20200712-00010000-footballc-000-3-view

スポンサード リンク




プレミアリーグ第35節、リバプール対バーンリーが現地時間11日に行われ、1-1で引き分けた。南野拓実はリーグ優勝が決まって以降、ほとんどチャンスを与えられておらず、この試合も出場がなかった。献身的なディフェンスなどは評価されているものの、完成されたチームの中で居場所を築くには、何が必要なのだろうか。(文:加藤健一)

●アンフィールドでの連勝がストップ

 リバプールがゴールネットを揺らしたのは1回だけ。69分にはセットプレーの流れから失点し、試合はドローに終わっている。昨季から1年以上続く、ホームのアンフィールドでの連勝記録は24でストップした。

 チャンスを作れなかったわけではなかった。

 17分にはアンドリュー・ロバートソンのクロスをロベルト・フィルミーノが落として、カーティス・ジョーンズがシュート。その1分後にはジョー・ゴメスのロングフィードから、最後はモハメド・サラーが右足でゴールを狙った。33分にはサディオ・マネからパスを受けて前を向いたサラーが左足を振り抜く。前半アディショナルタイムにはサディオ・マネが左足を振り抜いている。

 73分には途中出場のトレント・アレクサンダー=アーノルドが中央からミドルシュートでゴールを狙う。その1分後にはフィルミーノからパスを受けたマネがシュートを放った。サラーは85分にペナルティーエリアの外から左足で、93分にはアレクサンダー=アーノルドが上げたグラウンダーのクロスを右足でゴールを狙っている。

 90分で放ったシュートは23本、うち9本を枠内に飛ばしたが、バーンリーの牙城を崩したのは34分の1度だけ。ファビーニョが上げたクロスを、コーナーキックを上げるために右サイドに流れていたロバートソンがヘディングで押し込んだ。それ以外のリバプールのチャンスはすべて、GKニック・ポープの度重なるファインセーブに阻まれている。

 アンフィールドでの連勝は止まったが、消化試合となった今、チームのパフォーマンス云々を語ることは、高校生が模擬試験の結果に一喜一憂するくらい意味がない。主力選手にとって残りのシーズンは、記録達成というボーナスがついた来季へのアイドリング期間でしかない。

●「溶け込むのは相当難しい」

 一方で、若い選手がどんな課題を持ち帰って改善していくかは、消化試合を戦ううえでは大きな意味を持つ。19歳のジョーンズは長期契約を結んだ直後の試合でプレミア初得点をマーク。サイドバックのネコ・ウィリアムスは2試合続けて先発の機会が与えられている。「プレミアリーグという異なる環境でプレーするのに慣れさせているところ」というのが、指揮官が語る起用の理由である。

 リーグ戦再開後はナビ・ケイタが高いパフォーマンスを見せて評価を上げている。ユルゲン・クロップ監督も「怪我でリズムを失ってしまったことは確か。しかし、今の彼はスカッドの中に完璧に落ち着いている」と評価。ライプツィヒ時代に見せていたようなダイナミックなプレーで輝きを放っている。

「ここ2シーズンほとんど負けなかった我々のチームに溶け込むのは相当難しい」(クロップ監督)

 17/18シーズンにUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で決勝に進み、18/19シーズンに14季ぶりとなるCL制覇。このシーズンはマンチェスター・シティにリーグタイトルを譲ったが、今季は歴史的な独走で30年ぶりのリーグ優勝を果たした。この約2年間でリバプールは世界屈指のチームへと成長している。

 指揮官が言うように完成したチームに割って入るのは容易ではない。ケイタの場合は怪我もその足枷となったが、約2年を経てチームのスカッドに定着している。

 ウィリアムスは今季全休して退団したナサニエル・クラインと、ジョーンズは今季終了後に退団するアダム・ララーナとポジションが重なる。優勝が決まってから出場機会が与えられているのは、彼らがサイドバックや中盤のバックアッパーに足るだけのプレーを見せているかをテストしているのだろう。

●南野拓実に必要なのは…

 一方で気になるのは、南野拓実の立場である。

 再開初戦のエバートン戦は先発で起用されたが、ハーフタイムでベンチに下がった。続くクリスタル・パレス戦は途中出場しているが、優勝決定後は4試合で8分間のプレータイムしか与えられていない。

 南野がリバプール加入後、ケイタのように大きな故障を抱えていないことは、チームへの適応を助けているだろう。しかし、ケイタと同じように、ほとんど負けていないチームに溶け込むのは難しい。CLでセンセーショナルなゴールを決めたディボック・オリギですら、ここ2試合ではベンチで90分を過ごしている。

 前の試合から中2日で行われたこの試合で、指揮官が切った交代カードは3枚。3トップは揃って90分プレーし、オリギも南野もジェルダン・シャキリもプレーできなかった。

 南野がまったくフィットできていないわけではない。守備面ではチームに十分貢献できる。ブライトン戦では短い時間の出場だったが、アディショナルタイムにジェームズ・ミルナーからの縦パスを引き出して決定機を呼び込んでいる。

 いいプレーもあれば、物足りない部分もある。この数か月でその立場が大きく変化したわけではないし、プレーが劇的に変化したと分析するにはプレー時間が足りなすぎる。評価を下すのは時期尚早で、指揮官も「継続することが必要」と言っている。

 リバプールはアーセナル、チェルシー、ニューカッスルとの対戦を残している。ビッグクラブ相手に誰が明確な結果を残すことができるのか。誰もできないのか。外野からの様々な声が聞こえてくるが、来季へ通じるサバイバルは続いていく。

(文:加藤健一)
【了】 
https://news.yahoo.co.jp/articles/dcd1d04fcbfb50242223395ab1b202099fadc29f

 

2020/07/16(木)
クロップは南野を擁護した発言をしてくれてるけど、とにかくゴールでもアシストでも結果を出さないと厳しい。
周りの能力が高いだけに少ないチャンスをものにしないと…

2020/07/16(木) 
日本人として応援したい気持ちはあるが、リバプールファンとしてはあくまでリバプールが強さを維持できることが第一やねんな。
来季は433対策でプレミアもCLも確実に苦戦する。南野さんには早く適応してそういう試合で力を発揮してほしいが、フロントには良い解決策を同時に考えていただきたい。

2020/07/16(木)
中盤の控え選手と比較しても明らかにカーティスジョーンズの方がシュートまで持っていけるし、ケイタの方が推進力がある
前線の選手としてみたらフィルミーノほどのテクニックやキープ力もなく、サラーやマネの速さも決定力もなくそもそも誰の代わりにもなれない
ただシャキリもララーナもいなくなるだろうから控えの控えとしては必要な選手

2020/07/16(木) 
南野がクロップに何を期待されてるかも、起用的にだんだん分からなくなってきた。
リバファン的にはCLでの活躍から点を取って欲しい気もするし、リンカーとして前線と中盤の繋ぎ手になって欲しい気もする。
ただどちらにせよ、南野はパスを受ける時のトラップと状況判断を早くしないと。
プレミアはやっぱり簡単にパスを受け取らせてくれないから、ボールをロストしてるし、状況判断が遅いからコースを減らされ詰まってしまっている。

2020/07/16(木)
>>完成されたチームの中で居場所を築くには、何が必要なのだろうか

不謹慎だが同僚の怪我くらいじゃないですかね。
多少うまくなったり馴染んだり結果を残した程度ではこれだけ完成されてるチームのバランスを崩す必要がないのでもしも同じくらいの実力があったとしても勝ってるうちは監督はバランスを取るでしょう。

2020/07/16(木)
南野のキャリアを考えれば、リバプールで出場機会を得ているだけでも有り難いことである。
先発出場など他の選手のファンはとてもじゃないが納得しないだろう。
この僅かな機会で結果を出し続けて少しずつ出場時間を増やしていくしかない。

2020/07/16(木)
選手は数字だよ。特にFWは。

得点もアシストもないなら起用されるわけもないしレギュラーを獲得できるはずもない。

メッシもロナウドも絶大な評価を受けてるのはゴール数が多いから。

700を超える通算ゴール数が、その証。

2020/07/16(木)
リバプールは世界屈指のビッグクラブです。
出場が出来ることの方が難しい。
そして結果を出せていない以上機会は減るのみ。

消化試合の過密日程、格下相手の試合で使われなかった。
この意味はもう察するしかない。
崖っぷち所じゃないと思う。
前回の1対1を決められなかったのも、加入直後の最大のチャンスをモノに出来なかったのもクロップの実力査定が完了した要因かもしれない。

リバプールで生き残る実力が南野には無いと思う。

2020/07/16(木) 
バーンリー戦は、非常にショックが大きかった。前の試合から日にちがそこまで経ってない為、流石に南野やオリギがスタメンだろうと思った。ましてや優勝を決めてるし、過密スケジュールの中で。
そこでも出場出来ないのは、厳しいなぁと。
まぁ、南野やオリギのプレーを見ていたら、スタメンとのレベルの差が相当あるのは、解るけど。
中盤は、まだ選手層あるけど、前線三枚は、本当に代えが効かない。。。
実際、練習見てるクロップが決めてるから大丈夫なんだろうけど、怪我するよ?と思う。

2020/07/16(木)
能力、コスト的に、今のスタメンを休ませるため、怪我した時の保険要因だしなぁ
爆発的に成長すれば可能性はあるけど

2020/07/16(木)
リヴァプールは今勝ち点の記録をできるだけ伸ばすことをモチベーションに戦ってるだろうし、その上で勝利は必須。
ここ数試合、ボロ勝ちで余裕のある試合が少なくて、現状、マネ、フィルミノ、サラーのスリートップでないと点を取れないような印象があるし、フィルミノの位置でしか今のところ使えなさそうな南野は出れないのもしょうがないと思う。。
リヴァプールが70ー80分で2点差で勝ってたりしたら出れそうなら気はするんだけどなぁ。。。

2020/07/16(木) 
今回のベンチ要因で立ち位置が判断出来たね。ゴ-ル前での1瞬の判断力と集中力が少しだけ足らないから得点に結びつかない。微妙な事だけど、瞬時の判断力と集中力を高める練習すべき。フィジカル面と同等に大切な事。どんな状況でも冷静に。

2020/07/16(木)
普段プレミア見てなかった人は南野移籍した途端にこんな強くて出場できないチーム行くべきじゃなかったとか言ってる人もいるけど、移籍金的に控えとして獲得したのは南野もわかってるよ
ただ世界王者の選手たちと、プレミア8位のチームをそのレベルに引き上げた監督とサッカーやれて色々吸収できる、そして少しでもチャンスを与えて貰えるのはいい環境だと思うよ

2020/07/16(木) 
シーズン通して調子のよくないフィルミーノや
怪我明けのマネ、休ませたいサラーを抱えても
途中でも使いたくないぐらい思ってたのと違ったんだろうな
普通はあまり弄りたくない守備のほうはターンオーバーさせてるのに
優勝しても使わないって事はそういうことだろう
本当に欲しいFWはシーズン終わり補強だね

2020/07/16(木)
そもそも怪我人が出たときに戦力ダウンを最小限に抑えるのが役割だから、勝ち抜くとかレギュラー奪取とかの話では無い。だから練習で良いプレーが出来るなら在籍し続けることは可能かもしれない。

2020/07/16(木) 
技術、フィジカル、スピード、どれも中途半端で、他の誰にも負けないというほどの優れたスペシャルなものを持ってないんだよ。
いい意味で言えば、どの点をとっても、平均点レベルな選手なんだよ。
トップクラブなんだから、誰よりも秀でたスペシャルなものを持った選手が集まってきてるのは当たり前で、南野より優れた選手がいれば、他の選手が使われるのが当たり前。ただ、それだけのこと。
南野の試合出れてない現状が、それをよく表してるよ。

2020/07/16(木)
お安い走れる控え選手として獲得されたのは分かりきってる。
結果か内容を出せば序列を上げられるかもしれないけど相当厳しい戦いになるのは間違いない。
だが期待したい

2020/07/16(木)
ザルツブルクでも最初から活躍してた訳ではないから時間がかかるのかも知れない
かと言ってそんな時間はくれる環境では無いので練習からアピールして数分でも出場出来た時に結果で勝ち取るしかない

2020/07/16(木) 
ザルツブルクの時から圧倒的なパフォーマンスを見せてたわけじゃなかったからビッグクラブでやれる実力があるとは思えなかった。やるならプレミアの中堅下位のチームがベストだろうね。

2020/07/16(木) 
サッカー選手にとって第1は試合に出る事!
ここが何よりも優先される事!
選手寿命は長くない!プロなら尚更考えて、もう一度自分と向き合うといい。
応援したいけど、活躍出来るチームは他にもある。

2020/07/16(木) 
この試合で使われなかったのが今の南野の立ち位置を如実に表している。
もう若手のカーティスやネコよりも序列が下がってるんじゃないか?

次のアーセナルとチェルシー戦も恐らく使われないだろうから、出るとしたら最終戦になるのか?

残されたチャンスは少ないよ。

2020/07/16(木)
フィットする、しないはもちろん大事だが、控えとして穴を埋めるだけじゃなくて、このチームに新しい価値を与えないとスタメンは難しい。

2020/07/16(木)
もう無理っすね。他所に移籍した方が良い。
明らかにネコやカーティスジョーンズと比べてハングリー精神が足りないよ。
遠慮してたらそりゃ使われないわな。

守備に貢献?
日本人選手みんなそうやで。
日本人はどうも「俺が俺が」という選手が少な過ぎる。最近だと本田くらいでは?

2020/07/16(木)
出すべき時に結果だせなかったのが全て
現状は夏の放出すら十分あり得るのが

ベンチに座れて数分でも試合に出れる間はチャンスはあるわけで
内容以上にもう数字残すしかないはず

元から難しいチャレンジ
応援を続けるのみ

2020/07/16(木) 
香川がドルトムントの時にレヴィにポジション争いで勝ったときのようなハイレベルな勝負をしなきゃいけないから大変だよね。流石にフィルミーノに勝つのは現実的じゃないけどセカンドチョイスになることが重要。来季どこまでやれるかだと思う。ポジション的にある程度ゴールを決めなければ厳しいな

2020/07/16(木) 
正直優勝が決まってる今出れないのに、来シーズン出れるわけなくね?って思ってしまう
出場時間自体まだ200分程度らしいからこれで判断されるのは可哀想だけど、練習でもいまいちアピール出来てないんだろうね

2020/07/16(木)
そもそもクロップはどのポジションで使うために取ったのかよく分からない。一番前じゃなくて、やっぱり2列目で前の選手と絡める位置がいいと思う。

2020/07/16(木) 
来シーズンのリバプールは相当厳しい戦いになるはず
シティ、チェルシー、ユナイテッド、リバプールの4チームが優勝争いするはずだろうから。
補強次第なところもあるけど

2020/07/16(木)
C L残っていたら、前3枚も流石にターンオーバー的に使って、完全に調整試合化するだろうから、サラーの得点王よりもC L優先だろうから、南野にも順番でスタメンはあったかもしれないのにね。

2020/07/16(木)
世界一のチームに加入してすぐに結果が出るわけ無いよ。今は献身的に淡々とやるしかない。クロップは加入した選手の見切りが早いわけじゃないし、フィットするにはコミュニケーションも大事だし、言葉に慣れて意思疎通ができるまでは時間かかる。スピードもクイックも負けて無いから、フィジカルコンタクトで競れるようになったら面白い存在になると思う。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ