20200717-00081618-soccerh-000-1-view

スポンサード リンク




J1リーグ第5節  鹿島アントラーズ―横浜F・マリノス
7月18日(土)|18:00県立カシマサッカースタジアム

 Jリーグに2つだけとなった、リーグ開幕時から1部リーグを戦い続ける「オリジナル10」同士の対戦だ。今回はお互いに2ケタ順位の状態での浮上のきっかけを求め合う激突となる。

 かつては横浜FMが相当苦手にしていた印象がある鹿島とのアウェイ戦だが、時代の流れとともにその相性は大きく変わってきた。特に現在の鹿島は、負のスパイラルから抜け出せない状況にあり、むしろ横浜FMにとってはFC東京に敗れた前節の嫌なイメージを払拭するにあたり、絶好の機会であるとも言える。

 現在は、お互いにチーム内の序列に変化が起きつつある。選手にとっては、気の抜けない試合が続く。リーグ内での序列にもポジティブな変化を起こすためにも、両チームにとって大事な一戦となる。

■鹿島アントラーズ

18位  勝ち点0  0勝0分4敗  得点1、失点8、得失点差―7

【出場停止】なし

【出場微妙・故障者】なし

【直近5試合結果】

●A浦和   0-1

●H札幌   0-2

●A川崎F  1-2

●A広島     0-3

●ルA名古屋 0-1

【通算対戦成績】

通算   72試合・34勝10分28敗

ホーム  35試合・21勝 3分11敗

アウェイ 37試合・13勝 7分17敗

【直近対戦成績】

2019年 9月25日  天皇杯4回戦     H4◯1

2019年 8月10日  J1第22節     H2◯1

2019年 4月28日  J1第 9節     A1●2

2018年10月14日  ルヴァン準決勝(2) A2△2

2018年10月10日  ルヴァン準決勝(1) H1●2

【今節のみどころ】

 鹿島の悩みは深い。クラブ史上ワーストの開幕4連敗を喫し、得点はオウンゴールでの1得点のみ。前節も無得点に終わった。

 ザーゴ監督は流れを変えるためにチームに変化を加える必要性を口にしており、1週間のトレーニングで立て直しを図るとともに、選手を入れ替える可能性もある。遠藤はこれまでの試合でも交代出場で悪くない動きを見せており、精神的にもチームに好影響を与える可能性は十分にある。若い染野を重圧とともに送り出すよりはベターな選択であるはずだ。

 2トップも組み合わせや選手の変更で試行錯誤を続けているが、苦しい時こそ経験が豊富で体を張れる伊藤の存在感が増すはず。上田、染野らを良い形でピッチに送り出す流れをチームでつくり出し、今後へとつなげていきたい。

■横浜F・マリノス

13位  勝ち点4  1勝1分2敗  得点5、失点7、得失点差-2

【出場停止】なし

【出場微妙・故障者】朴、實藤

【直近5試合結果】

●HFC東京   1-3

◯H湘南     3-2

△A浦和     0-0

●HG大阪    1-2

●スH神戸    3-3(PK2-3)

【通算対戦成績】

通算   72試合・28勝10分34敗

ホーム  37試合・17勝 7分13敗

アウェイ 35試合・11勝3分21敗

【直近対戦成績】

2019年 9月25日  天皇杯4回戦     A1●4

2019年 8月10日  J1第22節     A1●2

2019年 4月28日  J1第 9節     H2◯1

2018年10月14日  ルヴァン準決勝(2) H2△2

2018年10月10日  ルヴァン準決勝(1) A2◯1

【今節のみどころ】

 前節はFC東京にしてやられてしまった。昨年の連敗は、3連敗が1度だけ。連覇を狙うならば、すぐに立ち上がらなければならない。

 ポステコグルー監督は頻繁に選手を入れ替えており、今節も先発の顔ぶれが変わる可能性は十分だ。縦への推進力を増すという意味でも、中盤の底での喜田と天野の今季初コンビはアリだろう。

 CFがなかなか定まらないが、ここまでそのポジションで起用された選手で得点しているのはオナイウのみ。前節は開幕戦以来の先発起用に結果で応えられなかったが、今季の新戦力でもあり、再びチャンスを与えられる可能性は十分にある。ただし、結果を残せなければ、再びブラジル人アタッカーたちとの競走で先んじるのは難しくなる。

サッカー批評編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/25ce0a6b242c9a9109bf4de872e7873e1eacb0ab 

 

2020/07/17(金)
確か一昨年も両チームは調子が悪いときに対戦して
そのときはマリノスが大勝した記憶があります。
日産スタジアムでの試合でしたけどね。

今回もお互いに調子の上がらない相手から
しっかり勝って浮上したいところでしょう。
マリノスにとってカシマは鬼門なのが
気になりますが。

2020/07/17(金) 
鹿島スタジアムで勝った記憶がない。
今年はアウェイサポは行かれないから、逆に勝てるんじゃないか?と
期待してる。
とにかくアントラーズもマリノスも 勝ちたいよなあ。

2020/07/17(金)
>>かつては横浜FMが相当苦手にしていた印象がある鹿島とのアウェイ戦だが、時代の流れとともにその相性は大きく変わってきた。

2013年からアウェー鹿島戦は7連敗中です。。。

2020/07/17(金)
鹿島が、横浜に勝つ要素は無いね。
まあ、降格無いから良いか。(涙)
今の状況をどこまで我慢出来るか。
それが、問題だ。

2020/07/17(金) 
マリノスは左サイドにエリキ使ってる間は勝てないと思う

2020/07/17(金) 
多くは言わないけど、上田使って欲しい。

2020/07/17(金)
今の鹿島に勝てないようだと横浜も相当危ないよ。

2020/07/17(金)
鹿島の名古選手は怪我してますよ。

2020/07/17(金)
最大の問題は鬼門カシマスタジアムなんだよ

2020/07/17(金) 
マリノスケ、鹿を狩る











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ