スクリーンショット 2020-07-29 16.10.08

スポンサード リンク




「『天才』とは誰も思いつかないようなプレーをする人」

 幼少期から類稀な才能を発揮し、10代の頃から「ジーニアス」と呼ばれ続けてきたセレッソ大阪の柿谷曜一朗が考える『天才像』とは――。天才の定義、自身の思考、天才だと思う現役選手など、奥深いテーマについて、とことん語ってもらった。

――◆――◆――

――まず、柿谷選手が考える「天才」とは?

「パッと思いつくのは、僕の好きなスタイルであり、目標であり、一緒にプレーしたいと思わせてくれる選手です」

――具体的に一緒にプレーしたいスタイルというのは?

「なんやろう、これっていうスタイルがあるわけではないんです。不思議と目が留まってしまうって言うのかな。J1だけじゃなく、J2、J3、大学生とカテゴリーを問わず、何か惹きつけられる魅力を持っているプレーヤーっているじゃないですか。歩いているだけなのにオーラを感じるというか。ネームバリューとかを抜きにしても、自然とプレーを目で追ってしまって、『早くこの人にボールが渡らんかな』って期待せずにはいられない、みたいな。そういう選手がめっちゃ好きで、同じピッチに立てたら楽しいんやろうなって。僕の勝手な意見ですけど、そういう選手こそ『天才』と呼ぶのかなと」

――ボールを持つとワクワクするような?

「そうそう。予想を裏切るプレーで楽しませてくれる選手。サッカーってどの試合も、どの局面もシチュエーションがまったく違うわけじゃないですか。パターンは無限にあって、対面するDF、ボールの回転数、寄せのスピードはその時々で変わる。その瞬間の選択は決められたものではないし、『絶対にこれ』という正解はない。もちろん一般的なセオリーはあるんだけど、『天才』というのは、そういう状況を判断して誰も思いつかないようなプレーをする人なんじゃないかと」

――確かに凡人では想像もできないプレーをするのが、ひとつの定義かもしれません。

「想像できないということは、DFも読めない。つまり相手の逆を突いてドリブルをしたり、予測できないタイミングでシュートやクロスを放ったりとか。ただ上手いだけじゃなくて、『そこが見えているんだ』というプレーをする人っておるでしょ。ピッチを上から見ているような感覚を持っていて、相手のリーチも把握して、どこにボールを止めるべきか、どう運ぶべきか、すべてを身体で感じてやってしまうような」

「いつも監督やコーチの要求の1個上をいきたくて」

――『天才』=『感覚派』?

「それはあるかもしれません。理屈で説明できない“閃き”ってやつです。プロになる人なら誰しもが独自の感覚を持っていると僕は思っているんですが、それを表現する機会が特に多い人を『天才』と呼ぶのかなと。(アンドレス・)イニエスタとか小野(伸二)さんとかね」

――柿谷選手も予想外のプレーで楽しませるスタイルですよね。

「『楽しませる』というフレーズは、なにより意識しているところです。天才的なプレースタイルは、僕の憧れであり目標でもありますからね。ファン・サポーター、相手、チームメイト、その場にいる全員に『凄い』と唸らせたい。それが僕のサッカーの楽しみ方であり、スタイルなので。どうしたらみんなの心に残るかなと常に考えています」

――その『楽しませたい』という想いはいつ芽生えたのですか?

「いつやろう……。もう小学校に入った時にはもうサッカーのことしか頭になかったから、その頃からあったかもしれません。子どもにしては変わっていたんかな」

――小学生の頃から、そう考える選手はなかなかいません。

「『監督やコーチを驚かせてやりたい』っていうのが始まりだったんですよ。いつも監督やコーチの要求の1個上をいきたくて。練習中で何か指示を受けても『ほんなら、こうしたほうが要領ええやん』と、そういうポイントをずっと探していました。まあ指導者からしたら手がかかる選手やったのは間違いないです。言うことは聞かへんし、生意気やし。実際にアカデミー時代にも指導してくれていた小菊(昭雄)さん(現トップチームヘッドコーチ)にはこっぴどく叱られていたのを覚えています。今も昔話をすると言われますよ、『お前は本当に世話の焼ける子どもだった』って(笑)。まあ今でも予想を上回ってやるという姿勢は変わらず俺のストロングポイントだという自負はあるし、失敗すると怒られる一方で成功すると言葉が出ない、そんなプレーに一番やりがいを感じます」

「パッと反射的に身体が動く感じ。頭で深くは考えていない」

――その姿勢がセンスにつながっているのですね。

「んー、それは正直分かりません。単純に人が敷いたレールを走るのが嫌やっただけです。ほら学校の授業って全員同じ教科書が配られるでしょ。でもそれを勉強していてもみんなと同じことしかできひん。それなら別に参考書を買って、そっちを極めたほうが面白い。他の人とは違う道で『俺はもっと凄いんやで』って見せつけられるなと。先生の話を素直に聞くのも大切やけど、勉強の仕方は自由。だからサッカーだってセオリー通りに動くだけじゃなく、もっと思うがままにやってええんちゃうかなって。そんな感覚です。まあそうやって生きてきたから、今でも普通のプレーをわざと難しくする癖はありますけどね(笑)。センスとは違うかもしれないけど、自由な発想は培えたのかもしれません」

――『自由な発想』とは、セオリー通りの選択肢とは別に、自分なりのアイデアがあるというイメージなのでしょうか?

「僕の場合、選択肢自体は全然ないんですよ。漫画とかゲームとかでよくあるじゃないですか。5つくらい選択肢が思い浮かんで、その中からひとつを選ぶみたいな。そんな思考は持ち合わせていないです。相手の寄せるスピード、味方の位置、ボールの回転とか、いろんな視点で状況を見た時に、パッと反射的に身体が動く感じ。頭で深くは考えていないです」

――それは、つまり感覚でやっているわけですよね。やっぱり天才じゃないですか!!

「ありがとうございます(笑)。でも僕はどちらかと言えば身体能力に任せている感じです。スピードで相手を振り切るとか。イニエスタや小野さんみたいな“本物”とは、発想のレベルが違うというか」

――発想のレベル?

「あのふたりは『うわ、今のめっちゃ上手いやん』って唸るプレーの連続じゃないですか。驚くようなプレーを生み出す数が半端じゃない。僕は全然その域ではないです」

――ただ他の選手は柿谷選手のプレーに、多くの驚きを感じているはずですよ。今年6月に発売された「サッカーダイジェスト」で行なった、現役Jリーガーへの『天才番付』アンケート企画では4位。「意外性」「アイデア」「発想」を評価するコメントが多く寄せられています。

「おお!! ほんまですか。それは嬉しいです」

――こちらが選出理由のリストです。気になるものはありますか?

「(リストをじっくり見ながら)井手口(陽介)くんの『サッカーを楽しんでいる』というコメントは嬉しいですね。やっぱりそれが僕の取り柄なので」

「天才と言ってもいろんなタイプがあって…」

――ガンバの選手からは結構票を集めていますね。5人中3人からトップ3に選ばれています。

「ライバルやのに有難いなあ。僕が前に在籍していた徳島からもふたりが選んでくれている。今は一緒にプレーした選手はほとんどおらんけど。あと川崎の田中碧くんが1位に選んでくれているのは感慨深いですね。まだ21歳でしょ。そんな若い子が選んでくれているんだ。これからも頑張らないといけないですね。2、3年後、もう一度このアンケートを取った時には1位になれるように。この30歳~40歳でトップパフォーマンスだと言われるように精進します」

――これまでのキャリアで「こいつには敵わない」と感じた選手はいましたか?

「いないです。というより、あまり他の選手と自分を比べないんです。一つひとつのプレーに対しては感心することはありますよ。『今の凄いな。俺もやりたいな』って。同時に『俺にもできるはず』とも思っています」

――柿谷選手が「天才」を選ぶなら誰ですか?

「すでに何回か名前を出しているイニエスタと小野さんは、僕だけじゃなく誰もが挙げる天才の代表格でしょう。アイデア、ボールタッチ、パスのクオリティはJリーグで図抜けています。とは言っても、このふたりに宇佐美(貴史)みたいなキレキレのドリブルはできない。つまり天才と言ってもいろんなタイプがあって、その人の目指す道によって変わってくるというのが僕の考えです。バルサなんて各部門のトッププレーヤーだらけの集団でしょ。全員が天賦の才能を持っているけど、それぞれプレースタイルは違う。それを踏まえて凄いと感じるのがボランチタイプの選手。川崎の(大島)僚太や、スペインでプレーしている(柴崎)岳とか。サッカーIQが高く、技術が優れていて、ひとりいるだけでチームを上手く機能させられる。僚太と岳とは一緒にプレーしたことはないけど、このふたりは観ていてホンマに賢くて上手いなと感動します。あと個人的に好きなのは、やっぱり独自の感性を持っている『天才気質』の選手です」

「ところどころで唸るようなプレーを見せてくれるのがたまらない」

――天才気質?

「僚太や岳みたいにひとりでチームを回せるわけではないし、ミスも少なくないけど、アイデアにオリジナリティがあるような。大分の小塚(和季)くんとか福岡の(福満)隆貴とか。ふたりはまったく異なるスタイルでも、『そこでそれやるんや』っていうビックリするようなプレーを見せてくれる点では共通している。最初に言ったように、僕が考える天才像に近いタイプです。僕に近い世代だと、花井聖とか安田兄弟の弟(晃大)とかも挙がりますね。特に外せないのは土居(聖真)くん。テクニックが素晴らしいし、特別なセンスがある。鹿島の試合を観ていて、ボールが渡ると思わず『おっ』って前のめりになります」

――昨季の『サッカーダイジェスト』のベストプレーヤーアンケート企画でも1位に挙げていましたね。

「憶えていますよ。ところどころで唸るようなプレーを見せてくれるのがたまらないんですよね」

――では最後に、今挙がった選手の中でトップ3を絞るなら?

「イニエスタと小野さんは別格として、1位は土居くん。2位は……、あ、広島の森島(司)くんを入れたいな。プレーがしなやかで、『モリシマ』って名前も良いですよね(笑)。3位は迷うところだけど、隆貴かな。一緒にプレーして実際に凄さを間近で目にしているし。まあ、ここまで何人か名前を挙げましたが、あくまで僕の意見ですからね。『天才』って人それぞれ意見が違うから一生答が出ないだろうし、何時間でも喋れるテーマですよね。それだけ奥が深いってことです」

――◆――◆――

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
https://news.yahoo.co.jp/articles/242ca0f2898658267955dab376d25fed595cc9df?page=1 

 

2020/07/29(水)
君のトップスピードにいながらも流れるように受けるトラップも天才だと思う。
ただもっと成長して大物に化ける素質があったのに、今一で伸びず勿体ない選手。

2020/07/29(水) 
こういうインタビューで
小野、イニエスタは別格扱いで若い選手をあげるのはいいね、知られてない選手に注目するきっかけになるし。

2020/07/29(水)
こういう書き手の主観を極力減らして脚色のない記事は好き。
ちゃんと伝わるように注力してくれてありがたい。

2020/07/29(水)
「うんうん」と読んでいて楽しくなるインタビューだった。プロ選手としての視点があることはもちろんだが、柿谷選手が一人のサッカーファンとして楽しんでいる様子が垣間見えた気がする。

2020/07/29(水)
土居は二列目なんだかFWなんだか、ドリブラーなのかパサーなんだかよくわからない感じでずっと定位置をキープしてるのがすごいと思う。8番がめっちゃ似合う。

2020/07/29(水) 
土井聖真が柿谷に評価されているのは、鹿島サポとして嬉しい。

2020/07/29(水) 
「2、3年後、もう一度このアンケートを取った時には1位になれるように。この30歳~40歳でトップパフォーマンスだと言われるように精進します」

天才と呼ばれ続けてきた柿谷がこういう意識を持ってると知って、応援したいなと思った
長くやれる選手の大事な要件ですよね

2020/07/29(水) 
福満にそんなイメージあったとは意外だった

福岡で結果を出してレンタルバックしてもらいたい選手なのでその評価は嬉しいな

2020/07/29(水)
昨シーズンなんかは90分とか通してみると、ボールの失い方とかイマイチな印象もあったりだけど、今年に入ってからの宇佐美と柿谷のインタビューやら動画を見ると、改めてすごいと思った。サッカーの好きさ加減が伝わってくる。
サッカーは、家長・本田圭佑の関係じゃ無いけど、ピークになる年代が人によっても違うので。。チーム事情や監督との相性もあったりで、難しいですね。

2020/07/29(水)
>失敗すると怒られる一方で成功すると言葉が出ない

集団競技なので決められたことを忠実にこなすのも重要ですが、そのラインを狙って楽しむのも良いですよね。
ジュニア・ジュニアユースにもそういった感覚の指導者がいれば良いのですが、決め事ばかりを重視する指導者が多いように思います。
チームの原則原理は持ちつつ、個々の特性を活かすのが指導者の腕の見せ所かと思います。育成年代は何より楽しむのが一番!!

2020/07/29(水)
小塚選手は、YouTubeでJ2最強パサーを見て、期待して見るようになりましたが、確かに異質。
応援していたので、まさか、柿谷選手みたいな人からも評価されて嬉しいです。
柿谷選手が推すなら、他の選手も見てみたいと思います。

2020/07/29(水)
柿谷選手は謙虚とかそういうんじゃなくて、温厚というか素直というか、上手く表現出来ないけど本当にいい奴。ただ、サッカーは勝負事なので大久保のようにギラギラしたところも出して活躍して欲しい。

2020/07/29(水)
日本中のサッカーチームの指導者が全部とまではいかなくとも、プロ経験者がもっと増えてほしいな。小中学生年代に欲しい。
特に10年以上プロでやってきた選手が小中学生時代どの様な気持ちと考えを持って取り組んでいたか伝えて欲しい。
私達素人には分からない域の感覚を少年達に触れてもらうのは凄い事だと思う。
私達にはいくら勉強しても教科書と人間形成の部分しか伝えられない。人間形成は大事だが人とは違う感覚、私達サラリーマン気質の人間には理解出来ない事を吸収出来れば良い選手良い人間になるのでは。

2020/07/29(水)
古くて比較しようがないですけど、私にとってピクシーが紛れもない天才プレーヤー。ほんとに別格ですけど。全く枠にはまらないまさしく妖精のような華麗なプレーに無駄のない動き。すごい選手は他にもいるけど、天才という表現はまさに彼のためのものだと思います。

2020/07/29(水)
柿谷選手が評価するJ1大分の小塚和季選手(25歳)は一般的にもっと評価されていい。
昨シーズン、大分の予想を超える好成績に貢献した。
プレーは「小塚和季プレー集 J2最強パサー」の動画を見れば柿谷選手の言う素晴らしさが分かる

ボール扱いは上手いし、ターンとその身のこなしも上手い。ターンからのスルーパスも受け手の走るスピードを止めない位置に出せる。初速の速いグラウンダー、またはそれに近い中長距離スルーパスは美しい。

利き足の右足だけじゃなく、左足でもパスが出せる。
自分でボールを運ぶドリブルスピードも遅くはない。キックのフォーム自体が綺麗でシュートも上手い。今季は多くのアシストはもちろん、J1で5ゴールは取って欲しい

プロ契約した当時J1の新潟から、JFL、J3、J2を経験した順風満帆ではない才能ある選手。今後はA代表に召集されるくらいの活躍を期待したい

2020/07/29(水)
小野、イニエスタはやっぱり別格ですよね。
柿谷も充分天才だけど、タイプが違う。
セレッソは香川、清武、南野、柿谷と似た天才が定期的に現れるから凄い。
もし小野と久保が同世代でプレーしてたら、日本のイニエスタ、メッシとしてとんでもなくワクワクするプレーを見せてくれただろうなぁと空想してます。

2020/07/29(水)
柿谷よ、あなたも十分ポテンシャルは天才だと思う。 
今一つ海外では伸びきれなかったけど、それでも未知の可能性を感じさせてくれる選手でした。

今、その期待は久保くんに向けています。

2020/07/29(水)
インスピレーションとそれを体現できる技術って感じよね
一人でできることもあれば周りの動きと合わさってできるようなことを
一人でコントロールできる人とかもいるし、天才といっても見る人の着眼点によって違うだろうな

2020/07/29(水)
柿谷は時折物凄いプレーをする、という印象。天才肌かもしれないが、イマイチだと思う。
成長しきれなかったというか、殻を破れなかったというか。
非常にもったいない選手。

2020/07/29(水) 
小塚選手も福満選手もJFL時代の
レノファからJ1までのし上がった選手。
2人のアイディアやプレーが
J1 でもピカイチだとはとてもすごい事ですね!

2020/07/29(水)
前節のボレーシュートもそうだけど、聖真はたしかに驚くようなプレーをする。でも、そこを外すかというシュートもある。出場機会が減ってるけど、公式戦で二桁取ってくれたらチームは助かる。

2020/07/29(水)
サッカー界での天才の話になると必ず出てくる、小野選手。
タラレバだけど、怪我をしていなければ、どこまで行けたのか、見てみたかった。。。

2020/07/29(水)
柿谷はトラップの天才と思う。小野伸二とはちょっと毛色が違うけど。
宇佐美はシュートの天才。なんであんな小さな振り幅で伸びのあるミドルが打てるんだ。

2020/07/29(水)
とても楽しく話しをしていることが伺われるインタビューで、非常に読みやすかった。柿谷の明るい所がでていて良かったです。

2020/07/29(水) 
柿谷は 柿谷くん なんだよ。
いつまで経っても子供というか純粋というか。インタビューでも言ってるけど、感覚でプレーしてるとか。それもいいんだけど、やっぱりトップになる選手は頭が良いよ。イニエスタも小野選手も。

2020/07/29(水)
バーゼルでもっと粘ってればなぁ。
4大リーグで見れたかもしれないのに。

2020/07/29(水)
柿谷は一番期待しているFWだけどね。
もっと伸びると思ったけどなぁ。

2020/07/29(水)
広島の森島を入れてくれてるのは嬉しいね。彼と川辺、大迫は広島の未来。今の広島は若手がほかにも充実してるけど。

2020/07/29(水)
スポーツ選手は体格や技術力と同じくらいメンタルとコミュニケーションが大事なんだな〜とこれまで天才と言われながら大成しなかった選手を見て思う。

2020/07/29(水)
たしかに対戦相手としては鹿島で土居聖真の評価が低いのが気になる。海外行っても代表でも全然通用すると思う。ただ数年前から伸びてるイメージはないから海外移籍のタイミング逃した感がある
びっくりするくらい走力もあるし
数年前のJリーグの試合で後半45分0-1で負けてるところから、2点入れて逆転に持ち込んでたし勝負強いイメージもあるし











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ