20200716-00076388-sdigestw-000-3-view

スポンサード リンク




肩書はコーチだが、オン・ザ・ピッチはすべて曺氏に委ねられている

 今季、最も注目すべき大学サッカーのチームはどこか? こう問われたら筆者は「流通経済大」と即答する。

 多くのプロ選手を輩出したこの名門は昨年、関東2部から初昇格した2003年以降(2004年が関東1部の最初のシーズン)初の降格を喫してしまった。しかし、昨年から主軸を担っていた選手が現在も残っており、タレント力は随一だ。

 加えて、注目せざるを得ない要素がもうひとつある。昨年、8年間指揮を取っていた湘南をパワハラ問題で退任した曺貴裁氏が、今季より流経大のコーチとして再出発をしているのだ。

「予算が潤沢ではない湘南をあれだけのチームにした。間違いなく優秀な指導者ですし、日本サッカー界の宝。こういう問題になってしまったけど、それでスポイルしてはいけない。この問題を一度受け入れたうえで、またトップの舞台に戻っていく道を整えなければいけません」中野雄二監督は招聘の経緯をこう語る。そして、こう続けた。
「これまでの流経に足りなかったものをもたらしてくれる」

 曺氏本人も中野監督のラブコールに答え、本格的にチームの指導が始まった。肩書きはコーチだが、オン・ザ・ピッチの部分は全て曺氏に委ねられている。結論からいうと、攻守において変化が見られた。攻撃で言えば来季浦和内定の伊藤敦樹を中心とした最終ラインからのビルドアップや、幅を使ってボールを動かし、縦に入れ込む形。立ち位置へのこだわりも強くなった。そして何よりも、守備と走力だ。

「守備が一番変わったと思います。薄っぺらい守備ではなく、攻撃のための分厚い守備になった。曺さんの指導は選手として表現も整理しやすく、ピッチでそれを出せたら自信を持つ。曺さんが来てからすぐに変わりました」
 全日本大学選抜に名を連ね、すでに複数のJクラブから関心を持たれているMFの菊地泰智はチームの変化をそう語った。

 素早い切り替え、球際で闘う姿勢、前線からの連動したプレス。湘南で見せたスタイルが、今の流経大にも落とし込まれている。菊地の言葉どおり、この意識はチームへ速やかに浸透した。結果にも表われている。2月から3月にかけて行なわれた早稲田、中央、立正、明治という1部チームとの練習試合は全勝。そして、“本番”である関東大学リーグ2部でも開幕2連勝と好スタートを切った。

「曺貴裁が自分たちの指導者なんだと思うと奮い立つものがある」
 自身初となる大学というカテゴリーでの挑戦に対して、曺氏の中には軸がある。プロに送り出す前段階として、その選手の力を最大限に引き出し、“必要とされる”選手に育てることだ。

「最初に言ったのは、みんな特徴があるからここに来るけど、監督が変わって評価が割れる選手になるより、誰が見ても良いと言われるようになったほうが良いよ、と。色々なモノをもっていたほうが良いし、できないからやらないのではなくて、トライしていくと」

 その“トライ”を受けて強く感銘を受けている選手もいる。開幕から2試合連続2ゴールを決めた清水ユース出身の齊藤聖七はこう語る。

「(曺氏が来てから)全然違いますね。本当に偉大な方で、誰もが知っている。改めて自分も思っていたのですが、曺貴裁が自分たちの指導者なんだと思うと奮い立つものがある。そのような方の下で教えてもらえるのは素晴らしい経験になっています」

 現在の流経大を見るのも面白いが、楽しみにしたいのは彼の元で育った齊藤ら選手たちの数年後だ。“曺貴裁チルドレン”が各Jクラブへ散らばり活躍する未来への過程は、追って見続ける価値があるはずだ。

取材・文●竹中玲央奈(フリーライター)
https://news.yahoo.co.jp/articles/3c32d91a36b45015bd5589f1696fbf0334cd6918?page=1 

 

2020/07/16(木)
指導って厳しく行かないといけないこともあるだろうし、そこは反省を生かして再起してほしいな。
パワハラしてたと言われてた人が、パワハラ使わない指導者として戻ってきたら、それはパワハラを肯定してる日本の部活指導者にも「威圧しなくても育成はできるんだ」って手本になるだろうし

2020/07/16(木) 
流経大が元々湘南寄りのよく走りプレスをかけるチームだったから、曺さんのやり方を落とし込みやすかったのかもしれないですね。
いずれにせよやってる本人達がここまで手応えを感じているのだから、きっと期待できるんだろうと思います。
これから流経大出身の選手は注目ですね。

2020/07/16(木) 
これからもこうしてサッカー界に貢献していって貰いたいです。
情熱を持っている人がいてこそ、若い子たちが育つと思う。
過去に あったことを糧とし、今後またご活躍される事を願っています。

2020/07/16(木)
サッカーはピッチ上の格闘技。闘志や結束、タスク遵守といった要素を植え付けるにあたって時には極めて厳しく選手に当たることも必要だったりする。これとパワハラの線引きは難しいけれど、チームが強くなるのも事実。アフターケアや信頼関係を保てれば、最高の指導になると思う。

2020/07/16(木) 
今やプロ入り予備軍を多数抱える強豪高校の指導者ですら
S級ライセンスを取って指導するのが珍しくもない時代だし
それらのところからすぐにJ入りせず(or 出来ず)に
更なる実力アップを図ってJ入りを目指す逸材が多数居る流経大だからこそ
S級持ちの指導者の重要性は大きい

Jクラブ復帰とか考える以前にまず流経大でプロ入り予備軍をしっかり指導して欲しい(パワハラ起こすことなく)

2020/07/16(木) 
小市民の自分でもパワハラと言われないか気を使ってる。
キジェさんには失敗を糧に頑張ってもらいたい。
暴力などは明らかにNGだけど、ハラスメントはマニュアルがある訳でもないし捉え方の個人差もあるからなかなか難しい世の中ですね。

2020/07/16(木)
J屈指の監督だからね。
横着なプロを相手にするより、学生を鍛えてやる方が向いてるかも。
いつかまたJの監督として戻ってきてほしい。

2020/07/16(木)
スポーツの指導においてのパワハラの線引って凄い曖昧だと思う
私は彼の感情を全面に出した指揮が好きだし、今後の活躍を祈りたい

2020/07/16(木) 
先ずは当事者達が双方納得するのであれば、良いのでは? 但し、当事者達だけにしておくと、その関係がいつの間にか、歪なモノになりかねないので、第三者が見ておく必要があると思う。

2020/07/16(木)
キジェさんは厳しい発言やスパルタはしても、選手に愛情を注いで的確に指導して多くの選手を成長させたことは確かだからな。

上手くいかず単にパワハラしただけみたいになった選手もいたんだろうが、パワハラしか能がないダメ上司みたいなのとは比較にもならない。

発言や行動に改善すべき点は有るのだろうが、進化形キジェをJの舞台で見てみたい。

2020/07/16(木) 
チョウさんは間違いなく優秀な監督です。湘南ファンでは有りませんが、見ていて面白いし、熱いサッカーを見せてもらいました。大学生にとっては大きな自信になるでしょうし、学生のうちにプロのサッカーを学べるのは貴重ですね。

2020/07/16(木) 
チーム力が 上がることは 良いことだと思います

良い結果をを出していたチームを 止めなければならなかった問題の
部分の 修正が出来ているかの 取材もしてほしいです。

2020/07/16(木) 
難しい時代になったものだと思わざるをえませんが、曹氏にはここで力を奮って頂いて、またしかるべき立場で (決して大学生の指導を下に見る訳ではありませんが、氏の能力はかけがえのないものだと思うので) 、サッカー界を導いて欲しいと思います。湘南の一件の際、訴えを覆すことができなかったことは悔やまれますが、先のことを糧として文句のつけようのない (あるいは文句を言われても跳ね返すことができる know-how を備えて?) 、指導力を発揮されることを願っております。

2020/07/16(木) 
この流通大の監督の考え方が素晴らしい。こういう人がいてこそ拾う神になる。
人生はつくづく人の出会いで決まる部分が大きい。
つまらぬことで失脚したが良かったな。

2020/07/16(木)
一度失敗した人が立ち直ることは悪いことではないし、指導力がある人なのも間違いないだろう。
ただ、一度自分のやり方で成功を収めてしまった人はなかなかそこを脱することが難しいのも事実で、流経大側はパワハラが起きないようなシステムや監視は何か行っているのだろうか?
どうも記事だけ読むと、監督が曹氏に遠慮しているように見えて、その点が不安。
また、記者側もそこを踏まえた記事を書かないと、ただチームが変わったとだけ書くのはよくないのでは?

2020/07/16(木)
流大はあれだけのタレント集めて降格はあってはならない失敗で変革が必要な時期なのだろう。何年かして結局パワハラ指導でしたってならないようにね。

2020/07/16(木)
さすがに早すぎ。権限もつポジションにはまだおくべきではないでしょう。熱が入りすぎて暴走したときに大学側でちゃんとコントロールできるですかね。簡単に人変われるなら世の中から罪人はあっという間に消えますよ。自ら指導ではなく指導者を育成するポジションとかのほうがいいと思います。

2020/07/16(木)
大学が呼んだのか、監督が呼んだのか。

後者なら、監督が素晴らしい。
前者であっても、ここで監督も学んで成長すれば、全て良いことずくめ。

2020/07/16(木) 
再出発されたんですね。
全く違うスタイルになるのか?
ガッツを全面に出すスタイルは変わらないのか?

どういう方法にしてもまた指導者として戻られたのですからがんばってほしいです。

2020/07/16(木)
でもパワハラ体質って治らないんだよなぁ。しばらくはおとなしくしてても結果が出てから、でなくなると・・・。まぁJリーグでやると今度は監督ライセンス剥奪ぐらいは出されるからね。駅伝の監督も体罰で辞めたけど、他所の大学でまたやったりして。

2020/07/16(木)
元々選手のモチベーションを高める指導と機動力のあるサッカーを展開することには定評があった監督。真偽はともかく過去の失敗、経験を活かして若手のサッカー選手を育ててほしい。そしてまたいつか京都のクラブか学校を指導してほしい。

2020/07/16(木)
曹さん今度はやりすぎるなよ。
間違いなく良い試合ができるサッカーチームをつくれる人だ。
パワハラ無しで頑張ってほしい。

2020/07/16(木)
湘南では曺さんに頼り過ぎて、権力を与え過ぎたかのかもしれない。ちゃんと反省した上でリスタートを切ったなら応援します。

2020/07/16(木) 
結局、教育機関が指導者として雇用できるレベルの
パワハラしかしてなかったということ。
湘南の選手の多くは解雇に納得してなかった。

2020/07/16(木)
実力のある方だと思っていましたのであの騒動は残念に思っていました。良い方向に向かうことを期待しています。

2020/07/16(木)
時代が時代だから、パワハラだとかなったけど指導力は素晴らしいだろうね。世の中あまくなったもんだよね
厳しくするとすぐ騒ぎだすし

2020/07/16(木) 
サッカー経験者ですので大学サッカーまで全うした経験から断言します。
この様な指導的な立場を利用したパワハラは基本的には治りません。
パワハラ懲戒解雇されたにも関わらず、採用した大学側の気が知れない。
学生が不憫すぎます。

2020/07/16(木) 
パワハラを肯定する気は無いけど、厳しい指導は必要だと思う。
本人も「怒る」のではなく「叱る」といっていたんだから、言葉を選べば本来はプロの選手なら叱られた事を恥ずべきだし、文句を言うのがお門違いだったと思う。
最近のガキは本気で大人に叱られた事が無い、少ないから違いが分からないんだろうね。
これも時代か・・・

2020/07/16(木) 
チョウキジェは色々言われてるがサッカーと言う意味では良い人だと思う。色々あったがこのめぐりあわせは大事にすべき

2020/07/16(木)
ヤフコメはサッカーに甘いというか批判は許されないな。
レスリングの某有名監督や体操のドンや某大学のアメフト監督のときとコメントが180度違うのは理解に苦しむ。
誰か納得できる説明してほしい。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ