スクリーンショット 2020-07-24 18.11.42のコピー

スポンサード リンク




シリーズ「リーガに挑んだ日本人」はこちら>>

「最終節を再試合にすべきだ!」

 デポルティーボ・ラ・コルーニャのフェルナンド・ビダル会長は、憤りと悲嘆を滲ませて語っている。

 リーガ・エスパニョーラ2部の最終節、フエンラブラダはデポルの本拠地に乗り込んでいる。しかし、試合前のPCR検査で、遠征選手の6人が新型コロナウイルスの陽性反応を示したことを確認。他にもスタッフなど合計12人の陽性者が出た。

 試合は急遽、延期になった。公衆衛生や選手の健康面の理由で、他の試合も中止が検討されたという。しかし結果的に、他の10試合はすべて開催された。ビダル会長は、その不条理を訴えているわけだ。

 デポルは1試合を残し、2部B(実質3部)へ降格することが決まった。フエンラブラダに勝利すると、残留圏18位のポンフェラディーナと勝ち点で並ぶが、直接対決で劣っているため、降格圏の19位以下を抜け出せない。気の毒な結末となったが、シーズンを戦っての結果と言える。降格の決定が覆る可能性は低いだろう。

 なぜ、かつてヨーロッパサッカーを席巻し、日本にもファンが多かったデポルが、3部にまで降格することになったのか――。

 1990年代、デポルは名将アルセニオ・イグレシアス監督の堅実な戦いで頭角を現し、「スーペル・デポル」と異名を取る。マウロ・シルバ、ベベットらブラジル人選手を擁し、1993-94シーズンは最終節にリーガ優勝を逆転で逃すが、1994-95シーズンにはスペイン国王杯で優勝。あまり知られていないことだが、スペインにおけるブラジル人選手の補強ラインを確立したのは、彼らである。

 そして「スーペル・デポル」をベースに、ハビエル・イルレタ監督は、ジャウミーニャ、ロイ・マカーイ、ディエゴ・トリスタン、フアン・カルロス・バレロンを擁し、屈強なチームに仕上げた。

 1999-2000シーズンには、悲願のリーガ優勝。欧州カップ戦では、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、ユベントス、ミランなど、強豪クラブを次々に血祭りにあげている。2003-04シーズンには、チャンピオンズリーグ準決勝で、ジョゼ・モウリーニョのポルトと死闘を演じた。

しかし、その後は坂道を転げ落ちるようだった。2011年に2部降格が決まった時は、200億円以上の負債が発覚。その後は1部と2部を行き来するようになったが、昨シーズンも1部昇格プレーオフを戦うなど、2部の中では依然として有力クラブだった。

 今シーズンも、予算的には2部で5番目に多いチームだった。目標は1部復帰。資金をかけて有力選手を獲得し、そのひとりが柴崎岳だったと言える。

 だが、クラブ内部は混乱していた。シーズン中に会長が交代。監督も、現在のフェルナンド・バスケスで3人目である。17試合連続勝ち星なしの後、6連勝で歓喜に湧くも、コロナ禍による中断前後は再び7試合連続勝ち星なしに。終盤戦は暗黒の3連敗だった。

「せっかく残留圏から抜け出せるはずだったのに、その機会を逃した。泣きたい気分だよ。説明がつかない。恥ずべき結果だ」

 第40節、降格が決まっていたエストレマドゥーラに対し、先制しながら逆転され、追いついたものの、終了間際の失点で逆転負け(結果は2-3)した後、バスケス監督は動揺を隠せなかった。指揮官が我を失うことは、最悪の予兆である。

「監督はうつ状態ではないか。降格のストレスで人が変わってしまった。今や特定の選手を信用するだけで人を近づけず、視野が狭くなっている」

 地元の記者は懸念の声を上げていた。そのバスケスが最も信頼したひとりが柴崎だった。

 今シーズン前半、柴崎は周囲の期待を裏切っていた。リーダーのひとりとして迎えられたにもかかわらず、不調のチームに埋没。不振の戦犯のひとりとされた。

 ところが、バスケス監督が昨年12月末に就任すると、戦術軸に復活。3-4-2-1のボランチの一角で、ゲームをコトンロールした。コントロール、キック、ビジョンは2部では群を抜き、エレガントさを見せている。

 ただ、シーズンを通して見た柴崎のプレーは、チーム同様に安定していなかった。

 前を向いてボールを持てたら、どのゾーンでも無双状態に近くなるだけに、使い方次第の選手と言える。その点、ヘタフェ時代のホセ・ボルダラス監督は柴崎を要所で投入し、結果を引き出していた。

一方、ボランチとしては守備面の強度に不安を抱えるため、プレーにムラが出る。サイドの選手としてはスピードが足りず、トップ下というポジションは存在しない。連戦を続ける中ではネガティブな面が出てくる。その特性は、欧州に渡ってきた時から変わっていない。

 来シーズンのデポルは、1979-80シーズン以来の2部Bでの戦いになる。ガリシア地方を本拠にする国際的銀行『アバンカ』が3500万ユーロ(約42億円)を増資し、9000万ユーロ(約108億円)の負債への手当てが決まっているため、今すぐ消滅とはならない。しかし瀬戸際に立ったと言える。「スーペル・デポル」時代の英雄バレロンは「2部残留」を条件に、Bチーム監督就任が決まっていたが、白紙に戻った。

 柴崎がデポルに残る可能性もほぼないだろう。

「40年で最大の大惨事」

 スペイン大手スポーツ紙『アス』の見出しである。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
https://news.yahoo.co.jp/articles/61e16768c3376dba47ecce40fb0b50d4dd55638c?page=1 

 

2020/07/24(金)
思ったより海外で通用しなかった。残念です。正直、欲しいと手をあげるチームもあまり期待できない、条件の良い移籍は無いだろう。

2020/07/24(金) 
優れた選手ですが、制約も多いタイプですかね。

サイドアタッカーではないし、ボランチとしては守備が軽く、トップ下としては得点力が不足。4123のインサイドハーフがベストかもしれませんが、柴崎用にチーム作る訳じゃないでしょうし。

南米選手権では良かったと思うのですが、波もありそうです

2020/07/24(金)
プレッシャーを受けると前を向けないから、下がり目で使い長短のパスを生かしたいけど、下がり目で使うには守備力が低い。
比較的プレッシャーの弱いスコットランドとかなら、活躍できると思います。もしくは、日本。

2020/07/24(金) 
まずボールロストが多すぎる
ボールを扱う技術はすごいが試合の中ではイマイチ
一試合に1回2回チャンスを作っても
5回6回ピンチを作る選手を使うのは難しいでしょう。
レベルの低いリーグで王様プレーをやらせたら化けそう。

2020/07/24(金)
代表では核となれてるけどあんまり海外で活躍したイメージはないなぁ。レアルとバルサ相手にゴール決めたことは凄かったけど

2020/07/24(金)
守備面とか使いづらい弱点が結局改善されずにここにきて大きく響いちゃってるね。

守備はカットだけに専念して、そこから攻撃に移るってパターンならスピードも体の強さも求められずにパス能力を活かせるけど。
そのためには周りが献身的な守備でコース切ったり体力を犠牲にしないといけない。
原口とか大迫とか他みんな日本なら柴崎に合わせるんだけど難しいよね。

2020/07/24(金) 
イルレタ監督時代の美しく強いデポルを知っている私としては、柴崎さんに日本人初デポルのサッカー選手としてとても期待していたが、チーム環境が悪いのもあったのか、フィットできなくてとても残念です。

2020/07/24(金)
柴崎個人というより、監督交代するまでに勝点を落とし過ぎたという印象。(断トツで最下位だったし)交代してからは良く盛り返してたと思う。柴崎は特別良いプレーしてた訳ではないけど、チームの降格に対して一人の選手にスポット当てるのは違和感がある。

2020/07/24(金)
柴崎のような選手は育成段階でボランチで使うべきじゃない。自然とハードワークしなければいけないポジションで強度の高いプレーを要求してあげないといけない。

2020/07/24(金) 
昨シーズンプレーオフ最終戦でマヨルカに勝っていればセグンダ Bに落ちる事は無かったんだ。。大きな予算組んでいい選手を獲得し続ける事が出来ないのが辛いところ。取り敢えずそこそこいい監督を呼んでチームを立て直すしか無いな。

2020/07/24(金) 
記事内では柴崎にコトンロール力、コントロール力があるように書かれているがそうではないと思う。お膳立てされるとパス能力が活きるがその環境を作る力自体は感じたことがない。代表でも長谷部や香川など試合支配力のある選手がいた時に輝く場面が目立った。
そういった能力の欠如、欠如と言うか長所として持っていないから海外でも成功できていないんだと思う。時々いいプレーは見せるけどそれが安定はしない。クラブでも代表でもそうなのでやはりそういうことだと思う
ましてや守備力、ここが対人的にも戦術的にもあまり成長が見られないのは海外で成功するのは厳しい

2020/07/24(金)
難しいシーズンだった
柴崎のプレーは好不調を繰り返し、監督やチームメイトの信頼を勝ちとることが出来なかった。

2020/07/24(金)
典型的な日本人の失敗。

ただ、上手いだけで守備の意識があっても体が弱い。

スピードも凡庸で中堅以下のチームでは攻撃のみの選手なんて、スーパーなFW位。

南米では「強い」と「上手い」は同義語な位だから、そこを変えないと海外では無理かもね。

2020/07/24(金)
結局、柴崎の適正ポジションってどこなんだろう?
ボランチ?トップ下?サイド?インサイドハーフ?なんかどれもしっくりこないような…
テクニックはあるんだけどフィジカルも強くないしスピードのあるタイプでもない。なんか中途半端な感じが付きまとうというか。
それがスペインでうまく行かない理由なのかな。

2020/07/24(金)
気持ちの面だけでなく、使われ方の面でも、テネリフェで1部目指した方が良かった。(実際、1部のチームからオファーがあったら難しいと思うけど)

サポにも愛されていたし、戻る選択肢はないのかな。

2020/07/24(金)
どんな名門クラブでも資金面が悪化したら落ちぶれます。ACミランですら転落してジャパンマネー欲しさに本田獲得しましたからね。それからするとレアルやバルサは資金面豊富で素晴らしいですね。この差はなんだろうといつも思います。

2020/07/24(金)
柴崎の守備力は改善されてないことは理解した
降格したはコロナの影響もある…
中断前は悪くなかったしね
中断明けから勝ち点を伸ばせてないしね

2020/07/24(金)
バスケス就任後も不安定さを露呈していたし、降格という結果だけ見れば大した違いは生み出せなかった。2部でさえ活躍出来なかったのに、これでよくヘタフェ時代にCL常連のオファーを待ってたもんだ。
上を目指したといえば聞こえがいいが、ヘタフェではレギュラーでさえなかったのに身の程知らずにも程がある。

2020/07/24(金)
海外で活躍する日本人は自分の意見をしっかり言える人が多い。
中盤の選手は特に言語が大事。
そもそも寡黙な選手だからそこら辺がネックなのかな?

2020/07/24(金)
岡崎選手、香川選手とは対照的な厳しい結果となりました。リーガ3部から2部へ復帰させるか、移籍するか、どちらにせよいばらの道。

2020/07/24(金)
代表では機能するのにね。
助っ人外国人として期待を寄せるには明確な魅力が無いとも言える。日本に帰るのも手じゃないかな。

2020/07/24(金)
パスが上手くても、結局は一対一に強くないと生きれない。時間の経過が結果だと受け入れ、次のステージに向かうべき。

2020/07/24(金)
ラコルーニャの場合、黄金期にどのような事をしたかというと「必要な戦力は買えばいい」という放漫経営の為一度ヨーロッパカップ戦に出られなくなると借金を返済する為に選手を売却せざるを得ず、代わりの戦力が頼りにならずに戦力がダウンするという悪循環に陥っては遂に2部以下に落ちたんだもん。

2020/07/24(金)
残留の為に移籍じゃなくて
優勝の為に移籍したんだろ(笑)
ところが予想通りの3部降格
これで全ての海外移籍に失敗した。来期はブンデス2部、運良く1部に移籍できれば、初めて花開く。リーガは無理だよ

2020/07/24(金)
監督(森保)、多くの日本人が過大評価してるだけ。岡崎のように勝てる選手じゃない。比較的上手く見せるのが上手い選手だから騙されちゃうんだろうな。ワールドカップ後の下降線は特に顕著。

2020/07/24(金)
結局小宮さんが予言したとおりになりましたね。守備の強度がないからスペインで通用しないと。マドリー相手にスーパーボレーを決めるなど技術の高さは見せるものの局地的だった。小宮叩きに走ったネット民は小宮さんのサッカーを見る目を学び、彼に謝るべきだ。ライターの仕事は選手と友だちになり、持ち上げることじゃない。

2020/07/24(金)
悪いが通用しなかった、、、

応援していたんだが、、、

2部で違いをみせれないのならJに戻るべき

2020/07/24(金)
あの準決勝でモウリーニョの陰謀でアンドラーデが退場に追い込まれた試合忘れられん。あれがなければCL優勝して、日本で見れたのに。

2020/07/24(金)
三部に落ちたチームに残ったままならな代表に呼ぶのもキツいかもな
三部の人を代表の中心にするのは普通じゃない

2020/07/24(金)
フィジカルかな。
要所では出せるけど、根本的足りない感じがしますね。だからムラがあるように見てるんでしょうね。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ