スクリーンショット 2020-08-01 3.30.08

スポンサード リンク

J1リーグ第8節  横浜FC―サンフレッチェ広島
8月1日(土)|18:00 ニッパツ三ツ沢球技場


 3バックを敷くチーム同士の対戦だ。サイドプレーヤーたちの働きが、試合の行方を支配することになる。

 ホームの横浜FCは、新加入のマギーニョが積極的に高い位置で仕掛けるシーンが多い。自らシュートまで持ち込むこともできるが、実は得点に直結する仕事はできずにいる。

 広島のウィングバックは、他のポジションはほぼメンバーが固まっているのに対して、特に柏が負傷した左サイドで多くの選手が起用されている。昨季チーム最多得点を挙げた柏が務めたのがウィングバックだったが、その強みが今季はまだ見られていない。

 両チームとも、最近は調子が停滞気味。サイドからチームを活性化させる選手たちが、勝利を引き寄せることとなる。

■横浜FC

14位  勝ち点5  1勝4敗2分  得点7、失点16、得失点差-9

【出場停止】なし

【出場微妙・故障者】六反

【直近5試合結果】

●H浦和   0-2

●A横浜FM 0-4

●H川崎F  1-5

△H仙台   1-1

◯A柏    3-1

【通算対戦成績】

通算   10試合・1勝1分8敗

ホーム   6試合・0勝1分5敗

アウェイ  4試合・1勝0分3敗

【直近対戦成績】

2020年 2月16日 ルヴァン予選(1)  H0●2

2008年 9月20日 J2第36節     H1△1

2008年 7月27日 J2第28節     H1●2

2008年 5月21日 J2第15節     A0●1

2007年 9月 1日 J1第24節     H1●2

【今節のみどころ】

 初白星以降、1分け3敗と勝利がまた遠ざかったが、下平監督は少しずつ積み上げがあると強調する。同時に、修正を施すべき個所も指摘している。

 指揮官が言及するのは右サイドの改善だ。左サイドでは松尾、手塚と新たに起用する選手も絡んで、崩しを披露する場面も出てきている。同様の機能が、右サイドにも求められているのだ。

 マギーニョは単独での仕掛けもできるが、複数の選手で連係しての崩しは少ない。前節に起用された中村など、全体の流れに影響を及ぼし得るウィングバックの近くに入るMFの選択も注目だ。あるはウィングバック自体を替えるのか…?

■サンフレッチェ広島

10位  勝ち点7  2勝3敗1分  得点8、失点5、得失点差3

【出場停止】なし

【出場微妙・故障者】柏

【直近5試合結果】

●AG大阪  0-1

●HC大阪  1-2

△A鳥栖   0-0

●H大分   1-2

◯A神戸   3-0

【通算対戦成績】

通算   10試合・8勝1分1敗

ホーム  4試合・3勝0分1敗

アウェイ 6試合・5勝1分0敗

【直近対戦成績】

2020年 2月16日 ルヴァン予選(1)  A2◯0

2008年 9月20日 J2第36節     A1△1

2008年 7月27日 J2第28節     A2◯1

2008年 5月21日 J2第15節     H1◯0

2007年 9月 1日 J1第24節     A2◯1

【今節のみどころ】

 前節は対戦相手の名古屋にPCR検査陽性者が出たことで、当日に延期となった。中3日での連戦のさなかの連敗中だっただけに、このブレイクをポジティブな方向に向けていきたいところだ。

 横浜FCとは今季初の公式戦となるルヴァンカップの初戦で対戦し、今回と同じニッパツ三ツ沢から2-0で勝利を持ち帰っている。負傷でピッチに立てない柏とGKを除いては、これまでの選手起用などの変遷があった上で、当時と同じメンバーで先発することになのではないだろうか。

 堅守とショートカウンター、そして勝利と、“初心”に帰って調子を取り戻すには、絶好の相手だ。

サッカー批評編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/607d4e59f3fd1e0c8f97d776058e9225ab007e7d?page=1 

 

2020/08/01(土)
サンフレは最近前半が悪すぎて失点し後半攻めるも負けるパターンが続いている。前半から優位に進め主導権を握りルヴァンのような展開に持ちこみ絶対勝ちまた勢いに乗り上位争いに再び絡みたい。

2020/08/01(土)
マギーニョよりは中山だと思うんだけどなー。
あと、星は一旦外して田代、小林、袴田で。
キャラはなんでベンチにも入れないの???

2020/08/01(土) 
サンフレッチェ史上最高の右ウイングバックは柳本啓成











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ