20200711-00010004-sdigestw-000-3-view

スポンサード リンク




「ちょっとブラジルっぽいプレーもするよね」

 前人未到の大記録を打ち立てたガンバ大阪のスーパーレジェンド、遠藤保仁。先週末の大阪ダービーで新記録となるJ1出場632試合を達成し、水曜日の名古屋グランパス戦でも途中出場で大いに存在を示した。

 40歳となったいまも、老いてますます盛ん。本誌「サッカーダイジェスト」の最新号ではそんな鉄人・ヤットの一大特集を組んでいる。独占ロングインタビューでは自身の哲学、流儀、真髄について赤裸々に語ってもらっているが、今回はそのなかから、日本サッカー界の次代を担うヤングタレントたちへの提言とエールを紹介しよう。話題はいまをときめく、マジョルカの久保建英にも及んだ。

 若手に対して特大の期待を寄せる名ボランチは、少し物足りなさを感じているという。「なんかこう、真面目すぎるのかな」と切り出し、次のように言葉を紡いだ。

「もちろん私生活とかじゃなくて、プレーに対してね。これをしないとアカン、これをしなさいって言われすぎてるのかもしれない。それは分かるんだけど、だとしてももっと自分の色を出してほしい。

 対戦相手でもそう思う。全員がハードワークしないとダメだ、球際で戦わなきゃとかに意識が行きすぎてる。自分はもっとカッコ良くセクシーにプレーしたいんです、って選手が出てきてもいいよね。球際で勝てば、試合に勝てるのかってところよ。先に行きすぎてるような気がする」

 さらにヤットは「自分のとこに来たら全部シュートに行くんじゃなくて、周りも使いながら、遊び心を持ってトリッキーにやってもいい。相手のゴール前ならね。もっと好きなように、自分が思うようにやればいいのになって」と力を込める。そして自然と口に出たのが、若き俊英の名だった。

「久保くんにはね、その遊び心のところですごく感じる部分がある。相手をいなしてやりたいんやろなって。ホントにすごいよ、あの年で。去年までJリーグにいたけど、もうすでにチンチンにしてたからね。ちょっとブラジルっぽいプレーもするし、ああいう日本人の若手はいないでしょ。遊んでやろうみたいな。

 アキ(家長昭博)とかも若い頃から独特で、相手が寄せて来たらはたくし、来なければなんでもできますよ、みたいなところがあった。でも大半の若手は、目の前に敵がいても簡単にシュートを選択しがち。どこかみんなバタバタしている感じがする」

「トレンドに乗っかるだけがサッカーじゃない」
 やはりヤットの根底にあるのは、娯楽性の高いサッカーへのリスペクトだ。

「トレンドに乗っかるだけがサッカーじゃない。いまはどうしても、全部がそっちに寄せていきすぎな気がする。いつどこで点が生まれるか。そんなチーム、そんな選手が個人的にはもっともっと増えてほしいなって思う」

 価値観における世代間ギャップはあるにせよ、生き字引・遠藤保仁の言葉には、スタープレーヤーへと成長を遂げるためのヒントが隠されているはずだ。

取材・文●川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

※好評発売中の「サッカーダイジェスト」最新号では、ヤットが赤裸々にすべて本音で明かす独占ロングインタビューのほか、キャリア全史、チームメイトたちが明かす「凄み」、黄金世代の証言、楢崎コラムと盛りだくさんのコンテンツで“鉄人”をフィーチャーしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/88fcc37e89183e16878bfaf3bea98465a11aebed 

 
2020/07/11(土) 
やっぱりヤットさんが言うてることには重みがある。
ここ数試合のタケくんはリーガの屈強なDFが寄ってたかって競って行ってもなかなか奪われない強さが出て来たし。
覚醒してきた感がある。
ヤットさんもまだまだ頑張って。
 
2020/07/11(土)  
その辺の監督や解説者よりも遠藤の言葉の方が信用できる。著書も面白かった。ガンバユースの欠点とか辛辣に分析してて身内贔屓もないし。野球界の野村監督みたいな名監督になる気がしてならない。でも監督がHTにシャワーはさすがに許されないだろな。
 
2020/07/11(土) 
遠藤もああ見えて監督にこうしろ、俺の言う通りにしろと言われても自分のやり方を貫いて、「それで外されるなら仕方ない」と割り切れる強靭なメンタルの持ち主だからね。
現時点では日本では中々それを出来る選手というのは生まれにくいのかもしれないけど、年配者の若者への抑圧的な姿勢は昔と比べてだいぶ柔らいでるので自分の意見ややりたいことを主張出来る選手も増えてくると期待したい。
 
2020/07/11(土) 
すごくわかる。
なんか、巧い選手は増えたけど、個性がないよなーと、感じてしまう。
それこそ、小野やロナウジーニョなんて、ほぼ遊んでるよな。そういう選手って、見てても最高におもしろい。
Jリーグができて、これから日本の個性が育つ時期になればと思い、今年も楽しみにしてます
 
2020/07/11(土) 
遠藤の言う「バタバタしがち」はすごく感じるわ
子供の頃は視野も広く持つのが難しいしバタバタするの分かる
だけど、プロはプロでハイプレッシャーかつアタリの強度も高い中でプレーしつつもサッカーファン的にはもうちょい夢見させて欲しいなとは思うことはある
中学の時に小野伸二を初めて見た時のような「うっほ!何じゃそら!」的な感覚というか、プロのプレーにはそういうのを期待しちゃうと言うか
 
2020/07/11(土)  
…とは言え、久保ほどラインと5レーンを意識してる日本人選手はいないわけで。個人戦術と個人技術がしっかりしてるからこそ、遊ぶ余裕が出てくるんだと思う。
家長が若い頃は技術さえあれば遊べたかもしれないけど、今は戦術とフィジカルが10年前とは全く違うから、技術だけでは遊べなくなってる。
コンマ数秒〜1秒を作るために、日本の選手ももうちょっと戦術を知ってほしいです。
 
2020/07/11(土) 
この世代のトップ選手はみんなそんな感じよね。だからこそ試合ではヤキモキすることも多かったけど、その分面白いんだよなー。今の選手のが上手いのは間違いないんだろうけど、言ってることはすごい分かるね。
 
2020/07/11(土) 
レベル違うからアレだけど、部活してた頃そういう遊び心とかなんかやろうって感覚はあってもいざピッチに入るとできなくなってたな…

チームプレーの精神とか以前に失敗したくないって意識が強く出て言われたことをしよう。で終わってしまう。

Jリーガーになれる人は技術的にも身体能力的にも高い人たちだけど、遠藤選手がそう思うのは久保選手や家長選手の技術面だけじゃなくて、実際にやろうと思える実行力と度胸が大事なんだと思う。
 
2020/07/11(土) 
シュートもそうだけど縦パスとかもエイヤーで入れてるから外人の長い足に引っ掛かってカウンター食らう展開が代表にも多い。
久保のすごいところのひとつに、相手のリーチや重心を見てギリギリ取れないところに緩いパスを通せる能力がある。
キラーパスやベルベットパスとはまた違うパス。
 
2020/07/11(土)  
久保くんは遊び心というよりも
サッカーは対戦相手有りきだということを
よくわかっている気がする。
自分がどれだけ任されたミッションをこなそうとも
相手がそれを上回ってきたら意味がない。
相手の意表をつく、逆をとる、ギャップを狙う、
相手が能力を発揮できないようにする、ということが
対戦競技では重要だというのを
みんな段々と忘れていってしまう感じ
 
2020/07/11(土)  
この前テレビでJリーグの開幕戦を再放送してて、当時ピッチで闘ったラモスと木村和司が副音声で当時のことや今のサッカーについて話してた。
二人ともが今のサッカー選手は言われたことしかしない、技術は高くてもプロとして客に魅せる、感動させるという意識がないと言っていたな。当時の選手たちはJリーグが始まって、ファンを増やすために毎試合闘志剥き出しで必死だったと。実際に開幕戦今見ても展開がすごい早くて当たりも激しく、それでいてテクニカルなプレーもあってA代表の試合より面白かったよ。
 
2020/07/11(土) 
魅せるプレーをしなくても自己表現が出来てたら、魅力的なプレーだよね。
遠藤から見ると、教科書通りにプレーしてるだけに見えてるのかもしれない。
 
2020/07/11(土) 
本田も同じ事言ってたな。もっと個性があって良いと。ポゼッションが勝てばそれがトレンドになるし、ハイプレスが勝てば今度はそれがトレンドだけど。娯楽性も凄く大事だと思う。また見に行きたいなと思わせる選手少なくなった。
 
2020/07/11(土) 
日本と逆で、オランダやイタリアやスペインやポルトガルは子供の頃に最初に戦術を教える。それも遊びの中であったり、地域リーグや野良サッカーでも、働きながら遊びサッカーしていても、パン屋のおじさんなどにめっちゃ怒られる。

子供の頃から、ある程度の戦術を叩き込まれて、ドリブルやトラップなど個人技術はあとから学んだり、個人練や練習の中で実践してみて身につける。
基本の戦術が身についているから、楽に動ける。
だから10代までは日本の子の方がリフティングとかテクニックは昔から上手い。
だけど、最近まで戦術を学んだ指導者が少ないから、選手もなかなか育たない。外国人の指導者から教えてもらったりや海外に出たりすると練習が面白いと思う日本人が多いらしい。
これは意外と知られていない。曲芸テクニックあってもサッカーじゃ使えない選手も日本人に多い。
 
2020/07/11(土) 
遠藤選手が言ってるような選手で完璧に当てはまるのは、

全盛期の小野伸二選手やな

遊び心満載でトリッキーで正確って感じ

一人だけ、まさにプレーに遊び心があり、なによりプレーを楽しんでるから、

周りの時間軸より余裕を持ってプレーできてる

もちろん今も技術的は凄いですよね
 
2020/07/11(土) 
サッカー好きの心に残る選手ってのはやっぱり独創性の高い選手なんだよね。
ドラゴン久保竜彦とか、松井大輔とか、やっともそう。
なんじゃそりゃってプレーも選択肢の一つとして持ってるとやっぱりサッカーが楽しい。
現代では批判の狼煙が少しでも上がると大炎上に繋がったりするリスクもあって
選手が怖がってたりする面もあるのかな。
そこまで考えてサッカーしてるとは考えにくいけど、やっとが言うように
悪い意味で真面目すぎるのかもしれないね。
そしてその自由度を回りももっと認めていける心持が必要なのかもしれない。
11人でやるサッカーで協調性は絶対必要だから個が行き過ぎるのはよくないと
日本人選手は思いすぎちゃうのかもね。
そのバランスとコミュニケーションが大事になってくるんだろうな。
サッカーもコミュ力。久保君の成功の一つがそこなんだよな。
 
2020/07/11(土) 
日本も戦術やフォーメーションなど育成年代からの指導も昔に比べてかなり整備されてきたから、細かいプレーや遠藤がいうようななんというか、堅いプレーができたり、総合的に上手い選手が昔よりも格段に増えたけど、一方で個性的な選手は減ってしまった感は否めない。南米とかは遊びのサッカーの中で個人技鍛えられたりするからね
 
2020/07/11(土) 
言ってる事は分かるが、文化や教育、サッカー指導側の自由度や想像性を変化させないと全体的にそんな選手層にならないし、そもそも日本の選手がゴリゴリのブラジル人みたいにボール持ち出したら秩序や組織力を持ち味の日本の良さを1からやり直す事になるかと…

事実、世界がうなるほどのテクニックのある若干19歳の久保選手でさえさすがに世界トップリーグのリーガで下位のチームでは馴染んで成績に反映させるまでにシーズン終盤まで要した。凄い事ですが。

やはり日本も、もっと国が力をいれた中東やベルギー、北欧のように政府介入の本格的アカデミーが必要ですね…

久保選手は特殊でスペシャルなタイプなので…
あんなんキャプテン翼やん!アニメのレベルですよ!
それほど凄い!!
 
2020/07/11(土) 
南米の遊び心は身に染みているから理屈で練習してきた者には敵わない。
身体が勝手に動く南米スタイルが久保にはある。遠藤にはそれがわかるから嬉しい。
なかなか日本人にはいないから余計に嬉しい。
 
2020/07/11(土) 
自分の強みに自信をつけて色味を濃くしていくのは大事ですね。なんでもこなすはそれはそれだけど、やっぱり輝いてる選手は色味が違う。期待感、ワクワク感を持たせる選手は、たしかにまだまだJの若手には少ない印象。上手い選手は多くなったと思うけど。
 
2020/07/11(土) 
若手選手は

もっと遊び心持って個性を出しまくって頑張って欲しいよね(もちろんゴール前でね)

勝つ事がもちろん最優先だけどその試合の中でも「こんなフェイントしたら相手は驚くだろうなぁだったり見てる人は楽しい」ってプレイを常に頭で想像しながらやったら上手くなりそう
 
2020/07/11(土) 
今は無観客でピッチ上の声もテレビを通じて聞こえてくるが、90分間ずっと声を枯らして選手たちに「命令」をし続ける一部の熱血監督を見ると…ああこれかと思う。
そりゃ遠藤の言うとおりの選手が増えるよな。

メッシって監督から試合中に「3人抜いてゴールを決めろ!」とか言われた事無いよな。
 
2020/07/11(土) 
ハーランドは親父が元プロの選手だったけど、日本もそう言う元プロ選手の子供がサッカーの英才教育を受けて、久保みたいなワールドクラスの選手が増えてくると思う。
 
2020/07/11(土) 
ドリブル中にスライディングタックルをジャンプでかわすなんて、漫画でしかありえないと思ってたけど、それをさらりとやってのける選手が現れるとは。
そりゃ、リアルキャプテン翼って言われるよな。
 
2020/07/11(土) 
うーん、よく聞こえるけど久保って戦術を理解してフィジカルコンタクトもかなりのレベルやと思うからJリーグの若手と比べられる選手じゃないと思うけど
 
2020/07/11(土) 
日本で生まれ育つと遊び心潰されるしね
彼のような日本人離れな選手を発掘したいなら
教育を抜本的に変える必要がある
これはサッカーに限らず
 
2020/07/11(土) 
家長とか久保は、ふつーにやればボール取られない自信があるから、余裕を持ってプレーできるんだろうな
 
2020/07/11(土) 
パッと思いついたのは、バッジョやジダンなど昔の時代に多かったファンタジスタ的要素の様なものを備えているのでしょうかね。
 
2020/07/11(土) 
でも「日本人」というくくりで久保を評価してる時点でまだ正しい評価じゃないと思う。久保並の超絶トラップやドリブルテクをあのレベルの試合であんなに頻繁に披露してる選手なんて世界に10人もいないよ。すでにそこに関しては世界指折りの選手。
 
2020/07/11(土) 
球際勝ったからといって勝負に勝てるわけではない。確かにそうなんですけど、球際に勝てないと勝負には絶対勝てないです。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ