20200715-00081604-soccerh-000-1-view

スポンサード リンク




 マジョルカと久保建英の挑戦は終わらない。2019-20シーズン、リーガエスパニョーラは変則的に進行している。新型コロナウィルスの影響により第27節終了時点で一時中断。およそ3カ月の空白期間を経て再スタートを切った。マジョルカを筆頭に、残留を争うクラブにとっては難しい状況になった。FIFAのルール変更で1試合の交代枠が5名になった。だがそれは有能な選手を多く擁するビッグクラブへの恩恵に他ならなかった。現に、レアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーの3チームはここまで無敗を維持している。しかし、マジョルカは最後まで戦うだろう。そして、彼らの敢闘精神こそが、コロナの打撃を受けた観光都市マジョルカとマジョルキン(マジョルカの人々)に勇気を与えるものになる。


■久保の移籍とインパクト
 
 思えば、久保の移籍は大きなサプライズだった。

 FC東京からフリートランスファーでレアル・マドリーに移籍した久保は、当初、マドリー・カスティージャ(Bチーム)でプレーする予定だった。ラウール・ゴンサレス監督の下、ロドリゴ・ゴエスと久保がダブルエースとしてチームに君臨するはずだった。

 だがプレシーズンのパフォーマンスが、すべてを変えてしまった。ジネディーヌ・ジダン監督率いるトップチームのアメリカ遠征に帯同した久保は世界のトッププレーヤーたちと遜色ないプレーを見せる。その余りある才能をリーガ1部のクラブが放っておくわけがなかった。

 バジャドリー、エスパニョール、複数クラブが久保に関心を寄せた。そんな中、マジョルカが久保を射止める。その時懸念されたのは、バルセロナのカンテラーノであり、レアル・マドリーが保有権を有する選手が、いかにしてロッカールームに溶け込むのか、だった。しかし、それは杞憂に終わる。「タケと話して、すぐに疑念は晴れた」とスペイン紙『エル・パイス』に語ったのはビセンテ・モレノ監督の下でアシスタントコーチを務めるダニ・ペンデリンである。

「タケの受け答えは、26歳の青年のようだった。私には19歳の息子がいるが、彼らを比べると、差は明らかだ。あるいは、カンテラから上がってくる選手を指導する機会があるけれど、彼らは時に理解しているのか疑わしいところがある。だがタケは違う。他人の話をよく聴き、セットプレーやポジショニングに関しては、日常的に私に質問をしてくる。彼は"聞き魔"なんだ」というペンデリンの言葉には説得力がある。


■マジョルカと日本人選手
 
 心配されていたロッカールームの適応についても、久保の問題にはならなかった。この点に関しては彼に追い風が吹いたと言えるだろう。成熟しているとはいえ、19歳の選手。たとえスペイン語力があっても、ジェネレーション・ギャップは存在する。だがシーズン半ばに、負傷で長期離脱していたクチョ・エルナンデスが復帰し、セビージャからアレハンドロ・ポソがレンタル加入した。彼らはウマが合い、プライベートでも仲が良いという。右サイドバックにポソが定着してから久保のパフォーマンスが再び上がったのは偶然ではない。

 また、一時、マジョルカで久保の序列は下がっていた。攻守のバランス、とりわけ守備面の久保の課題が理由だった。「ビッグチームであれば、3トップが前線に残っていても大丈夫だ。だが我々はそれを許すことができない。最初、タケはそこに苦労していた。でも、今となっては、彼にディフェンスに下がるように指示する必要はない。1部残留のためには、そういうプレーが必要なんだと彼は理解してくれた」というペンデリンが説明する。

 そう、求められるのは1部残留だ。マジョルキンが思い起こすのは、2004-05シーズンの残留劇である。あのシーズンは残り7試合で残留圏と勝ち点10差だった。「マジョルカはすでに2部のチームだ」とレバンテの当時会長が口を滑らせてしまうほど、マジョルカの2部落ちは確実視されていた。しかし、4勝3分けという怒涛のラストスパートでエクトル・クーペル監督のチームは残留を決めた。指揮官自身が「奇跡を起こした」と語る出来事だった。

 あの時のチームには、大久保嘉人がいた。そして現在、マジョルカには久保がいる。マジョルカのクラブのスタッフは我々が思っている以上に日本人選手や日本との繋がりを意識しているように思う。また、昨年10月、取材でマジョルカを訪れた際、マジョルカの本拠地サン・モイスの周辺では「タケ」の26番を身に付けるサポーターがたくさんいた。彼らの口からは久保とマジョルカへの期待が語られた。

 残留という置き土産。それを残した時、フェノメノ・タケ(タケ現象)は真の意味で歴史に刻まれるのかもしれない。

森田泰史
https://news.yahoo.co.jp/articles/4286e0d99f81c32e82c3d7ec766442533c094703?page=1 

 

2020/07/15(水)
この前の試合で柱谷がやたらと久保に戻れ戻れうるさかったけどあんな最深部までFWが毎回戻ってたらセカンドボールとか誰が払うんだよって話
ある程度はSBに任せてセカンドボールを拾ったりカウンターを仕掛けたりするべきポジションなのにアホなのかって思ってた
実際監督が指示したとしたら久保なら戻ってる
ポジショニングのバランスを放棄してパッと見で戻れ戻れ言う柱谷はやっぱ監督としてJ2でさえ微妙なのが良く分かる発言だったわ

2020/07/15(水) 
久保の性格、メンタルもあるけど、
何と言っても言葉が出来るのが大きい。
話す、聞く、答える、理解する
がちゃんと出来て、それを実行出来る。
それは信頼されるよね。

2020/07/15(水)
自力での残留はないので、アラベスとセルタとレガネスの結果次第となるので厳しいのは厳しい。ただ今後の対戦相手はマジョルカに利があるので連勝は必須。他のチームはレアルだったりバルサを相手にするので。

ポソはいい選手ですね。本当にポソが入ってからかなり久保くんがやりやすそうに見える。
最初はなんてチームに入ってしまったんだって思ってたけど、なんだかんだちょっと愛着わいてしまったんで、残留を置き土産にして欲しい!

2020/07/15(水)
いくら久保本人のデキがよくとも1人ではどうにもならない…
チーム全体のパフォーマンスがあがることでさらに久保も活かされると思う。
再開後出ずっぱりで疲労も溜まっているだろうが最後まで怪我なく終えて残留できたらいいなぁ

2020/07/15(水)
日本でやってた時も15、6歳とは思えないような受け答えしてましたな
親の教育が良いのかバルサ下部組織時代に良い教育を受けたのか

2020/07/15(水) 
26才の青年‥聴いたことを必死に理解しょうとする貪欲さや、ひた向きな向上心は人一倍も二倍もあるのが久保。素晴らしい。

2020/07/15(水)
チームメイトとのコミュニケーションが取れたのは事実だと思う。パスが回る様になってチームの得点力が上がってるよね

2020/07/15(水)
先日の試合では 久保も周りもかなり疲れてるなwって感じのプレーが見られたが
明後日の試合では是非結果を出してほしい…

2020/07/15(水) 
どんな世界でも「素直さ」「貪欲さ」を持ってる人間は強いんだよな。また、「聞き取れる」のが何よりデカい。他国のビッグチームに行ってもこれが出来なくなるのがなあ

2020/07/15(水)
10歳でにスペイン渡ったのが大きいね。
サッカーも生活も海外の文化が体に染み付いた。
日本は裕福なせいもあって子供には色々と甘すぎる環境なんでしょう。競争もさせないし。

2020/07/15(水) 
マジョルカでは結果出しているから、レアルでの活躍も見てみたい。

2020/07/15(水)
日本語より西班牙語の方が読解力あるクボタケなら、森保よりロペテギの方がまだマシ。

2020/07/15(水) 
差別していたコーチも居たというが、そいつはどこへいったんだろう?

2020/07/15(水) 
マジでここ5年間が楽しみ!











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ