思うので、そうなる可能性が非常に高い現状は素晴らしい。

2020/08/03(月) 
まずマドリーのライバルはロドリゴとアセンシオ ベイルは構想外だしイスコはそこでは起用しない
バレンシアはトーレスはシティに移籍しそうなのであくけど、だいだいオーナーのゴタゴタで碌なことないし、バジャドリードはレンタルはしてるけど、オーナーと監督の考えが違うのか全然起用されない

この記事にあがってるチームはほぼないと思う
現状はオサスナが獲得レースのトップらしいがどうなるやら・・・

2020/08/03(月)
レアルに戻るのが目標だし移籍先をスペイン国内のチームにしたいのはわかる。

2020/08/03(月) 
チームの紹介として、わかりやすいいい記事。

2020/08/03(月) 
バレンシアはスタイル的に合わないかな。

2020/08/03(月) 
UKのEU離脱が久保の去就に関係してくるとは盲点だったわ

2020/08/03(月) 
フェラントーレスはシティ行きが決まったね

2020/08/03(月)
騒ぎすぎ。この手の移籍報道はガセばっかり。

2020/08/03(月) 
昨今のサッカー関連の記者はアホばかり。
こんなアホな企画しか生み出せないんだからね。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ