スクリーンショット 2020-07-30 23.03.08

スポンサード リンク




 思いが完璧に一致した。終盤になってリードを奪われる展開に指揮官も、ウォーミングアップに余念のなかった20歳のセンターバックも同じ展開を考えていた。チャンスはセットプレーしかない、と。
 迎えた後半35分。アビスパ福岡の長谷部茂利監督が、最後となる5枚目の交代カードを切る。ベンチ前に呼び寄せた、今シーズン初出場となる三國ケネディエブスと以心伝心で言葉が交わされた。

「フォワード、できるか」
「はい、もちろんできます」

 ホームのベスト電器スタジアムに愛媛FCを迎えた、29日の明治安田生命J2リーグ第8節。先制されてから5分後に、三國が途中出場してからはわずか2分後に決めたプロ初ゴールが、敗色濃厚だったアビスパを1-1のドローと、徳島ヴォルティスを抜いての3位浮上へと導いた。

 起死回生の同点ゴールは身長192cm、体重80kgのサイズを誇る三國が絶対的な自信をもつヘディングから生まれた。後半37分に獲得した右コーナーキック。ボールをセットするDFエミル・サロモンソンが蹴る弾道をイメージしながら、三國は「点を取る」と何度も自らに言い聞かせていた。

「チームが負けているときに、フォワードとして出る自分に何ができるのか、と言われたらやはり得点に絡むことなので。僕自身もパワープレーでの出番はあると準備していたし、そのなかでもセットプレーのチャンスは絶対にあると思っていたので」

 右利きのサロモンソンがインスイングで蹴ったボールが、ゴールから遠ざかる軌道を描いて飛んでくる。ペナルティーアーク付近にポジションを取っていた三國は、ニアサイドへと猛ダッシュ。マーカーのMF長沼洋一に身体を当て、その反動で宙を舞う体勢からボールに頭を叩きつけた。

 地をはうような弾道と化した強烈な一撃が、ワンバウンドしながら愛媛ゴールを射抜く。プロになって2年目、通算12試合目にして初めて覚える快感に、三國は「公式戦で点を取るのは高校生のとき以来なので。最初は緊張しましたけど、その後は気持ちよくプレーできました」と声を弾ませた。

 今シーズンの三國は京都サンガF.C.に0-2で屈した第4節でリザーブに名前を連ねただけで、残る6試合はベンチ入りメンバーにも選ばれなかった。それでも、今シーズンから指揮を執る長谷部監督は何かに導かれたかのように、最終ラインではなく最前線のポジションで三國をピッチへと送り出した。

「彼は練習からコーナーキックからの得点であるとか、ヘディングの強さというものを常に磨いています。なので、今日はそのよさを出すときだ、という判断で彼に託しました。ただ、頭のなかで(パワープレーの)プランを練っていたら(事前に)本人にも伝えますし、練習もする。自分はそういうタイプの指導者なので、どちらかと言えばインスピレーションに近いのかな、と」

 直感的な閃きによる采配を決断させた理由は2つある。キックオフ前の時点で愛媛が喫していた11失点のうち、4つがコーナーキック絡みだった。セットプレーの守備につけ入る隙がある上に、青森山田高の2年生に進級した直後までは、三國はセンターフォワードとしてプレーしていたからだ。

 ナイジェリア人の父と日本人の母の間で、東京都東村山市で生まれ育った三國はプロになる夢を抱いて青森山田中へ入学。3年次に出場した全国中学校サッカー大会では8ゴールをあげて得点王に輝き、チームを優勝へと導いた。しかし、高校に入ってからは伸び悩んでいると感じていた。

 高校卒業後にプロ、という夢をかなえるためには、2年生からレギュラーを獲らなければ間に合わない。自問自答を繰り返した末に、長身が生きるポジションとしてセンターバックへの転向を自ら決断した。そして、意を決した三國の直訴を、青森山田高の黒田剛監督は笑顔で受け入れた。というよりも、30人近い教え子をプロへ送り出している名将もまた、三國のコンバートを考えていた。

「プロになるのならばおのずと、というか、いずれはセンターバックに、という思いがあったので。身長が190cmを超えるセンターバックは、日本代表でもいないですよね。足も速いし、能力的には最も日本代表に近いポテンシャルも秘めている。海外に行っても通用する、と思っているので」

 ゴールを決めるためではなく、自分たちのゴールから可能な限りボールを遠ざけるために。武器であるヘディングを徹底的に磨きあげた三國は青森山田高の最終ラインに君臨し、高校日本一を手土産にプロの門を叩いた。当時もJ2で戦っていたアビスパを選んだのも明確な理由があったからだ。

 現役時代に「アジアの壁」として日本代表の最終ラインに君臨した、井原正巳監督のもとで三國をさらに鍛え上げてほしいと黒田監督は考えていた。しかし、三國の入団と入れ替わるように井原監督は退団し、師と慕うネルシーニョ監督が率いる柏レイソルのヘッドコーチへ就任した。
 しかし、新たにアビスパの指揮を執った、イタリア人のファビオ・ペッキア監督が三國のポテンシャルに魅せられ、ルーキーイヤーだった昨シーズンのJ2開幕戦から先発に大抜擢した。

「ファビオ監督が個人的に僕のことを気に入ってくれたというか、最初のころから試合で使ってもらえた。ただ、監督が代わってから出られなくなったのは、自分の実力的な問題だと思っていたし、去年の悔しい気持ちを前面に押し出していこう、と思って臨んだ今年は練習試合でもかなり調子が上がっていたし、いつセンターバックでチャンスが来てもいいように準備はしていました」

 昨年5月下旬からポーランドで開催された、FIFA・U-20ワールドカップを戦っている間に、ペッキア監督は家庭の事情を理由に退団。久藤清一監督が指揮を執った新体制で先発したのは一度だけで、8月以降はベンチにすら入れないまま、11試合、874分間のプレー時間で1年目を終えた。

 昨シーズンまで水戸ホーリーホックの指揮を執った、長谷部監督のもとでもなかなか出場機会を得られなかった今シーズン。しかし、現役時代はヴェルディ川崎やヴィッセル神戸、ジェフ市原などでプレーした49歳の指揮官もまた、センターバックとしての三國のハイスペックを認めている。

「学生時代にフォワードでプレーしていた経験もあるので、彼の能力という意味では、高さは誰にも負けませんよね。引き分けることもなく、ほとんど勝ちます。その意味ではそういう(パワープレーでの)起用もありますけど、センターバックの方が多くなると思います」

 これまでとは異なる心理状態で、アビスパは愛媛戦へ臨んでいた。体調を崩したチームスタッフ1人がPCR検査を受けた結果、新型コロナウイルス感染症の陽性反応が確認され、トップチームの選手およびスタッフを含めた関係者51人が、27日に急きょPCR検査を受ける事態に発展した。

全員の陰性が確認されたが、スタッフはJリーグによる2週間ごとの公式PCR検査では陰性を示していて、練習以外は買い物など最小限の行動にとどめていた。それでも感染したショックに、29日に過去最多の101人の新規感染者を出した福岡県の現状が追い打ちをかける。長谷部監督が言う。

「感染した本人に責任はありませんが、福岡県も(感染者が)増えてきて、十分に注意していても感染してしまう現状は少し怖いというか不安があります。ただ、不安を打ち消すほどチームの雰囲気はいいですし、今日もあの時間帯で0-1になって、どうするんだ、というときに全員が残り時間に対して前向きに入っていった。我々のひとつのスタイルというか、いいチームだな、と感じました」

 指揮官が感慨深げに「ひとつのスタイル」と言及した、どんな逆境でもあきらめずに戦う姿勢をゴールとともに具現化させたヒーローが三國となる。

「本職ではないんですけど、まずは試合に絡めて、負けそうな試合を引き分けで終われたことは、自分のなかで自信につながったと思う。これからは本職のセンターバックで試合にもっと絡んで、チームの勝利に貢献できるような選手になっていきたい」

 プロの世界で生き抜くためにヘディングを磨き続けた。ディフェンスで相手にとって嫌なポジションを知り攻撃面に生かした。8試合を終えて総得点がわずか7で、複数得点をマークしている選手がいないアビスパの現状を見れば、今後もセンターバックとセンターフォワードの「二刀流」起用があるかもしれない。豪快な初ゴールを触媒として、逸材が放つ輝きが一気に増してくる。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://news.yahoo.co.jp/articles/c280ebc57f76c9aede6554f01f94192ba77362bb?page=4 


 
2020/07/30(木)
河治良幸 スポーツジャーナリスト オーサー報告
青森山田中の頃はFWをやっていたので、もともと素地はあります。また今回はセットプレーからのゴールでしたが、もともとセットプレーでのヘディングなど得点力には自信を持っていて、守備面と同じくセットプレーから得点することをテーマにあげていました。今回の成功をもってFWに転向というのは乱暴な話になると思いますが、こういう使い方もできるというオプションを持っていれば、CBとして先発していても終盤のパワープレーで前に上がることも出来ますし、価値を上げることもできると思います。ただし、ゆくゆく欧州で活躍したいという目標がある選手ですし、本職のCBをスキルアップさせてJ1、代表クラスの選手に成長して欲しいと、育成年代から観てきた記者の一人としては思っています。
 
2020/07/30(木)
闘莉王も終盤負けてるとFWになってたのを思い出した。
 
2020/07/30(木)
ユース叩き上げの冨安選手が最高傑作なら、大型ルーキーで入団した三國くんも負けないポテンシャルはある。

ディフェンダーは経験値。試合に出るたびに伸びていくはずなので、目の前のチャンスは逃さないでほしい。今年は今までより出場時間が増えていくといい。
 
2020/07/30(木)
闘莉王もDFだけど、放り込み時にはFWだったよね。
監督や戦術しだいでは合うチームはあるだろうね。
 
2020/07/30(木)
プロになるためのコンバートや、試合に出る事、(結果的に入れ替わりになったけど)監督を考えてのクラブ選びなど、常に先を見据えて考えているからこその今回の結果なのだと思う。

それにしても、
>「フォワード、できるか」
>「はい、もちろんできます」
めっちゃカッコいい!!
 
2020/07/30(木)
青森山田の時からメディアを通してみてますが、まだまだ素材。頭脳もメンタルもフィジカルも「ガッチリ」してきたら、モンスターになるのは間違いない。精進してくれ。
 
2020/07/30(木) 
青森山田時代当時の彼は、高さとスピードは目立ってたけど、もう少し積極的に前線にパスを出したり、体を張ってのディフェンスは普通レベルだった。プロでの活躍を期待していたけど、すっかり名前を聞かなくなって気になってました。潜在能力は充分代表に通用するはずだからこれを機会に頑張って欲しいです。
 
2020/07/30(木) 
楽しみな選手が出てきたなぁって印象。闘利王のような当たりの強い選手になってほしい。
チームを指揮する監督にとっても、オプションが増えて戦術的な広がりを持てるのですごくいいと思います。
近い将来日本代表入りできますように。
 
2020/07/30(木)
奇策でも何でもないと思う。
青森山田中~高校と観てきたから
何の違和感も無いよ。

中学の時とは無論レベル自体違うけど得点感覚は元々備わってたわけだから。

これからはセンターバックとしてレギュラー、追う展開ではセンターフォワードとして力を見せて欲しいね!
 
2020/07/30(木)
背の高い人材が多いCBはゴール前でのセットプレーでは強力な攻撃力となるからね。ファンダイクやウムティティ等のように。
CFの経験もあるからインプレーでもそれなりに出来そうだけど、CKからきっちり得点した三國選手とその采配をした長谷部監督はお見事。
 
2020/07/30(木)
作戦、フェライニもあるからね。
サッカーは最後は勝たないといけないからね。
それもありだよね。
本田圭佑エースの日本代表は、俺たちのパスサッカーといって、ハーフナーにクロスあげなかったなー。
 
2020/07/30(木)
同点ヘッドはお見事だったが、
サロモンソンのコーナーも素晴らしかった。

次も期待してます。
 
2020/07/30(木)
アンダー世代の代表戦を見たイメージでは、「オレがオレが」とは正反対のタイプ。もっと気持ちを前面に出して闘えば、上には必ず行けると思う。
海外では特に、コミュニケーション能力と、「闘えるかどうか」が問われる。
自らの殻を破って世界レベルのディフェンダーになってほしい。
 
2020/07/30(木)
マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリーで得点王を獲得した
元オランダ代表ファン・ニステルローイもDF出身
同じくらい活躍出来るよう頑張れ
 
2020/07/30(木)
選手ひとり一人に個人が活かせるポジションがある。トゥリオの様にバックスとしてもフォワードとしても活かせて代表まで行けた選手もいます。どちらかを選択するのではなく両方を活かす糧となっていた。日本人の大リーガーにもいる。どちらかを選ぶのではなく両方を選びどちらでも一流でいられる人がいてもいいのでは️
 
2020/07/30(木)
DFの選手がFW的な役割で起用というとまず闘莉王のイメージが強いけど、忘れられないのは96年アトランタオリンピックのハンガリー戦。
1-2でビハインドを背負っていた89分、前園のコーナーキック直前に交代出場したのがDFの上村健一選手(当時広島)。
得点が絶対求められる場面で西野監督はFWではなくDFの選手をあえて投入したが上村選手はその直後に前園のコーナーキックに見事なヘディングシュートで起死回生の殊勲の同点ゴールを決める。
このころ、上村選手と言えばゴール前でのヘディングに絶対の自信があって、西野監督もそれを信じての起用だったけど、その期待にドンピシャで応えた上村選手に当時心が震えました。
 
2020/07/30(木)
アンダー世代では可哀そうな事情が有ったとはいえ守備の穴にされてた三國を見た人間としてはまだ様子見
肉体的ポテンシャルは昔から相当高いから真ん中やらせたいけど通常時のポジション取りが雑過ぎるし、技術が物になったとしても数年先のことだと思ってるから長い目で見ないと
 
2020/07/30(木)
成長期の選手の中には、チーム内のメンバー構成によって、本来FWの素質があってもDFをやっているもしくはやらされている選手も多いと思います。
だから、実は才能のある選手がいてもおかしくないと思います。
 
2020/07/30(木) 
攻めでも守りでも、高さのある選手は貴重。
現段階では足りない部分も多いかもだが、
こういう逸材は辛抱強く育て上げてほしいものだ。
 
2020/07/30(木)
サッカーをかじった事があるものからすると、FWとパワープレー要員はかなり違う存在に思う。
ラフなクロスやハイボールに飛び込めばいいのがパワープレー要員。
スペースを付いたり、ポストプレーしたり、ドリブル突破したり、そういうことに秀でていないとできないのがFW。
そして総じて、DF職の選手はボールプレーよりもフィジカルにメリットがあるからDF職。
例えば、ピケもラモスもファンダイクでもFWとしての能力は凡庸だろう。
ただパワープレー要員としてはかなり優秀。
そういう意味で、後半35分からのパワープレー要員としての起用を、FW起用というのは、こちらへ与える印象上、ちょっと違うかなと思う。
 
2020/07/30(木)
セットプレーでいつも負ける日本にはこのサイズは貴重。ヒョロイ選手にならないように、重心を低く、体幹を鍛えてほしい。余談だが、冨安をみてると、DFやらせてるのがもったいないくらい。ゴール前でのスケールの大きい切り替えし、FWで勝負させたいわ。
 
2020/07/30(木)
世界的に見てもCFとCB兼任は本当に珍しい。しかも鈍足でなくスピードも有るなら便利では有る。無論闘莉王のように使われ方の傾向は基本CBだろうがパワープレー時、セットプレー時ににしっかりとCFとして働けるなら将来の期待はしたい。中澤闘莉王の頃は中村俊輔ヤットもいてセットプレーは一つの得点源だったからね。
 
2020/07/30(木)
早く海外に出られる実力を付けてほしい。
体格で優位に立てるだけだと世界基準で苦労する。経験を早く積むのが必要かと。
 
2020/07/30(木)
DFでもセットプレーの時は上がるし、試合中は後ろから相手の守備を見ているので、相手DFの嫌がる事が見えてきます。
ポテンシャルがあれば問題ないと思います。
ただポストプレー等、周囲との連係は噛み合わないかもしれません。
 
2020/07/30(木)
記事にインスイングのボールとあるが、昨日のCKは右から右足で入れたボールでインスイングではなくアウトスイングのボール
覚えたての用語使いたいのかもしれないが、ちゃんと理解してないなら使うなよ。
細かいツッコミだが、このレベルの記事にする記者として恥ずかしい。
 
2020/07/30(木)
ゴールは運の面もあるかもしれないが、チームを背負って出場する気概が素晴らしい。
大器なのは間違いないから、そのうち日本を背負うようになれればいいな。
 
2020/07/30(木)
ずっとDFのつまらんパス回しを75分くらい見せられてほんと全然面白くない試合の中、先制され嫌なムードの中、あのゴールで会場が一気に盛り上がり
1-1やけど面白かった!
 
2020/07/30(木)
空中戦に強い選手を終盤のパワープレーに起用しただけ。
奇策でも何でもない普通の戦術。
 
2020/07/30(木)
元日本代表の内田篤人選手もFWだったのがDFをやっていました。
両ポジションの特性上、FWとDFの親和性はあると思っています。
このポジションチェンジを難しいと言っているのは何も知らない人達でしょう。
 
2020/07/30(木)
身体能力はあったとしても、意識が重要だと思う QBKへの反応速度やポジショニングなど、FWの特性はどうなんだろう
 
2020/07/30(木)
三國選手には期待しかない経験を積んだらスペックは間違いなく代表クラス!J1の控えではなくJ2で多くの試合に出た方がいい。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ