スクリーンショット 2020-07-23 9.44.27のコピー

スポンサード リンク




 目の前には敵味方を合わせて、実に8人もの選手がペナルティーエリア内で競り合おうとしていた。密集を避ける形で大外にポジションを取った自分も、ベガルタ仙台のMF椎橋慧也に密着マークされている。それでも川崎フロンターレのFW小林悠は、確信に近い閃きを感じていた。

「(大島)僚太がクロスを上げた瞬間にここまで流れてくる、という準備はできていました」

 敵地ユアテックスタジアム仙台に乗り込んだ22日の明治安田生命J1リーグ第6節。2-2で迎えた後半23分に決まった小林の豪快なボレー弾が、前半に許した2点のビハインドをはね返しての3-2の逆転勝利と再開後の破竹の5連勝、そして開幕から5勝1分けと無傷での首位キープを導いた。

 決勝点は右ショートコーナーから生まれた。MF大島僚太からFW家長昭博、大島、DF山根視来、再び大島と短いパスを繋いでベガルタを揺さぶる。そして、ペナルティーエリアの右角あたりから大島が共有した高速クロスがベガルタの5人、フロンターレの3人の頭上を飛び越えていく。

 自分のところに来る、という確信していた小林は相手ゴール前へ詰めながら急停止。椎橋との間にわずかな隙間を作り、左手で椎橋を押さえながら身体を浮かせる。クロスの落ち際を右足の甲で完璧にとらえた一撃は、低く鋭い弾道と化してベガルタゴールを射抜いた。

「ゴールも近かったので慌てずにしっかりとミートして、枠に飛ばせば入ると思っていました」

 逆転への狼煙を上げたのも小林だった。今シーズン6試合目で初めてリードを、しかも2点も許す前半をリザーブで見届けて迎えたハーフタイム。レアンドロ・ダミアンに代わる3トップの中央で、後半開始とともに投入すると鬼木達監督から告げられた瞬間に、小林は自らに使命を課した。

「自分が試合に出ることでチームを蘇らせるというか、自分が出ただけでゴールが入るんじゃないか、という空気に変えたかった。メンタルの部分でも貢献しようと思ってピッチに入りました」

 前半の2失点は不用意にボールを失うカウンターから生まれていた。ベガルタの狙いがわかっていたからこそ、リスクを冒したパスワークが影を潜める展開に陥った。
 負傷したFW長谷川竜也を前半終了間際にMF三笘薫に代えていた鬼木監督は、小林ととともに旗手怜央をインサイドハーフの脇坂泰斗に代えて投入。同時に家長を右ウイングからインサイドハーフに回したことで、後半に臨む3トップは左から三笘、小林、旗手と先発がすべて代わっていた。

「(三笘)薫と(旗手)怜央が背後を取ってくれて、クロスや前への推進力が出たと思う」

 筑波大から加入した三笘、順天堂大学の旗手と2人の大卒ルーキーの積極性が前半のチームを変えたと歓迎した小林は、後半13分に1点差に迫るゴールを決めている。右サイドを深くえぐった旗手が上げたクロスをベガルタのセンターバック、平岡康裕と吉野恭平の間へ巧みに入り込んで完璧なタイミングでヘディングを一閃。狙った通りにゴール左隅に突き刺した。

「昨年に自分のなかでつかんだものがあって。クロスが上がったときにしっかりとフリーになれているし、シュートを打つときにも落ち着いて、コースを狙って決められている」

 9月には33歳になり、ベテランの域に達している小林がつかんだものとは何なのか。試合後のオンライン会見でそれを問われた2017シーズンのMVPおよび得点王は「具体的には言いたくないです。警戒されちゃうので」と苦笑いを浮かべながら、答えられる範囲で一端を明かしてくれた。

「フリーになることが重要なので。パスを出す味方とのタイミングであるとか、どこでボールがほしいといったことは、日々の練習の段階から事細かに伝えています」

 J1歴代で11位となる通算110ゴールを決めている小林は、相手ゴール前で味方のパスを引き出す際の独特かつ多彩な動きを武器としてきた。異能のゴールハンターぶりが「つかんだもの」を介してさらに進化したのか。パスの出し手となる大島は、ピッチ上で視界に入る小林をこう語る。

「ボールをもらうためのアクションが常に人一倍、目に入ってきますよね」

 自分がフリーになる術を熟知しているがゆえに、味方をフリーにするパスも出せる。1点差に迫ってからわずか1分後。判断よく前へ飛び出して相手の縦パスをインターセプトした山根が、ドリブルを加速させてゴール前へ迫り、中央に陣取っていた小林へボールを預けた。

「(山根)視来のよさはそのままのスピードで(ペナルティーエリア内へ)入っていくものだと思ったので、自分のところへパスが来ればワンツーするイメージもできていました。なので、相手にボールを当てないように、しっかりとスペースに置くことだけを意識しました」

 ボールの勢いを殺した右足による絶妙のワンタッチパスは、ベガルタの最終ラインの裏へ抜け出した山根の足元へ。迷うことなく振り抜いた左足に放たれた強烈な一撃が、再開後で初めて先発したベガルタの守護神、ヤクブ・スウォビィクの股間を抜けてゴールネットを揺らした。

 一気呵成の同点劇の主役を演じた小林は、5-1で快勝した前節の横浜FC戦でも同点で迎えた後半15分から投入され、勝ち越しのPKとダメ押しとなる4点目を決めている。鬼木監督が言う。
「前節の活躍で言えば今節は先発でもいいぐらいでしたけど、時間的にそれほど多くの試合をこなしていないので、少し大事にいくようにしています」

 先月7日のトレーニング中に負傷した小林は右ひざ関節内遊離体と診断され、同15日に患部へメスを入れている。全治は最大で4週間。再開後の3試合はベンチ入りメンバーからも外れ、復活を果たした2試合、計75分間のプレーでリーグ2位タイの4ゴールをあげている。

「今年からキャプテンを(谷口)彰悟に代わってもらったことで、フォワードとして純粋にゴールを奪うことだけに専念してプレーできているというか。あまり意識はしていませんでしたけど、キャプテンということでいろいろな負担があったんだな、といまでは思っています」

 もっとも、2017シーズンから達成した史上5チーム目のJ1リーグ連覇は、この年からキャプテンを担った小林のゴールラッシュを抜きには語れない。一転して昨シーズンのフロンターレはYBCルヴァンカップを制したものの、鹿島アントラーズに次ぐ3連覇を狙ったリーグ戦は4位に終わった。

「昨年から先制されると、勝てない試合が続いていました。今日も今年初めて先に点を取られてしまいましたけど、こういう試合で勝っていかないと優勝はないと思っているので」

 昨シーズンは先制された試合で4分け6敗と一度も逆転できなかったことが響き、横浜F・マリノスの戴冠を許した。キャプテンという肩書きはなくなっても、胸中に募らせた悔しさは忘れない。だからこそ、2018シーズンの最終節以来となる逆転勝利を、それも2点差をはね返してもぎ取ったことで呪縛からも解放された。鬼木監督は小林の1点目に価値があったと力を込める。

「自分たちに対して集中して戦えば必ず点は取れると思っていたし、ひとつ取れば重なっていくとも予想していた。その意味では、選手たちが焦れることなく1点目を取ったことが大きい」

 今シーズンから導入した[4-3-3]システムと、前線から連動して激しいプレスをかける戦い方の習熟ぶり。新戦力の三笘や旗手がフィットしたことでより厚みを増し、5人に増えた交代枠をフルに活用できる選手層。新型コロナウイルスによる中断期間を進化する時間に変え、再開後の5試合で17ゴールを量産している「前王者」の中心に、ゴールへの飢餓感をむき出ししている小林がいる。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://news.yahoo.co.jp/articles/d717c0f7d47938b84d8b692400c61a9c4267b7d0?page=1 

 

2020/07/23(木)
あるマンガで「サンクチュアリ」なんて単語が出ていましたが、小林悠はそれを作り出せる類の選手なんでしょうね。
見つける、感じる、のではなく作り出せる。
それはセンスもさることながら、「どうしたら点を獲れるか」を幾度も試行錯誤してきた結晶なんだと思います。
いま川崎でプレーしている(特に若手のFW)選手にとっては、本当によいお手本。今のうちに盗めるだけ盗んでもらいたいです。大袈裟じゃなく、それがJのレベルアップにだって繋がるはず。

2020/07/23(木) 
大島は小林の「俺に出せ、俺に出せ」が夢に出てくるのでは?
最低でも1試合に1回は小林にアシストしないと悪夢にうなされる(笑)
シュートも凄かったがそのタスクを狙いすまして完璧にこなす大島はやはり神。

2020/07/23(木)
あの時はホームだったが、初優勝した年の仙台戦。
家長退場かつリードされている中、悠のスペシャルな活躍で大逆転勝利したのを思い出すな

2020/07/23(木) 
大迫のより悠の方がレベルが高いし、川崎の中盤の選手全員が柴崎より遥かにレベルが高いし、昌子より谷口の方が強くて上手い。
今の日本代表より強いのは当たり前だよね
ACLを取ったら文字通りアジアを代表するメガクラブになる!

2020/07/23(木) 
主力選手の移籍等が少ないから戦術は浸透しやすい環境だと思う。
長い事、同じ様なメンバーでチームを構成できる強みだと思う。

2020/07/23(木)
正直、悠はこの3連戦少しずつプレー時間増やして8月の連戦に向けて調子上げてくれればいいな、くらいに思ってた。とんでもなかった。お見それしました。

2020/07/23(木)
昨日の悠はスゴかった
ホントにチームを変えてくれた。
仙台戦の悠ほど頼りになるFWはいないっ

2020/07/23(木)
出場75分で4得点は驚異的。

2020/07/23(木)
守備陣の層が薄いだけに、これからの過密日程をどう乗り切るかだそうな。

2020/07/23(木) 
やっぱり初優勝のヒーロー小林悠すごいですな。オーバーエイジでオリンピック招集したくなる。

2020/07/23(木) 
逆に言えばここ2試合は、悠がいなければ負けていたかもしれない。
オニさん采配の悪いところは、スタメンを固定しがちなところ。あれだけタレントが豊富なチームでも、メンバーを固定してしまっては対策されやすいよ。
それでも無失点なら意味があるけど、昨日はジャーメインのシュートミスが無ければ、もっと点を取られていただろうというくらい、守備の弱点をつかれていたよね。修正しないと次も苦戦すると思うよ。
だけど交代組が入ると、逆転できる気がする珍現象になっているのが今の川崎。
ミキや薫、レオら新戦力が悠とうまく連動できてるのが大きいよ。
ケガさえしなければ悠の得点王の可能性は極めて高いね。
チームは急速に進化しているけど、チームの中心には変わらぬエースがそこにいる

2020/07/23(木)
旗手はフィットしてないぞ
そろそろ鬼木から見限られる











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ