スクリーンショット 2020-07-21 22.51.45のコピー

スポンサード リンク




 異例の慌ただしさが緊急案件だったことを物語る。Jリーグは20日の臨時実行委員会で、8月1日から予定していた観客数の制限緩和を見送る方針を決めた。臨時実行委員会は午後4時からウェブ会議形式で行われたが、開催そのものがJリーグから発表されたのは開始わずか30分前だった。

「東京を中心に新型コロナウイルスの感染者が増加している状況と、8月1日が近づいてくる状況とを鑑みたときに、このタイミングがギリギリだと考えて臨時実行委員会を開催しました。今回の判断に至ったのもまだまだ予断を許さない状況のなかで、しっかりと対応を見極めながら前へ進んでいきたい、というJクラブの総意だと理解していただければ、と思っています」

 Jリーグの村井満チェアマンは、実行委員会後にオンライン形式のメディアブリーフィングを実施。現状の「5000人か、あるいは収容人数50%の少ない方」を観客数の上限とする運用を継続する理由として、20日の168人を含めて東京都で12日間も続けて100人超が確認されるなど、大都市圏を中心に新型コロナウイルスの新規感染者数が再び増加している状況をあげた。

 無観客試合改めリモートマッチとして、Jリーグは先月27日にJ2再開とJ3開幕を、今月4日にはJ1再開をそれぞれ迎えた。さらに10日からは前出の上限でファン・サポーターの観戦解禁に移行したが、すべては政府が定める「イベント開催制限の段階的緩和の目安」に沿ってきた。
 その目安では、8月1日以降は観客数の上限が収容人数の50%に緩和されることが明記されている。新型コロナ対策を担当する、西村康稔経済再生担当大臣が緩和を見直す方向性に言及しているものの、20日の時点で文言の変更は施されていない。観客動員の指針として位置づけられてきた政府見解にとらわれることなく、Jリーグがて自主的な判断を下した背景には何があったのか。

 ひとつは村井チェアマンが個人的に募らせた危機感がある。実行委員会に先駆けて、日本野球機構と共同で設立した新型コロナウイルス対策連絡会議で招聘している、東北医科薬科大学の賀来満夫特任教授(感染制御学)を座長とする専門家チームへ、村井チェアマンは助言を求めている。

 臨時実行委員会開催のアナウンスが直前のタイミングとなったのも、こうした動きがあったからだろう。いくつかの助言から感じた危機感を、村井チェアマンはこう説明する。

「まだ政府の(新たな)見解が出ていませんが、非常に危機感が高い、という感覚でした。具体的な感染者数もいわゆるオーバーシュート、例えば東京が1000人規模まで行くような危機感ではありませんが、それでも一定程度、いま現在の数字が引き続いていく可能性が十分に高いところであるとか、国民の感覚や感情が非常に慎重になってきている、というところもありました」

 もうひとつは、8月1日までに残された時間となる。今後のスケジュールを見れば、22日にも政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会(会長・尾身茂地域医療機能推進機構理事長)が開催され、分科会および政府から何らかのステートメントが発表されると見られている。

 それらを受ける形で27日に新型コロナウイルス対策連絡会議の第12回会議が午後には再び臨時実行委員会が開催される。しかし、この時点で観客数の上限緩和が見送られれば、週末の主催試合へ向けたチケット販売を一から見直す大混乱に陥る。ただ20日の時点ならば、ほとんどのクラブがチケット売り出す前であり、村井チェアマンも「このタイミングがギリギリ――」と言及したわけだ。

 ただ、個人的に募らせた危機感を強要することはしない。臨時実行委員会ではJ3までを含めた56クラブを東京、東京を除く首都圏3県、大阪、大阪を除く関西圏、今回の感染再拡大の影響を直接受けない地域の5グループに分けて、それぞれのクラブの代表取締役や理事長と丁寧に意見を交換。観客の入場制限に関する現時点の運用を、まずは来月10日まで延長する方針を確認した。

「例えば東京が直面している事情と必ずしも同じではない地域とでは、クラブ間の意見にしても大きな温度差があるのも事実です。それでも入場者数の上限に関する扱いを来月10日まで、慎重にしていくことに関して異論はなかったと、全会一致だったという認識を私はもっています」

 実行委員会におけるやり取りをこう振り返った村井チェアマンは、8月11日以降に関しては2週間単位で、その都度判断を下していく方針も明らかにした。少しでも入場料収入を増やしたいという観点から、スタジアムの収容人数50%が上限となる状況を待ち焦がれていたクラブも多い。状況の変化に対して機動的に対応していくためにも、ウェブ形式会議の利便性を最大限生かしていく。

 実行委員会後のブリーフィングでは言及しなかったが、感染の再拡大が懸念される最中で観光需要を喚起する経済政策、Go Toトラベルキャンペーンを前倒しで実施すると発表。直後に東京都を除外し、発生したキャンセル料を国が補填する前代未聞の方針を表明するなど、新型コロナウイルス対応で政府が二転三転する迷走ぶりも、村井チェアマンを動かす要因になったのではないだろうか。

 現状では各スタジアムのビジター席は閉鎖され、アウェイクラブのユニフォームを着たファン・サポーターは入場できない。Jリーグが定める新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインでは、こうした規制が8月1日以降は撤廃され、スタジアムでのアルコール類の販売も解禁される予定だった。

 加えて、移動距離を少なくするためにクラブを東西に分けて、それぞれのエリアで対戦カードを組んでいた特別なマッチメークも8月1日以降はなくなる。そこへビジタークラブのファン・サポーターの入場が解禁されれば、政府がGo Toトラベルキャンペーンを推奨している状況と相まって、宿泊を伴う都道府県をまたいでの長距離移動が必然的に活発化する。

 そうした状況で大都市圏での感染再拡大を鑑みたとき、サッカー界全体から新規感染者を出すリスクを軽減させるためにも苦渋の決断を下す必要があった。それこそが、新たな政府見解を待たずして現状を維持することだった。上限が収容人数の50%へ緩和され、ビジター席も解禁される状況を待って、アウェイ観戦を兼ねた旅行などを計画していたファン・サポーターへのメッセージにもなるだろう。

「毎節ごとに20から30もの見直す点や、あるいはチューニングすべき事項が寄せられてきます。ざっくりと言えば『ガイドラインで示された通りに運営できない』といったものになりますが、その都度、啓発をしながら、おおむね計画通りに進んできている、という認識でいます」

 リモートマッチから観客解禁へと移行してきた軌跡を、村井チェアマンはこんな言葉で振り返った。もちろん現状に満足などしていない。必要ならば各クラブの運営担当者やマーケティング担当者を繋いだウェブ形式の会議を開催し、5000人を上限とする現状でファン・サポーターが安心安全にスタジアムへ足を運び、試合を楽しみ、満足して帰路に就くためのプロトコルを随時徹底していく。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://news.yahoo.co.jp/articles/028112d6e95574e003669f0f4e3079d4faecd009?page=1
 


2020/07/21(火)
さすが、J.LEAGUE
だんだん増やす感じだったが、最近の感染者数増加に即対応した形。

チェアマンは西村大臣より、的確な対応。

真摯に対応するJ.LEAGUEが好きになった。

2020/07/21(火)
Jリーグは行動が早い。
というか、村井チェアマンは行動が早い。

彼がリーダーで本当に良かったと思います。
大変な状況ですがこれからも頑張って頂きたいです。

2020/07/21(火) 
他のスポーツ団体よりも柔軟で適切な英断だと思います。緊急事態宣言も今回のGo toキャンペーンも政府の対応はずるずると決断を先伸ばしにして結局周りに迷惑が掛かる。その結果を謝罪も補償も何もしない政府なので先に独自に決断、行動しなければ自らの身は守れない。

2020/07/21(火) 
村井さんは何が大事か分かっている。
やはり一番は選手、観客、関係者の命。
スタジアムでの感染者を出さない、まずはそこを徹底してほしい。

2020/07/21(火)
今の政府だと、増やすことにOKを出しそうだけど、今の国民の肌感覚だと不安を感じるでしょう。でも、政府がOKを出した後に、JリーグとしてNGを出すと一部の人からは「国はOKと言ってるじゃないか」と反発の声が上がるのが予想できる。
だからこそ、変な方針が示される前に延期を決定したのだと思う。適切な判断だと思います。

2020/07/21(火)
村井さんになって柔軟で迅速な対応になったし、何より途中経過でもリリースして明かしてくれるのでサポーターは助かっている部分もある。
先日の一部サポーターの行為についてチーム含め迅速な対応。
ヤジやサイン盗み疑惑などを野放しにしているプロ野球との差がある。

2020/07/21(火)
村井さんは本当に決断やそれに至るプロセスを明確にしている良きリーダーのように感じる。
コロナ以前から積極的な発信や行動から、DAZNの大型放映権獲得や明治安田生命のタイトルパートナーなどビジネス的な実績もあるが、国難でも手腕を発揮していて素人ながらにすごいと感じる。

2020/07/21(火)
さすがJリーグ。
コロナに限らずいつもしっかりしてて軸がぶれない印象があります。某国技スポーツとは大違い。
チームや関係者は大変だろうが乗り越えて欲しい。

2020/07/21(火)
スタジアムに足を運ぶサポーターに緊張感を持ってもらうこと、宿泊先の施設にも迷惑や混乱を招かないようにすることなど、きめ細かな配慮を俯瞰して考えてられますね
スポーツ観戦のみならず、大規模なコンサートなど、幅広い分野で参考になる指針だと思います

2020/07/21(火)
どの種類のイベントでも会場内での感染リスクはそれほど高くないと思うけど、そこまでの道程と、終了後の道程に落とし穴がありそうだね。

体調が悪いのに出演、出場なんて言語道断だし、客側も同様。

2020/07/21(火)
流石 村井チェアマン!懸命な判断だと思います。いつもサッカー界の全体状況、情勢を勘案しながら冷静な判断をくだしてきている人だなぁと思っていたところ今回も素晴らしいと思いました。民間人だけあって状況判断が的確でかつ素早い。そして信念がある人ですね。サッカー界の更なる発展に尽力していって下さい。

2020/07/21(火) 
最終的な判断には異論反論あるかもしれないが、決めた事の理由と過程を説明してくれるから納得性は高い。
Jリーグ、村井さんにできて、何で政府や一般企業はこれができないのだろうと思うわ。

2020/07/21(火)
ここだよ。みんなが求めてるのは。
さすがJリーグ。状況に応じた臨機応変な対応。

GO TOキャンペーンだって、6月下旬減ってきたから前倒し決めました→7月上旬 また増えてきました→前倒しで始めるまま強行→だから反対多数になってる。
感染者増えてきたのに、対応変わらないのがみんな理解できないのです。

2020/07/21(火)
野球も見送る球団が多いらしいからな。
違いがあるとしたらJリーグは1つにまとまってるけど、野球は球団ごとに対応が異なることがある。
ソフトバンクは観客増やすらしいし。

2020/07/21(火)
観客を無理をしていれるよりも、こうしてサッカーの試合ができ、それをテレビ等の中継がされれば今年は良しとして、来期にイッパイの観客で試合ができるように頑張ろう!

2020/07/21(火)
村井チェアマンの危機感と判断は正しいし、他のスポーツやさまざまなイベントにとっても筋の通った道しるべになると思う。
Jリーグもチームも選手も観客も、サッカーを守りたい気持ちはきっと同じ。
ルールを制限しても試合開催や現地応援の機会をつないでくれていることに感謝し、支援と応援を続けます。

2020/07/21(火) 
実際5000人以下にしているが
殆どのスタジアムで、半分以下しか集まってないのが現状。
無理やり8/1から制限を解除する必要もなく
機を読んだ早い対応だと思う。
馬鹿な政府のように無理やりプランを通すやり方とは違い、安心できる。
もちろん、いままで未知のウイルスだったのでハプニングは起きるでしょうが

2020/07/21(火)
Jリーグは反応が早いな。
無謀な行動を起こす観客もチラホラ居たから、それを排除する仕組み作りでも先行してほしい。
NPBもセ・パ問わずしょうもない客の絶叫や密集で辟易してるから、スポーツ興行の緩和見送りの次はここの対策が急務だと思う。

2020/07/21(火)
Jリーグ大したもんだよ
横並びの判断ではなく、状況見て臨機応変に都度対応してる。

相撲協会なんかはまわりがやってる、だからやるみたいな感じ。無責任。開催が前提だから前場所なんかギリギリまでやろうとしてた。状況ではなくいまやっても批判されないかどうかしか考えてない。重要なことは感染を広めないことなのに。

2020/07/21(火) 
客を入れたけど、ルールを守らない人が結構な数がいたから。本当に腹正しい。ルールを守れば今頃少しずつ増やしているはず。なんで簡単な事なのに守れないのか不思議。

2020/07/21(火)
村井さんの決断の早さ、周りに流されず、でも周りの流れもよんでいるところ、そして人の命を最優先に考えているところ。
損失を考えたら難しい判断ですよね。
政府には絶望しかないけれど、サッカー界にはこんな素晴らしいリーダーがいて、私は心底嬉しい!
さすが浦高!応援してます!

2020/07/21(火)
民間組織は感染拡大の原因をつくってしまうと叩かれて経営に打撃を与えてしまう。
リスク管理は重要な経営判断。
でも政府の場合、何か実行することで発生するリスクを考えるつもりがない。責任も取る必要がない。不思議な国ですよね。

2020/07/21(火)
よかったという感想もおかしな話だけど
今の状況を考えれば見送りが妥当だし
Jのトップがしっかりと柔軟な発想をしてくれたことが何より安心した。
でもその結果これまでの様に各チームも苦しい運営が続くけど
我々サポーターも出来ることからなんとか応援、支援していくので
頑張りましょう。

2020/07/21(火)
本来、これが組織のトップの決断力であり、対応の速さであろう。
政府、政治家、行政の稚拙さ、優柔不断、無責任さは目に余る。
政治の仕組み、行政の仕組みを一度解体しないといけないな。

2020/07/21(火) 
Jリーグのスタンスは極めて妥当。
立場だの利権だのに縛られ、それでいて批判を恐れてブレにブレまくる税金暮らしのどこかの方々に是非見習ってもらいたい。

2020/07/21(火) 
ゴールありきの対策ではなく、状況を的確に判断して柔軟に対応できる・・・当たり前のことなんだけど、素晴らしい判断だと思います。
どこかの国のリーダーと違ってまともな方がリーダーで良かったです。

2020/07/21(火)
これは政府より正しい的確な判断だと思う。これが普通だと思う。いまの内閣は国民を危険にさらすような政策をしかも税金で行うのだからたまったものではない。
せめて総理大臣がもっとリーダーシップのとれる人だったら違ったのかな、いまさらだけど・・・

2020/07/21(火)
Jリーグが観客動員に走って、そこでクラスターが発生してしまうと、大バッシングを受けますし、他の大規模なイベントやスポーツ大会も一気に自粛の方向に進んでしまうから慎重になったのでしょう。Jリーグの成功ってこれからの日本の方向性決めていく指針になると思うよ。

2020/07/21(火)
サポーターにとっては寂しいでしょうが、極めて適切な判断だと思う。
記事中でも少し触れているが、この決定の背景には、村井チェアマンが今の政府が適切な判断をできていないと思っていることがあるのではないでしょうか。
最近の二転三転する政府の判断に振り回されないよう、独自に早めに決断したのだと思う。

2020/07/21(火)
そこで見つかった問題点、改善点などをぜひ公開して頂きたい
スポーツだけでなくエンタメ業界にとっても注目される事だろうから
逆にエンタメ業界も情報を共有してクラスターを発生させないだけでなく、できるだけ感染者が出ないようにしながら興行を打つ方法を考えていくのがいいと思う

はっきり言って国が主導で対策してもうまくいってない
ならば現場の声を吸い上げてガイドラインを改善し、周知したほうがいい
場合によってガイドラインを地域ごとに分ける必要もあるだろう
そういうきめ細かさも当事者だからこそできる事でしょう

本当は8月1日から緩和したいのはわかる
なるべく経済的ダメージから回復したいのもわかる
しかし、それを優先するあまり感染が拡がって医療機関がパンクしてしまったり、結果的に収益が出ずに閉鎖してしまうようではダメ
ぜひJリーグが音頭を取って民間的ウィルス対策を主導して欲しい











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ