20200711-00081569-soccerh-000-1-view

スポンサード リンク




 レアル・マドリードからレンタル中のマジョルカで活躍中の久保建英。コロナ禍による中断が明けてからリーグ戦の8試合すべてに先発出場し、7月9日の35節レバンテ戦では、得意のドリブルからチャンスを作り、最後はこぼれ球を左足で詰めて再開後の初ゴール、今シーズンの4ゴール目を奪って勝利に貢献するなど、1部残留を目指して戦うチームを引っ張っている。7月9日現在で暫定18位と降格圏にいるマジョルカを、久保は残留に導くことができるのか気になるところだが、同様に注目を集めるトピックが来シーズンの去就だ。

 パリ・サンジェルマンをはじめ多くのクラブが獲得に興味を示していると伝えられるなかで、レンタル移籍先として有力視されているのが、レアル・ソシエダだ。

 今シーズンのソシエダは好スタートを切り、一時は4位に食い込むなど序盤戦からチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに加わった。しかし、再開後は1勝2分け4敗と失速し、7月9日現在で暫定7位。CL出場権の獲得には黄信号が灯る。

 ソシエダの創立は1909年で、リーグ優勝は2回。80ー81、81ー82シーズンに2連覇を果たしている。この80年代は黄金期で、82ー83シーズンはチャンピオンズカップ(現CL)でベスト4に進出し、86ー87シーズンはコパ・デル・レイを制覇した。

 本拠地はスペイン北部バスク地方のサン・セバスティアン。同じバスクのビルバオに本拠を置くアスレティック・ビルバオは最大のライバルだ。ピレネー山脈を挟んでスペインとフランスに広がるバスク地方は、言語をはじめ独自の文化を持ち、A・ビルバオはバスク人だけでチームを構成する純血主義を貫くなど歴史と伝統を重んじ、バスクの誇りとなっている。ソシエダも80年代半ばまでは純血主義を取っていた。

 人材育成に定評があるのがソシエダで、下部組織から優秀なタレントを数多く輩出している。近年では、リバプールやR・マドリードで活躍した司令塔のシャビ・アロンソ、アントワン・グリーズマンが代表格だ。グリーズマンは母国フランスのクラブから13歳で下部組織に加入した。

■戦術も機能して完成度は高い 大躍進を遂げたのが00年代前半だ。セルビア代表のダルコ・ミロシェビッチ、トルコ代表のニハト・カフベチ、ロシア代表のヴァレリー・カルピン、そしてシャビ・アロンソと多くのタレントを擁し、02ー03シーズンはR・マドリードと優勝を争った末の2位、翌03ー04シーズンはCLでベスト16進出と、ヨーロッパの舞台でも爽快な進撃を見せた。

 この当時のチームで異彩を放ったのが、大型CFのミロシェビッチと俊敏なセカンドトップのニハトの凸凹コンビ。息の合った連携でお互いの長所を引き出し合った2人は、02ー03シーズンに合わせて43ゴールを奪うなど、破壊力を見せつけた。

 今シーズンの好調を支えているのは、左サイドからのチャンスメイクが光る生え抜きのミケル・オジャルサバル、左足のパスで攻撃を方向付けるミケル・メリーノ、そしてドリブルとパスで違いを作る、R・マドリードからレンタル中のマルティン・ウーデゴールだ。

 特にウーデゴールは、ノルウェー代表であのアーリング・ハーランドと並びたつほどの才能の持ち主で、久保と同じくレアルが保有権を持つ選手だけに、両者がチームメートとなることがあれば、さらなる注目を集めることは間違いない。

 プレッシングからのショートカウンター、ビルドアップからの崩しと、2年目のイマノル・アルグアシル監督の戦術もよく機能しており、再開後は苦戦が続くが、チームとしての完成度も高い。その点では、仮に久保が入ったとしても、比較的スムーズに適応できる環境と言えるかもしれない。

 はたして、移籍の報告が聞かれる日はいつになるのか。注目して待ちたい。

サッカー批評編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/2cd0716106b6d0938a66f46a79e1d4b555324b6c 

 

2020/07/11(土) 
今の久保はカウンターとビルドアップからの崩し、どちらについても準備出来てる。来季は是非、スペインの中位クラブでその対応力の高さを遺憾なく発揮して欲しい。

2020/07/11(土) 
ソシエダ、今節、負けて、EL出場すら危なくなった。
来シーズン久保が行って欲しいクラブ、第一候補だけに踏ん張って欲しい。
EL逃したら、第一候補から外れるかも。

2020/07/11(土) 
久保は通常に考えれば来季もどこかへローン移籍のが良いのだが、マドリーのトップチームで日本人がプレーする機会なんて今後先何十年あるかもわかんない。「ウイングのポジションが空き有」&「レギュラーのアザールも怪我しがち」という追い風要素満載のうちに、今マドリーというトップチームで日本人と世界最高峰のプレイヤーとの共演プレーを見ておきたい気持ちがどうしても抑えられない

2020/07/11(土) 
レアルに関してはアセンシオの復活は嬉しい反面久保の復帰が遠のいたのも感じる。また現状の久保は右からのビルドアップで貢献が高いがなんせ今のレアルを象徴するバルベルデが居るしモドリッチも復調した今は戻るのはなさそうだ。いやいや久保はインサイドハーフじゃないだろという声が聞こえそうだがそのためにはもう少しシュート力をつける時間が欲しい。
そんなわけだがウーデゴールが残りそうなソシエダも正直どうなんだろう?ラリーガで探したいので受け入れてくれるなら最良な選択だが。

2020/07/11(土) 
久保と同い年のバレネチェアもすごい才能あると思うわ
良いシュート撃ってるのに枠に当たって入らないあたり持ってないのかなって思ったけど

2020/07/11(土) 
ウーデゴールは膝蓋腱炎になってしまったのが本当に残念。たしかウッチーと同じ負傷でなかなか完治しないんだよなぁ。

2020/07/11(土) 
日本人が馬鹿みたいに騒いでいるだけだと最初は思っていたけど、活躍するにつれて、世界トップクラスの若手だと思うようになった。

2020/07/11(土)  
単純に、日本人選手が活躍しているのは嬉しいよね

2020/07/11(土) 
ミロシェヴィッチ?コヴァチェヴィッチじゃなかったかな?あのチームのシャビ・アロンゾは印象に残ってる

2020/07/11(土) 
ソシエダでは、スタメンにはなれないから

もう一年マジョルカでやった方が良いよ。

2020/07/11(土)  
ミロシェビッチのとこはコバチェビッチですね











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ