20200716-00010003-sdigestw-000-2-view

スポンサード リンク




「俺の記録を抜いたらすごい。純粋にそう思う」

 本誌「サッカーダイジェスト」の最新号では、先にJ1最多試合出場の新記録を樹立した遠藤保仁の一大特集を掲載している。今回はそのなかから、興味深い箇所を切り取ってお伝えしよう。

 先週末に行なわれたJ1第4節、清水エスパルス対ガンバ大阪戦ではラスト10分のタイミングでピッチに登場。これでJ1通算の試合出場を「634」に、全公式戦の出場数を「1017」に伸ばした。どちらもそう容易くは打ち破れない、文字通りの金字塔である。

 遠藤はほかにも数多の「最多記録」を持つが、なかでも特大の栄誉と言えるのが日本代表最多キャップ記録だ。国際Aマッチ出場152試合は、2位タイで並ぶ長友佑都、井原正巳の122試合を30試合も上回るダントツの数値。現役ではほかにも岡崎慎司が119試合、吉田麻也が100試合と続いているが、さすがにヤットの大記録に到達するのは至難の業だろう。

 では、当の本人はどう捉えているのか。意外とさらりと、こう返答してくれた。

「俺の記録を抜く可能性があるとしたら、冨安(健洋)くんが行けるんじゃないかな。あとは久保(建英)くんもあるかも。俺が22歳からスタートした記録だってことを考えても、彼らが15年間まるまる代表で出続けたら十分にあるでしょ」

 たしかに遠藤の日本代表での足跡を辿ると、22歳だった2002年11月20日のアルゼンチン代表戦がA代表デビューで、それから13年間で152試合を積み重ねている。レギュラーを奪取したのは27歳の時に発足したオシムジャパンにおいてで、30代に突入してからほぼすべての国際Aマッチに出場と明らかに“晩成型”。2015年のアジアカップを最後に退任したハビエル・アギーレ監督が続投していたら、さらにその数字をグッと伸ばしていたかもしれない。

 そして鉄人・ヤットは次のように続けるのだ。

「とはいってもいまは、代表の試合数自体が減ったからね。まあ俺の記録を抜いたらすごい。抜かれて悔しいとかっていうより、純粋に『おおすごいな』って思うだろうね。だいたいこういう記録っていうのは、地味にコツコツやっている選手が達成するのよ。スターやフォワードじゃなくてね。影の存在なんだけど、いつの間にか来てたねって選手が、更新するんじゃないかな」

 現在、21歳の冨安はすでに18キャップを刻んでおり、19歳の久保も7キャップをマークしている。はたして俊英コンビはこれから、どのような代表キャリアを歩んでいくのだろうか──。きっとヤットも興味深く注視しながら、その成長を見守っていくだろう。

取材・文●川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)
https://news.yahoo.co.jp/articles/20d5f9eadcd3c7b66d5c9c8d31117165fa3fe446 

 

2020/07/16(木)
確かに前線の選手だとフィジカルがピークの時期って限られてるから厳しいかもね!
冨安も可能性あるけど、海外組は派遣してもらえるかどうかもあるから、国内でずっとやってたことも遠藤のこの記録にはプラスになったかも!

2020/07/16(木) 
東アジア大会みたいに欧州組を呼べない大会や、呼んで負担をかけるほどの意義がない親善試合などに欧州の主力勢を呼ぶことは少ない。かといって微妙ラインの選手は少しの体調不良や失速でA代表なんて呼ばれなくなる。

国内組でありながらも海外組に比肩する実力や実績をもちつつ、怪我も少なく各時代の監督に必要と評価され・・みたいな、すごい狭い関門を抜けないと無理だから、実質もう誰も抜けない気がする。

遠藤という海外で活躍した選手たちと互角以上の実力を持ちながら国内でキャリアを終えようとしてる稀有な選手ならではの大記録だと言える。

2020/07/16(木)
実力も大事だが、遠藤のように日本代表レギュラーの才能を持ちながら、一回も海外移籍せずに日本に留まり続けるという選択をする選手がこの先出てこない限り、この記録は抜けないでしょうね
海外組は、招集を見送られるケースもあるだろうから

2020/07/16(木)
海外リーグの主力になると拘束力のない代表戦には呼びづらいから、国内選手の方が達成しやすいのかもね。もちろん遠藤選手は海外でも十分やれたと思います。

2020/07/16(木)
冨安(21歳)はDFだから長くプレーする可能性が高いし、体が大きい・プレーに安定感がある・CBとSBにボランチもやれる・足元も上手だから、大きな怪我や病気さえなければ、代表出場試合数の記録を更新するのでは。遠藤もそう言ってるし。なお、DFでみると、Sラモス(34歳)のスペイン代表出場試合数が170に到達したらしい。

2020/07/16(木)
遠藤自体がオシムJAPANになる以前までは各代表カテゴリーにおいて常に『誰かの控え』という立場にあったからなぁ

地味でコツコツ、というのは重味があるよね

ワールドユース(現U-20W杯)、U-23、ドイツW杯の頃までは常に稲本、福西、中田英の控えで、どうしてと替えが利かない選手という位置付けではなかった

(※ワールドユース時は稲本が怪我で結果的に遠藤は試合に絡めてはいたが・・)

しかし、27歳からの怒濤の巻き返しは凄まじいモノがあったよね

誰がどう見ても大器晩成なんだけど大したもんだ

2020/07/16(木) 
ヨーロッパのようにJリーグとスケジュールが真逆の海外のチームに移籍すると、代表に呼びたくても呼べないことが多くなる。

かといって、海外組が多数を占める今の日本代表において、日本でプレーしながら代表に選ばれ続けるのは結構厳しい。

アタッカーはほとんど海外組。
富安・板倉・中山・菅原などディフェンシブなポジションの選手でも若くして海外移籍が増えているし、GKでも小久保玲央ブライアン・山口瑠伊がすでにヨーロッパへ。

広島の大迫、浦和の橋岡、川崎の田中碧あたりが日本でプレーし続ければ可能性はあるかもしれませんが・・・

この記録を破る選手は今後出てこないのでは?

2020/07/16(木)
ジーコジャパンでもレギュラーだったらもっと記録は伸びたと思う。ジーコは黄金のカルテット(中田英寿、中村俊輔、小野伸二、稲本潤一)を理想としていたからね。結局現実的に中村俊輔と中田英寿以外は福西や小笠原が入ったりで流動的だったけど、ヤットは出なかった。
ここで出れてたらもっと記録は伸びてた。ライバルが凄すぎた感も否め居ないが。

2020/07/16(木)
記録を抜く選手が現れるとしたらGKだと思う。
海外でプレーせず、国内の一クラブの象徴のような選手。
だけど、選手のピークと代表監督のスタイルの合致も重要。ザック時代は選手ほぼ固定(試すことに消極的だった)で、試合数も多かった。なので、ザック時代の主力のキャップ数は多くなっている。

2020/07/16(木)
海外組ではなくここまでやれる選手がゲームを組み立てる選手として、居たのはほんとに大きかったと思う。
コンディションのブレが少ないし、どの試合にも呼べる。
戦術の柱になる選手を毎試合使えるのは、チームとしての完成度も上がるよね。

2020/07/16(木)
遠藤選手の場合は、国内でずっとパフォーマンスを維持向上させてきた結果だと思う。海外移籍が増えている昨今では、代表派遣にも制約が掛かるし、今後この記録を破るのは難しいでしょう。この記録を貶すつもりはありませんが、そんな事はどうでもいいでしょう。ただ40歳を目前にしてまだJ1でスタメンを張れることは驚きです。

2020/07/16(木)
久保くんははっきり言ってまだ年齢の割に凄いって評価。移籍金評価を見てもまだまだ。代表で活躍し始めるのもあと2年前後だと思う。それまではしっかりと成長をさせてあげたほうがいい。長距離の移動などは成長に貢献するとはいい難い。本当は代表で早く慣らして上げたほうがいいとも思ってるんだけど。
前線の選手であるしユーロで活躍していくことを考えるとヤットには届かないだろう。
ヤットはずっとレベルの劣る日本で出場し続けフィジカル的にも楽できたこと、移動などの負担も少なかったことも大きい。
 富安は守備的選手だから久保くんよりは可能性は高い。プレースタイル的にも怪我が多発しそうな感じもないし、今の代表がすでに人員に不満がある状態ではなるのでよほどじゃない限り招集して使いたいレベル。大体の可否ここらへんを考えても富安のほうが可能性は高いね。

2020/07/16(木) 
代表最多記録って遠藤選手がJリーグのチームに在籍しながら、海外組とも遜色ないレベルを維持し続け、大きな怪我や不調のなかった選手だから達成できた大記録であって、才能ある選手は若い内から海外に出るようになった昨今、この記録を抜ける選手は今後現れないような気がする。

2020/07/16(木) 
実力も必要だが、その時の指揮官の戦術やポジション適性によって実力があっても出れないことがある。遠藤もジーコ監督時代はサブ的存在だったし。そう考えると冨安はかなり期待できる。長身のCBは日本にはなかなかいないし、イタリアでSBの適性も見つけたし。順調にいけば30手前で100キャップは行くと思う。

2020/07/16(木) 
プレースタイルやポジションもあると思う。
プレーに瞬発性よりも安定性が求められる後ろのポジションの方が長くプレーしやすいし、怪我しにくいプレースタイルも必要。スピードやフィジカル系の選手は厳しいと思う。

2020/07/16(木) 
遠藤は実力やチームへの影響力が凄かったのはもちろんだけど、このキャップ数に辿りつけたのは国内組だったことがデカかった気がする。代表戦終わってもパフォーマンス落とさずやれてたのが、移動の負担の大きい海外組との違い。
遠藤が海外でやってたらどこかのタイミングで出場機会失うか怪我してたと思う。

2020/07/16(木)
遠藤が代表最多キャップが出来たのも海外へ行かずJリーグに留まったから出来た数字だと思う。

技術的に高い選手は沢山居ると思うけど、すぐに海外へ行ってしまうので代表招集が難しくなってしまう。

それに、今は代表の試合が出来るかどうか分からないような状況ではそれどころではない。

2020/07/16(木) 
いまだに現役として努力し続けているところは本当にすごい。
カズもそうだが、周りから「もう、いいんじゃない?」と言われていても自分のポリシーを貫く心の強さはカッコいいと思う。
見習いたい。

2020/07/16(木)
冨安にしろ久保にしろ抜けないと思う。どちらも近い将来不動のレギュラーになると思うが、遠藤の記録を抜くとなると、国内での親善試合もこなさないといけないし、かなりの負担。
遠藤の記録は意識しないほうがいいだろう。

2020/07/16(木) 
記録を抜くためには、代表への強い思いが必要、それが肉体的負担を増大させる、すると、選手生命が短くなる、代表に入れる、呼ばれる数は減る。
記録を破るのは、どなたに限らず、無理くさいね。
破られたとしたら、それは本人が言うとおり単純にすごいこと!

2020/07/16(木)
かって日本の選手で代表に出続けて来た選手にスター選手はいなかった。だけど久保選手や富安選手のように挑戦ではなく補強として若くから代表に入った人が遠藤選手の記録を抜けるんだろう。怖いのはやはり怪我で危険なタックルをして来る選手に合わな事が重要なポイントだろう。

2020/07/16(木)
抜けなくても、キャップ数150への到達を考えると、若いときから正GKをやってたら…って位しか予測できない。
或いはポールスコールズのような万能型のMFか。

川口と楢崎が同世代ではなかったらってのが現実的なところでしょうか。

何れにしても海外移籍しない人に限られる。
それくらいスゴい数字だと思います。

2020/07/16(木)
契約や遠征などの問題もあるから、ヨーロッパでプレーしてるチームの主力級は簡単に代表の試合には来れないから抜くのは厳しい

現実的にもし、抜くとしたら生涯Jリーグの一流選手だけでしょう

2020/07/16(木) 
ヤットの安定感、安心感は歴代日本代表でも抜きに出てたな。
すごいメンタルと技術力。
パスを止める、パスを出すシンプルながら、
その真髄を極めた技術力。

ハーフタイムでシャワーを浴びるメンタルも
すごい。

2020/07/16(木)
インタビューにもありますが、一昔前に比べ代表の試合数減、海外移籍によりクラブから制限されたりがある為、抜ける選手は分かりませんが。
久保選手 富安選手は期待出来ますね。
遠藤選手はとにかく、怪我に強い。国内一筋で代表定着は、現状遠藤中澤さん位。

2020/07/16(木) 
冨安、久保はヨーロッパのビッグクラブでレギュラーとしてプレーできる可能性のある日本人。クラブがより強い立場にあるのを考えると厳しいかな。
国際Aマッチデーも減少傾向にあるし。

2020/07/16(木) 
確かに冨安はありそう。
でも、こういう記録って、当人がどれだけ素晴らしい選手でも周りの選手や監督によるから、結果としてついてくるものだと思う。

2020/07/16(木) 
条件的に国内組が有利というか、海外組は呼ばないケースが多いから、遠藤が言うように影の人間がじわーってくる感じなのかな?って思う。そして改めて井原はすごいって思うね。国際試合の試合数少ない頃からだからね。

2020/07/16(木) 
確かに冷静になって考えてみると今後遠藤の記録を更新するのは難しそう

①欧州クラブのスケジュールに影響されない国内代表組
②海外組に勝るとも劣らない技術とメンタル
③大きな怪我がない

いまやGKも含めた各ポジションに海外組がいる代表でこれらの要素を満たす選手は中々出てきそうにない
時代的な問題もあるけど、それでもつい最近まで代表キャップを重ね続けた遠藤はやはり凄い選手だったんだと改めて思う

2020/07/16(木)
もちろんとてつもない記録で遠藤選手の代表での貢献は計り知れないものがあるけれど、海外移籍をしていない事や、FWやDFでないことも大きな原因だと思う。
海外組を招集できない試合も少なからずあるし。
しかしJ2時代もあることだし、この年になるまで第一線で活躍できるのはすごい。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ