20200713-00000004-sasahi-000-3-view

スポンサード リンク




 久保建英(マジョルカ)の登場によって日本サッカー界は新時代に突入した。久保以外にも、すでに冨安健洋(ボローニャ)や堂安律(PSV)が日本代表の主力に定着し、昨年のコパ・アメリカ、E-1サッカー選手権では、大迫敬介 (サンフレッチェ広島)や板倉滉(フローニンゲン)、森島司(サンフレッチェ広島)、遠藤渓太(横浜Fマリノス)、田中碧(川崎フロンターレ)、小川航基(ジュビロ磐田)、前田大然(マリティモ)といった20代前半の面々が次々とA代表デビュ―を果たした。

 さらに久保と同じ2000年代以降の生まれでは、西川潤(セレッソ大阪)、中村敬斗(シント=トロイデン)、菅原由勢(AZ)、染野唯月(鹿島アントラーズ)といった選手たちが期待の逸材として騒がれている。だが、今後の日本サッカー界を支えるは、彼らだけではない。「ウィズ・コロナ」の中で再開したJリーグで確かな実力を見せ、まだ世間的な認知度が低いながらも今後の代表入りが期待される若手選手をピックアップしたい。

 GKでは、小畑裕馬(ベガルタ仙台)に注目だ。ユース昇格1年目の18歳ながらリーグ中断期間で急成長して信頼を掴み、負傷した元ポーランド代表のスウォビィクに代わってスタメンの座を奪取。身長183センチとGKとしては小柄といっていい部類だが、素早い反応と正確なキックを武器に、デビュー戦となった7月4日の湘南ベルマーレ戦では堂々たるプレーぶりで完封勝利に貢献。続く浦和レッズ戦も2失点で敗れはしたが、随所で好セーブを披露した。経験がモノを言うポジションであるだけに、試合を重ねる度に成長できるはずだ。

 DFでは、町田浩樹(鹿島アントラーズ)に期待したい。下部組織出身で2016年にトップ昇格したセンターバック。2017年に右膝前十字靭帯損傷で全治6カ月の長期離脱を強いられたが、2018年にリーグ戦8試合、2019年には同22試合に出場。今季も開幕からレギュラーとしてピッチに立っている。魅力は190センチという長身を生かした空中戦の強さと精度の高い左足のキック。左利きの長身センターバックは世界的にも貴重で、攻撃を組み立てる上でメリットが大きい。冨安の相棒として、日本が育てるべき逸材だ。

 好選手が多いMF陣では、まず大卒ルーキーの安部柊斗(FC東京)の名前を挙げたい。FC東京ユースから進んだ明治大で大きく成長し、豊富な運動量と球際の強さで中盤を支えるボランチ。特別指定選手として2019年にJデビュー済みで、正式加入した今季はACLでスタメン出場してアシストも記録。リーグ再開後も欠かせない戦力として攻守に渡って動き回っている。今後、Jリーグで結果を残しながら、五輪代表からA代表へとステップアップして行く可能性は十分にある。

 前橋育英高から東洋大を経てプロ入りした坂元達裕(セレッソ大阪)も、今後の成長が注目される1人だ。大卒1年目の昨季、J2のモンテディオ山形で全42試合に出場し、独特なリズムを刻む鋭いドリブルでチャンスメークしながら自ら7得点をマーク。今季J1のセレッソ大阪に加入すると、すぐさまレギュラーの地位を確保した。アンダー世代の代表経験はないが、このまま攻撃に違いを生むプレーを続けられれば、将来的に代表候補リストにも入ってくる。

 すでに騒がれているが、2001年6月1日生まれの19歳、松岡大起(サガン鳥栖)も将来を嘱望される逸材として再認識しておきたい。サガン鳥栖U-18のキャプテンとして世代別の日本代表にも選出され、高校3年生だった2019年にトップ昇格。同年、リーグ戦23試合に出場するとともに、当時17歳ながらU-22日本代表に飛び級で招集された。ボランチを本職にサイドやトップ下でもプレー可能な幅広い能力を持ち、試合の中で優れた判断力と高いインテリジェンスを発揮。先日発表されたU-19代表のメンバーの中でもJ1での経験、実績は随一だ。

 すでにA代表デビューを飾った小川航基、前田大然、田川亨介、上田綺世のほか、前述した西川潤、中村敬斗、染野唯月らの有望な若手が頭角を現わしつつあるFW勢では、将来の代表候補として、1999年生まれの21歳、原大智(FC東京)を推したい。

 ポーランド代表のレバンドフスキに憧れる191センチ、84キロの大型ストライカー。ユース所属時の2017年からJ3を舞台にしたFC東京U-23で出場を重ね、トップ昇格2年目の2019年にはリーグ戦31試合で19得点を挙げてJ3の得点王に輝いた。例えJ3でも「得点」を奪うことで成長するのがFWだ。U-23チームのJ3参加がなくなった今季は、昨季の自信を胸に、是非ともトップチームでチャンスを掴みたいところ。ユース時代のチームメイトだった久保建英の相棒として、大きく成長することを期待したい。

 久保建英のように、早い段階から海外でのプレーを選択する日本人プレイヤーは増え続けているものの、国内のJリーグにも大きな可能性を感じさせる選手は多い。今回は触れられなかった選手の中にも、今後飛躍を遂げる可能性を秘めている逸材もいるだろう。新型コロナウイルスの影響でテレビ観戦などが増えるJリーグで、日本の未来を担うような選手を発掘するのも面白い。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5b06ddc3901df320b0cb2d1239127d365a34c5b2?page=1 

 

2020/07/13(月)
国内にも良い選手はたくさんいる。民放でもBSでもいいから取り上げてほしい。

2020/07/13(月)
MF,ウイング系の選手は絶対的な結果を残さないかぎり順番待ちかも
3バックか4バックかわからないけど1番必要なのは長友に引導渡せるような左SB

2020/07/13(月)
F東の橋本みてると26とかでも海外移籍はできるわけで、大卒ルーキーなどの22歳からプロ入り選手は焦らずまずは日本で経験積んでほしい。

Jリーグのレベルもかなり上がってるし、サッカー人口は爆発的に増えてるわけで、これからが楽しみだ。

2020/07/13(月) 
アジアを勝ち抜く大会は、引いてカウンターのチームを前提に選手を選ばないとね。大人の事情は要りません。

2020/07/13(月)
浦和の鈴木彩艶、G大阪の唐山翔自、千葉の櫻川ソロモンには注目してもいいと思う。
あとJ2からの個人昇格が増えているので、J2もよく見ますが、北九州の佐藤亮は近いうちにJ1に来ると思う。大卒ルーキーとは思えない落ち着きや決定力がある。

2020/07/13(月) 
久保建英という高い基準を越える事がまず目標。
つまりバルサかレアルでレギュラーをとる。

2020/07/13(月)
再開後マリノスの試合を中心に観てましたが、マリノスが対戦した浦和の柴戸海選手、湘南の鈴木冬一選手はいい選手だなと思いました。

2020/07/13(月)
湘南の鈴木冬一。
Fマリノス戦のパフォーマンスは素晴らしかった。

2020/07/13(月)
まずデュエルに強くなきゃ代表に選ばないという基準を設けなきゃ日本は強くなれない!今やトップ下がいない時代だ。全てのポジションにデュエルが必要。サイドはさらにクロスの精度とスピード。CFは0.5トップ。トップ下やシャドーはセントラルに。ボランチはリベロになった。スペインやポルトガルやブラジルやバルサ意外は堅守速攻じゃなきゃ通用しない!もう時代は変わった。それを落とせる国の組織と文化が大事!

2020/07/13(月)
町田、、期待できるか!?
清水の鈴木くん良かったね

2020/07/13(月)
21歳で中田英は既にペルージャでオーバーヘッド炸裂させてたけどな。

久保君ならともかく、変に普通の選手で煽らないで欲しい。

2020/07/13(月)
横浜FCの斎藤こうきは面白いと思うんだけどな。

2020/07/13(月)
コンスタントに試合に出てる北海道コンサドーレ札幌の菅大輝選手の名前がないからやり直し

2020/07/13(月)
久保を追い越せ効果でいい刺激があるように思える

2020/07/13(月)
やっぱり世界に通じるストライカーを待っております。

2020/07/13(月)
小粒感が否めない。
特にフォワード。。。

2020/07/13(月) 
札幌の田中駿汰がいない。やり直し。

2020/07/13(月)
ガンバの唐山は見てみたい

2020/07/13(月) 
心技体で久保くんが同世代前後の中でずば抜けているので周りが追いつけないのでは無いかと不安。
代表でガッカリする久保くんの顔が思い浮かぶ。
追いつけ追い越せで久保くんを超える存在が早く出てきて欲しい。

2020/07/13(月)
徳島ヴォルティスの渡井理己

2020/07/13(月) 
おにぎりでも食わした方がいい?
この感じだとギリか、過ぎかも。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ