20200717-00081639-soccerh-000-3-view

スポンサード リンク




J1リーグ第5節  横浜FC―川崎フロンターレ
7月18日(土)|18:00|ニッパツ三ツ沢球技場

 J1のピッチで顔を合わせるのは、当然ながら横浜FCがかつて唯一日本のトップリーグを戦った2007年だけである。当時、すでに力をつけていた川崎Fが、6-0の大勝を含めてシーズン・ダブルを達成している。すべての対戦を振り返っても、川崎Fが足をすくわれたのは、たったの1度だけだ。

「ハマナチオ」との異名を取った堅守を武器にJ1へ挑戦した07年シーズンの横浜FCだったが、史上最速でのJ2降格記録を塗り替えてしまった。だが、印象的な勝利も飾っている。第2節では、横浜FMとのダービーを1-0で制している。最終節では、優勝を懸けて乗り込んできた浦和をホームで1-0で下し、大きな爪あとを残した。

 今回、横浜FCのホームに乗り込むのは、絶好調の川崎F。隙の見えないチームだが、横浜FCのジャイアントキリングはまたも起こるのか…!?

■横浜FC

10位  勝ち点5  1勝2分1敗  得点6、失点5、得失点差1

【出場停止】なし

【出場微妙・故障者】六反、マギーニョ(川崎Fからの期限付き移籍に伴う契約のため)

【直近5試合結果】

△H仙台   1-1

◯A柏    3-1

●H札幌   1-2

△A神戸   1-1

●ルH広島  0-2

【通算対戦成績】

通算   20試合・1勝2分17敗

ホーム  10試合・0勝0分10敗

アウェイ 10試合・1勝2分 7敗

【直近対戦成績】

2010年10月13日  天皇杯第3回戦  A1●2

2007年10月 7日  J1第28節     H0●1

2007年 3月17日  J1第 3節     A0●6

2004年10月 2日  J2第37節     A0●4

2004年 8月21日  J2第29節     H2●5

【今節のみどころ】

 パスサッカーを代名詞とする川崎F相手だけに、下平監督にとっても押し込まれることは想定内だろう。フォーメーション的には4-2-3-1の方が与しやすそうだが、最近結果の残っている3-5-2で勝機をうかがうことになるのではないだろうか。

 シーズン再開後の試合では、決してベタ引きでとにかく守りを固めるようなことはない。ギリギリのバランスを保ちつつ、素早い攻守の切り替えを狙うことになるだろう。

 そこで武器になるのが、好調の2トップだ。ともにゴールを挙げている斉藤と一美にとっては、押し込まれている展開でこそ、力の見せどころとなる。中盤で攻守に抜け目のない瀬古も、鍵を握る存在になりそうだ。

■川崎フロンターレ

1位  勝ち点10  3勝1分0敗  得点9、失点2、得失点差7

【出場停止】なし

【出場微妙・故障者】中村、小林、ジェジエウ

【直近5試合結果】

◯H柏    3-1

◯AFC東京 4-0

◯H鹿島   2-1

△H鳥栖   0―0

◯ルH清水   5―1

【通算対戦成績】

通算   20試合・17勝2分1敗

ホーム  10試合・ 7勝2分1敗

アウェイ 10試合・10勝0分0敗

【直近対戦成績】

2010年10月13日  天皇杯第3回戦  H2◯1

2007年10月 7日  J1第28節   A1◯0

2007年 3月17日  J1第 3節   H6◯0

2004年10月 2日  J2第37節   H4◯0

2004年 8月21日  J2第29節   A5◯2

【今節のみどころ】

 リーグ再開後の3連戦で、9得点2失点。前節では先発を変えつつも、見事に勝ち点3を積み上げた。

 不安を挙げるとすれば、やはりケガ人が出た最終ラインだが、前節にジェジエウが負傷交代した後と同様、谷口と車屋の同郷コンビに任せれば、不安はないはずではあるが…。

 鬼木監督は常々、目の前の試合に100%の力で勝ちにいくと口にする。現在のような好調である時ほど、そうした心構えがさらに効果を増すことになる。

 再開後の3試合で、先制された試合はなく、常に前半のうちに得点している。これまでどおりにそうしたプレーができれば問題ない。もしも無得点で後半に突入すると、横浜FCの術中に陥りかねない。

サッカー批評編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/83be9a8626cdff45ffde6e8ac90354a53b63642f 

 

2020/07/17(金)
ジェジエウ不在の状況下では登里が最重要選手となる。長谷川とのコンビネーションは言わずもがな、スピード・突破力・対人守備力・CBのカバーなど最も替えが利かない存在。
今登里が負傷してしまうと左サイドの力が半減する。

2020/07/17(金)
横浜FCも思っていた以上に完成度が高かったけど、今のフロンターレはちょっと手が付けられないくらいのクオリティだと思う。いずれにせよ、楽しみ。

2020/07/17(金) 
マギーニョ出れないので中山をWBに下げて使うしかない。

2020/07/17(金)
フロンターレは足を掬われない様にしたいね。

2020/07/17(金) 
なんで予想布陣にマギーニョ入ってんのよ。

2020/07/17(金)
マギーニョ「え、俺出ていいの?」











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ