スクリーンショット 2020-08-02 14.27.41

スポンサード リンク




 J1勢で唯一、未勝利だったサガン鳥栖に今シーズン初白星を、J2時代を含めた対戦成績が4勝4分けと無敗だったホームの味の素スタジアムで献上した直後のオンライン会見。FC東京の長谷川健太監督は「情けないです」と第一声を絞り出した直後に、知られざる舞台裏を明らかにした。

「もちろん負けた言い訳にはならないと思いますが、選手たちを少しかばうのであれば、試合前、今日の午後になって鳥栖の選手が発熱したという話を聞きました。抗原検査を受けたいという話がクラブに来て、その選手は結局メンバーに入らなかったのですが、濃厚接触者がいるのか、いないのかがわからない状況のなかで、今日の試合へ臨ませなければいけなかった」

 開幕から5試合連続で無得点に終わるなど、前節まで複数得点をあげた試合が一度もなかったサガンが3ゴールを奪取。FC東京の反撃を2ゴールに抑えて逃げ切った1日の明治安田生命J1リーグ第8節には、サガンが空路で東京入りした7月31日の夜から慌ただしい動きが生じていた。

 遠征に帯同した選手の一人に37.5度の発熱が確認された。一夜明けた1日朝の段階では平熱に戻っていたが、サガンはチームドクターと相談を重ねた上で、Jリーグが定める「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」に従って、体調を崩した選手を鳥栖へと帰らせた。

 70ページを超えるガイドラインでは、チーム内に37.5度以上を出した選手やスタッフ、関係者が確認された場合の対処法として下記が定められている。
【1】スタジアムに来場しない。
【2】タクシーなどで自宅またはホテルに送り出す。
【3】クラブの衛生担当者に連絡し、衛生担当者はマッチコミッショナーに報告する。
【4】新型コロナウイルス感染症が疑われる症状がある場合、チームドクターに相談の上、診療・検査などの適切な処置を行う。
【5】疑われる症状がない場合、適切に経過を観察する。

 Jリーグが2週間ごとに実施している公式PCR検査を、サガンの選手やスタッフは7月31日に受けている。結果はJリーグに集約され、5日に一斉発表されるためにクラブ側からは事前に公表できないが、発熱した選手を含めた全員が陰性だった連絡がすでにサガン側へ入っていた。

 こうした状況を受けて、サガンは衛生担当者を介してマッチコミッショナーへ状況を報告。その上でプロトコルに沿って、平熱に戻った当該選手をスタジアムへ来場させることなく鳥栖へ帰らせた。さらに後に混乱をきたさないように、一連の経緯を1日午後の段階でFC東京側へ説明している。

 しかし、プロトコルに定められていないやり取りのなかで、ちょっとした行き違いが生じてしまったのか。すでに東京を離れている当該選手を、地元で週明けにPCR検査を受けさせるサガンの方針が、冒頭で長谷川監督が言及した「抗原検査を受けたい――」と受け止められてしまったようだ。

 そして、FC東京の大金直樹代表取締役社長がJリーグ側へ問い合わせた結果、午後7時キックオフのサガン戦を予定通り開催するという回答を得た。

 長谷川監督はミーティングを開催した上で、選手たちに対して「もし不安があるのであれば、今日は試合をやらなくてもいい」と伝えた。

「やはり万が一、ということが当然あるので、選手たちの生活と健康を預かっている監督としては、強引に試合に臨ませるというのは苦しい選択があった。そういう状況のなかでもプレーできる選手だけをメンバーに入れる、という話をしましたが、全員がホームのファン・サポーターの前で戦う姿勢を見せる、という思いで今日のピッチに立ってくれたと思っています」

 新型コロナウイルスによる長期中断から公式戦を再開させるにあたって、Jリーグはゴールキーパー1人を含めた選手14人をそろえられれば、予定通り試合を開催する条文を試合実施要綱に追加している。逆に考えれば、プレー可能な選手が14人未満の場合は中止を検討する対象になる。

 試合でベンチ入りできない選手は新型コロナウイルス感染者、感染者の濃厚接触者に、濃厚接触者の可能性がある選手も含まれる。7月26日のサンフレッチェ広島対名古屋グランパスは、後者で判明した新規感染者2人の濃厚接触者を特定する所轄保健所の作業終了がキックオフ前後となり、最悪の場合、14人をそろえられない恐れがあるという理由で試合当日に急きょ中止となった。

 対照的に今回は、試合前夜に発熱した選手の感染は現時点で確認されていない。前述したように7月31日に受けた公式PCR検査で、陰性が確認されたことを受けて東京へ移動した。当該選手を前夜から隔離した上で離脱させたことを含めて、プロトコルに従ったサガンの手順にも瑕疵はない。

 ただ、1日に過去最多の472人もの感染者が確認された東京都を中心として、新型コロナウイルス感染の再拡大が懸念されている状況下で、長谷川監督が唱えた主張にもうなずけるものがある。
 今後も同様の事態、要はキックオフ直前にどちらかのチーム内発熱者が出た場合の対応を問われた指揮官は、意を決したように「(試合を)やるべきではないと思います」と持論を展開した。

「濃厚接触者が特定されなかったということですが、昨日の夜に熱を出した選手がいるなかでわかるわけがない。そういう選手が遠征へ同行したとなれば、その時点で全員が再びPCR検査を受けて陰性がわかれば、選手たちも安心してプレーできる。安心を担保できないなかで試合へ臨ませることを、これからちょっと考えてもらいたいと思ったので、あえてこの場で話をさせていただきました」

 サガンへの苦言ではなく、Jリーグへの問題提起と受け止めた方がいい。
 もし発熱した選手が陽性反応を示せば、Jリーグによる公式PCR検査を受けてから数時間のうちに感染した可能性が高くなる。東京への移動中か、もしくは都内に入ってからの感染となれば、今後も東京都を含めた首都圏や、同じく感染が急速に拡大している関西や名古屋などへ遠征するチームのリスクが増すことを意味する。

 その場合、現状の2週間に一度の公式PCR検査ではスピードを増す感染拡大状況に追いつけない。必要に応じて頻度を増す必要があるし、サガンからFC東京へ連絡を入れた件も、本来ならばマッチコミッショナーか、あるいはJリーグが負うべき役割と言っていい。村井満チェアマンも明言しているように、ガイドラインを臨機応変に修正および加筆していく状況にまさに直面している。

 試合は下部組織出身の20歳、FW石井快征の2試合連続ゴールで前半30分にサガンが先制。FWレアンドロの直接フリーキックで追いつかれた4分後の同43分に、明治大学から加入したルーキー、右サイドバックの森下龍矢のプロ初ゴールで勝ち越したサガンが後半にも1点を追加。21歳のFW原大智のJ1初ゴールとともに勢いを増したFC東京の反撃を、身体を張って阻止し続けた。

「アウェイで選手たちがしっかりとハードワークして、準備してきたことを表現してくれた。勝てないなかでも一歩ずつ前へ進んできたなかで、全員が勇気をもってトライしてくれた」

 初勝利を告げる試合終了と同時に森下が号泣し、途中出場後に脇腹を強打していたFW豊田陽平がピッチに倒れ込んだ光景を、サガンの金明輝監督は笑顔で称えた。対照的に3戦続けて勝ち星から遠ざかり、6位に後退したFC東京の長谷川監督は前半の内容を特に悔やんだ。

「いい形でファイトできなかったのは、そういう(相手に発熱者が出たことへの)心理的な要因があるのではないか、と。ただ、同点にはできませんでしたが、選手たちはよく戦ってくれた。こんなことを監督が言うべきではないのかもしれませんけど、これだけはみなさんにわかっていただければ」

 長谷川監督が言及した「これだけ」とは、FC東京の選手たちが抱いた心理的な負担を指している。サガンが体現し続けたハードワークが感動的なフィナーレを導いた舞台裏で、新型コロナウイルスによってもたらされる影が再び大きくなろうとしている、非情な現実が浮き彫りになった。

(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://news.yahoo.co.jp/articles/3295e8cb17a0edf25c7368c3cb7629caede08a96?page=1 

 

2020/08/02(日)
こういう事は今後どのチームにも起こり得る問題なので、Jリーグもキチンとした対応が必要です。もし数日後に鳥栖とFC東京の選手に陽性反応の人が出てしまったら、鳥栖が悪者扱いをされて試合を決行させたJリーグにも責任が及ぶなんて事もありますよ。
前回の名古屋の件に続いて新たな問題が出来たので、ガイドラインをまた作り直さないといけません。
ホント新型コロナは厄介だわ。

2020/08/02(日)
このように詳細が書かれた記事は鳥栖サポとしては大変ありがたい。昨日はいかにも鳥栖が試合直前まで発熱の事実を隠して試合を強行したと捉えかねないタイトルや文脈の記事が出ていたので…

2020/08/02(日) 
仮にその発熱者がコロナに感染してたとしたら、その他の鳥栖の選手の方が感染してる可能性が高い状態で試合に臨んでる。東京の選手だけが不安だったわけじゃない。仲間だから感染してても大丈夫なんてことはないんだから。

よって開催の是非はともかく心理的不安で東京が負けた訳では絶対にない。

2020/08/02(日)
こういう平等性が保てないから今季は降格無しになってるんじゃないの?ガイドラインに沿って対応してるのだから問題無いのでは?
これが失敗だったのならガイドラインを見直したらいいだけ。
こんな誰も経験した事のない状況で誰も責められないよ。Jリーグはこれまで良くやってこれてたのだから、たった一つの出来事を責め立てるのは辞めて欲しい。
悪いのはコロナなんだから。

2020/08/02(日)
発熱したという事実をもってすぐさま感染者との判断は出来ないことからJリーグとしても試合を中止させる権限が無い。
費用面での負担が大きくなるのだろうが、鳥栖とFC東京で協議して両チームの判断での中止とした方がセーフティだったのではないか。
長谷川監督の発言を見ると負けた責任はJリーグ側にあるように見える。不安なのは鳥栖の選手の方が大きいのに。

2020/08/02(日)
やりとりが分かりましたが、鳥栖はガイドラインにそって対応しているし、東京への報告も気を利かせただけなんですね。
今回はコミッショナー側の対応の問題。

あと気持ちは分からなくもないけど、長谷川監督も試合直後に言う話ではないですね。状況がよくわからない中で言ったせいで余計な混乱を生んだように思います。

2020/08/02(日) 
前日に検査しているんだね。
そこは結構重要だと思うけど、あまり話が出ていなかった。
そもそもPCR検査には偽陰性という問題が付きまとう。
現段階ではJリーグは前日の陰性でラインを引いているのだろう。
偽陰性を視野に入れるとすればどこまで入れるのか。
検査後の発熱に再検査出来ないなら中止というラインを引くのか。
無症状で偽陰性の存在は完全に無視しないとどうにもならんだろうけど。

2020/08/02(日)
熱を出した選手、チームが悪者になるようなタイミングでの言い方。試合で負けた直後に言うことではない。東京の選手の面子も潰している。最悪。そこまで神経質になるなら、無症状もいるんだし、東京の選手は毎回、直前に検査して相手チームを安心させたら。

2020/08/02(日)
鳥栖側もしっかりプロトコルに従っているし,完全に安全を担保するというのは現実的に不可能だと思う。
現場としては延期したいという気持ちも当然だと思うけど,PCR検査を毎日できる訳でもないし,日程消化や経済的な損失を考えると,これがギリギリのラインなのかなという気もする。

2020/08/02(日)
きちんと取材した良い記事ですね。
確かにこれは難しい判断。

2020/08/02(日)
名古屋戦中止の時もそうでしたけど、単純に14人残ってれば原則やる(コロナを出してない側に拒否権はない)のが関係者にも一般人にも理解されてないのでは?
なんとしても試合をしたいならJリーグがもっとアピールしないとダメでしょう

2020/08/02(日)
潜伏期間があるのでPCR検査後に感染はありえません。またPCR検査と抗原検査を組み合わせることも、無症状者ではウイルスが体内で増殖していない可能性が高いので抗原検査で陽性になる可能性も低い。COVID-19に対して定期的にPCR検査でスクリーニングし、抗原検査などで確定診断する手順は問題ない。現状でやれることをガイドラインとして定めてやっているのではないかと考えられる。

2020/08/02(日)
長谷川監督の今回のコメントは。。。

負けた言い訳をしたかったの?
Jリーグへの提言だったの?

実際に映像を観ていないけど。。。
何となく、負けた言い訳をしている感が強いんですけど。。。

Jリーグへの提言なら。

試合後の言葉ではなく、試合前の行動で示すべきだったんでは?

そもそも。安全がしっかり担保されていない中、よく試合をしたもんや。

そっちの方がビックリや。

2020/08/02(日)
個々の監督が自身の価値観や考えで発言していたら切りがない。Jリーグが定めてプロトコルに則って行うのであれば余計な発言は慎むべきだと思う。

2020/08/02(日)
これは負けた言い訳ではなく、長谷川監督なりのJリーグへの提言ですね。
今後、とくに冬場になると、もっとコロナの恐怖は高まると思われます。
そのときにプロトコルに則っているから絶対に試合は開催します、では現場は困るでしょう。
もちろんプロトコル、ガイドラインは大事。
でもフレキシブルに対応していくのも必要になってくると思いますが

2020/08/02(日)
不安があるならやらなくていい。
という発言がありますが、結局最後は選手に丸投げして責任逃れをしているように感じますね。

2020/08/02(日)
心配なのは分かるが、ナーバスになり過ぎ。半分負けの言い訳にもしていて。毎日万が一?の感染はあり得る。それがウイルス。そしてウイルスを殲滅することはできない。やることやってもなる時はなる。完璧な対策は人間がいなくなること。勝てない相手と戦ってもだめ。

2020/08/02(日)
タイミング的には言い訳にしたいようだけれども、本人のコメント通り、負けた言い訳にはならない。
見ればわかる。

それがコロナと関係して、東京側だけ不利益になるということなら試合前に言うべき。まぁ、鳥栖なんかに負けないとでも思ってたんだろうけど。かなりカッコ悪いね。

2020/08/02(日)
日本の主要都市がこんな状況だし、野球もサッカーも難しい時期に来ているよ。

五輪開催なんてとてもとても…。

2020/08/02(日)
電通枠だから何でも許されると思うなよ!負けた言い訳を発熱?プロとして恥ずかしくないのか!
攻撃の意図が見えないまま終了した言い訳がそれかよ!
個人の能力だけで作戦がなかったら、それは負けるでしょう
引き分けるのが精一杯です。今の東京は

2020/08/02(日)
そういう裏事情があったのか。好調な東京が不調な鳥栖に、ホームでコロッと負けたのが何か不思議だったんよな。
試合を強行したのが果たして正解だったのかどうか、検査等でまもなく分かるだろう。

2020/08/02(日)
PCR検査陰性でも「感染してない」の証明にはならんからな~

「結果は陰性でした」の発言・報道ばかりだがそこだけは全ての人が注意しなければならない

2020/08/02(日)
結果的には開催となっていたのだとは思うけど
発熱確認した前日夜の段階でなぜJに報告しなかったんだろ?
当日になってからの報告なら色々有耶無耶にできると考えたんだろうか?

2020/08/02(日)
コロナが出た名古屋に鳥栖。 今節の鳥栖の相手の東京。
3クラブに共通するのはマッシモフィッカデンティ。

これはマッシモの呪いじゃないか…
東京は試合開催を拒んでたがマッシモが裏で何らかの形で強制的に試合開催させて東京にも感染させようとしたに違いない。

2020/08/02(日)
勝っていた場合はどういう発言してたんかな。
そもそもハナから鳥栖には負けないって思ってたんだろうし

2020/08/02(日)
他の記事とは違い
しっかりとまとめていて分かりやすい記事ですね

2020/08/02(日)
PCR検査で陰性が出た数時間後に発熱って、検査結果が偽陰性だった可能性があるということですね。精度が70%のPCR検査だけじゃなく、抗原検査も一緒にやれば試合直前でドタバタする可能性も低くなるんじゃないかと思います。

2020/08/02(日)
サガンはキチンとやるべき事をした。
そして選手はピッチに立った。
負けは負けで言い訳すべきではない。

2020/08/02(日)
これは中止が妥当な判断でしょう。

両チームの選手とも不安を抱えたまま試合に臨んだわけです。
そのようなコンディションでの試合を歓迎するサポーターはいないでしょう。
マニュアルやプロトコル云々という話以前の問題でしょう。
サポーターにも選手にも寄り添っていない、運営ありきの姿勢にJの理念は皆無ですね。

2020/08/02(日) 
そんなん言うなら、F東こそ毎試合前に検査やってよ。
東京都が本拠地だよ?
言わないだけで、対戦相手は心理的負荷がかかってるよ。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ