スクリーンショット 2020-07-28 2.57.45

スポンサード リンク


V川崎時代のカズ。Jリーグバブルの象徴だった

【多事蹴論(5)】1993年に発足したプロサッカーのJリーグは大フィーバーを巻き起こし、社会現象になった。試合チケットはプラチナ化し「満員御礼」が連発。スタンドからは若い女性の声援が飛び交い、テレビ各局もゴールデンタイムに生中継したほど。中にはベンチ入りもままならないレベルの選手がテレビCMに起用されるなど、まさにJリーグバブルだった。

【写真】りさ子夫人のファッションも注目の的

 その象徴となったのはヴェルディ川崎(現J2東京V)だ。司令塔のMFラモス瑠偉を筆頭に主将のDF柱谷哲二、カズことFW三浦知良、FW武田修宏、MF北沢豪ら多数の日本代表を擁したスター軍団。高級外車を乗り回し、洗練されたファッションを着こなすなど、スポーツ界に新風を吹き込み、大ブームをけん引した。

 そのV川崎は圧倒的な戦力を武器に初代Jリーグ王者に輝いたこともあり、オフの契約更改で大盤振る舞い。リーグ最優秀選手(MVP)となったカズは2億4000万円、ラモスは1億8000万円、柱谷が1億5000万円、武田は1億2000万円、北沢が1億円と5人が億超えプレーヤーとなり、プロスポーツの先駆者、野球に迫る勢いとなった。

 そんな破竹の勢いでスタートしたJリーグは当時の世界サッカー情勢に照らし合わせても“トップレベル”にあった。

 世界最優秀選手賞「バロンドール」を選定する「フランス・フットボール」誌をはじめ各メディアは、94―95年シーズン前に世界高額年俸ランキングを掲載。当時のナンバーワンはイタリア1部ユベントスの元同国代表FWジャンルカ・ビアリの約2億8000万円で2位が同じユベントスの同国代表FWロベルト・バッジョの約2億6000万円と報じていた。

 当時のイタリアは各国のスター選手が集結する世界最高峰リーグ。各メディアの報道は金額などに多少の“誤差”はあったものの、イタリアクラブの選手がランキングの上位を独占。93年に創設されたばかりのJリーグ勢の年俸は欧州メディアに反映されていなかったが、V川崎時代、カズの年俸2億4000万円は当時の世界トップ5に入る金額だったわけだ。

 しかし、当時のJリーグにはカズ以上に稼ぐ“隠れ世界1位”の選手がいた。当時、名古屋に所属していた元イングランド代表のエースストライカー、FWガリー・リネカーだ。日本サッカーのプロ化に合わせて来日したが、年俸3億円と報じられたように、世界トップ選手よりも高額なサラリーを受け取っていたのだ。当時のJリーグバブルの勢いがうかがえる。

 ちなみに欧州メディアによると、2020年6月時点で世界最高年俸はスペイン1部バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシで4600万ユーロ(約55億円)で、フランス1部パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールが2位で3600万ユーロ(約43億円)とされる。(金額はすべて推定)

https://news.yahoo.co.jp/articles/bd8005581552aa0dd6e6d4079655c60c2edc1dca 

 

2020/07/27(月) 
ここ15年ぐらいの高騰ぶりがすごい。
ネット含め、有料放送ですごいお金取れるようになったからだろうか。

2020/07/27(月) 
当時2億円で世界トップクラスの年俸だったことを踏まえると有り得ないレベルで年俸が高騰してるのがよくわかる。

2020/07/27(月) 
当時は、ピークを過ぎたとはいえ、ジーコをはじめスキラッチ、ブッフバルト、リトバルスキーなどスター選手がゾロゾロ来ていた。もっとも、今でこそ、イニエスタやビジャ、F・トーレスも来ているが。フォルランやリュンクベリも来てた時期もあったなあ…

2020/07/27(月) 
欧州の年俸の高騰振りが凄いのに対して、Jリーガーの日本人の最高年俸はこのカズの年俸がピークでないか
その後は、北川など年俸更改で不満タラタラになるくらい下がっていったと思う
というかヴェルディが採算度外視して野球並みに年俸を出し過ぎたと思う

2020/07/27(月) 
草創期のJリーグはジーコ、リネカー、ラモン・ディアス、リトバルスキーとかインターナショナルプレーヤーが本当にたくさんいたからな。ストイコビッチは結局日本で選手キャリア終えて監督としても名古屋をJリーグ優勝に導いたし。

2020/07/27(月)  
ロベルト・カルロスが「当時のブラジル選手にとってJリーグは欧州主要リーグと並ぶ選択肢だった」と言っていた。ボスマン裁定以前かつアメリカが参戦していない以上、当時、ドイツ・フランス・イギリスの合計GDPと匹敵した日本のリーグはそういう地位になって当然であった。あれから20数年、財務省による日本経済破壊政策で日本はたくさん衰退した。

2020/07/27(月) 
当時のヴェルディは本当スター軍団で全国の子供達の憧れだったな。
サポーターだけでなくマスメディアもこぞって盛り上げたからこその存在であって、あのような全国規模のスター軍団チームは日本ではもう中々生まれないような気がする

2020/07/27(月) 
ヴェルディ川崎も武田もカズもブームの時が一番輝いていたな
永島も本並も移籍され人気も実力もイマイチだったガンバが
現在人気チームとして存在しているのが興味深い。

2020/07/27(月) 
それだけのJリーグバブルで世界のトップ選手が来てくれたから、日本のサッカーが急成長した。
枠の拡大があるにしても、W杯出るのが夢だった時代の時は、出て当たり前の時代になるとは思いもしなかった。

2020/07/27(月)  
この30年で何があったんだと思うくらい年俸が上がっている。
90年代が安かったのか? 今が高すぎるのか?
夢がある話だが、今のサッカーは金があるチームとないチームの差が激しすぎるし、本来のサッカーの面白さが半減した感じがする。

2020/07/27(月) 
子供ながらに当時のJリーグの熱量の凄さは覚えている。

当時のヨーロッパの金銭事情は知らなかった情報だ。
欧州は税引き後の年棒表示が多いと聞いた事あるけど、それにしても現在と比較すると凄まじい年棒高騰があったんだな。
30年前はオンタイムにヨーロッパの試合を日本で観戦することなんて絶対無かったわけだし有料放送、市場のグローバル化でお金の動きが全然変わってきたのだろう。

2020/07/27(月) 
Jリーグがはじまるとき、何人もの海外選手を集めた。今でも同じだと思うけど…
ヨーロッパの選手より南米の選手の方が
安い年俸でJリーグに貢献してくれたと思う!
ジーコ、アルシンド、エドゥー、ディアス
ペレイラ、ジョルジーニョ、ビスマルク、
レオナルドなど…

2020/07/27(月) 
世界の年俸が高くなってきたのはわかるが、日本はいつまでも年俸が低いまま。何十年も前の年俸とさほど変わらないとは…
野球も5億くらいがだいたい上限だし、これじゃ海外に出たがるわけだ。

2020/07/27(月) 
クラブが健全経営できる範囲で、スター選手のギャラは高くていいと思う。
それでこそ夢があるし、目指す人が増えて裾野が広がる。

2020/07/27(月) 
日本がバブル崩壊して不良債権処理に苦しんで、生産を中国に移転して中国が成長し、中国を始めとする世界のオイル需要が高まってオイルマネーが膨張し、マネーの投資先を求めてプレミアリーグやリーガにお金が流れたおかげで選手の報酬はうなぎ登りになった。

2020/07/27(月)  
なるほど、当時世界の中で日本は中国と同じ立ち位置だったんですね。にしても、最近の年俸高騰がすごい。

2020/07/27(月) 
当時はセリエAが世界のトップリーグとして、世界の有力選手が集まっていた。その後、中田が挑戦した1年目はワクワクしながら見ていたなぁ。

2020/07/27(月)  
年俸の推移を見ると日本の凋落ぶりがよくわかる。。今やスポーツでもビジネスマンでも世界のトップクラスは数十億が当たり前になってるのに日本人には年俸の高騰やバブルに見えてる。

2020/07/27(月) 
テレビ視聴と、ゲーム機の映像技術の進歩で公認ゲームがリアルになりより売れる、その版権が落ちるのも大きいのかな。

2020/07/27(月)  
サッカーも野球も海外じゃ日本と桁違いの報酬額
日本国のプロスポーツも選手に多大に還元する海外の収入システムを見習うべきかと

2020/07/27(月) 
サッカー選手の年俸高すぎる。
イギリスのプレミアリーグの平均年俸が
三億円??
日本人はメジャーリーグが一番稼げて
日本のプロ野球が二番くらいな雰囲気だけど世界をみると足元にも及ばない。

2020/07/27(月) 
カズの年俸はまだブラジルでサッカーやりたくて契約に難色示してたカズに業を煮やしたナベツネが、ほぼ言い値の年俸を提示したのもあるだろうな

2020/07/27(月) 
年俸も凄いけど、あの頃、武田が云うんだ、「なんでゴルフウェアみたいなの着てるんだろ」って。サッカーはオシャレだったし、プロ野球はオッサン着にロレックス。ありゃ、そうだなと思ったもん。カズ、貴花田、武豊が新時代作ってさ、野球ファンだが、ほんとカッコいかった。

2020/07/27(月) 
観客動員もテレビ視聴率も凄かった。ミサンガ、Jリーグチップス、Jリーグアイス、Jリーグカレーetc.グッズの売り上げも凄かった。今の時代に創世記のJリーグを見たら、なんだ?この試合は?って感じだよね(笑)あの頃のJリーグはレベル低すぎだったよ(笑)

2020/07/27(月)  
ボスマン判決とマードックの参入が引き金となり、ロシアや中東のオイルマネー流入が現在の異常なまでの年俸高騰を招いた。

2020/07/27(月)  
もしあの時代のJリーガーが当時の実力そのままで今プレーしていたとして、今のJリーグでどれだけ通用するか見てみたい。

2020/07/27(月) 
昔と今では単純比較はできないけど、日本のサッカーブームのピークはJリーグ発足当初の1990年代であることは間違いない。

2020/07/27(月) 
ヴェルディは嫌いだった。
選手ではなく親会社。
読売!読売!と実況で何度も何度も連呼してた。Jリーグの精神に反する行為は平気。読売新聞の傲りが鼻について鬱陶しかったなあ。

2020/07/27(月)  
日本は総額、海外は手取りだと思うのですが。

2020/07/27(月) 
イタリアは税抜き手取り金額だから、実際はかなり差があるよ。







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ