スクリーンショット 2020-07-30 16.08.42


スポンサード リンク




 ジネディーヌ・ジダン監督が、宙を舞った。1回、2回、3回...。それは黒いスーツにスニーカーという指揮官の出で立ちが様になってきた「ジズー」に長いシーズンを戦い終えた褒賞が届けられた瞬間だった。

 今季、レアル・マドリーが2016-17シーズン以来のリーガエスパニョーラ制覇を達成した。ジダン監督の復帰が決定してから、わずか16カ月。無冠で終わった屈辱の2018-19シーズンを経て、マドリーに再びタイトルがもたらされた。


■エース継承の失敗
 
 プロジェクトは人知れず進行していた。

 昨季、主要タイトルをひとつも獲れなかったマドリーにとって、重要なのは組織の再構築だった。フロレンティーノ・ペレス会長としては、そのためにジズーの帰還が必要だった。

 それはある種、「エース継承」における失敗でもあった。クリスティアーノ・ロナウドがユヴェントスに移籍し、ガレス・ベイルを中心にチームビルディングするという目論見は完全なる失敗に終わったのだ。ユレン・ロペテギ元監督やサンティアゴ・ソラーリ前監督の下でもベイルが負傷離脱の日々から脱け出すことはなく、定期的に試合に出場できない選手を主軸にするのは不可能だという現実が浮かび上がった。

 そして、C・ロナウドの退団で、選手間の序列に変化が訪れていた。そこでペレス会長はエース不在をカリスマの存在で埋め立てようとしたのである。そもそもペレス会長は2018年夏のジダン監督の退任を望んでいなかった。ゆえに後任決定に焦り、不可解なタイミングでスペイン代表を率いていたロペテギの招聘を決断。スペイン・フットボール連盟との衝突、ワールドカップ前のナショナルチームへの打撃を顧みずに自クラブの利益を優先して苛烈な批判に晒される結末を招いた。

 あの騒動を経て、エース継承の失敗があり、ジダンが戻ってきた。とはいえ、ジダンに全権が与えられたわけではない。事実、マドリーは昨年夏に指揮官が数年にわたり獲得を要望していたポール・ポグバを逃している。その中でジダンには新たなチームの操縦が求められていた。


■ジダンのカリスマ性と気遣い
 
 だが、やはり、ジダンはジダンだった。

 優勝を決めるまでのリーガ37試合で、ジダンがスターティングメンバーを繰り返したことは一度もない。それは2つの点でメリットがある。選手マネジメント(主に選手たちのモチベーションのコントロール)と、フィジカルコンディションの調整だ。

「全選手が重要だ」というのが公式会見におけるジダンの口癖だが、セルヒオ・ラモスを頂点とした新たなヒエラルキーに秩序をもたらすため、彼が採ったアプローチは基本的に以前と同じだった。プレータイムの分配とコミュニケーションである。

 ジダンが初めて本格的にマドリーでコーチングスタッフ入りしたのは2013-14シーズンである。ジダンにアシスタントコーチを務めさせていたカルロ・アンチェロッティ当時監督は「ジダンの親密さは日々の練習で役立っていた。彼は選手たちとの距離感が分かっていた。モチベートしたり、戦術的な説明をする術を知っていた」と振り返っている。

 無論、選手としてのキャリアは大きい。それがカリスマ性に繋がっているのは間違いない。「選手たちはジダンの言葉を軽視しない。なぜなら、誰もがどのレベルでプレーしていたかを知っているからだ」とはトニ・クロースの弁だ。

 ただ、カリスマ性というワードに引っ張られてはならない。ジダンは気遣いの人でもある。先のプレータイムの話でいえば、今季のマドリーでリーガにおいて1000分以上の出場時間を記録している選手は16名に上る。夏の段階で移籍騒動があったベイルにせよ、ハメス・ロドリゲスにせよ、ジダンは最後まで完全に見切りをつけることはしなかった。

Zidane tiene flor(ジダン・ティエネ・フロール)と、よく言われていた。「ジダンは幸運な男」という意味で、そこには彼を揶揄するニュアンスがあった。だがリーガ制覇を運で片付けてはならない。配慮とカリスマ。組織の再構築が、ジダンの手によって完遂されたのである。

森田泰史
https://news.yahoo.co.jp/articles/5336bd57255910fb4b69904e7052b6dcce074e93?page=1 

 

2020/07/30(木) 
チームの大エース、ロナウドが去ってもなんだかんだで今シーズンの優勝に繋げてきたのは凄い。ラモスにかなり助けられたけどね。

個人的には来シーズン、レアルの7番アザールが見れるといいな。

2020/07/30(木)  
一年でリーガを優勝に導いたのはすごい。このままCLも逆転突破したら本当にすごい。

その一方で、得点して強引に勝ち切るスタイルができなくなり、引き分けが多かったのも事実。今年はバルサの失速もあったから、来シーズンも安定した守備を継続出来るか楽しみにしたい。

2020/07/30(木)  
選手からの信頼が凄いな...
途中交代の選手も、ピッチにいる選手も全員戦術をよく理解して
いる。
バルサとの差は監督の力量差が大きいと思う。

2020/07/30(木) 
> 無論、選手としてのキャリアは大きい。それがカリスマ性に繋がっているのは間違いない。「選手たちはジダンの言葉を軽視しない。なぜなら、誰もがどのレベルでプレーしていたかを知っているからだ」とはトニ・クロースの弁だ。

 ただ、カリスマ性というワードに引っ張られてはならない。ジダンは気遣いの人でもある。先のプレータイムの話でいえば、今季のマドリーでリーガにおいて1000分以上の出場時間を記録している選手は16名に上る。夏の段階で移籍騒動があったベイルにせよ、ハメスにせよ、ジダンは最後まで完全に見切りをつけることはしなかった。

Zidane tiene flor(ジダン・ティエネ・フロール)と、よく言われていた。「ジダンは幸運な男」という意味で、そこには彼を揶揄するニュアンスがあった。だがリーガ制覇を運で片付けてはならない。配慮とカリスマ。組織の再構築が、ジダンの手によって完遂されたのである

2020/07/30(木) 
メンバーをローテしながら戦い抜いたジダン。その中でベイルにも一定の時間は与えられてたのに後半の態度は酷いと思った。移籍するのかしないのかは分かりませんが、来季はプレーで見返して欲しい。レアルにいるなら「ロナウドが居なくても俺が居る!」出てくなら「放出した事後悔しろ」くらいのプレーを見せて欲しい。

2020/07/30(木) 
俺はシーズン当初からリーグは優勝するとみていたけどね。復帰後のその取り組みもみていたが、的確だったのが理由だ。
そしてジダンを森保と並ぶと称するユーチューバーもいたけどなw。まあいまとなってはw。かわいそうで悲しいのはそういう輩にそそのかされて信じ込む若い未来が明るいはずのサッカーキッズたちだ。ユーチューブというメディアが大きくなればなるほどそういう誤解もおおくなっていく。大人の責任ははかりしれなく大きい。

2020/07/30(木)  
CLの上の方でバイエルン、ユーベと当たった時にどうなるか。リーグ戦は「堅実」という言葉が似合う優勝だったと思う。だから余計に堅実さだけでは勝てないユーベやバイエルン相手に勝つにしろ負けるにしろどういう展開なるか楽しみ。

2020/07/30(木) 
出場している選手の数は多いけど、役割が明確で迷いなくプレーできてチームワークも良い。
監督の手腕だね

2020/07/30(木)  
今のマドリーのサッカーを見るのは楽しい
全員守備全員攻撃でボール回しも凄まじいスピード
ロナウドがいた頃とは違いどこからでも点の取れるチームになった

2020/07/30(木) 
幸福な男だと揶揄されてもジダンはそれをも飲み込んで納得する言葉を発してくれそう。
ジダンにはそれだけの余裕と実績とカリスマ性がある。超タレント揃いのレアルマドリーにおいても選手の誰よりも華がある

2020/07/30(木) 
何よりCL3連覇が凄すぎる。CR7に依存だの何だのと言われたが、メッシにおんぶにだっこのバルサもグアルディオラが率いていた時でさえ連覇出来ていない。

2020/07/30(木)  
しかし、ジダンはいつまでやるんだろうな。

前に自ら辞めた時は、辞任発表の席でペレス爺さんが隣で猫背になってションボリしてたのが子供みたいでかなり印象的だったw

ペレス爺さんあんな風になるんかとw


いずれにせよジダンの後じゃ誰がやっても大変だろうな。

2020/07/30(木) 
監督は人心掌握が1番大切よなジズー、クロップ、ペップ、シメオネ、コンテ
自分の戦術も大事やけど、この人らは選手を大切にしてる感じが目に見える

2020/07/30(木) 
バルサがつまずいたとはいえ、去年のあの状況からまさかリーガ優勝とは考えられなかった。

2020/07/30(木)  
監督ってのは選手に有無を言わせない説得力が必要なんだとジダンをみていると思わされる。

2020/07/30(木) 
ロナウド、ラモス、モドリッチ。これだけ代表のキャプテンが揃いに揃ってるのに加えて最強のモチベーターシダンがいたらそりゃ3連覇するわ

2020/07/30(木) 
マドリーが強くなったというより、弱くなったけどバルサが監督交代で更に弱くなったという印象。
今のマドリーでは、プレミア勢だけでなく、ユベントスやPSGにも勝てないと思う。

2020/07/30(木) 
アザールがコウチーニョ化してるな 売り飛ばした方が良い











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ